ソラリスの時間

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

昭和の、子供の日ver.の企業広告と「乙女チック」の休日♪ 

たびねすサイトに、記事が掲載されております〜♪

ゆるり癒しの昭和時間へ!大阪・中崎町の古民家レトロカフェ4選

私が暮らす中崎町で、おすすめのレトロカフェをご紹介しております
以前ブログで取り上げたお店もありますが、今回初めてご紹介しているお店もありますので、ご興味ある方はぜひご覧下さいませ〜
どこも、長くやっておられるお店ばかりなんですよ〜♪



      


さてと。
ごぶさたしておりました〜! GWはどのようにお過ごしでしたか?

私は仕事と部屋の片付けと雑事を済ませて、本や雑誌を読む、これで時間はほぼほぼつぶれてしまいました(苦笑) 華やかさとは全く無縁の大型連休  というか、仕事している時間も多かったから大型連休ではないんですよね、そもそもw
でも、3、4月が忙しかったり体調不良もあったりした分、今はかなり落ち着きを取り戻してホッとしています。休めてる感じがするわ〜 


そう言えば、5日は子供の日でしたよね


987-126-0a子供と乙女の日

以前、京都昭和レトロ秘密基地さんで購入した、昭和33年の小学館「幼稚園」の裏表紙に掲載されていた「ヤクルト」の広告。  5月号ということで、子供の日をイメージした広告が掲載されていました。

この広告を見て初めて知ったのですが、ヤクルトって元々は「瓶入り」だったんですね〜
私の子供時代、昭和40〜50年代には、小さな瓶に入った乳酸菌飲料が何種類か売られていた記憶がありますが(私がよく飲んでいたのは雪印の「スノーラック」)、ヤクルトもそもそもは同じように瓶入りだったんだな〜。

それにしても、この広告の愛らしさがたまりません!!


雑誌の誌面の方にも、こんな広告が。

987-126-0a子供と乙女の日2

987-126-0a子供と乙女の日3

三井銀行と日本勧業銀行の広告。 日本勧業銀行は、後の「第一勧業銀行」です・・・とは言うものの、その第一勧銀も今では合併して名前が消えてしまっていますが。

銀行の広告らしからぬ、このゆる可愛さに注目!!
こうした幼児向けの雑誌に銀行が広告を載せること自体、今ではあり得ない感じがしますが、このセンスも今では考えられないですよね〜。 
昭和の頃の銀行はキャラクター貯金箱をはじめ、ノベルティグッズも充実していましたが、銀行のこうした戦略と姿勢みたいなものは、その時代の世の中の状況を如実に映す鏡なのかも、とふと考えてしまいます。


987-126-0a子供と乙女の日4

キリンの広告も可愛いでしょ〜〜!




GW中には、こんな本も購入しましたよ。

987-126-0a子供と乙女の日5

じゃじゃん♪ 「大人の少女マンガ手帖 おとめちっくメモリーズ」☆

70年代半ば〜80年代前半にかけての「乙女チック」マンガの三羽ガラス的な(←この言い方も古いか)存在、陸奥A子さん、田渕由美子さん、太刀掛秀子さんとその作品を主に取り上げた特集誌です。

こういう本を千数百円出して買うぐらいだったら、マンガそのものを何とかして入手した方が。。。と一瞬思わないでもないけど、そんなこともないんですよ〜。 なぜなら、このあたりのマンガが好きだったとは言え、当然全ての作品を読んでいる訳ではないですから、「え〜、こんなストーリーのマンガもあったんだ!?」とこの本で初めて知るものも多かったりするんです

なので、懐かしむ感覚というよりも、例えば、陸奥A子さんの「冬の夜空にガラスの円盤」「秋にのって」など昔読んだ記憶がない作品を「読みたい!!」と私などは普通に思ってしまいました。(この中では私はダントツで、田渕由美子さんのファンだったので、陸奥A子さんの作品の中には読んでないものもあったりするんです。「りぼん」誌上で当時読んだのに、覚えてないものもあると思う。)

本の中に、1976年の「りぼん」に掲載されたものの、単行本未収録の陸奥A子さんの作品「ジェントル・グッドバイ」が収録されていて、「あ〜、やっぱり、こんな可愛いストーリーのマンガを描いておられたんだよな〜」、とあらためて思いましたね。
・・・ああっ、書いていると、この頃の作品をますます読みたくなってしまうわ〜!


乙女チックマンガって、冒頭シーンとエンディングシーンに、「ポエム」がよく書かれてたじゃないですか
「あなたに出会ってから、何度目かの秋が巡って来て・・・」とか、そういうやつ(笑)
私は小学6年生ぐらいの頃、こういう乙女チックマンガのポエムにすっかり影響されて、授業用のノートにまで自作のポエムを書いたりしていたんですが(苦笑)、そういうツボがしっかり押さえてあったのは良かったです。

あとは「ポプリ」とか可愛い「エプロンドレス」とか「洋館」とか「喫茶店(パーラー)」とか、そういう舞台設定やファッション、小道具系に言及されていたのも、かなり共感できたし楽しかったですよ〜


あ、そうそう、あと「りぼん」以外にも「なかよし」に掲載されていたマンガも少し紹介されていて、その中に、松島裕子さんの「おしゃべりなバニラエッセンス」という作品があったのですが、もう、これに関しては、40年ぶりにタイトルと内容を思い出す事ができました!! 「松島裕子」さんというマンガ家さんのお名前すら全く覚えていなかったので、「そういえば・・・・あった〜〜!!!!と。
こういうのを記憶の扉が開くというんでしょうね。 や〜、懐かしかったです!
松島裕子さんなんて、乙女チック三羽ガラスの先生に比べたらず〜っとマイナーな存在だと思うし、単行本の古本を探し出すの難しいだろうなあ。 でもちょっとこのマンガも頑張って、できたら入手したいと思います!


987-126-0a子供と乙女の日6

↑↑当時の絵柄をそのまま使用したという、こんな付録もついていました
陸奥A子さんの「アイビーノート」。 かわゆいですよねえ♪



987-126-0a子供と乙女の日7

今日の午前中は、事前にまとめ買いしていたこんなチョコたちを食べながら「やすらぎの郷」のまとめ再放送を見ておりました
「やすらぎの郷」は、週末にまとめて見るのがすっかり習慣になりつつあります(笑)
個人のキャラクターや事件を深く掘り下げるというよりも、浮き世に生きる人間全般に通じる可笑しみと哀しみが描かれているところが味わい深くてクセになる。個性の強いキャラとエピソードのひとつひとつが何気なくだけどしっかり描かれている上に、と言った方が正確かな。

そして、今現在は、先々月に亡くなられた渡瀬恒彦さん主演の「十津川警部シリーズ」の再放送を横目でチラリチラリと見ながら、このブログを書いています。


なんというか、相も変わらず、昭和デフォな日々をごく当たり前に送っていますが、こんな風に特にテーマを決めず、自分の昭和に浸りきった日常をダラダラと書くだけのブログもいいかもしれませんね
これだけでも、普通の人から見たら相当イカれている「昭和オタク」に映るのかもしれないと、ふと今更ながら思う(笑)


・・・というわけで、今日はこのあたりで
明日からのユウウツと連休疲れは、昭和の世界にしばし浸ってなかったことにしましょうっ!!(笑)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
関連記事
[ 2017/05/07 14:37 ] 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆  | TB(0) | CM(12)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス