ソラリスの時間 マナサビイの東京虹色紀行(5) 「空想カフェ」
FC2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

マナサビイの東京虹色紀行(5) 「空想カフェ」 

『マナサビイの東京虹色紀行』 と題してお届けしております東京レトロ旅。 
3回目の今日は、
 
「週末は時間旅行へ!おもちゃと雑貨に囲まれた東京の昭和レトロカフェ3選」

というたびねすの記事でもご紹介した、 「空想カフェ」さんをご紹介します〜♪




空想カフェブログ0

空想カフェさんがあるのは浅草界隈。入谷駅が最寄りです。
私は東京の人間ではないのであまり詳しい地理的な説明はできないのですが、浅草の花やしき周辺から徒歩で10数分程北上したエリアにあります。
「空想雑貨」というお店に、カフェスペースが併設されて2011年にオープンしたのが今のお店。

『空想雑貨は昭和最後の年1988年に浅草千束に生まれました。アンティックトイの販売だけでなく、おもちゃが浅草の地場産業で、戦後日本の高度成長を支え 浅草が世界一のおもちゃの都であったこともアピールしています。
●カフェも併設していますので、ゆっくり楽しんでいって下さい。』

↑「空想雑貨」のHP http://www.kusou.co.jp/より引用させていただきました。




空想カフェブログ3


空想カフェブログ0-0

カフェスペースはこのような感じで、意外にモダン☆
店内のインテリア、アーティスティックでこだわっておられるのがわかる。オシャレですよね。
レトロどころか、いまやアンティーク、ヴィンテージの域に入っていると思しき玩具類がそれとなくディスプレイされています。 


空想カフェブログ1

どこか近未来風のフォルムの「時の窓」の向こうに見えるのが、たくさんの昔懐かしの玩具たち。
それを、まるで宇宙船の窓の外に広がる無限の宇宙を見つめるかのような眼差しで見つめるひととき。
あの時代は、今ではアンドロメダよりも遠い場所にあります。


空想カフェブログ2

写真枚数の都合上、たびねすには載せられなかったのですが、こちらが「土星カップ」に入れられたコーヒー。
アーティストさんが作られた特注品のようです。

私はブラックコーヒーは苦手なのですが(なので、コーヒーを出された時にミルクらしきものが見当たらないのが非常に不安だったのですが^^;)、こちらのコーヒーはブラックでも驚くほど美味しかったです
むしろ、ブラックのままで味わわないとせっかくの特上の美味しさが伝わらないと思う。 イヤな苦みや酸味が全然なくて、香りが芳醇でありながらどこか爽やかなんです。美味しかった〜!



そして、

空想カフェブログ4

奥の雑貨&おもちゃスペース(そういえば、スペースには宇宙という意味もありますよネ)を埋め尽くす、お宝の多さにビックリ!!
HPで拝見した時には、何となくカフェの隅っこなどにまとめて飾ってあるぐらいのボリュームかなと思っていたのですが甘かった。


空想カフェブログ5


空想カフェブログ7


空想カフェブログ6

男性の店主さんということもあり、男子向けの人形やおもちゃがやはり多いのですが、女子向けのものも意外に多いです。
目につくのはちょこちょことした紙雑貨、ぬりえブックの類ですネ^^

「きいちのぬりえ」もたくさんありました。


空想カフェブログ8


空想カフェブログ9


たびねすでも触れさせていただきましたが、店主さんは映画「Always 三丁目の夕日」のアドバイザーも務められた方でもあります。ということで、こちらのお店もブリキのおもちゃ・プラモデル・ソフビ人形・ぬりえといった昭和30〜40年代(1950年代後半〜70年代前半頃)のおもちゃ・雑貨がメイン。


高度成長期は経済や社会が大発展した時代ですが、同時に子供文化が大発展した時代であったとも言えます。
70年代末から80年代のファンシー雑貨がパステル&ブライトな色合いとするなら、この時代はビビッド&極彩色の時代。
私がリアルに覚えているのは昭和40年代後半、末期の頃からですが、その頃もまだ駄玩具、駄菓子は全盛だった。
「駄々っ子」、おつかいに行くともらえたおつりの「お駄賃」・・・「駄」が幅を利かせていた時代はなんだか精神的に豊かだったな。



空想カフェブログ10


空想カフェブログ11

このぬりえ、欲しかったけど見送ったんです〜〜
ファッションがどう見ても70年代、私が幼児〜小学校中学年の頃に流行ってたもの。 つまりは、自分がいちばんぬりえをして遊んでいた頃のものだと思います。

奥のおもちゃスペースにあるものは殆どが購入できるので、いくつか買わせていただきましたよ^^


空想カフェブログ15

途中の写真にも写っている「フラワーぬりえ」
表紙はこれぞ高橋真琴!!という豪華タッチのカラー絵で彩られていますが(左の女の子は微妙(笑))、中には高橋真琴先生の絵はいっさい登場しないという駄玩具的なユルさが素敵な逸品(笑) アタックNo.1の鮎原こずえ‘風’の女の子の絵も描かれていたりしますし^^
ちなみに裏表紙はこんな感じ↓

空想カフェブログ16


「ファッションぬりえ」の上の写真、オバケのQ太郎とレオの絵が描かれた付録のぬりえも購入させていただいたもの。



空想カフェブログ12

昭和30年代前半〜半ば頃のものと思われる、市販の年賀はがき。
宇宙や近未来世界といった最先端への憧れが強まった時代でありながら、伝統的な風習がまだ色濃く残っていた時代だというのが年賀状デザインを見てもよくわかる。 この対照的な要素がひとつの年賀状セットに入っているところが素晴らしい^^


空想カフェブログ13

左のレーシングカーのハガキも、上の年賀状と同じセットに入っていたもの。

右のブースカのポストカードはお店が製作したポストカードで、店主さんからいただきました
いつ頃製作されたものかはわかりませんが、郵便番号の記入欄が昭和を彷彿とさせる5ケタ仕様□□□ー□□になっているんですよ。



空想カフェブログ14

金髪の美少年は、懐かしのルネ・シマール。 彼を記憶しておられる方はR50といったところか(笑)
下の女性のカードはこのビジュアルにときめいて買いました。 南陽子さんという方らしいです。私は全く存じ上げないのですが、ご存知の方いらっしゃいますか?! 

グンゼのフルファッションが当たるという森永ガムのミニ販促ペーパーは、昭和30年代のものでしょうね。
昭和40年代になると、森永がガムに力を入れているイメージはもうなかったですよね、きっと。


空想カフェブログ18




          


「空想カフェ(空想雑貨)」さん、いかがでしたか?
私が予想していた以上にたくさんあったおもちゃや雑貨に長々と見入っていたこと、時間の都合などもあり、店主さんとあまりお話できなかったのですが、私など足元の足元にも及ばないぐらい、昔のおもちゃに対する非常に深い造詣・愛情をお持ちの店主さんです。 次回訪問する機会には、ぜひもっとお話をお伺いできたらと思います^^

「空想カフェ」HP  http://asakusanocafe.com/
「空想カフェ」ブログ  http//kazekin.blog.fc2.com/
「空想雑貨」HP  http://www.kusou.co.jp/

↑本文中でもご紹介しましたが、特にこの「空想雑貨」のHPには20年前に単行本として出版される予定だったものをはじめ、店主さんの綴られた素晴らしい文章が数多く掲載されています。 この時代のレトロを愛好するということの意味が語られている気がします。勉強になるわ〜!


さてさて、マナサビイの東京虹色紀行(3)〜(5) と題しまして、東京にある昭和レトロをテーマにしたカフェ・喫茶店をご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか

前2回の記事
「マナサビイの東京虹色紀行(3) 昭和レトロ喫茶 セピア」 http://manasavvy.blog42.fc2.com/blog-entry-450.html
「マナサビイの東京虹色紀行(4) 喫茶 宝石箱」 http://manasavvy.blog42.fc2.com/blog-entry-451.html


東京虹色紀行は、別のテーマでまだもうしばらく続きますので、どうぞお付き合いくださいマセ!




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/04/20 14:37 ] ●レトロ旅 東京昭和レトロ関連スポット巡り | TB(0) | CM(6)
へろんさん、

> 昭和30年代頃らしき年賀はがき、似たようなラインナップを
> 九州は雲仙のおもちゃ博物館でも見ました。郵便番号も
> ちゃんと5桁で。で、いかにもなロケットの図柄のを
> 買ってしまいました。

雲仙のおもちゃ博物館でも、似たようなラインナップの昔の年賀はがきが売られてるんですね!
この時代の市販の年賀はがき、他の種類のものももっと見たいです。 かなり気に入ってるんです^^
やっぱり、ロケットが人気の図柄だったんですね〜、きっと。

私が買った年賀はがきは、見るからに子供向けのデザイン。今って、明確に子供向けの年賀ハガキがないのでは?と今気づきました。
サンリオのもの、可愛いキャラクターものは子供向けなイメージもありますが、実際は大人が使っていたりしますからね。
こういう年賀はがき、今こそあったらいいですよね〜^^ でも、レトロ「風」にわざと作られるといやだわ(笑) 

[ 2018/04/23 18:31 ] [ 編集 ]
てんちゃんさん、

空想カフェさん、良かったですよ!思ってた以上に^^ 
ホームページだけ見た感じでは、まさかここまでレトロなアイテムがあるお店とは思いませんでした。
てんちゃんさんは、みんなが知らないような場所もご存知だしマニア度が高いので、空想カフェさんももしかしたらご存知なのかなと思っていました。ぜひまた東京に行かれる機会がありましたら、立ち寄ってみてほしいです。 てんちゃんさんはきっと気に入ると思いますよ〜、このお店☆

> マナサビイさんチョイスの高橋真琴風のぬりえ、遠目の画像から気になっていました。
> 年賀状も・・・良い物選ばれましたね。

あれ、どう見ても高橋真琴さん(真ん中のアップの女の子だけ)・・・・だと思えるんですけど、違うのかな?^^; 当時は著作権もゆるゆるだったから、他の方が似せて描いたという可能性も確かにあるのですが。まあ、そういうところもまた良しとしましょうか(笑)
年賀状、なかなかいいでしょ〜?^^b これぞ、ザ・昭和レトロという感じがして、気に入ってます♪
[ 2018/04/23 18:20 ] [ 編集 ]
昭和30年代頃らしき年賀はがき、似たようなラインナップを
九州は雲仙のおもちゃ博物館でも見ました。郵便番号も
ちゃんと5桁で。で、いかにもなロケットの図柄のを
買ってしまいました。
こういう味のある年賀はがきって今はないですよね。
[ 2018/04/21 23:09 ] [ 編集 ]
こちらも良い雰囲気ですね~
アンドロメダよりも遠い場所を、テレスコープで覗いている感じでしょうか。
マナサビイさんチョイスの高橋真琴風のぬりえ、遠目の画像から気になっていました。
年賀状も・・・良い物選ばれましたね。
[ 2018/04/21 15:52 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、こういう感じの市販の年賀ハガキが当時もうすでにあったんだ~と思いました😲
イラストがワンポイントではなくて全面にあるのがいいですよね、また😄

フォントは私も注目しました✨ これがもう少し装飾的で凝ってると、昭和30年代末とか40年代になるんだろうなと。年代はじっくり推測したつもりなのですが、昭和20年代末頃のものの可能性もあるのかな?もしかして。
[ 2018/04/21 07:04 ] [ 編集 ]
年賀はがきが欲しいです~!
そして実際に誰かに送りたい。
昔の年賀はがきって、どれもデザインが渋くて、余白が多くて、なんかいろいろ手書きの挨拶を書かなきゃならない・・・みたいなイメージだったのですが、これは今でも全然使えますよね。あっさりしたフォントの「あけましておめでとう」も良い~。
[ 2018/04/20 17:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR