ソラリスの時間 ●レトロ旅 秘宝館系・廃墟・廃校舎・その他のユニークスポット探訪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

4年ぶり!昭和ディープ全開の「まぼろし博覧会」に行って来ました〜! 

久々に、「たびねす」に新しい記事をupしております♪
↓ ↓ ↓
伊豆のトンデモ・パラダイス!「まぼろし博覧会」で昭和B級カルチャーの懐かしさと狂気を体験する


昨年の秋にきゃりーぱみゅぱみゅさんが嵐の番組中で紹介した、伊豆高原の「まぼろし博覧会」。若い人の間でも評判を呼んでいるようですが、私もすでに1度、2012年に訪れております。

以前からブログをごらんいただいている方でしたら、5年前の 「熱海・伊豆秘宝館めぐりの旅☆2日目 怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」 という記事を覚えてくださっている方もおられることでしょう 反響が非常に大きかった記事のひとつで、関連ワードがいまだに自身のブログのアクセス解析内でトップ3に上がって来ます(笑)

先月、4年ぶりに再訪問した際の記事が「たびねす」に掲載されているのですが、今日のブログは、「たびねす」に掲載を見送った写真と内容でお送りします 
「たびねす」と併せて楽しんでいただければ、全容が伝わりやすいかと♪



987-127-1怪しい秘密基地まぼろし1

4年前よりも格段に派手になっていた気がするエントランス部分。 
以前館内で、妖しい「アマゾネス」のいでたちをしていたマネキンちゃんがすっかりイメチェンし、この日はクリスマス風のコスチュームでお出迎えしてくれました。(写真左) このアマゾネスさんのように、展示マネキンの入れ替え、追加などのマイナーチェンジは館内でもたくさんありましたね。

いちばん大きな変化としては、以前にはなかった「悪酔い横丁」という新しいエリアゾーンが設けられておりまして。


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし2

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし3

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし4


秘宝館の面影がいちばん色濃く残るいわゆる‘脱力ディープ’なエリアは、やはり最後に巡る「魔界神社・祭礼の夕べ」のエリアに間違いないですが、こちらの新設ゾーン、気味悪さの点でだけはこちらが確実に上回っていました 完全な屋内ではなくて、植物が生い茂っている別棟の屋外的なロケーションであることも影響するんでしょうか、異様な生々しさ、グロさを感じてしまうんですw
これらの写真よりももっと不気味でディープな展示もありました



5年前のブログでも、そしてたびねす でも書きましたが、「昭和の時代を通り抜け」というエリアには、昭和の懐かしいいい味わいのある広告・ポスター類が非常に数多く展示されています。もっと近くに住んでいたら、これを見る目的だけで訪れてもいいぐらい

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし6

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし10

昭和の車のデザインは今見ても魅力的なので、広告も本当に楽しい
免許も持っていませんし、車にはそんなに詳しくないはずなのですが、それでも昔の車のデザインには無条件で惹き付けられます。


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし9

こういうテイスト大好き

エスパイ、きっと「エスパー」と「スパイ」を合わせたものなんだろうなあと思ったらやっぱりそうでした。 私は知りませんでしたが、原作は小松左京氏のSF小説という1974年の映画。DVDがあるみたいなので、見てみたい


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし11


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし12

以前のブログにも載せましたが、大好きなので再度載せます♪ 伊豆富士見ランドの「大爬虫類展」の広告ポスター。
は虫類が好きなわけじゃないんですよ(嫌いです)。 でも「は虫類展」て、昭和40年代には全国各地のデパートでも開催されていた催しで、私もぼんやりとですが連れて行ってもらった記憶があります。
こういう今では考えられないような珍奇でグロな催しがメインで行われていたこと自体が、愛しいなあと思ってしまうんです 「マンモス高原プール」という言葉の響きも懐かしく、心躍ります
そういえば、同じ伊豆にある「熱川バナナワニ園」、こういう「は虫類展」があった時代の名残が名前に残ってますよね



987-127-1怪しい秘密基地まぼろし14

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし5

987-127-1怪しい秘密基地まぼろし8



最後に、「魔界神社・祭礼の夕べ」ゾーンへ向かいます。


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし16


987-127-1怪しい秘密基地まぼろし15

「藪(やぶ)病院」つぶれずに、ありました。良かった〜!!(笑)
因みに、後方にいるナースは、伊勢にあった「元祖国際秘宝館」でも手術室のナースを務めておられた方で、トンデモ界ではいわば大ベテラン。 
顔つきからして、隣のドクターも「秘宝館」上がりと睨んでいます(笑)

そして、




987-127-1怪しい秘密基地まぼろし17

この方達も、健在でした〜〜!! (爆)







次回のブログでも触れる事になるかと思いますが、14年前まで熱海には「熱海博物館村・ふしぎな町1丁目」という、「まぼろし博覧会」と同オーナーが営んでいた脱力・トンデモ系の施設があり、そこで展示されていたものの一部も今こちらで展示されているようです。
そして、「元祖国際秘宝館」「鳥羽SF未来館」「石和秘宝館」などの今は無き昭和の秘宝館から引き取ったと思われるB級オブジェ達の姿が見られるのが、マニアにとっては何よりの嬉しさ!
 最後の写真なんかモロにそうですよ(笑)(違いは、最近作ったと思われるマネキンの顔→ クレイジーっぽく演出された怪しさ 昭和のマネキンの顔→天然の妖しさ。あとは、装置・シチュエーションの「発想力」が飛びまくってるかどうかの差、かな。 )

こんなディープ系の展示物に加えて、昭和の懐かしいグッド・ルッキングな広告までたくさん見られるのですから(たびねすにも他のものを載せてます)、これこそ一粒で二度美味しいってやつです 
ありきたりな観光に飽きた方、最近何だか刺激が足りないワ〜という方は、伊豆観光のついでにぜひ!!(笑)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  

[ 2017/01/17 12:44 ] ●レトロ旅 秘宝館系・廃墟・廃校舎・その他のユニークスポット探訪 | TB(0) | CM(14)

木造小学校の中にそのまま残されていた、昭和の教育掛図! 

先日、とある目的で、今では廃校になっているとある小学校の校舎を訪れる機会がありました。
(この前の記事の、旧新田小学校とはまたべつの学校です。)

学校の写真等はもしかしたら、追々アップする事になるかも知れませんが、今日はとりあえず、教室内に掛かったまんまの状態で残されていた教育掛図(かけず)を公開したいと思いマス♪

掛図と聞いてもピンと来ないかも知れませんが、ごらんいただくとおわかりになるかと



987-1-1教育掛け図1  987-1-1教育掛け図6


↑教室では左の状態で掛けられていましたが、めくってみると右のような表紙が出て来ました。
ありましたよね、昔、学校にこういう感じの掛図が(*^_^*)



987-1-1教育掛け図2 987-1-1教育掛け図4


左の掛図でレクチャーされている、「お茶とお菓子のいただき方」。
家庭科の教科書にもこういう内容が載っていたのを覚えています^^;
もしかしたら、調理実習以外で、こういうケーキか和菓子を実際に食べる授業があったかも
定かではないんですが。。。



987-1-1教育掛け図3  987-1-1教育掛け図5


「文化」とつけども、まだ、かまどが出て来るあたりを見ると、時代は昭和30年代後半〜遅くても40年代初めあたりのものかな
この小学校が閉校になったのは昭和55年らしいんですが、この掛図はその頃よりも古い時代に使用されていたものだと思います。



987-1-1教育掛け図B1 


↑こんな掛図も隣にかかっていて、中をめくってみると・・・



987-1-1教育掛け図B5 987-1-1教育掛け図B3


家庭科室にかかっていたと思われる、掛図ですね、これも
前の掛図は家庭科の「食物」の授業で使われていたもの、コチラは「被服」と「生活」(衣と住)系の授業の際に使われたものと思われますネ。



987-1-1教育掛け図B6 987-1-1教育掛け図B7


987-1-1教育掛け図B8


987-1-1教育掛け図B4


画像があまり良くなくてスミマセン
デジカメのメモリーを使い果たしてしまい、画素数の低いガラケーで片手でめくりながら撮影したもので、こんな粗々の画像しか撮影できず



↓交通安全系のものもありましたよ〜

987-1-1教育掛け図C1


987-1-1教育掛け図C2 987-1-1教育掛け図C3


「車は左、人は右」って、決まり文句のように教え込まれてましたよね〜
横断歩道を、右見て左見て、手を挙げて渡っていた頃が懐かしい



987-1-1教育掛け図C4


信号機が、まだストライプ柄だった時代です。







こういうものまで当時のまんまで残っているとは思わず、これは本当にめっけもん、懐かしい〜〜〜!と思いました
おもちゃや文房具と違って、一般の家庭に残っているようなものではないですからね〜。
わかっていることとは言え、現在の生活との隔たりを実感しますね。こういうのを実際に見ると。


最初にも書きましたが、この掛図に出会った小学校につきましては、もしかしたらべつの機会にブログでご紹介することになるかもしれません
では、また〜〜♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  人気ブログランキングへ
[ 2015/11/27 07:41 ] ●レトロ旅 秘宝館系・廃墟・廃校舎・その他のユニークスポット探訪 | TB(0) | CM(10)

これぞ準・秘宝館! 淡路島・ナゾのパラダイス 

何よりも美しい花をこよなく愛する女性・・・それは、私です。
自分で言うのも何ですが、私ほど女子力が高い女性はいないと自負しておりますの。

初夏の一日、この日も美しい花々を観賞するために旅をしてまいりました。



ナゾ1

大阪から電車と高速バスを乗り継ぎ、1時間半。 訪れたのは、淡路島。
淡路島と言えば、名産の玉ねぎや海産物、淡路牛などが浮かびますが、
「あわじ花さじき」もあり、お花が綺麗な島としても有名なんですのよ。

水仙が咲き誇る、「水仙郷」と名のつく場所も2カ所ほどあるんです。
だから、見かけたマンホールにもこんな水仙の絵が (〃∇〃)
決して、「水仙」と「水洗」とを掛けたシャレではないと思いますことよ。


え? お花の名所めぐりだなんて、ブログのタイトルがタイトルだけに
まだ信じられないとおっしゃる?


ナゾ2

ね、「立川水仙郷」と書いてあるでしょう? 
ウソでもまやかしでもない、ここは正真正銘の花咲く水仙郷なのです。

さあ、いざ麗しき花園の中へ・・・!!








ナゾ3


ナゾ4

まあっ、おしべとめしべだなんて。
いったいどんなお花が咲き乱れているのかしら・・・






ナゾ5

ナゾ7


ナゾ7-1娘

ナゾ9

(◎_◎;)


ナゾ14

ナゾ13

ナゾ11 → ナゾ12


ナゾ10-1

(◎O◎;)



ナゾ16

ナゾ17

ナゾ18

「ひと言声をかけて、女が「エー!」と驚いたら、どんどん押しまくるといい」

エーっ?!(* ̄∇ ̄)

ナゾ19

ナンパ→喫茶店という図式に時代を感じます。


ナゾ20


ナゾ21

ナゾ23

ナゾ26

たやすく「愛」という言葉を口にする男性は信用できませんが、
なぜかここで説かれている愛はスッとココロに入って来ます(爆)

いやぁ〜、我ながら深いっ!!(爆)


ナゾ24

ナゾ25

せっかく、秘密の花園にやって来たんですもの。
記念写真ぐらい撮っておかないと、ですわネ。
え?ボカシをかける場所はそっちじゃないだろ、って?!


皆様も、こんな素敵なパラダイスへの旅、いかがでございますか?









****************


長年の想いが叶い、ようやく私も40過ぎにして念願のパラダイスに辿り着く事ができました(笑)
室内に漂う、どこか生温かいよどんだ空気が何とも言えません(^_^;)(笑)

この淡路島にある「ナゾのパラダイス」は、関西で今も放送されている「探偵!ナイトスクープ2年目の年、1989年に放送された珍スポットで、その後も続く「パラダイス・シリーズ」の始まりとなった場所でもあります。

当時、私もナイトスクープ大好きでよく見ていたんですが、ここに最初に行った時の放送は見た記憶がないんですよ。
ただその後、総集編で見て以来、ひそかな憧れの地となっていました(笑)


ナゾあとがき1

ナゾあとがき2

ナイトスクープ等を見てここをはるばる訪れた方達の感想、入口付近にズラリと貼ってあります。
確かに、ある意味ここは傷心旅行にうってつけ(^_^;)


ナゾあとがき3

こうしてみると、当時の小枝探偵、まだこんなに若かったんや〜!(@O@)
岡部まりさん「あ〜たのしかった!!」

他番組のロケで来られたのでしょう、ケンコバさんの写真とサインもありましたw


ナゾあとがき4

ナゾあとがき5

チンチン音頭(笑)
その後、90年代に全国ネットで放送されていたさんまとたけしの「世界超偉人伝説」でも取り上げられ、その記念碑もこの隣にありました。

ナゾあとがき6

意味不明な、こんなアーチェリー・スペースも。



最初の方の写真にも写っていますが、この「ナゾのパラダイス」の隣には、これまたナゾに満ちた「立川平家村・民俗資料館」なる施設があります。
こちらにも、ぜひとも入館したかったのですが、管理者の方の都合で(これから仕事がある)、残念ながら見せていただくことができませんでした(-.-;)

管理者の方曰く、1、2月の水仙の花が咲くシーズンには観光客が多く長時間開館しておられるそうなのですが、今はオフシーズンであるため、特に午前中は閉めていることが多いそうです。

さらにここに来る途中の道路沿いにも、もう一棟、「平家村」と名付けられた施設を発見。
そこもまたナニが展示されているのか興味津々でなりません (@_@)

あ〜〜っ、ワタクシ、冬にもう1回ここに行くべきですか?!(爆)



ここは、一個人のおっちゃんがおひとりで作り上げた城であり、正式な秘宝館とは呼べないかも知れませんが、ごらんの通りの徹底したシモ系、そして秘宝館の定番とも言える動物の剥製や意味不明の人形が展示されている点と言い、これに準ずる施設と位置づけて良いかと思われます。

この数年でさらに廃館が進み、あれよあれよと言う間に残るは熱海だけとなってしまった昭和のB級魂・秘宝館。
その中にあって、このパラダイスの存在は今後ますます貴重なものとなっていくに違いありません。

館長、管理人の両おっちゃん、頑張ってください!!



追記)管理人のおっちゃんに、「この時間はバスがないから」と、帰り道、ご親切にも洲本市内の途中まで車で送っていただきました。
「平家村」を見せてもらえないと言われた時は「エー!」と思いましたが(笑)
ありがとうございました♪


[立川水仙郷HP]
http://www.eonet.ne.jp/~t-suisen/




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  


[ 2014/07/07 17:44 ] ●レトロ旅 秘宝館系・廃墟・廃校舎・その他のユニークスポット探訪 | TB(0) | CM(22)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR