ソラリスの時間 「やまもと本店」のねぎ焼(大阪)

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

「やまもと本店」のねぎ焼(大阪) 


yamamoto.jpg


このお店に最初に来たのは、実はかれこれもう10数年前になります。

20年近く前、今では数え切れないぐらい出版されているグルメ本やグルメ雑誌の先駆けとなった本の中のひとつと思われる、「Tel本」というミニ本(名前は確かこういう感じだったと思いますが・・・定かではありません^^; しかも内容的に関西限定で売られてたと思われます)が、本屋さんに置いてありました。

縦長のスケジュール帳ぐらいの大きさの本で、写真はいっさいなし。食の各ジャンルごとにおいしいお店の名前と所在地、電話番号、お店評の短いコメントが載っているだけの本だったのですが、そこに、すでに「やまもと」は載っていました。

その本を買って帰って、はっきりとは覚えてないのですが、それからおそらく2、3年以内ぐらいには十三にあるこのお店に行ったと記憶しています。
最初に行った時、とてもおいしくて、それから間を置かずに何回か行ったのですが、ある時期からばったり行かなくなってしまって。。。

でも、食べ歩きマイブームが復活した最近になって、また久々に食べに行ってみたい!と思ったのです。



行ってみてまず最初に思ったのは、「あ! お店がキレイになってる・・・(@ @)!」

確かもう少しきたなくて狭いお店(こういうお店ほど、実はおいしかったりするのです)だったと思うのですが、改装されてキレイで前よりも広いお店になっていました。でも、ねぎ焼を焼く鉄板のまわりををぐるりとカウンター席が囲むレイアウトはそのままの感じで、おばちゃんたちのテキパキとした手際の良さもそのまんま。
懐かしいなァ・・・。



昔食べたことのある「スジ」にしようかと思ったのですが、いろんな具が入っているのをついつい食べてみたくなってしまって^^;、思い切って「デラックス」を注文してみました。焼き上がってから、食べる直前に表面にお醤油(お醤油ベースのタレ?)を塗ってくれて、レモン汁をぱぱっとふりかけてくれます。
生地自体についている味はとても薄いため、端っこの具がない部分だけは薄くて物足りないのですが、お肉やイカなどの具には程良い、しかもすごくおいしい下味がついているので、だんだん食べ進めるごとにおいしさがアーーップ!
確か前にも思ったのですが、こんなに大量のネギが使われてるわりに、独特の風味はあっても臭みがあんまり気にならなくて、思った以上にさわやかにあっさりと食べられるのです。
もちろん、おいしい粉モンの鉄則ですが、外はよく焼けて香ばしく、中はとろっとした程良い火の通り加減。
おいしい~♪満足。


近々もう一度行って、今度は懐かしいスジ入りのやつを食べたいです♪
最近、梅田にも二号店ができたみたいですが、本店派のワタシとしてはやはり十三のこのお店まで足を伸ばしたい!

それと、ワタシの両隣に座っていたおばちゃん連れと、小学生のボクとお父さんと
の親子連れ、どちらもネギ焼きだけでなく焼きそばも食べておられました。焼きそばは一人前を頼んでみんなで分けるという形で。
焼きそばにもおネギが入ってておいしそうでした^^




<追記>

実はこの10日後ぐらいになんと再び行って来て、懐かしい「スジ」入りのねぎ焼を食べました☆


結論。 やっぱりシンプルなスジネギが一番!

ぐたぐた具がたくさん入ったやつよりも、スジとこんにゃくとのシンプルな組み合わせの方が、ネギと生地の味に合ってるような気がします。こんにゃくについてる少し甘い下味がおいしいのです。

それにデラックス食べた時より、早い時間に入店してそんなにまだお客さんが混んでなくて余裕があったせいか、出来上がりに塗ってくれる醤油もレモン汁もたっぷりで、これがまたおいしかった^^!

お醤油とレモン汁は多めに塗ってもらった方が断然おいしいので、少ないなと思ったら言ってみても良いかもです♪

<追記の追記>
今は中之島(朝日放送の新社屋があるところ)にも新しいお店ができてます。
でも、昔を知ってるワタシとしては、キレイすぎてなんか入る気しない(苦笑)




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

にほんブログ村 グルメブログへ


食べログ グルメブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/17 20:48 ] 未分類 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR