ソラリスの時間 フィルムカメラで切り取った幻想的な炭鉱廃墟、長崎・池島(2)

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

フィルムカメラで切り取った幻想的な炭鉱廃墟、長崎・池島(2) 

今回は「池島」のモノクロ写真を^^

モノクロでは普段撮っていないのですが、この時は珍しくそういう気分になりまして
カラーでは撮っておらず、モノクロのみで撮っている場所も結構あります。後で、カラーでも撮っておけば良かったかな?と後悔もしたのですが。

<使用カメラ: LOMO スメナ8M >




池島モノクロ13ブログ

選炭工場周辺。 



池島モノクロ15ブログ

これは、火力発電所の設備。 




池島モノクロ2ブログ

8階建てアパート。




池島モノクロ5ブログ




池島モノクロ6ブログ




池島モノクロ7ブログ

スナックやら遊技場やら、商店やらが軒を連ねていた島の旧繁華街。
このあたりの店舗も、もちろん皆廃墟です。 ゴーストタウンとなってしまっています。




池島モノクロ9ブログ





池島モノクロ10ブログ




池島モノクロ8ブログ




池島モノクロ12ブログ

無人化して廃墟化している団地が池島にはたくさんあって、その大部分は島の西部にある台地部分、先程の商店街などからも比較的近い場所に密集しているのですが、この写真の集合住宅は東部の海岸に近い場所にありました。
普通の団地とは少し雰囲気が違って見えたのですが、気のせいでしょうか。

もっと時間があれば、このアパートのある地点にも下りて行きたかったんですけどね〜




池島モノクロ4ブログ



こういう風景を目の当たりにすると、非日常感を味わえる面白さと同時に、池島の住民の方々はどういった思いでこの島の変遷、栄枯盛衰を見て来られたのだろうか?と考えてしまいます。

島それ自体は自然がこしらえたものとはいえ、やはり人がいなくなったら土地から生気が消え失せてしまうんだなあ、とも廃墟を見て回りながら感じました。(人間目線では、ということですが)
あ、でも、探検ごっこみたいに、島をあちこち歩き回れるというのは純粋に楽しかったですよ! 

というわけで、前回、今回と、写真メインで、長崎県の「池島」をご紹介しました。

軍艦島がもうちょっと個人で自由に見て回れる事ができたらな〜という欲求不満を晴らせる島でもありますので、長崎方面に行かれることがありましたら、ご参考になさってくださいマセ〜

池島についての概要は。Travel.jpたびねすの記事をごらんください♪
↓↓↓
寂しくも幻想的な廃墟にあふれた島、長崎「池島」を撮り歩く!


それではまた〜




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/10/03 16:23 ] ●レトロ旅 秘宝館系・廃墟・廃校舎・その他のユニークスポット探訪 | TB(0) | CM(4)
てんちゃんさん、私を舞い上がらせないでください(笑)
フィルムで撮った写真をブログに載せるたびにてんちゃんさんが褒めてくださるので、めちゃ喜んでますヾ(´∀`*)ノ
写真を撮るのは大好きなのでモチベーションも上がるし励みになります。普段ここまで褒められることないから。
ありがとうございます!

[ 2017/10/12 16:23 ] [ 編集 ]
素敵ですね~
写真が出たら買います!ってくらい・・・(笑)
写真、私は詳しく無いんですが、こちらで見る風景写真はとても好きです。
[ 2017/10/12 09:36 ] [ 編集 ]
雨男博士さん、ありがとうございます‼😄
コンクリートや鉄筋にはモノクロフィルム、映えますかね✨ 嬉しいです。


> 遺跡は、時間の流れから切り離されたものだというはなしを
> 古い建築や寺社との違いとして
> 教えられたこともふと記憶の泉からうかびました。

遺跡は時間の流れから切り離されたもの・・・ そう言われてみればそうかも知れません。連綿と受け継がれていく伝統とは対照的に未来へのバトンが途中で途切れてしまったもの。そう考えると、ますます遺跡や廃墟に愛着が持てる気がします。時間の流れに抗っている孤高な存在だと勝手に感じてしまいます(笑)

私もモノクロフィルムでもう少し色々と撮ってみようと思います。雨男さんも是非✋
[ 2017/10/06 12:54 ] [ 編集 ]
こんばんは、雨男です。
コンクリートと鉄筋建築にはモノクロフィルムが映えますね。
廃墟の雰囲気も白黒の世界になると
時間をこえるような気もして。
久しぶりに銀塩カメラに白黒フィルムをいれて
撮影に行きたいなと思いました。

遺跡は、時間の流れから切り離されたものだというはなしを
古い建築や寺社との違いとして
教えられたこともふと記憶の泉からうかびました。
[ 2017/10/03 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR