ソラリスの時間 瀬戸内海、佐柳島。 昭和の木造校舎の宿 「ネコノシマホステル」

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

瀬戸内海、佐柳島。 昭和の木造校舎の宿 「ネコノシマホステル」 

たびねすに、旅行ガイド記事が掲載されました

「目の前は海!猫の島・香川県佐柳島「ネコノシマホステル」は古校舎の一軒宿」


今回、次回と、上記記事とのタイアップということで、たびねすに掲載していない写真、書けなかったマニアな感想、詳細を中心にお届けします〜!

ネコノシマホステルは、瀬戸内海の離島、佐柳島に先月オープンしたばかりのゲストハウス。 
たびねすにも書きましたが、昭和29年に建てられた島の小学校が、平成7年に残念ながら閉校になり、その廃校となっていた校舎がリノベーションされてゲストハウスに衣替えしたものです。

数年前のブログで、

ネコ1

と書いたことがありましたが、 実はこのネコノシマホステル、この南森町にあった「駒鳥文庫」を営んでおられた店主さんが佐柳島に移り住まれて開業したゲストハウスなんです  店主さんのお父様が元々この島のご出身らしく、ご縁があってこのよう形になったとお話しされていました。


佐柳島へは、香川県の多度津港からフェリーで約1時間。 


ネコ5

ネコ4

ネコ3

佐柳島・長崎港付近にて。 ネコのお面がいっぱいなのニャ
佐柳島は、「飛び猫」の写真などで有名になり、最近では「猫の島」として知られています。 瀬戸内海周辺には、こういった猫島と呼ばれる島がいくつかありますよね〜

上の写真、3枚ともややトーンが落ち着いていますが、昭和のフィルム一眼レフカメラ(ペンタックスMV1)で撮影しました。 以降もこのカメラで撮った写真が何枚か出て来ますので。


ネコ6

ネコ7

よく言われることですが、こういった猫島では、島民の方よりもネコさまに出会う数の方が多いです。
佐柳島の人口は70名ほどらしいので、ネコの数の方が多い・・・というまでではなさそうですが。
ホステルに行く途中にも、モチロン、色んな子に出会うのニャ




着いた!

ネコ9


ネコ10

ノスタルジックな木造校舎、たまりません

前にもどこかで書いたかも知れませんが、私は1年生の時だけ、近所にあった木造の小学校に通いました。翌年、町内にあった小学校が統廃合になり、その木造の小学校はいつのまにか壊されてしまいましたが、大枠の風景は記憶はいまだに記憶しています。
だからというわけではありませんが、木造の古校舎には何とも言えないノスタルジーを感じてしまう。 大好きです。


あちこち探検して見て回りたい、と思いつつも、とりあえず、自分の宿泊する部屋へ。 予約した段階では「図工室」のはずだったのですが、宿側のご都合で「理科室」に! 
もしかしたら、ラッキーかも 「理科室」って、そそられません 


ネコ11


ネコ12

海が目の前に見える
この窓からの眺めは本当に素晴らしいです。
学校だったから、窓の部分が大きいんですよネ。


何気ないことですが、

ネコ16

こういう教室の設備レイアウトみたいなものも、懐かしい。
黒板の上にスピーカーがあって、先生が出入りする、隣の準備室などと繋がっているドアがある。 そう言えば理科室ってこんな感じだったなと。

理科室ならではの、備品棚もやはりありました
廃校になってからもう20年以上になるのに、実験器具も、破損してしまわないで残っているのが凄い!


ネコ13


ネコ14


理科室に泊まることになったと知り、真っ先に思い浮かんだのが、「ガイコツ」 と「人体模型」
理科室、大歓迎なんだけど、ま、待てよ・・・。 もしかして、部屋にガイコツや人体模型があるのでは
夜、そんな部屋で一人で寝る自信がない・・・どうするよ〜



・・・・という心配は、結果的に全く無用でした(ホっ)  お部屋には、そういう類のものは置かれていませんので、ご安心を(笑)
あ、でも、昼間だったら、むしろ見てみたかったかも!

元の理科室、図工室、資料室、図書室が客室になっていて、すべての部屋を見学したかったのですが、他の部屋に小さなお子さん連れの宿泊者の方がおられたりしたので、無理は言えないと思い、今回は遠慮しました。
また、来春に行こうと思っているので、その時までのお楽しみということで



ネコ17

こんな金だらいのようなものまで、当時のまんま残ってる。




夕方になり、

ネコ20

外とつながった通路に、ひょっこりと現れたのが、




ネコ21

客室やカフェには、衛生上入っちゃダメ!!って言われてるけど、外の道とつながっているこういう場所には神出鬼没なのニャ 



ネコ15

夕暮れから夜にかけての、学校の雰囲気もなかなか良いものですよ (ネコ&マナサビイ 談)




     


次回も、「ネコノシマホステル」のルポ&写真が続きます〜♪

いわゆる、「学校レトロ」な備品、元・昭和の小学校ならではのあんなものこんなものがありましたので、お楽しみにしておいてくださいませ〜

写真、上の7枚が、オジにもらった昭和のフィルムカメラで撮影したものです。 感度100と200のフィルムを使い、カメラの設定も明るめにして撮影したものの、デジタルに比べるとかなり濃厚な写真に。 やっぱりフィルムならではの味はありますよね。

ただ、夏らしい明るい雰囲気が足りないかな?と思い、たびねすではフィルム写真は猫ちゃんのアップの写真のみにとどめました。
写真の感想もお伝えいただけると、嬉しいです♪

それと、台風、直撃しそうですので、皆さんお気をつけください!
大阪は台風が接近するたびに、直前に進路が少し逸れたりして毎回いい意味で空振りに終わるのですが、今回はヤバいのかな? 




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/15 17:23 ] ●レトロ旅 尾道・瀬戸内海の島旅 | TB(0) | CM(10)
カノッチさん、はい、猫&レトロです!(笑)
ノスタルジーと猫ちゃんは、瀬戸内海の島旅には欠かせない要素です。
ぜひ、機会がありましたら遠方になるかとは思いますが、行ってみてくださいませ (o^-^)b


[ 2017/10/03 21:31 ] [ 編集 ]
おお~ 猫あんどレトロ~
[ 2017/10/03 13:14 ] [ 編集 ]
へろんさん、佐柳島、小さな島ですが猫ちゃんに会えますよ♬ めちゃ大量にいるというわけではないけど、いい感じで出会えるというか^^ 

木造小学校を改装したゲストハウスって、そそられますよね〜!(*^-^)b 私もそそられて行ってしまいました。
中高と理科系の部活をされていらっしゃったんですね! 理系の方からすると、よけいに理科室的な空間は懐かしくてたまらないでしょうね^^
ベッドなどが置いてあるので、モロに理科室という感じではないのですが、実験器具が割れたりしないで残っている事に感動しました。私は見たことのないような(忘れてるだけ?)器具もありましたよ。
小中学の時の理科の先生のことを思い出したりとか、こういうところにいると心が何十年も前に戻って行く瞬間があって、それが嬉しいです。
[ 2017/09/17 19:37 ] [ 編集 ]
ゆるままさん、台風、大丈夫でした?! こっちももうすぐ来そう〜

5年間通ってたら、さぞかし想い出が多いことでしょう〜(^o^)
公民館として残ってるのが羨ましいです。 私が通った木造校舎も今残ってたら、どんなに良かったか。校舎だけじゃなくて、大きなイチョウの木も松の木も金次郎さんもみんななくなってしまったから。

夜の学校=怖い というのやっぱりみんなあるみたいですね(笑) 意外とそうでもなかったかも。ガイコツさんとかがいたらちょっと寝れなかったかもですが。まあ、そうでなくても真っ暗にしたら怖くて寝れない人だから^^;
図工室は私も気になっています。子供達が書いた絵とか版画とかが掛かってたりしたらいいな〜(^m^ ) 次に行った時に泊まるか見せてもらおうと思っています。

> 自分もやってみたい!という思いも募り、もう50才ではなく
> 未だ50才これからワクワクを追求しよう(^O^)/
> と妙に前向きにさせてくれます(笑)
> いつの日か一緒に旅が出来ることを勝手に想像して〆させて頂きます(笑)

最近ブログでもこういう感じのこと、少し書いてませんでした?!(笑)私も来年は50ですが、なんとか「まだ50」と思いたい!(笑) 人生楽しむ為にも、体はホントに大事にしないとね^^♪ 前向きになると言ってもらえると、私の方も前向きになれます。ありがとう!!
旅行したいですね〜いつの日か☆☆ 楽しそう〜☆
[ 2017/09/17 19:23 ] [ 編集 ]
こんにちは。
佐柳島って猫の島なんですね。いいなー、行ってみたいものです。
それと小学校を改装したゲストハウスというのも良いですね。
理科室の写真が懐かしい・・・。自分は中学も高校も理科系の
部活動をやってましたので、学校では理科室がいちばんの居場所
みたいなものでした。なので実験器具にも思い入れがあります(^^)

[ 2017/09/17 18:14 ] [ 編集 ]
私もね、5年間木造の校舎に通ってました
なんとも懐かしの校舎。
今は廃校になり「公民館」的な存在で残されてます。

凄いね~泊まれるんだ!びっくりしたよ
怖くなかった??
フラスコのある部屋(笑)
理科室ってドキドキするよね。
逆に図工室ってどんな感じかな?工具や粘土に囲まれるとかw

こうしてノスタルジーを追求するマナサビイさんのこと
ますます好感が持てるというか~
自分もやってみたい!という思いも募り、もう50才ではなく
未だ50才これからワクワクを追求しよう(^O^)/
と妙に前向きにさせてくれます(笑)

いつの日か一緒に旅が出来ることを勝手に想像して〆させて頂きます(笑)


[ 2017/09/16 21:42 ] [ 編集 ]
のりぃぃさん、コメントありがとうございます♪^^

岩合さん〜!確かに不思議ではないですよね。
私が見たのは他の方の飛び猫写真なのですが、岩合さんも撮ってそう! 
私もどうせなら、飛び猫の写真が撮りたかったのですが、普通にしてても飛んでくれないみたいで(苦笑) エサを防波堤の切れ目の向こう側に置いて誘って・・・というのが方法のようです。後で知ったのですが (^_^;)

島旅は、好きですね`` やっぱり。瀬戸内海が特に好きで。
古い木造校舎も大好きですし。私は行かねば誰が行く?(笑) という感じで行って来ました。

のりぃぃさんの、その場の空気感や気配が何気に表れているお写真が素敵です(//∇//)  



[ 2017/09/16 18:56 ] [ 編集 ]
こんにちは。
ここが飛び猫で有名な佐柳島なんですねーっ!
ひょっとして岩合さんもこの島で撮らはったんかな?!
廃校を・・・楽しいです、こうして見せてもらってワクワクしました。
猫さまを撮ったり、島を散策したりと
島時間、いい時を過ごされましたね^^

コメントありがとうございました。
とっても嬉しかったです。
[ 2017/09/16 14:44 ] [ 編集 ]
つかりこさん、アドバイスありがとうございます!
室内写真の方は、すべてデジカメ撮影です。
たびねすでは、猫のアップ以外はすべてデジタル写真を載せています^^ 海と空の青さがデジタルの方が明らかに美しかったので^^
でも、ブログではフィルムの方をちょこっと載せてみました☆

フィルムカメラの方は露出がいちばん低い値でも「4」なのが痛かったかなあ〜と思います^^;  写真屋さんがどんどん減り、またそれに向けてというか、現像のクオリティーが以前より格段に低くなっていて(手焼きがなくなり、機械焼きのみになってしまっているとか)、増感、減感のような指定もできなくなったりしているんですよ、私が使っている店舗では。
フィルム愛好家受難の時代ですが(フィルムもお気に入りだった良いフィルムに限って、生産終了してしまっているんです。。。)、なんとか工夫して撮りたいです。 フィルムカメラはやはり大好きなので。


> 屋外の写真は、もっと絞りを開けたものと
> ぐっと絞ったものと2種押さえるといいと思います。
> 明るい夏の一瞬、といった感じの写真やレトロな感じの町とか、
> はっきりと雰囲気の違う写真が撮れますよ。

これはそうかもですね。設定を微調整して変更したものを2、3枚撮ってみるという感じで終わってしまっていますが、ぐっと明るめと暗めの写真を抑えておくというのは、今度フィルム一眼、トイカメラを使用する時にぜひ試してみます! 役に立つアドバイス、ありがたいです〜(^o^)/

猫ちゃんの写真、あれは偶然でラッキーでした^^☆ 
夜の校舎、まあ、お部屋にガイコツさんなどがいなかったので意外に大丈夫でしたよ(笑)神経質な方だと波音がうるさいという方もいらっしゃるかと思うのですが、私はすごく心地よかったですし〜(*^-^)b
[ 2017/09/16 13:34 ] [ 編集 ]
室内の写真のほうが秀逸ですねー!
とってもきれいだと思います。
しかも、レトロな感じがよく出ている!
屋外の写真は、もっと絞りを開けたものと
ぐっと絞ったものと2種押さえるといいと思います。
明るい夏の一瞬、といった感じの写真やレトロな感じの町とか、
はっきりと雰囲気の違う写真が撮れますよ。
あと、手ブレ防止には三脚です。
ネコちゃんの写真もグッドチャンスをとりましたねー。

古い学校に一人で泊まるのは、夜コワかったでしょ?
[ 2017/09/16 02:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR