ソラリスの時間 ●懐かしの映画・アニメ映画・映像作品

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

バック・トゥ・ザ・フューチャー2で描かれた近未来の2015年10月21日☆ 

♪あの頃の未来に僕らは立っているのかな という歌詞が登場するスマップの曲がかつてありましたよね。


987-1-2バックトゥザフューチャー1

↑これは、私が持っている「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」劇場用パンフレット。
メディアでも話題になっていたのでご存知の方が多いかと思いますが、2015年10月21日はこの映画の中でマーティーとドクがタイムスリップした、まさにその未来の日でした

映画では1985年から30年後の世界にやって来たという設定でしたが、2の公開は1989年だったので、まさに80年代後期に思い描かれていた未来予想図が劇中で繰り広げられていたわけです


987-1-2バックトゥザフューチャー2987-1-2バックトゥザフューチャー3

パンフレットにも「夢と遊び心を結集させた、ハイテクおもしろグッズ」として、マーティーを驚愕させた数々の未来のアイテムや装置が抜粋されています。


987-1-2バックトゥザフューチャー5コーラピザ

この2つ、覚えてる! 下のは未来のオーブンレンジ的な装置で、小さいサイズの乾燥ピザをこれに入れるとたった2秒ほどで、大きな出来立てアツアツのピザになって出て来る。


987-1-2バックトゥザフューチャー6調理装置

ハイテク・クッキングマシーン。 今から見るとやけに重装備で、かえってアナログに見える所が面白い(笑)


987-1-2バックトゥザフューチャー12映画館

これ、出て来ましたよね〜!「ジョーズ19」(笑) 
続編が19も続くなんて、どんな映画でもあり得ないので、未来にいることを面白く強調するためのジョークだったと思います^^
でも侮れないのは、看板に「ホロマックス」とあること。 つまり今で言う所の3D映画です。
これはしっかり実現していますからね〜


987-1-2バックトゥザフューチャー8アンティークショップ

私が初めてこの映画を見た時になぜか印象に残ったのが、この80年代のグッズを扱うアンティークショップでした

マーティーが2015年の世界に降り立ってしばらく、戸惑いながら街をウロウロ歩いていた時にお店のこのショーウィンドウを眺める場面があって、とても面白いなと思ったと同時に本当にこんなモノがアンティーク品として扱われる時代が来るのかな?と(半信半疑でした)。
・・・結果は言わずもがな。現実化してますよね〜。しかも、それにモロにハマっているのがこの私自身という(笑)

ブームとまではいきませんでしたが、当時もすでに昭和中期(30〜40年代)を懐古する風潮はあって、「テレビ探偵団」という番組があったり、昭和懐古系のムックや本も出版されたりしていました。
ですが、当時は若者だったこともあり、80年代の最新なはずのモノや文化がこんな風に懐かしまれる時代が来るなんて、もうひとつ想像出来なかったし、ピンと来ていなかったんだと思います。

ディスプレイされているような80年代のまさに「アンティーク・コンピューター」、確かに今ではある種、骨董品的な値打ちがありますよね


987-1-2バックトゥザフューチャー10信号

987-1-2バックトゥザフューチャー11トラフィック

トラフィックの未来描写、楽しい! 
空飛ぶ自動車まであるはずなのに、こういうところに当時のアナログな味わいが出ているんですよネ
でも、マーク等のアイコンのデザインは、逆に今っぽいなあと思う 


987-1-2バックトゥザフューチャー9電話

電話ボックス。
コンパクトな携帯電話が誕生して、しかもここまで劇的に普及しているとは、製作陣も想像出来なかったんだろうな〜。



早朝にやっていた番組で、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の2015年の未来予想図の中で、実現したものとしていないものを簡単に紹介していて、「なるほど〜!」と思ったのでコチラでも受け売りですがご紹介しますネ^^

《実現したもの》
●ホバーボード
●大画面の薄型テレビ
●小型無人機(ドローン)
●指紋認証システム
●タブレット(映画の中ではタブレットで署名活動か何かをやってませんでしたっけ?違ったかな?)
●3D映画

《実現していないもの》
●空飛ぶ自動車
●大きくなるピザ
●その人の足のサイズに合わせて、自動でひもが締まってくれる靴(これは要らないかも)
●自動乾燥機付きジャケット(これはますます要らない(笑))
●秒単位でわかる天気予報


こうやって見てみると、実現しているものがかなり多いですよね。

他にも、マーティーの子供達がかけていたメガネ型の端末(いわゆる、ウェアラブル・コンピューター的なもので、映像が見えたりする)や、ドローンに犬を散歩させたり、といったようなものも、すでに試みがなされたり、似たアイテムが出て来たりしている点で、ほぼ実現したと言ってもいいのかも。
テレビ電話も、スカイプがありますから、十分実現済みと言っても良いですよね。

映画製作時が1980年代の後半ということもあってか、それより以前の1950年代後半〜1970年代に描かれていた、あまりにもキテレツで奇想天外な未来予想図(これに関しては過去記事で書いていますので、ごらんください。)とくらべると、より実現可能性が高い未来予想図が描写されていたことになりますね。





↑このシーンも覚えてる(笑) マーティーがシューティングゲームをしたら、小さい子供達に「That's like a baby's toy」(赤ちゃんのおもちゃだ、まるで)とバカにされるところ(^_^;)(笑)
当時では現実的にはまず考えられないシーンだったけど、考えてみたら、こういったゲームも現在ではレトゲーに分類されているわけで。
時間の経過を感じさせられますね、今見ると・・・(しみじみ)。


 
987-1-2バックトゥザフューチャー15ドクとマーティ

年寄りにしか見えなかったドク役のクリストファー・ロイド氏が、今見るとどう見ても40代ぐらいなのに老け役をやっているのがよくわかる(笑) そういう意味では樹木希林さんと一緒だな〜と思ったり(笑)


なんだか締め方がよくわからなくなって来ましたが(^_^;) 、とにかく、バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作は、私がこれまでの人生で見た映画の中でもランキングの上位に入る大好きな映画です \(@^0^@)/
あ〜、でも、やっぱり、ずっと先の未来として設定されていたはずの2015年10月21日が今や過去となってしまったのは、オバさんにはちょっとせつないな〜



☆追記☆ おまけ♪

987-1-2バックトゥザフューチャー14インテグラ

↑映画パンフの裏表紙にあった、インテグラの広告 with マーティー。
インテグラは当時の若者に人気のあった車で、女子の間でも「インテグラに乗りたい(乗せて欲しい)」という声が多くありましたw ま、余談です(笑)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

[ 2015/10/23 21:29 ] ●懐かしの映画・アニメ映画・映像作品 | TB(0) | CM(12)

元祖・国際秘宝館のDVDを鑑賞したゾ〜、の巻(^m^ )  

パソコンの調子が悪くて困っています
勝手に選択した状態になって全部「水色」な文字列になってしまったり、逆に何もしてないのに画面が固まってクリック出来ない状態になってしまったり、その頻度があまりにも凄まじく なので、最近はほぼ強制終了オンリーでパソコンをOFFにしています。
今に始まったことではなく、昨年の途中から騙し騙し使い続けてきたのですが、そろそろ買い替えないとヤバいのかなあ(悩)
2008年の夏に中古で買ったんですが、できるだけ長生きしてほしいんです。
(さ、いつフリーズしてもいいように、このあたりでそろそろ保存しとかないと

さてそんな状況下ではありますが、しばらくぶりに、本日も昭和つれづれなるままに。


987元祖国際秘宝館0

ツタヤ・ディスカスでついにレンタルしました。念願の「元祖・国際秘宝館」のDVD(笑)
そう、昭和の時代、日本全国の観光地を席巻した(?)「秘宝館」の文字通り元祖ともなった施設。
まさに伝説の、‘KING OF 秘宝館’なのですよ〜
一部のマニアに惜しまれつつ、残念ながら2007年3月末で閉館になりましたが、このDVDは閉館直後に撮影されたもの。
場所は伊勢路、伊勢神宮内宮へと向かう国道沿い。在りし日の最後の姿を映し撮ったとも言える、貴重な映像です。




↑すでにYouTubeにこれよりも古い時代、1995年当時のこのような動画も公開されていますから、こういうのを見ておけば何もわざわざレンタルまでしなくてもと一瞬考えますが、いや、やっぱり違うもので。


987元祖国際秘宝館4 

987元祖国際秘宝館7-1  

987元祖国際秘宝館5


館内にあるほぼすべてのオブジェ、ろう人形、アトラクションをきめ細やかなカメラワークでフォローしてくれているのがよくわかりますし、そのおかげで発見もあったわけなんです。

このブログで過去にご紹介したことのある、2、3年前、伊豆の『怪しい秘密基地・まぼろし博覧会』を訪れた時に展示してあったこのスゴい人形さんたち↓

まぼろし博覧会魔界3


これが、「元祖・国際秘宝館」から引き取られたものだったということが判明したのです
ナース人形にご注目。

987元祖国際秘宝館19
(こっちが元祖・国際秘宝館で展示されていたもの)

この角度からみると、上のナースと下のナース、ちょっとだけ髪型とお顔のフンイキが違うようにも見えますが、ポージング(手の向き)といい、動画で見た限りでは同じお人形を使っていると思います。
何となく、ここか、鳥羽にあった「SF未来館」から来たものなのではないかと予想はしていたのですが、やっぱり当たっていました。
この表現し難い「キテる感」は、今時のコピペ感覚でたやすく造り出せるシロものではないですからねえ〜(笑)
なおかつ全国の秘宝館の中でもオリジナル度と突き抜け度が高かったであろう、伊勢か鳥羽から、という秘宝館ラブなワタクシならではの名推理なのです(笑)

まぼろし博覧会bunmei2  まぼろし博覧会魔界10
↑これも以前、「まぼろし博覧会」のところでupした写真。この方達も、元々は元祖・国際秘宝館からやって来た方達ということが、DVDより判明しましたw


987元祖国際秘宝館3

↑ 人形一体500万???!! ってマジ〜?!!




DVDの中に出て来た、ドライブインの敷地内に秘宝館を造ったばかりの頃の写真。


987元祖国際秘宝館14

↑元はこんなドライブインだったのが・・・

987元祖国際秘宝館17-1

こんな感じになったということ。
秘宝館のオープンが1972年だったようなので、きっとその頃の写真ですね。

1960年代末〜70年代初めの国道沿いのドライブイン。
外観がまるで昭和の遊園地の中にある建造物みたいで、決してセンスはないけどのどかで、ああ〜〜何とも言えない心地いい風情だなあと、私などには思えてしまいました (〃∇〃)  停まっている車種もまたこの風景にマッチしているんですよねえ。
これに関しては、秘宝館云々とはまたべつの、いつもの昭和レトロ愛好家目線の感動ポイントということで^^


そして更にこの後、このような宮殿風建築へと進化していく(笑)これはきっと80年代ですね。

987元祖国際秘宝館15


2007年に閉館ということは、知ってさえいれば何度も行くチャンスがあったのに、と今更ながら思います
なんでもっと早く、このファンタジェンな秘宝館に目をつけなかったんだろうか。

もしくは、熱海の秘宝館も今女性の客が多くて人気のようだし、閉館しないで残しておいても良かったんじゃないですか?
「伊勢内宮にお参り→帰りに秘宝館」今では伊勢志摩屈指のゴールデン観光コースになっていたはず!!(結構マジで思ってます!)もったいな〜い

987元祖国際秘宝館10 987元祖国際秘宝館11
↑このあたりまでは、意外にセンスのいい入場券のデザイン。70年代テイストですね。

987元祖国際秘宝館12



さて、最後にもうひとつ、このDVDならではの私の昭和な鑑賞ポイントをお伝えしたいと思います。

この秘宝館やドライブイン施設を経営していた会社の社長さんの他に、もうおひとり閉館時の館長さんが映像の中に登場されていたのですが、なんとその方は意外にも女性の館長さんでした
1980年ぐらいからここで働き始め、他で就職したことがなく、ここしか知らないんです、との言を聞き、すかさず制作スタッフが「女性で、こういうところで働くってどうだったんですか?」と質問。
こういうところで働くことを周りには色々言う人もいたけど、観光客が押し寄せた全盛期にはかなり忙しかったらしく、エッチな施設だとかそういう感覚は全くなかった、ということ。遊園地や遊技場のスタッフ的な感覚で働かれていたご様子でした。

昭和の頃、小さい会社で事務員さんをやっておられたようなタイプの、本当に普通のおばちゃんという表現がピッタリの館長さん。 平成ビジネスのスキームや匂いとは程遠く乖離したおばちゃん(ともう呼ばせていただきます)の醸し出すやんわりとのどかな空気感。(私はやっぱりこういう方が好き。。。)

こういったモンド/終末系の施設やお店には往々にしてあることですが、昭和のままで時が止まっていたのは秘宝館だけではなく、そこで働く人もまたしかりというのを実感し、見ているうちにそのことに何とも言えないせつなさが込み上げてきました。


あ〜、正直、秘宝館のDVD見てこんなにしんみりとした気持ちになるなんて思わなかったわ〜
30年近く働いたこの場所が無くなった後、おばちゃん、この特異なキャリアを引っさげてどこかに再就職できたんだろうか。
って、私、ちょっと情緒不安定気味?!(笑) 
自分のことの方を心配しろよ、という感じですが(^_^;) (笑)

館長さんへのインタビューもそうでしたが、創業者であるお父さんからこの秘宝館を引き継いだ2代目社長へのインタビュー部分も、創業当時の話などが聞け、内容が濃くて面白かったですよ。(この2代目社長さんがまた人の良さそうな方)

馬の交尾ショーを見るまでの趣味はさすがにありませんが^^;、秘宝館の賑わっていた時代にタイムスリップしてここに降り立ってみたい。ますますそんな気にさせられた、2時間のレトロ鑑賞(そしてちょっぴり感傷)アワーでありました
今回はレンタルで見たけど、このDVD、欲しくなってきました。






久々に長めの投稿になりましたが、それでは、皆様本日はこのあたりで。
明日も良い日になりますように


(DVDの画像は許可を得て掲載しております♪)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
[ 2015/03/04 18:44 ] ●懐かしの映画・アニメ映画・映像作品 | TB(0) | CM(4)

幸福の黄色いハンカチ、意外なところがツボでした♪ 

高倉健1  

高倉健2

↑15年ほど前に映画館で上映を見た後に買った「鉄道員(ぽっぽや)」のパンフレットです。


2週間ほど前の高倉健さんの訃報、皆様はどのようなお気持ちでお聞きになりましたか。
私はと言いますと、自分でも「どうしてこんなに?!」と驚くほどの寂しさを感じました。
悲しいというよりも寂しい。ただただ、ぽかんと大きな穴が空いたような喪失感を感じています。

健さんが国民的大スターであったことには疑問の余地はありませんが、東映の任侠映画主演以来、特にうちの親世代から熱烈に愛され支持を受けた方です。うちの母親も大ファンでした。
そんな世代のズレもあってか、訃報以前に私が劇場やテレビで見た事があった映画と言えば、「鉄道員」、遺作となった「あなたへ」、「野生の証明」・・・実はそれぐらいしかありませんでした。
「ブラック・レイン」も「南極物語」も見ていません。
子供の頃、宣伝CMでの「天は我々を見放したか・・・!」というフレーズが脳裏に焼き付いたあの「八甲田山」ですら、ロードショー番組で昔放送された際に一部だけ「ながら見」程度にしか見ていませんでした。

そんな決してファンとは言えない私ですが、亡くなられたことを知ってからというもの、テレビで追悼の放送があるたびに昔の作品を見まくっています。

昭和の末期、石原裕次郎さん、美空ひばりさんという大スターが亡くなられた時、「昭和が終わった」「ひとつの時代が終わった」という言葉を何度も耳にしました。
その時もびっくりしましたし確かにそうだなあという気もしましたが、今回ほどの切実感は感じなかった。
まだ私も学生で、時代の移り変わりに想いを馳せるような年齢ではなかったせいもありますが、あの頃以上に「昭和が終わった」「これでますます帰れないところまで来てしまった。遠くなってしまった」という思いを感じています。

「鉄道員」を見た時も思いましたが、健さんは発するセリフがない場面でも、その立ち姿や後ろ姿だけでその主人公の背負っている十字架、生き様を表現することができる数少ない役者さんだったと思います。「背中で演技が出来る」人。
もの言わずとも哀感を表現出来るのは、その人自身が語れない哀しみを伴った人生を歩んで来た証。
男として以上に、人間として聡明であった証であると思っています。

そして「背中」以外にもうひとつ、健さんを健さんたらしめているのは独特の目元、「目力」。
最近放送があった「網走番外地」を見ながら、若かりし頃の健さんの少し切れ長で涼やかな「目」に魅入られてしまいました。
あの時代にもし自分が若い女性だったら、きっと大ファンになっていました。





さて私は先日初めて、テレビでノーカット放送されていた「幸福の黄色いハンカチ」を見ました。

小中学生の頃、テレビでよくロードショー番組を見ていたことはブログで何度か書きましたが、その時代からよく放送されていた映画だった記憶があります。
ただ、全部通しで見た事は「八甲田山」同様、一度もありませんでした。

見始めたところ、数分おきにいちいち声を上げてしまうぐらい、感動しました。
それはストーリーに、というよりも、画面に繰り広げられるあまりにも懐かしいリアルな昭和の世界に、です。

桃井かおりさんや武田鉄矢氏の70年代ファッションは言うに及ばず、

・マツダのファミリア(初代?)他、昭和レトロカーのオンパレード。そしてもちろん、カーナビなどあるはずもない内装のレトロ感。
・掲げられているお店の看板が、当然のことながらレトロ看板の宝庫!ホーロー看板も現役。
・国鉄時代の木造駅舎の佇まい。貼られているのは手書きの時刻表。
・食堂、郵便局、旅館の室内。
・流れてくるBGM(カーラジオからという設定)が、都はるみ「北の宿から」ピンクレディ「渚のシンドバッド」イルカの「なごり雪」。
・キャンディーズとピンクレディを比較した、武田鉄矢のドライブトーク。
・普通に立っている丸ポスト。
・昔の新幹線の車内販売員と看護婦さんの制服。(特に車内販売員のエプロン制服、頭に付ける白いカチューシャにはあまりの懐かしさに涙が出そうに。)
・大きなリボンのセーラー服を着た女子学生。
・ドライブの途中で、トイレのない場所で用をたすw
・カーナンバ (これも今ではほとんど見なくなりました。昭和から平成初期にかけての風俗遺産かも(笑))


これ、もしもDVDで見ていたら、一時停止を延々と繰り返しながら見ていたと思います。
いちばん感動したのは、上にも書いたように新幹線の車内販売員の制服と、あとは、町並み(看板類)ですね〜

「ALWAYS〜三丁目の夕日〜」という映画を数年前に見た時には感動しましたが、美術的な事に関して言えば、まあ言ってもCGで再現された町並みです。
メリハリをきかせて誇張的に再現しているものと勝手に思っていました。
でも、この映画の中に映り込んでいるリアルなあの当時の町並み、1軒1軒のお店に掲げられている看板を見た時に、あれは決して誇張ではなかったんだ、と思いました。

子供の頃は思わなかったですが、今から見ると当時の看板ってなんて賑わい感があってカラフルなんでしょうか〜!
決して洗練はされていませんが、色彩と活気に満ちあふれた看板を見て、ああ、私が見ていた、生活していた昭和の町はこんな感じだったのか・・・と感動してしまいました

映画のストーリーと全く関係のないところで、泣けた私(笑)
どうぞご容赦ください(笑)

おそらく暮れ〜お正月あたりにも地上波でいくつか放送がありそうな予感がしますので、過去に見た事がない高倉健さんの映画をまだまだ見て行こうと思っています。


(6日前に久々のブログ更新をしたばかりなのに、本日また更新♪
どうなってるんだ、私。
久しぶりに来てくださった皆様、ひとつ前の記事もごらんくださいますと嬉しいです


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
[ 2014/11/30 19:23 ] ●懐かしの映画・アニメ映画・映像作品 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR