FC2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

全然大丈夫じゃなかった!(爆)「だいじょうぶ、マイフレンド」は、昭和B級脱力映画の金字塔〜その1

大阪の南森町に「駒鳥文庫」という映画関連の古書を扱っているお店があります。
古書だけではなくて、昔の映画のパンフレットなどもたくさん置いてあり、これを見るのが楽しみで2回目の訪問となりました。 
カフェもやっておられて、店主さんが入れてくれるコーヒーを飲めるところもお気に入り

987-1270だいじょうぶ1

「想い出を売る店」という映画のパンフが前面に。
想い出を売る・・・こちらの古書店ともオーバーラップしますね。 さりげないこういうセンスもいいなあと思う


この日も、自分が好きだった昔の映画のパンフレットが埋もれていないか漁っていたのですが、



この映画のパンフレットが中から出て来ました。

「だいじょうぶ マイ・フレンド」。

1983年に公開されたこの映画を、覚えておられる方はいらっしゃるでしょうか

私は当時、この映画は見てはいませんが、タイトルは見知っていました。
おぼろげな記憶ではありますが、角川映画に負けないぐらい、メディアでの公開前の宣伝も大々的に行われていたような気がします。

原作・監督は、「限りなく透明に近いブルー」などのベストセラー小説で知られる村上龍氏
70年代のアメリカン・ニューシネマの代表作でアカデミー賞の候補になった「イージー・ライダー」の脚本・主演を務めたピーター・フォンダ氏を主演に配し、ワンシーンにしか登場しないチョイ役にも有名芸能人達をこぞって起用、また音楽は加藤和彦、来生たかお・高中正義・桑田佳祐、坂本龍一らが担当・・・・と、宣伝費だけではなく、巨額の人件費がかけられた、言わずもがなの超大作映画。
・・・のはずでしたが、興行的には大コケしてしまいました

こんな豪華メンバ—を揃えながらどうして派手に大コケしてしまったのか?ということにも、またそもそもこの作品自体にも特に興味を抱く事がないまま30年以上の歳月が過ぎましたが、迷作・珍作と呼ばれるカルト映画が好きな私としましては(このブログでも過去にいくつかご紹介しています。この記事の末尾にリンクあり)、その方面ではつとに知られたこの映画をやはり一度は見ておくべきではないか?と思い直し、ついにこのたび、DVDで鑑賞することとなったのです。


♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢


まず、カンタンにこの映画の概要を説明します

ある日、ピーター・フォンダ扮する宇宙人、ゴンジー・トロイメライが空から落ちて来ます。
あのスーパーマンの従弟で超人的な能力を持ちながら、突然飛行能力を失ってしまったゴンジーは、出会った若者たちにかくまわれたりしながら、ゴンジーの超人的な能力を欲する悪の組織「ドアーズ」から一緒に逃げることに・・・。

こういったさわりだけを聞くと、設定やネーミング・センス等にB級作品の要素がそこはかとなく感じられながらも、「宇宙人と地球人の若者の友情を描いた、お子様向け映画? ETをパクったような?」ぐらいの予想でまだ何とか済みますよね。
しかし、大人が見る映画としては、う〜ん、どうなんだろうか?・・・
実際に見ると、そんなヤワな懸念は、木っ端みじんになって異次元に飛び去って行きます(爆)



987-1270だいじょうぶ2

冒頭の少し後に出て来る、ミュージカルもどきのシーン。 
「ミミミ」という女性役を演じる女優の広田玲央名(広田レオナ)さんと男性が、軽やかにダンスを舞い踊っています。

あれ?これって一応、SFじゃなかったの  
ミュージカルの舞台上で踊っているという設定シーンでもありません。

ちなみに映画の冒頭は、ミミミのベッド上での全裸に近いヌードシーンで始まりますw
つまり、この映画は決して子供向けではなく、大人をターゲットにした映画だったのでした


987-1270だいじょうぶ3

「タモリ一義」という名前で出演されていたタモリさんほか、現在の各界のビッグネームが並ぶ。

987-1270だいじょうぶ4 987-1270だいじょうぶ5


987-1270だいじょうぶ7 

左のタモリさんは、このシーンだけの刑事役。
人間が落ちて来たように見えた、と言う若者3人の証言を、えーかげんに受け流すタモリ氏。
映画というよりも、完全に年末のオールスターかくし芸大会の中でやっていたコメディドラマのノリです。

この映画の準主役となる若者役は、左から乃生佳之さん(モニカ役)、前出の広田玲央名(広田レオナ)さん(ミミミ役)、そして、あの渡辺裕之さん(ハチ役)

この後、ロッカールームのロッカーの中に隠れていたゴンジーと遭遇します。
そして、「ここなら誰にも見つからないよ♪」と言って、ゴンジーが善意で連れて来られた場所がコチラ↓↓↓


987-1270だいじょうぶ8

987-1270だいじょうぶ9


・・・アノぅ、ここってどういう場所かわかります・・・よね?!(爆)

撮影中のピーター・フォンダ氏、内心で何を考えていただろうか
スタッフや監督から、ここが日本ではどういう場所であるかということは説明を受けた上で演技をされていると思うんですが・・・
「・・・何だこれは?! とんでもない設定と演出だ・・・(オーマイガっ)」
(あくまでも、私の想像です)

ピーター・フォンダさん、よくこんな絵づらにしれっと収まってくれたものですよ(恥)



さて、一方、そんな哀れなゴンジーを付け狙う悪の組織「ドアーズ」の面々はというと、

987-1270だいじょうぶ10

987-1270だいじょうぶ11

遺伝子工場とファミリーレストランと、精神病院の世界的なチェーン店を持っている「ドアーズ」
精神病院で人間の脳から怒りの感情を抹消して、無感情なロボットのような人間を再生産し、自社工場で労働させているという設定。

ミミミモニカの2人が、どういういきさつだったか(もうね、呆気に取られるシーンが多くて、ストーリーの脈絡立った流れが全然頭に入って来ないんですよ(爆))いったんは彼らに捕まって、この機械で恐怖と洗脳を与えられ、脳内を改造されそうになるものの、同じように「手術」を受けている人間を目の当たりにしながらも、なんとか抜け出す事ができた。
(そういえば、ゴンジーが壁を突き破って助けに来たんです、確か。今想い出した)

ドアーズのボスの役を演じているのは、根津甚八さん。
当時の根津さんは、渋くて女性からもめちゃめちゃ人気があった時期のはずなのに、なんでこの映画のオファーを受けたんだろうか?!
根津さんの白衣姿の部下役に、岸部一徳さん、「帰って来たウルトラマン」で郷秀樹役で主演した団時朗(団次郎)さんや、苅谷俊介さんの姿も


987-1270だいじょうぶ13

987-1270だいじょうぶ14

あまりに意味不明な演出、内容に、心なしか放心状態にさえ見えて来てしまう、名優ピーター・フォンダ氏のお顔
こんな方のお顔まで間抜けに見えて来てしまう映画って、いったい・・・(@_@)
そんなアカデミー候補俳優の、危うい視線の先にあったのは



987-1270だいじょうぶ15

駐車場で踊りまくる、相変わらずのミミミの姿でした。
♬目を閉じてごらん 愛が見えてくる ・・・だいじょうぶマイフレンド だいじょうぶマイフレンド♪
・・・・・


さて、この映画、ひとことで言うなら、とんでもない破壊力を持っている映画です(爆)
まさに、(爆)なのです

この映画が製作された昭和の時代は、後世に残る名作が現在よりも多く誕生した時代であると同時に、今だったら世に出ることはないであろう異色作、愛すべき?迷作・怪作が多く生まれた時代でもありました。
「だいじょうぶマイ・フレンド」もそんな作品の中のひとつ、と言ってしまえばそれまでなのですが、ある意味、私の想像の上を行っていました ll(-_-;)ll

まだこの続きがありますので、次回もストーリーを追いながら、ご紹介してまいります
今日は序の口、さらにカオスが加速して行く、後半をしばし待て!(笑)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ



この手のB級脱力映画がお好きな方は、数年前の過去記事も見てやってください♪
youtubeからシェアした動画が、削除されているものも多いですが。
↓↓↓

●いったいコレは〜?!(笑)平成の超B級映画「北京原人Who are you?」
●前回の続き〜平成の超B級映画「北京原人Who are you?」
●これぞ怪作?1(笑)昭和アニメ超B級実写版映画その1〜「ルパン三世念力珍作戦」と「ドカベン」〜
●たぶん宇宙一の意味不明トンデモ映画?!80年代の謎の名作「幻の湖」
●クールに行こう、ブリーズ?!「サーキットの狼」の実写版映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー2で描かれた近未来の2015年10月21日☆

♪あの頃の未来に僕らは立っているのかな という歌詞が登場するスマップの曲がかつてありましたよね。


987-1-2バックトゥザフューチャー1

↑これは、私が持っている「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」劇場用パンフレット。
メディアでも話題になっていたのでご存知の方が多いかと思いますが、2015年10月21日はこの映画の中でマーティーとドクがタイムスリップした、まさにその未来の日でした

映画では1985年から30年後の世界にやって来たという設定でしたが、2の公開は1989年だったので、まさに80年代後期に思い描かれていた未来予想図が劇中で繰り広げられていたわけです


987-1-2バックトゥザフューチャー2987-1-2バックトゥザフューチャー3

パンフレットにも「夢と遊び心を結集させた、ハイテクおもしろグッズ」として、マーティーを驚愕させた数々の未来のアイテムや装置が抜粋されています。


987-1-2バックトゥザフューチャー5コーラピザ

この2つ、覚えてる! 下のは未来のオーブンレンジ的な装置で、小さいサイズの乾燥ピザをこれに入れるとたった2秒ほどで、大きな出来立てアツアツのピザになって出て来る。


987-1-2バックトゥザフューチャー6調理装置

ハイテク・クッキングマシーン。 今から見るとやけに重装備で、かえってアナログに見える所が面白い(笑)


987-1-2バックトゥザフューチャー12映画館

これ、出て来ましたよね〜!「ジョーズ19」(笑) 
続編が19も続くなんて、どんな映画でもあり得ないので、未来にいることを面白く強調するためのジョークだったと思います^^
でも侮れないのは、看板に「ホロマックス」とあること。 つまり今で言う所の3D映画です。
これはしっかり実現していますからね〜


987-1-2バックトゥザフューチャー8アンティークショップ

私が初めてこの映画を見た時になぜか印象に残ったのが、この80年代のグッズを扱うアンティークショップでした

マーティーが2015年の世界に降り立ってしばらく、戸惑いながら街をウロウロ歩いていた時にお店のこのショーウィンドウを眺める場面があって、とても面白いなと思ったと同時に本当にこんなモノがアンティーク品として扱われる時代が来るのかな?と(半信半疑でした)。
・・・結果は言わずもがな。現実化してますよね〜。しかも、それにモロにハマっているのがこの私自身という(笑)

ブームとまではいきませんでしたが、当時もすでに昭和中期(30〜40年代)を懐古する風潮はあって、「テレビ探偵団」という番組があったり、昭和懐古系のムックや本も出版されたりしていました。
ですが、当時は若者だったこともあり、80年代の最新なはずのモノや文化がこんな風に懐かしまれる時代が来るなんて、もうひとつ想像出来なかったし、ピンと来ていなかったんだと思います。

ディスプレイされているような80年代のまさに「アンティーク・コンピューター」、確かに今ではある種、骨董品的な値打ちがありますよね


987-1-2バックトゥザフューチャー10信号

987-1-2バックトゥザフューチャー11トラフィック

トラフィックの未来描写、楽しい! 
空飛ぶ自動車まであるはずなのに、こういうところに当時のアナログな味わいが出ているんですよネ
でも、マーク等のアイコンのデザインは、逆に今っぽいなあと思う 


987-1-2バックトゥザフューチャー9電話

電話ボックス。
コンパクトな携帯電話が誕生して、しかもここまで劇的に普及しているとは、製作陣も想像出来なかったんだろうな〜。



早朝にやっていた番組で、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の2015年の未来予想図の中で、実現したものとしていないものを簡単に紹介していて、「なるほど〜!」と思ったのでコチラでも受け売りですがご紹介しますネ^^

《実現したもの》
●ホバーボード
●大画面の薄型テレビ
●小型無人機(ドローン)
●指紋認証システム
●タブレット(映画の中ではタブレットで署名活動か何かをやってませんでしたっけ?違ったかな?)
●3D映画

《実現していないもの》
●空飛ぶ自動車
●大きくなるピザ
●その人の足のサイズに合わせて、自動でひもが締まってくれる靴(これは要らないかも)
●自動乾燥機付きジャケット(これはますます要らない(笑))
●秒単位でわかる天気予報


こうやって見てみると、実現しているものがかなり多いですよね。

他にも、マーティーの子供達がかけていたメガネ型の端末(いわゆる、ウェアラブル・コンピューター的なもので、映像が見えたりする)や、ドローンに犬を散歩させたり、といったようなものも、すでに試みがなされたり、似たアイテムが出て来たりしている点で、ほぼ実現したと言ってもいいのかも。
テレビ電話も、スカイプがありますから、十分実現済みと言っても良いですよね。

映画製作時が1980年代の後半ということもあってか、それより以前の1950年代後半〜1970年代に描かれていた、あまりにもキテレツで奇想天外な未来予想図(これに関しては過去記事で書いていますので、ごらんください。)とくらべると、より実現可能性が高い未来予想図が描写されていたことになりますね。





↑このシーンも覚えてる(笑) マーティーがシューティングゲームをしたら、小さい子供達に「That's like a baby's toy」(赤ちゃんのおもちゃだ、まるで)とバカにされるところ(^_^;)(笑)
当時では現実的にはまず考えられないシーンだったけど、考えてみたら、こういったゲームも現在ではレトゲーに分類されているわけで。
時間の経過を感じさせられますね、今見ると・・・(しみじみ)。


 
987-1-2バックトゥザフューチャー15ドクとマーティ

年寄りにしか見えなかったドク役のクリストファー・ロイド氏が、今見るとどう見ても40代ぐらいなのに老け役をやっているのがよくわかる(笑) そういう意味では樹木希林さんと一緒だな〜と思ったり(笑)


なんだか締め方がよくわからなくなって来ましたが(^_^;) 、とにかく、バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作は、私がこれまでの人生で見た映画の中でもランキングの上位に入る大好きな映画です \(@^0^@)/
あ〜、でも、やっぱり、ずっと先の未来として設定されていたはずの2015年10月21日が今や過去となってしまったのは、オバさんにはちょっとせつないな〜



☆追記☆ おまけ♪

987-1-2バックトゥザフューチャー14インテグラ

↑映画パンフの裏表紙にあった、インテグラの広告 with マーティー。
インテグラは当時の若者に人気のあった車で、女子の間でも「インテグラに乗りたい(乗せて欲しい)」という声が多くありましたw ま、余談です(笑)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

元祖・国際秘宝館のDVDを鑑賞したゾ〜、の巻(^m^ )

パソコンの調子が悪くて困っています
勝手に選択した状態になって全部「水色」な文字列になってしまったり、逆に何もしてないのに画面が固まってクリック出来ない状態になってしまったり、その頻度があまりにも凄まじく なので、最近はほぼ強制終了オンリーでパソコンをOFFにしています。
今に始まったことではなく、昨年の途中から騙し騙し使い続けてきたのですが、そろそろ買い替えないとヤバいのかなあ(悩)
2008年の夏に中古で買ったんですが、できるだけ長生きしてほしいんです。
(さ、いつフリーズしてもいいように、このあたりでそろそろ保存しとかないと

さてそんな状況下ではありますが、しばらくぶりに、本日も昭和つれづれなるままに。


987元祖国際秘宝館0

ツタヤ・ディスカスでついにレンタルしました。念願の「元祖・国際秘宝館」のDVD(笑)
そう、昭和の時代、日本全国の観光地を席巻した(?)「秘宝館」の文字通り元祖ともなった施設。
まさに伝説の、‘KING OF 秘宝館’なのですよ〜
一部のマニアに惜しまれつつ、残念ながら2007年3月末で閉館になりましたが、このDVDは閉館直後に撮影されたもの。
場所は伊勢路、伊勢神宮内宮へと向かう国道沿い。在りし日の最後の姿を映し撮ったとも言える、貴重な映像です。




↑すでにYouTubeにこれよりも古い時代、1995年当時のこのような動画も公開されていますから、こういうのを見ておけば何もわざわざレンタルまでしなくてもと一瞬考えますが、いや、やっぱり違うもので。


987元祖国際秘宝館4 

987元祖国際秘宝館7-1  

987元祖国際秘宝館5


館内にあるほぼすべてのオブジェ、ろう人形、アトラクションをきめ細やかなカメラワークでフォローしてくれているのがよくわかりますし、そのおかげで発見もあったわけなんです。

このブログで過去にご紹介したことのある、2、3年前、伊豆の『怪しい秘密基地・まぼろし博覧会』を訪れた時に展示してあったこのスゴい人形さんたち↓

まぼろし博覧会魔界3


これが、「元祖・国際秘宝館」から引き取られたものだったということが判明したのです
ナース人形にご注目。

987元祖国際秘宝館19
(こっちが元祖・国際秘宝館で展示されていたもの)

この角度からみると、上のナースと下のナース、ちょっとだけ髪型とお顔のフンイキが違うようにも見えますが、ポージング(手の向き)といい、動画で見た限りでは同じお人形を使っていると思います。
何となく、ここか、鳥羽にあった「SF未来館」から来たものなのではないかと予想はしていたのですが、やっぱり当たっていました。
この表現し難い「キテる感」は、今時のコピペ感覚でたやすく造り出せるシロものではないですからねえ〜(笑)
なおかつ全国の秘宝館の中でもオリジナル度と突き抜け度が高かったであろう、伊勢か鳥羽から、という秘宝館ラブなワタクシならではの名推理なのです(笑)

まぼろし博覧会bunmei2  まぼろし博覧会魔界10
↑これも以前、「まぼろし博覧会」のところでupした写真。この方達も、元々は元祖・国際秘宝館からやって来た方達ということが、DVDより判明しましたw


987元祖国際秘宝館3

↑ 人形一体500万???!! ってマジ〜?!!




DVDの中に出て来た、ドライブインの敷地内に秘宝館を造ったばかりの頃の写真。


987元祖国際秘宝館14

↑元はこんなドライブインだったのが・・・

987元祖国際秘宝館17-1

こんな感じになったということ。
秘宝館のオープンが1972年だったようなので、きっとその頃の写真ですね。

1960年代末〜70年代初めの国道沿いのドライブイン。
外観がまるで昭和の遊園地の中にある建造物みたいで、決してセンスはないけどのどかで、ああ〜〜何とも言えない心地いい風情だなあと、私などには思えてしまいました (〃∇〃)  停まっている車種もまたこの風景にマッチしているんですよねえ。
これに関しては、秘宝館云々とはまたべつの、いつもの昭和レトロ愛好家目線の感動ポイントということで^^


そして更にこの後、このような宮殿風建築へと進化していく(笑)これはきっと80年代ですね。

987元祖国際秘宝館15


2007年に閉館ということは、知ってさえいれば何度も行くチャンスがあったのに、と今更ながら思います
なんでもっと早く、このファンタジェンな秘宝館に目をつけなかったんだろうか。

もしくは、熱海の秘宝館も今女性の客が多くて人気のようだし、閉館しないで残しておいても良かったんじゃないですか?
「伊勢内宮にお参り→帰りに秘宝館」今では伊勢志摩屈指のゴールデン観光コースになっていたはず!!(結構マジで思ってます!)もったいな〜い

987元祖国際秘宝館10 987元祖国際秘宝館11
↑このあたりまでは、意外にセンスのいい入場券のデザイン。70年代テイストですね。

987元祖国際秘宝館12



さて、最後にもうひとつ、このDVDならではの私の昭和な鑑賞ポイントをお伝えしたいと思います。

この秘宝館やドライブイン施設を経営していた会社の社長さんの他に、もうおひとり閉館時の館長さんが映像の中に登場されていたのですが、なんとその方は意外にも女性の館長さんでした
1980年ぐらいからここで働き始め、他で就職したことがなく、ここしか知らないんです、との言を聞き、すかさず制作スタッフが「女性で、こういうところで働くってどうだったんですか?」と質問。
こういうところで働くことを周りには色々言う人もいたけど、観光客が押し寄せた全盛期にはかなり忙しかったらしく、エッチな施設だとかそういう感覚は全くなかった、ということ。遊園地や遊技場のスタッフ的な感覚で働かれていたご様子でした。

昭和の頃、小さい会社で事務員さんをやっておられたようなタイプの、本当に普通のおばちゃんという表現がピッタリの館長さん。 平成ビジネスのスキームや匂いとは程遠く乖離したおばちゃん(ともう呼ばせていただきます)の醸し出すやんわりとのどかな空気感。(私はやっぱりこういう方が好き。。。)

こういったモンド/終末系の施設やお店には往々にしてあることですが、昭和のままで時が止まっていたのは秘宝館だけではなく、そこで働く人もまたしかりというのを実感し、見ているうちにそのことに何とも言えないせつなさが込み上げてきました。


あ〜、正直、秘宝館のDVD見てこんなにしんみりとした気持ちになるなんて思わなかったわ〜
30年近く働いたこの場所が無くなった後、おばちゃん、この特異なキャリアを引っさげてどこかに再就職できたんだろうか。
って、私、ちょっと情緒不安定気味?!(笑) 
自分のことの方を心配しろよ、という感じですが(^_^;) (笑)

館長さんへのインタビューもそうでしたが、創業者であるお父さんからこの秘宝館を引き継いだ2代目社長へのインタビュー部分も、創業当時の話などが聞け、内容が濃くて面白かったですよ。(この2代目社長さんがまた人の良さそうな方)

馬の交尾ショーを見るまでの趣味はさすがにありませんが^^;、秘宝館の賑わっていた時代にタイムスリップしてここに降り立ってみたい。ますますそんな気にさせられた、2時間のレトロ鑑賞(そしてちょっぴり感傷)アワーでありました
今回はレンタルで見たけど、このDVD、欲しくなってきました。






久々に長めの投稿になりましたが、それでは、皆様本日はこのあたりで。
明日も良い日になりますように


(DVDの画像は許可を得て掲載しております♪)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR