ソラリスの時間 チープレトロな駄玩具と、80’sファンシーがぎっしり!(^m^ ) 「雑貨屋ミケちゃん」

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

チープレトロな駄玩具と、80’sファンシーがぎっしり!(^m^ ) 「雑貨屋ミケちゃん」 

7月に初訪問した、大阪の大正区にある可愛いレトロショップ「雑貨屋ミケちゃん」を、遅まきながら本日はご紹介します〜


ミケちゃん1ブログ

大正駅から歩いて6-7分ほどの、住宅街の中にあるお店
チープレトロで、可愛く賑やかな外観に、期待が膨らみます


ミケちゃん13ブログ

入口のところにかけてあった、この子供用の黄色いレインコートがいきなり素敵なんだもん
ポッケがむちゃ可愛くありません?!


ミケちゃん2ブログ


ミケちゃん3ブログ

そんなに広くないお店ですが、いったいどれだけの「ブツ」が詰まっているんだろう
嬉しいレトロの洪水、店内は宝の山



ミケちゃん4ブログ


ミケちゃん6ブログ

七夕セットって、こういうアニメキャラのものがありましたよね、昔^^
私も、魔法のマコちゃんだったか、ミラクル少女リミットちゃんだったか、あのあたりの魔女っ子の七夕セットをもらって飾った記憶がうっすらとあるような・・・


ミケちゃん7ブログ

窓辺のコーナー、好き
こういうレトロなガラスコップが置かれているコーナーにどうしても目が行ってしまうんですよね、どのお店に行っても。


ミケちゃん5ブログ


ミケちゃん9ブログ


ミケちゃん8ブログ

ペンギンちゃんやオサムグッズなどが並ぶ棚の後ろに、昔の観光地の土産物屋で売られていた絵葉書やしおりが何気にコッソリと(?)置かれていたりする

一見ミスマッチ風ですが、時代的には多分ほぼほぼ同時代のもの  80年代半ば〜後半になっても、観光地絵葉書はまだまだ70年代テイストのものが残っていたと思います。 なぜなら実際、私が87年に北海道旅行した時に買った絵葉書も、この「富士五湖」の絵葉書のような硬派なルックスだったので(笑)(今でも持ってます)
「安芸の宮島」はそれに比べると、かなり字体が丸みを帯びていますね。80年代後半〜90年代初めの雰囲気がありますね^^


ミケちゃん19ブログ


ミケちゃん12ブログ


ミケちゃん14ブログ


ミケちゃん11ブログ


ミケちゃん15ブログ


写真に写っているアイテムのラインナップなどからもおわかりかと思いますが、こちらのお店は、特に80年代のファンシーグッズやキャラクターがお好きな方には猛烈にオススメいたします

80年代アイドルのグッズも目立ちました  「ビーバップハイスクール」モノが所々で目について、店主さんにお尋ねしたら「世代なので」とのお言葉^^  納得です。
今の40代前半ぐらいの方には、たまらんお店じゃないかな。

その中に最初の方でご紹介したような、70年代のチープ雑貨がポツポツといい按配で混じっているという感じですね。

お値段も安くてお手頃なものが多いから、私みたいなレトロ狂の中年オバちゃんだけじゃなくて、それこそ近所の小学生や中学生がちょこっと自分のお小遣いで可愛いモノを買いに来たりしても似合う雰囲気のお店なんですよね〜
私が近所の小学生だったら、ぜったい通ってるわ(笑)



では最後に、この日の戦利品をば。



ミケちゃん16ブログ


ミケちゃん17ブログ

「未来ののりもの」は、中は塗り絵になっているのですが、この表紙を見せてレトロ棚にディスプレイしたくて買いました〜
当時の「未来予想図」ものには、手を伸ばさずにはおれません  レトロフューチャーって、ホントに好き
 
下はシールです 特にいちばん左のシールがお気に入り♪ 
どちらもモロに70年代ものですが、 ね、こういうのがまぎれているから油断できないんですよ〜〜!! ≧д≦)ノ゚(嬉しい悲鳴)



      


以前ご紹介した、京都のアネモネ雑貨店さんなどもそうですが、住宅地の一見ちょっとわかりにくいところに可愛いお店が潜んでいるというパターンが、関西の昭和レトロショップでは結構多かったりします。

これからも、インターバルを置きながら、再訪問も含めて関西近郊の素敵なレトロショップの記事を上げて行きますのでお楽しみに〜〜  




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
7
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/06 09:05 ] ●レトロスポット(大阪、関西) | TB(0) | CM(4)
へろんさん、私もこういう、昭和の時代に思い描いた近未来の図が大好物です!

> 現実の21世紀との隔たりを考えると微妙ですね。

この塗り絵の中に電気自動車とリニアがあって、このふたつは良しとして、あとは・・・(^_^;) コンピューターカーとかものすごく発想が飛躍してました、やはり(笑) でも大の大人も大真面目にこういうふうになると予想していたところが、憎めません。 私も21世紀はこんな世界になるものと漠然とですが思っていました^^

[ 2017/09/08 21:33 ] [ 編集 ]
「未来ののりもの」!
古き良き未来というか時代を感じる未来というか、
こういう雰囲気って好きです♪
現実の21世紀との隔たりを考えると微妙ですね。
[ 2017/09/08 18:00 ] [ 編集 ]
カノッチさん、「昭和40年男」知ってマス〜〜!
最近買ってないんですが、数冊持ってますよ♪ 自分が読みたい特集の時に買うようにしています^^
数年以上前からブログでつながっている方に教えていただいたのがキッカケで、私もこの雑誌のことを知ったんです。

ブログ記事拝見させていただきますネ♪ありがとうございます♪
[ 2017/09/06 19:10 ] [ 編集 ]
小さな店の中はお宝でいっぱいですね~!

マサナビィさんならとっくにご存知かもしれませんが、「昭和40年男」という雑誌を見つけました。40年生まれの私にぴったりなレトロマガジンです。興奮気味でブログ記事にしてしまいました。
→ http://blog.livedoor.jp/webkanoshi-third/archives/51930261.html
[ 2017/09/06 13:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR