ソラリスの時間

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

今80年代シティポップが外国人にも人気って、知っていましたか?!私のシティポップ再発掘の記録その1☆ 

昨秋、どういうきっかけだったかは忘れましたが、あの泰葉さんの1981年のヒット曲「フライデー・チャイナタウン」が無性に聴きたくなり、youtubeに頻繁にアクセスしておりました。



結構ヒットしましたよね。私もこの曲が当時好きで、テレビで歌っておられるのも聴いておりました。
泰葉さんと言えば、最近ではすっかりお騒がせキャラとして認知されてしまっていますが、当時はシンガーソングライターとしてこんないい曲を歌っておられたんですよネ(惜しいなあ)。

秋頃にはこの曲を一番と言っていいぐらいのヘビロテで聴いていたのですが、その流れで上がって来る関連動画もチェックするようになり、ある日その中からこんな曲を見つけました。





「黄昏のBAY CITY」。 
このジャケットの写真は八神純子さん! というのはひとめ見てわかったのですが(ジャケットにも書いてありますしね(笑))、「黄昏のBAY CITY」という曲、私は全く知りませんでした(><) 調べると1983年にシングルリリースされた曲のようですが、それ以前の「みずいろの雨」や「パープルタウン」などの大ヒットを連発されていた時期よりも少し後だったため、露出が少なくなって耳に入って来なかったんだろうか?! 八神純子さんの曲、大好きだったのになー!

そして、これをyoutubeで聴いてからは、今度はこの曲が「フライデー・チャイナタウン(Flyday Chinatown)」に代わるヘビロテ曲へと躍進(笑) 
この曲って、80年代前半のシティポップではあるのですが、90年代初め頃のアニメの主題歌でもおかしくない雰囲気の曲だなあと思いませんか?! (最初聴いた時、てっきりそう思った)。 キャッチーでカッコいい曲ですよね!^^


ところで、泰葉さんの曲、八神純子さんの曲とここまで聴いてきて、私は非常に明らかなとある現象に気づくに至ります。
それは、このような静止画・動画のUP主が外国人の方であり、なおかつそこに寄せられているコメントの大半が外国人からのものであること、さらには、再生回数が意外に多いということです。

もちろん、日本人ユーザーがUPされているものもたくさんあります。泰葉さんや八神純子さんはもともと国内の有名人ですから。 しかし、日本人の方が上げられているものよりも、外国人の方がUPして外国人のユーザーが多く視聴していると思われるものの方がむしろ再生回数を稼いでいるんですよ
「なんで、八神純子さんの曲をリアルタイムで聴いていた私が知らなかったような曲を、海外の人が知ってるんだ?!」





「黄昏のBAY CITY」以降は、芋づる式に上がって来る関連動画を聴き漁るようになったのですが、この松原みきさんのヒット曲「真夜中のドア〜Stay With Me」(1979)もそのひとつ。

この曲に関しては、「黄昏のBAY CITY」と違い、リアルタイムで少し聴いた記憶はありましたが、当時はなぜか自分にはハマらなかった。
まだ小学生だったというのもあるけど、その頃は80年代的なシティポップの魅力に目覚める直前の時期だったので(そのわりには、八神さんとかすでに好きだったんですが^^;)、まださほど注目しておらず、本格的に良さがわからなかったのかも知れません。
それが、何十年かぶりに聴いてみたところ、ものの見事にハマってしまったというわけです。

youtubeのサイトの方を見ていただければおわかりになるかと思いますが、松原みきさんのこの動画(というか静止画ですが)だけで再生回数が593万回を超えています。 そしてこれもまた、日本人ではなくて外国人ユーザーの方が紹介しているもので、本当にたくさんの外国人の方からのコメントが寄せられています。

ここまで来ると曲が聴きたいというのもさることながら、いったいどんな内容のコメントを外国人の方が寄せているのだろう?どんなきっかけでこんな昔の日本の曲を知ったのだろう?ということに興味を抱くようになり、さまざまな曲を聴きながらそこに書かれたコメントまで読み込むようになりました(英語がわかるところだけ、かいつまんで(笑) )。

そうしたところ、どうやら彼らのyoutubeサイトに「おすすめ動画(recommendation)」としてなぜか日本の80年代のシティポップ関連のものがいくつか上がって来ているようで、その「おすすめ」から聴いたのをきっかけにして、今まで知らなかった日本の「City Pop」の魅力にハマる人が続出しているようなのです (実際に、「City Pop」という表現をそのまま使ってコメントされている方も何人かおられます)

松原みきさんは残念ながらすでに2004年に他界されているのですが、この動画に関してはそれに関するユーザー同士のやりとりやコメントなどもあったりして、よっぽどこの曲が気に入って松原みきさんについて調べたんだろうな〜ということがうかがえる記述がちらほらと見られます。 
他のシティポップの動画でも、外国人の方からの興味深いコメントがたくさん見られましたよ。



         

昨年の他記事でも書きましたが、私がシティポップを聴き込むようになったキッカケは、中1の時にクラスの男子から借りた稲垣潤一さんのデビューアルバム「246:3AM」だったかと思います。 それ以前、70年代後半にも八神純子さん大橋純子さんなどの曲は好きではあったのですが、80年代に入るとシティポップというジャンル自体がさらに輪郭がハッキリとし確立した感がありますよね。

私自身は、稲垣潤一に続いて、佐野元春、杏里あたりを聴き込み、ちょこっと山本達彦、大貫妙子をかじり、山下達郎・・・と。 さらにそれに加えてシティポップというのとはちょっと違うけど、浜省や竹内まりやあたりも‘マイフェイバリット’だったし、ユーミンや中島みゆきというニューミュージック路線も相変わらず聴いていたという80年代を過ごしました。 さらにさらにそれに加えて、バブル期には、洋楽もかなり聴いていたり。
なんと、贅沢な時代だったことよ。

当時のシティポップに関しては、数年前にこんな記事もブログに書いておりますので、ご興味ある方はごらんください♪
↓↓↓
シティポップを中心にした70、80年代の音楽の魅力☆同世代のカイさんと語り合いました


この1、2年は外国人観光客が激増し世界的に日本ブームが巻き起こっている感がありますが、モノからコトへと消費がシフトしていると言われる中で次にやってくるムーブメントはもしかしたら日本の音楽、80年代のシティポップなのではないかという予感が。
すでにこういった現象は少し前から起き始めていたようでご存知だった方もおられるかとは思いますが、これは私にとっては驚くべき、そしてとても嬉しい発見でした♪.゚+.(・∀・)゚+.

「黄昏のBAY CITY」や「真夜中のドア」のように、シティポップが好きだったはずの自分自身が当時は全く知らなかったor 印象に残らなかった名曲を掘り起こすという作業を今も少しずつ続けておりますので、そんな中で見つけた曲を近々またご紹介できればと思っております。 
私が知らなかったというだけで、ピックアップする曲を当時から知っていたよ、好きだったよ、という方もきっとおられるかとは思いますが、ぜひ一緒に楽しんでやっていただければと^^♪ 

懐かしいから好き、というのではなくて、最近初めて聴いて大好きになった曲が殆どですので、シティポップが世代ではないという方にも是非聴いていただいてこの魅力を知っていただけると嬉しいですーー! 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
関連記事
[ 2018/01/17 02:30 ] ●懐かしの曲♪ | TB(0) | CM(14)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR