ソラリスの時間 ブラウン管のチャンネルを回していたあの頃!私が大好きだった、昭和の特撮ほか子供向けドラマの主題歌・挿入歌集!

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

ブラウン管のチャンネルを回していたあの頃!私が大好きだった、昭和の特撮ほか子供向けドラマの主題歌・挿入歌集! 

ハイ、今日は前回に続いて珠玉の昭和テレビソング特集、『私が大好きだった、昭和の特撮ほか子供向けドラマの主題歌・挿入歌集!』と、題してお送りします。

結論から先に言いますと、このジャンルはターゲットが子供ということもあり、他ジャンルにあるようなクールでカッコいい曲、大人の心が揺さぶられる哀愁漂う名曲というのは少なめです。 
しかし、子供の頃に大好きでテレビを見ながら口ずさんでいたせいか、歌詞やメロディーラインが覚えやすいものが多いせいか、はたまた再放送されたものが多かったせいなのか、いずれも40年ほど前に見ていたとは思えないぐらい、歌を正確に記憶しているものばかりです
こうしてみると、幼児〜小学生頃の吸収力って驚異的ですよね。 知らないうちに、どれだけの集中力を発揮していたんだろうか。

私は現在アラフィフということもありまして、幼児期〜小学生=70年代、つまり必然的にこのジャンルは70年代に放送されていた番組の曲が中心ということになりますのでご了承くださいマセ。 



● 「西遊記」 (1978ー1979)  エンディング曲 「ガンダーラ」  歌:ゴダイゴ



特撮&子供向け番組の曲、ということで考えた時に、真っ先に頭に浮かんだのがこの曲でした。 
「ターゲットが子供ということもあり、他ジャンルにあるようなクールでカッコいい曲、大人の心が揺さぶられる哀愁漂う名曲というのは少なめ」と言いましたが、ご存知の通り、この曲に関しては大人の間でも大ヒットしました オープニングの「モンキー・マジック」もいいですが、やっぱり私的にはこっちですね〜^^  

この後の「西遊記Ⅱ」でも、同じゴダイゴの「ホーリー&ブライト」がエンディングに採用されていて、どれもベストテン入りしていましたね〜。 西田敏行さんの猪八戒はもちろん良かったけど、Ⅱの左とん平さんの猪八戒も良かったと思う。 藤村俊二さんの馬?もご愛嬌だったな〜(笑)

70年代って、異国情緒を感じさせてくれる曲が多かったですよね。 庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」、久保田早紀さんの「異邦人」あたりもそう。 「ガンダーラ」もそうですが、大陸の見たことのない広大な大地、エキゾチックな街の風景を想像させてくれる曲が大好きでした〜 

なお、この動画 https://youtu.be/G1dlaikCaa4 は英語版の「ガンダーラ」ですが、この動画のコメント欄に、なんとゴダイゴのメンバ—のトミー・シュナイダーさん御本人がコメントされています!   子供の頃に「西遊記」をテレビで見ていたという海外の皆さんもめちゃ感激しておられますよ!




● 「みんななかよし」 (1962ー1983) オープニング曲   歌:東京放送児童合唱団  



旧ブログも含めるともう10年半ぐらいブログを続けているのですが、ブログを始めた初期の頃からこの曲のことは時々話題に上がっていました。 昔の教育テレビで見ていた番組として挙げられるベスト3とも言えるのが、「できるかな」、「はたらくおじさん」、そして「みんななかよし」。 
でもこの中で「みんななかよし」だけは番組名で語られることは少なく、このOPの歌がまず話題になるのです^^
♪口笛吹いて〜 空き地へ行った〜 知らない子がやって来て 遊ばないかと笑って言った〜♬

続きも歌えますよ。 ♪ひとりぼっちはつまらない 誰とでも仲間になって仲良しになろう〜〜♬ (どこまで歌うねん) 

小学校の道徳の時間に教室でこの番組を見ていた方、きっと多いですよね。 私もそうでした
しかし今では、「空き地」も「知らない子に声をかけられる→一緒に遊ぶ」という光景も、もはや絶滅。 だいたい歩きながら呑気に口笛を吹いてるような子も最近見かけませんよね。 当時は公害問題もあったし、何でもかんでも昔が良かったとは言いたくないけど、それでも子供にとってはこの頃の方がやっぱり平和でいい環境だったんじゃない?!と思わずにはいられないオープニング曲でもあります。


● 「新八犬伝」 (1973ー1975)  オープニングテーマ曲「新八犬伝メイン・テーマ」 



NHK制作の人形劇番組が昔は多く放送されていましたが、まだ幼児であったにもかかわらず「この曲いいな〜」とちょっとノリノリ?で聴いていたのがこの曲、八犬伝のテーマ曲です(笑)

「仁・義・礼・智・・・」などの漢字一文字が浮き出て来る玉(水晶の玉?)を8人それぞれが1個ずつ持っていて、というのは記憶に残っていたのですが、何分幼児だったこともあって、ストーリー等は全く覚えておりません。 「仁・義・礼・智・・・」の意味もわからないまま、それでも何かが子供心に面白い!と感じて見ていたんだろうな〜 と推察しています^^

記憶が確かではないので思い違いの可能性大ではありますが、玉をそれぞれが出すシーンでBGM的にかかっていた曲がありませんでしたっけ?! このオープニング曲よりももう少し静かな曲で。
NHKアーカイブで確かめようかな。 ただ、当時はテープが高価で使い回しされていたために、4話分しか局にも残っていないそうです。 
ううっ、こういう人形劇は内容的にも大人が今こそ見たい作品。 全話残ってないなんて残念すぎる〜!
辻村ジュサブローさんの創作した人形達の妖しく美しい外見や所作も、子供心をくすぐった気がします。わかりやすい=子供に受け入れられる、ということでもないのね、きっと。 坂本九さんの語り口も記憶に残っています。



● 「猿の軍団」 (1974ー1975)  オープニング主題歌:「猿の軍団」  歌:子門真人



この番組の放映当時、裏番組が「宇宙戦艦ヤマト」だったことは知っていたので、リアルタイムでは「猿の軍団」を見てヤマトは夕方の再放送で見た、ということで記憶の整合性がとれて納得していました。 ところが、調べてみるとあの「アルプスの少女ハイジ」とも放送期間が重なっているんです。
・・・ちょっと待て。私、どうやってTVを見てた?? ハイジも猿の軍団も、両方ともリアルタイムで見ていた記憶があるんです。しかも欠かさず。謎だ〜〜

「猿の軍団」は、「ウルトラマンシリーズ」などと同じ円谷プロ制作の特撮番組ですが、一連のウルトラマンシリーズの曲も含めた当時の特撮番組の主題歌の中では、1、2を争うぐらい印象に残る好きな曲でした。 
(ちなみに、ウルトラマンシリーズの中で好きな主題歌は「ウルトラマンタロウ」と「帰ってきたウルトラマン」です。 仮面ライダーシリーズの中では「仮面ライダーV3」かな^^)


「およげたいやきくん」の子門真人氏、男児向けのアニメと特撮番組の歌い手としては水木一郎氏と並んでピカイチだと思います (あ、ささきいさおさんも忘れてはいけないですね) 



● 「少年探偵団」 (1975ー1976) オープニング主題歌「行くぞ! BD7」  歌:水木一郎/コロムビアゆりかご会/BD7



♬7人、7人、7人揃えば怖くはないぞ〜 僕らは仲間だ兄弟だ〜♪

今聴くと、ああ子供向けドラマらしい歌だな〜という程度の感想ですが、当時はなぜかこの曲が大好きでした(笑)
少年探偵団のリーダー役の黒澤浩さんの風貌が今見ると周囲から明らかに浮いているように思えるのですが、乱歩作品が大もとということで考えると、美少年すぎる風貌もミステリアスな雰囲気を醸し出すという点で良かったのかも。
そして、ローラースルーゴーゴーを乗り回している姿があまりに懐かしい。。。

このドラマにはエンディング曲もあったようですが、そちらの方はもうすっかり忘れていました。 さっき、40年以上ぶりにyoutubeで聴いたら、ラストの部分だけ聞き覚えが! 70年代だ〜!! フレーズからメロディから何もかもが。



● 「コメットさん」 (1978ー1979)  主題歌 「キラキラ星あげる」  歌:大場久美子



特撮というと男子向けというイメージがありますが、女の子向けの特撮番組も70年代にはたくさんありました。
今回、好きな曲という観点では名前をピックアップしませんでしたが、「好き!すき!!魔女先生」や「がんばれロボコン」「5年3組魔法組」のあたりは、女子もかなり見ていた特撮番組のはず。そして、この「コメットさん」もまさにそういった番組のひとつでした。

「コメットさん」のこの曲に関しては、リアルタイムで見ていた当時も好きでしたが、今の方がさらに好き! なんでだろう? 

1960年代後半には九重佑三子さんバージョンの「コメットさん」もあったようですが、自分の年齢ではやはり70年代末の大場久美子さんバージョンの方が馴染みがあります。 九重佑三子さんバージョンも一時期、夕方あたりに再放送されていたような記憶が本当にうっすらとあるのですが・・・今となってはどちらも見てみたいです。 時代の香りに酔いしれたいのヨ〜〜!!



● 「人気家族パートリッジ」 (日本での放送は1970年代〜(不詳))  劇中歌 「I Think I Love You」(悲しき初恋)



このドラマをこの括りに入れていいものかと迷いましたが、「海外ドラマ枠」を設けていませんのでここへ。 それに、この手の番組は子供が主な視聴者であったと思うので妥当でしょうと^^
1970年代から80年代途中頃にかけて、夕方に海外ドラマが頻繁に放送されていたのは皆さんもご記憶があるかと思いマス。 「奥さまは魔女」あたりがいちばん有名。 NHKでは「大草原の小さな家」が放送されていたりしました。

「奥さまは魔女」や「大草原の小さな家」ほどは話題に上ることはないのですが、これらのドラマと同じぐらい複数回再放送されていたのが、「人気家族パートリッジ」でした
シングルマザーのお母さんを中心に5人の息子と娘たちが家族でバンドを結成して音楽活動を行うお話で、オープニングの音楽と映像もありありと記憶に残っています。




この動画はアメリカのオリジナル版ですが当然日本では吹き替えで放送されており、オープニングのこのファミリー紹介のところが、「赤毛のダニー」とか「目玉のクリス」とかといった感じで紹介されていたのを覚えています。

このオープニングの曲も好きだったのですが、パートリッジファミリーの発売したシングル曲としてドラマの中で歌われていた 「I Think I Love You」 (悲しき初恋) が印象に残っていたので今回ピックアップさせていただきました^^  
パートリッジファミリーの曲は基本明るい曲が多いのですが、この「I Think I Love You」 (悲しき初恋)は珍しく始まりが沈んだメロディーなので自身の記憶に残っていたようです。 
ああ、懐かしいなあ!!  アメリカでもこういう良い雰囲気のホームドラマって、もうないんだろうか。。。




<おまけ>

いつもは「次点」の曲を挙げるところなのですが、今回は調べている過程で偶然見つけた、懐かしい子供向けドラマ(番組)ということでご紹介します!


・「それ行け!カッチン」 (1975ー1976) オープニング主題歌「いつでも青空」 歌:真理ヨシコ&ザ・チャープス



実は、私、このドラマのオープニング曲に出て来る 「♪ビビンボビンボン ビビンボビンボンビン♬」というフレーズが、何十年もの間、しばしば頭の中に甦ってきておりました。
しかしこのフレーズが何という曲の一部なのか?ということがわからず(かといって調べてみようという気持ちが特に起きるわけでもなく)やり過ごしていたのですが、懐かしの子供向け番組の画像をチェックしていた過程で、「それ行け!カッチン」の主題歌だったことが判明したのです

そもそも「それ行け!カッチン」というドラマがあったこと自体をすっかり忘れていました。 斎藤こず恵さん主演のドラマだったんだ!
歌を一部でも覚えているという事は間違いなく見ていたはずなのですが、内容は全く思い出せませんw




      


いかがでしたか

大好きだったテレビ番組の曲、残りはCMソングを残すだけとなりました。
間に他の記事を挟んでいきますが、年末or年始あたりには、大好きだったテレビ番組の曲の総合ベストテンを発表できるかな。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/10/20 15:29 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(20)
見張り員さん、「新八犬伝」見ておられましたか〜 これを見ていて覚えておられる方って多いですね〜!^^
坂本九さんはあんなことがあって、、、もし今生きておられたらどんな風だったかな?と思います。あの声、私も印象に残っています。

> そして!!「それ行けカッチン!」、私が小学校から中学へ入るころに放映されていましたね、私斎藤こず恵ちゃんのファンだったから見ていました。確か、変なツボの中から小人?が出てきてなんかしてくれるような話で真野響子さんが出ていたような気がしますが。

変なツボの中から小人が出て来て・・・ああっ、思い出せん! なかなか思い出せないな〜!ビビンボビンボンを覚えてるぐらいなので、見ていた事は間違いないんですけどね〜(汗) 真野響子さんも出ておられたんですか? 

斎藤こず恵ちゃん、NHKの朝ドラに出ておられたのをこれまた幼児でしたが断片的に覚えております。「いも子」と呼ばれてるところとか、国民服みたいなのを着ていたような記憶がありますよ。「鳩子の海」。 でもストーリーなどはまったく覚えておらず、今調べてみると、「広島原爆のショックで記憶を失い、美しい瀬戸内の港町に紛れ込んだ戦災孤児の少女が、さまざまな困難にもめげずに出生の証しを求め、明るく生きる姿を描く。人間の寄辺とするもの、故郷とは何なのかを考えさせた。」
・・・見たい! NHKアーカイブなどで見られるんでしょうが、できたら再放送してほしいです。

ガンダ—ラ、もしかして十八番ですか?(笑) 私はキーが低くて、男性の歌の方が歌いやすかったりもするのでたまに歌ってます^^ ゴダイゴの曲の中では英語が少ないから歌いやすいというのもありますw
[ 2017/10/29 01:37 ] [ 編集 ]
カノッチさん、

私も童話全集みたいなので読んだ「そんごくう」とはだいぶ違うなあと思いましたが、面白かったです♬ 夏目雅子さんの三蔵法師、女性で大正解だった気がします。 お供がみんな男性なので、ひとりでも女性がいることで画面の華やかさが全然違うものになった気がします。

> 新八犬伝、いざとなったら玉を出せ! と下ネタになりましたね。

そうなんですか? 何分幼かったのでさすがにそこまでは(^_^;)(苦笑)

> 猿の軍団、猿の惑星に比べてかなり着ぐるみのクオリティ低かったですよね、宇宙戦艦ヤマトの裏だったので本放送ではごくわずかしか観ませんでした。

時間がなくてちらっとしか見れなかったのですが、先日関西ローカル局で「猿の惑星」が放映されていました。確かに映画の方が着ぐるみや特殊メイクのクオリティーが高いかも! でも子供の立場からすると、十分SF特撮の面白さを味わわせてもらったですよ^^ 

> それいけカッチンはちょっと変わったコメディでしたね。カッチンも不思議少女だけど担任の女教師(名前忘れた)が、妖精ボビンにお願いしていつも陰からカッチンを助けてくれるんだよね。

そうなんですか! もしかしてビビンボビンボン〜ってその妖精から来ているフレーズなんでしょうか? しかしここまで聞いても全く詳しい設定等が思い出せません(汗)担任の先生も少し魔女ってたんですね〜@@
アマゾンのDVDのところで、「脚本は他に、「特捜最前線」でお馴染みの、長坂秀佳氏も手掛けており、素晴らしく質の高い作品と現在でも再評価されています。」と書かれているし、もう1度見たいです。レンタルであるかな?! その前に「特捜最前線」も見たいんですけどね〜〜!
[ 2017/10/29 00:58 ] [ 編集 ]
いやいやまたまた懐かしいTV番組の歌の数々をありがとうございます!「新八犬伝」これ大好きでしたねえ、私も母も!坂本九さんのあの語り口を今でも覚えています。九ちゃんがもうこの世にいないのが信じられません。
そして!!「それ行けカッチン!」、私が小学校から中学へ入るころに放映されていましたね、私斎藤こず恵ちゃんのファンだったから見ていました。確か、変なツボの中から小人?が出てきてなんかしてくれるような話で真野響子さんが出ていたような気がしますが。ああ~~~懐かしいもう一度見たいですね!心もあの頃に戻りたいです。

ガンダーラ・・・・カラオケ行くとたいがい一度は歌いますww。
[ 2017/10/26 23:23 ] [ 編集 ]
どれもこれも懐かしくって、どれにコメントしようか迷います。

西遊記、それなりに面白かったんだけど、当時、原作の物語がが大好きだったので、その壮大なスケールに比べるとこじんまりしているな~という印象だった。実写化は難しい作品だ。しかし、この番組の夏目雅子以来、三蔵法師=女性が定着し、主題歌は未だにカラオケでよく歌われる、金字塔的な番組ですね。


続きの歌詞、
知らない子はもういないみんな仲間だ友達なんだ~♪ は知らない子を空き地から追い出して仲間だけで遊んだという意味にもとれる微妙な歌詞だよなと子供心に思ってました。

新八犬伝、いざとなったら玉を出せ! と下ネタになりましたね。

猿の軍団、猿の惑星に比べてかなり着ぐるみのクオリティ低かったですよね、宇宙戦艦ヤマトの裏だったので本放送ではごくわずかしか観ませんでした。

コメットさんは、大場久美子が当時とっても人気があった上に、ウルトラセブンや刑事軒カールもゲスト出演して話題づくりがうまかった。

それいけカッチンはちょっと変わったコメディでしたね。カッチンも不思議少女だけど担任の女教師(名前忘れた)が、妖精ボビンにお願いしていつも陰からカッチンを助けてくれるんだよね。

楽しい話題をありがとうございます。



[ 2017/10/24 12:58 ] [ 編集 ]
しろくろshowさん、

> 私も「それいけ!カッチン」見ていたのですが同じく内容さっぱり覚えて無くて(__;)それこそ"ビビンボビンボン"の部分だけがアタマに残っていた番組でした(なんとなく動物と会話が出来るとかそんな話だったような←間違えて覚えている可能性は大です)

同じですね!(笑) ビビンボビンボン♬ 頭に残るフレーズなんだなあ〜(笑)
動物と会話ができる・・・ああ、言われてみればそういうのがあったような気もするけど・・・やっぱり思い出せない!(汗)
最近は主題歌やエンディング曲がないドラマが大半ですが、こんな風に内容やタイトルは覚えていなくても歌だけを覚えているということも多々あるので、あった方が良いような気がしますね。


「猿の軍団」「BD7」「西遊記」、カラオケで歌われているんですね〜! ( ´艸`)
そういえば私、BD7はまだカラオケで歌った事ないかも。

♪愛と言う名の武器を取り、人間らしく戦え♪ってところが好きでした。←全く同じです!
子供の頃はなぜか、この「愛」の部分が「春」と聞こえていたんです^^;意味通じないのに、気に入ってました(笑)
その前の ♬憎しみあうのはもうやめて 緑の鐘を鳴らすのだ〜〜♬のところも好きです!(^m^ )


やっぱり九重版の再放送もやってましたよね〜?! 記憶は間違ってなかったのか。うっすらとあったような記憶があるんですよ。 

>大場久美子の方はなぜかウルトラマンタロウが出てくる回があって、それをよく覚えてますねー

そうみたいですね〜 私はその回は覚えていないんですが、タイトルリストでそういうのを見つけておおっ?!と。
忘れている事がいっぱいあるので、やはりDVD見たいです。 ああ、見たいのがいっぱいあって手が回らんです!
[ 2017/10/24 01:01 ] [ 編集 ]
模糊さん、もう向こうに到着されてますね^^
そうですか、旅の前にその地の出て来る昔の映画とか見られたりするんですね。しかもジュリーの「カサブランカ・ダンディー」まで!
私もテレビなどで何回かモロッコの旧市街の映像を見た事がありますが、いいですよね〜!(≧∀≦) マラケシュとかも。
あのあたりのエキゾチックな風景、とても惹かれます。 聖子ちゃんの歌でもありましたよね。「マラケシュ、迷路の街、つかまえたらいいなりよ♬」とか(笑)

ぜひ気をつけて旅をなさってくださいませ!
ブログ、拝見いたします〜!
[ 2017/10/24 00:43 ] [ 編集 ]
ゆるままさん、遅くなってごめんなさい〜!

それにしても記憶力が凄い!(@O@) ケイコ、覚えてないです〜
ロングヘアで元気でおしゃべりな役・・・うう、わからん(汗)でも自分に似てると言われたら意識して記憶に残るというのはあるかもですね。元気でおしゃべりというところは私も一緒だったかも(笑)

「猿の軍団」て有名でみんな見ているものとずっと思ってたけど、裏番組がヤマトだったから名前は知っていても見てなかった方もいるみたいで。 
西遊記もそうだけど、昔って「猿もの」が多かった印象がある(笑)ドリフの「飛べ!孫悟空」とか。「猿の惑星」という映画もあったですよね。
昭和の特撮ドラマといったら、西遊記のゴダイゴの曲は外せないでしょ〜!(^^♪ 


> 「八犬伝」家族で見てたよ、じいちゃんの顔が浮かぶw

八犬伝の内容等は幼児だったため全然覚えてないけど、当時の茶の間の様子が私も思い浮かびます。
おじいちゃんも健在だったんだね、その頃は^^
平和ないい時代だったなあ。テレビに「U」チャンネルってあったよね(笑)その時代よ、まさに!(笑)
[ 2017/10/24 00:35 ] [ 編集 ]
こんにちは。

私も「それいけ!カッチン」見ていたのですが同じく内容さっぱり覚えて無くて(__;)それこそ"ビビンボビンボン"の部分だけがアタマに残っていた番組でした(なんとなく動物と会話が出来るとかそんな話だったような←間違えて覚えている可能性は大です)

「猿の軍団」「BD7」「西遊記」は今でもカラオケ行くとふつーに歌う私にとっては現役鉄板ソングでもあります(^_^;)♪愛と言う名の武器を取り、人間らしく戦え♪ってところが好きでした。子門さんの特ソンだと「V3」「ファイヤーマン」「ジャンボーグA」と並んで大好きな歌です。

「コメットさん」は新旧見てましたが(九重版の再放送をよみうりてれびが何度もやっていたので)大場久美子の方はなぜかウルトラマンタロウが出てくる回があって、それをよく覚えてますねー
[ 2017/10/22 12:24 ] [ 編集 ]
懐かしい雰囲気が横溢して、涙がでそうです(笑)
これぞ昭和だよ!


私は、今度の旅先の、古い映画「モロッコ」「カサブランカ」をDVDで見て、
歌では沢たまき「カスバの女」、沢田研二「カサブランカダンディー」なんてのを聞いて、旅気分を高めているところでした。
いつかこちらでも、懐かしのマグレブ映画・異郷テーマ歌謡曲を特集してくださいね。


ということで、私のほうは、まもなく海外取材に旅立ちますので、一か月間ほどブログ更新や「たびねす記事」は休ませてもらいます。
台風来襲直前なので、まだ飛行機が就航しているうちに早めに日本を脱出することにしたものです。
先ほど、旅前のブログ更新を行い、写真展が最後になる情報も少し載せましたので、ご覧いただければ幸いです。


それでは、お元気でお過ごしください。
ごきげんよう!
[ 2017/10/22 09:11 ] [ 編集 ]
PCに向かって「口笛拭いて~♪」歌ってしもうたよw
最後まで歌えるというw
うん、道徳の時間に見てた!
ケイコって名前の女の子がいたんだよね~
似てるって言われたことを思い出したw
(ロングヘアー元気でお喋りな役←ポイント)

コメットさんも歌えるよ、もちろん!
「猿の軍団」は申年の元日の自分のブログに載せたよね、確か。
猿と言えば必ずこの歌が浮かぶ~♪
もうマナサビイさん嬉し過ぎる♡

「八犬伝」家族で見てたよ、じいちゃんの顔が浮かぶw

今回の記事
スタートを飾ったのがゴダイゴ♡
素敵です(笑)
[ 2017/10/21 22:33 ] [ 編集 ]
つかりこさん、九重佑三子さんバージョンのコメットさん、見ておられたんですね^^

> あのバトンのアタマにクリスタルなやつが付いているでしょ?
> あれを見るたびに、デパートのトイレの把手を思い出しました。
> 昭和のデパートや病院とか、ああいう把手が付いていたもんです。

わ〜、気づかなかったけど、言われてみればそうかも(笑) 
それでふと思ったんですが、九重さんのコメットさんがかぶっているあのちっちゃい帽子も、取っ手っぽくありません?(笑)
ドアノブカバーがついたドアノブに見えてきてしまいました。

容姿が可愛いのは確かに大場久美子さんの方かな〜と女性の目から見ても思いマス^^ 
九重さんバージョンで見られる、60年代後半当時のコメットさんファッションは好きですよ(*^.^*)  今も少しyoutubeを見ていますが、60年代後半のモロモロの雰囲気もめちゃ良いですね〜!
[ 2017/10/21 17:37 ] [ 編集 ]
へろんさん、そう猿の軍団って、あの小松左京先生がドラマの原作を書いておられたんですよね!
当時はもちろん知る由もありませんでしたが、後になって知りました。
猿の軍団はDVDにもなっていますから、機会がありましたら是非ごらんください!・・・と言いつつ、私もとっても見たいです。レンタルでもしあれば借りたい〜〜

ネタバレになってしまうので言いませんが、最終回がいちばんよく覚えていて印象に残っています。
こういう子供向けのSFドラマ、昔はありましたよね。NHKの少年ドラマシリーズもそうですし。今こそこういうのをやってほしいんですが。

ガンダーラの曲は私達の世代では知らない人はいないでしょうね^^ 1番は全部覚えていますから、歌詞を見なくても歌えますヨ〜
[ 2017/10/21 17:16 ] [ 編集 ]
玉坂めぐるさん、坂本九ちゃんが歌っておられた歌もしっかり覚えておられるのですね〜^^

私はあの三味線の音色などが鳴り響いてるインストゥルメンタルの曲しか記憶に残っていなくて、今回youtubeで見て九ちゃんが歌っているこんな曲があったことを知りました(^m^ )
めぐるめぐる〜 確かに玉坂さんのテーマソングにピッタリです(笑) それに古典な(特に江戸時代の)世界、と言えば玉坂さんですから〜(*^-^)b
[ 2017/10/21 17:01 ] [ 編集 ]
軍曹亭!さん、最初は気づかなかったのですが、いざとなったら玉を出せ♪って、もしかして坂本九さんが歌ってる歌の歌詞ですよね?
私はこの九ちゃんの歌は全く覚えていなくて、インストゥルメンタルの曲の方しか記憶に残っていなかったんですが、今回youtubeで見てこんな歌もあったんだ〜と (^^♪ その中のフレーズですよね♬

南総里見八犬伝の現代語訳版なども全く読んでおらず本当におおまかな知識しかないのですが、そうですか、史実とはだいぶ異なるのですね。滝沢馬琴が大衆向けに面白く仕上げた感じなのでしょうか。 もう1度人形劇を一から見てみたいけど、4話しかないかのがほんとにかえすがえすも残念です〜(-_-;)
[ 2017/10/21 16:48 ] [ 編集 ]
「みんななかよし」と「それ行け!カッチン」は
知らなかったですー。
たぶん、裏番組観てたんでしょうね。

「コメットさん」は、九重佑三子版を観た記憶が
ありますよー。
あのバトンのアタマにクリスタルなやつが付いているでしょ?
あれを見るたびに、デパートのトイレの把手を思い出しました。
昭和のデパートや病院とか、ああいう把手が付いていたもんです。
あ、コメットさんは、大場久美子のほうがかわいいかなー。
プリンのコマーシャルに出てましたよね。
[ 2017/10/21 12:29 ] [ 編集 ]
こんにちは~。
「猿の軍団」、懐かしいです。当時あまり見せてもらえず、
気になりながらもストーリーを追えるほど見れなかったんですよね。
後年、原作者の一人が敬愛する小松左京先生だったことを知って
一度じっくり見たいなあと思いながら未だ果たせず・・・

あと「ガンダーラ」も、「西遊記」は見ていませんでしたが
曲は結構強烈に印象に残ってます。
[ 2017/10/21 07:29 ] [ 編集 ]
相変わらず、同世代心がズキズキうずきます(^^)
いつもありがとうございます。

で・・・そうか。
八犬伝は「めぐるめぐる」だったんだね。
テーマソングにしようかなあ♪
[ 2017/10/20 21:43 ] [ 編集 ]
いざとなったら玉を出せ♪
懐かしいですねぇ。まぁ、実際の「里見氏」の系統ではそんなお話はありません(笑)
北条氏康と和睦した後はそれこそ「南総」の統治に専念していた地方の一大名という事で。。
[ 2017/10/20 21:17 ] [ 編集 ]
こんのすけさん、コメントありがとうございます!
ストロンガーも見ていましたよ〜!^^ 私的には好きな仮面ライダーの1位がV3、2位がストロンガーです。
アマゾンも世代なのですが・・・あのグロい風貌とクセの強さが女子にはキツかったかも^^;(笑)

> 生まれて初めて買ってもらったのがゴダイゴのLPだったこと、
> 今も覚えています。小学低学年が少し背伸びして聴く辺りに
> ゴダイゴがあって、八神純子や渡辺真知子がオトナの音で。

ゴダイゴが好きだったという方、ブロ友さんには多いんですよ〜!
そして私も八神純子と渡辺真知子の歌が大好きでした〜^^
渡辺真知子さんは「かもめ〜」や「迷い道」ももちろんいいけど、「ブルー」が大好き! 八神さんは当時は「みずいろの雨」が好きだったけど、今聴くと「パープルタウン」がめちゃいいなと思いマス☆

ローラースルーゴーゴーが消えた経緯、今ネットで見ました。
知らなかったです。でも確かに時代的にはさもありなん、ですね。 
BD7、そこまでマイナーな番組でもないと思うのですが、確かにあまり懐かし系の話題にのぼってきませんよね。
アラフィフ世代は見ていた人、結構多いはず。喜んでいただけて良かったです〜〜!(^o^)/

[ 2017/10/20 18:47 ] [ 編集 ]
初めまして、大阪万博の年に生まれたアラフィフです。
ブログジャンルが全く違っても育った世代と好悪が似ていると
こうもツボがカブるものか、と楽しく読ませて頂いています
(仮面ライダーはストロンガーがジャストエイジですが)。

生まれて初めて買ってもらったのがゴダイゴのLPだったこと、
今も覚えています。小学低学年が少し背伸びして聴く辺りに
ゴダイゴがあって、八神純子や渡辺真知子がオトナの音で。

それにしてもBD-7、よくぞ取り上げて下さいました!
この番組、確か岩手では1~2年遅れで放映されたはずで・・・
ローラースルーGOGOが欲しくてねだっても既に絶版でした
(この遊具が終焉を迎えた事情にも物語が。是非検索を)。

あんなに少年の心をくすぐったドラマもそうそう無いだろうに。
なぜ未だ滅多に話題に上らないのか、首を傾げています。
[ 2017/10/20 17:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR