ソラリスの時間 レトロ旅歴10余年!これまでに旅先で出会った「レトロ看板」の総まとめ☆(1)

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

レトロ旅歴10余年!これまでに旅先で出会った「レトロ看板」の総まとめ☆(1) 

この間の日曜日に、大阪の毎日放送であったこんなイベントに参加して来ました!!

987-125-0yまんだらけりぼん2

「プレバト」という番組、ご存知ですか
この番組の俳句コーナーで毎回出演者の句を添削されている夏井いつき先生が、来場者が事前に送った句を添削して評価をしてくださるというイベントがあったんです。 お題は「茶畑と飛行機」で、飛行機が飛んでいる青空の下に緑の茶畑が広がっているという写真を見て一句作る、というもの。
モチロン、私も事前に自作の俳句を送りまして、結果は・・・


987-125-0yまんだらけりぼん1


じゃじゃん♪ 「才能あり!」をいただきました〜〜!! \(^ω^\)( /^ω^)/

俳句は趣味と言えるまではのめりこんではいないんですが(昭和レトロ関連だけで、もう手一杯ですっ)、「プレバト」は好きで時々見ていて、この番組のおかげで俳句に少しだけ興味を持つようになりまして。
でも自分で作ったことはなく、文章力・表現力を磨く練習にもなるかなと、この機会に乗じて初めて作ったのがこの句だったというわけで。

「才能あり」をいただいたとは言え、私が観覧した回のベスト5に選ばれた俳句は、素人目に見ても素晴らしい作品ばかりで、格段のレベルの違いを見せつけられましたよ〜  本当に上手い人は、私みたいに思いつきで作った人間とは句の持つ深みが全然違うんだなということがよくわかりました、ハイ

公開収録も兼ねたイベントだったので、いずれ編集された上でテレビで放送されると思います。 放送日はこの時点ではまだ決まっていなかったようなので、いつのO.A.になるのかは知らないのですが、この番組のファンの方、俳句にご興味がある方はぜひごらんになってください〜〜♪ (あ、私の俳句は、紹介されませんけどね)

イベントが終わってから、夏井先生のサイン本を購入し、握手もしていただきました
単なるミーハー(笑) でも、本についていたハガキに書いて投句できるようになっていたので、また時間がある時にチャレンジしてみようと思いマス♪






前置きが長くなりましたが(いつものことですが^^;) 、今日は、私がこれまでに旅先で出会った、レトロ看板(面白看板)をまとめてご紹介してみようと思いマス 

このブログでも旅記事をいくつか投稿していますが、この12、3年の間に日本各地様々な場所を旅して来ました。メインの目的地に向かう道中や、気ままに町歩きをしている中で、意識せずとも偶然に目に飛び込んで来るのがこうしたレトロな看板たち。 今まで図らずもブログのメインテーマにすることはありませんでしたが、撮りためた写真もかなりの数に上っていますし、何より私自身が古い看板が大・大好きですので、ここらでまとめてお披露目しようかなと思います 


ではでは、つい先日も行って参りました三重県鳥羽市のレトロ看板から☆

987-125-0xレトロ看板鳥羽2−1

987-125-0xレトロ看板鳥羽4

987-125-0xレトロ看板鳥羽5

鳥羽駅と連絡通路で直結しているバスターミナルの待合所にあった、昭和レトロな看板たち(2009〜10年頃撮影)。 伊勢志摩らしさが漂う、観光やショッピング案内も兼ねた看板だったわけですが、先日行った際には、待合所がリニューアルされており、これらの古い看板たちは全て取り外されてしまっていました

看板の下には伊勢名物の「赤福」の広告が入ったベンチがあったのですが、そのベンチすらなくなっていて、現在では小綺麗なフツーの待合所に 

987-125-0xレトロ看板鳥羽3

バスターミナルに隣接して設けられていた、こんな遊具たちも無くなっていました・・・。淋しいものです


鳥羽は、フェリーの発着場近くにこれまたいい味を出している昭和風情の待合所があったのですが、そのフェリーの待合所も取り壊されて完全リニューアルされていたのには驚きました。

987-125-0xレトロ看板鳥羽9

在りし日のフェリー乗船券売り場&待合所(2009~10年頃撮影)。この何年か後にも「生存確認」をしに、ここに立ち寄ったことがあって、その時点ではまだ健在だったのですが、いつのまに取り壊されてしまったのか。

この旧施設は現在では駐車場になっていて、しばらく歩いた先に綺麗な乗船券売り場&待合所が新設されていました。

987-125-0xレトロ看板鳥羽7

旧施設にあった、こんな瓶コーラの自販機も、今時のブライト&クリーンな待合所では見当たるはずもなく・・・。 もったいない、 もったいな過ぎる


987-125-0xレトロ看板鳥羽8

看板ではないけれど、鳥羽の住宅街で以前見かけた、こんなレイモン・ペイネ風の絵ももうなくなっていたりするんだろうか?個人宅なら大丈夫か。


987-125-0xレトロ看板志摩1−1

987-125-0xレトロ看板志摩2

987-125-0xレトロ看板志摩3


このあたりは、鳥羽のお隣、三重県志摩市で旅の途中に見つけた看板(2009〜10年頃)。
昭和ならではのおおらかざが光る、ミッキー&UFOの看板も良いですが、黒電話の絵の看板、そして何より理容店の「男性カツラ」の看板をかなり私は気に入っています♪(笑)


同じ三重県内、伊勢志摩地域以外にレトロ看板の宝庫だったのが、北部の桑名市といなべ市一帯。


987-125-0xレトロ看板あげき1

987-125-0xレトロ看板あげき2

「かしわ」=鶏肉のこと。
西日本では、鶏肉のことを「かしわ」って呼ぶ事が多かったんですよ〜。私が住んでた岡山の町にも、「かしわ」を販売しているお店がありました。 三重県でも「かしわ」と呼んでたんですね、鶏肉のことを。

女の子の顔写真の広告の破れ方が、怪しくてなにげにアートっぽい?!


987-125-0xレトロ看板あげき7

987-125-0xレトロ看板あげき5 987-125-0xレトロ看板あげき8

後にも2、3枚写真が出て来ますが、レトロ看板の中でよく見かけるのが、「結納品」や「婚礼衣装」を扱っているお店の看板。 ローカル旅の道中で、最低でも1枚は見かけます。 昭和の頃、特に1970年代ぐらいまでは、地方でもかなりいいお商売だったのではないかと思います。
今は、結納屋さん、見かけないですね。


987-125-0xレトロ看板あげき6

987-125-0xレトロ看板あげき9

987-125-0xレトロ看板あげき10 987-125-0xレトロ看板あげき15

こういった感じの看板って、割と珍しくないですか
亀田製菓と、東鳩の看板


987-125-0xレトロ看板あげき4


987-125-0xレトロ看板あげき11

987-125-0xレトロ看板あげき13

987-125-0xレトロ看板あげき14

少し前にもありましたが、昭和の交通安全啓蒙看板ってよく見るとなかなか面白いんです! ゆる〜いイラストが描かれてたり、飛び出し坊やならぬ、こんな可愛い「飛び出しおばあちゃん」まで。
このおばあちゃんの風貌がまた昭和ならでは、ですよね〜


987-125-0xレトロ看板あげき16

987-125-0xレトロ看板あげき17


ここまでが、三重県いなべ市で見つけた看板(2005〜2010年)。 
いなべ市は三重県の中でもあまり知られていない地域だと思うんですが、香ばしいレトロ看板が数多く残る穴場なんですよ。  ここしばらく足を運んでいないので、現在どうなっているのかわかりませんが・・・。


いなべ市のお隣、桑名市(2009〜2010年頃)では、

987-125-0xレトロ看板桑名8

987-125-0xレトロ看板桑名6

987-125-0xレトロ看板桑名1 987-125-0xレトロ看板桑名2

桑名市内、北魚町と南魚町の古い町名表示看板。
北魚町はお風呂屋さん、南魚町は風呂桶を販売しているお店の広告がついていますね。この看板を寄贈したのが両店だったようですね。


987-125-0xレトロ看板桑名3

以前にも1度ブログで書いた気がしますが、「ラジオ店(ラヂオ店)」、ローカル旅をしているとこちらもよく見かけます  ほとんどは既に廃業されているお店だったりするんですが・・・。
もともとはラジオを販売していて、その後時代の流れに伴ってテレビやその他の家電をあつかうようになったという歴史がこの店名からうかがえますよネ。 貴重な昭和の名残です。


987-125-0xレトロ看板桑名4



三重県ですと、他に

987-125-0xレトロ看板伊賀上野1

伊賀上野にあったこんなお風呂屋さんの看板とか(2004〜2005年頃)、


987-125-0xレトロ看板伊勢2

この間、伊勢に立ち寄った時に初めて発見した、こんなトリッキーな飲み屋の看板(2017年)もあったりします


もうちょっとだけ行っちゃいましょうか〜♪
ここから、全然地域は変わって、広島県の尾道と鞆の浦で見つけたレトロ看板(2008〜2009年頃)☆


987-125-0xレトロ看板尾道1

お地蔵さんの隣にあった「スプライト」の看板。


987-125-0xレトロ看板尾道2

実は尾道にも先月行って来たのですが、この駅前のラーメン屋さんの看板、新しいものに掛け替わっていました。
私が足繁く通い始めた10年近く前と比べ、尾道も明らかに観光客が増えていて、駅周辺の風景も少しずつ変化しています。


987-125-0xレトロ看板尾道3


987-125-0xレトロ看板鞆の浦1

987-125-0xレトロ看板鞆の浦2

福山市鞆の浦で見つけた、タバコ屋さんのほんわかな雰囲気の看板と、何とも可愛い「ベルマーク入れ」の箱

このベルマーク入れ、道路脇(塀沿いだったと思う)に設置してあったんですよ〜! こんなの初めて見たので、最初に見つけた時は「キャ〜っと。

鞆の浦にも長く行っていませんが、この箱が今でも存在していることを願います・・・☆



      


現在では惜しくも撤去されてしまった看板が、鳥羽の乗船場やバス乗り場のもの以外にもきっとたくさんあるんだろうなと思います。
気になるレトロ看板に遭遇した時には、迷わず写真を撮っておくのが正解だなあと改めて。こういう古い看板は明日撤去されてもおかしくないわけですから。 ここ数年、空き家の取り壊しや再開発、観光客増による施設のリニューアルなどでこういった昔の痕跡が以前にも増して急速に消滅していっているという現実があります。無常を感じてしまいますが、だからこそ、一期一会のご縁をこれからも大事にしなければ、と思ったりもします


まだまだ・・・ありますよ〜♪ レトロ看板総まとめ(2)もお楽しみに〜〜!!
(このあたりの看板写真は、すべてトイカメラで撮影したものばかりです。写真を直にスキャンしてPCに取り込んだものではないので(現像した写真をスマホで撮影してPCに送信した)、実際の写真よりも画像は粗くなってしまっているのですが、こうやってまとめて振り返ってみることで、トイカメラとレトロ看板の好相性に改めて私自身が気づかされましたーーー )




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/21 15:27 ] TIME TRIP☆昭和のカケラを探す旅 旅先で見つけた、レトロ看板総まとめ! | TB(0) | CM(14)
てんちゃんさん、最近、現像屋さんが次々になくなり、私がこれらの写真を現像してもらっていたところもお店ではやらずに外注になってしまったんですよ〜。それに加えて現像にはお金がかかる(しかも昔よりもかなり高くなってる)ということで、このところ、デジタルで撮るのが大部分になってしまっていますi-201 残念ながら。。。

でも、あらためて自分の写真を見返して、やっぱり私の原点はここだなと再認識できました。
味ありますか〜?! そういう風に思っていただけるととっても嬉しいですe-446e-266 やっぱりフィルムっていいですよね♪

[ 2017/05/28 14:48 ] [ 編集 ]
模糊さん、いや〜、自慢げに載せてしまいましたが、トップ5に選ばれた人との歴然としたレベルの差の方が印象に残りました(苦笑)
どんな風に編集されていつ放送になるのかわからないんですが、いずれ放送された時にトップに選ばれた作品や優秀作品を見ていただくと私の言っていることがわかっていただけるかと思いますi-229
あ、でも凡人査定ではなくて、なんとか下の方でも才能ありだったのは素直に喜んでますよ!

古い看板は大好きで無意識に撮ってしまう感じです、昔から。ほんと無意識の領域です(笑)
実際の写真はもう少しシャープな写りなので、横着して丁寧にスキャンしなかったのがちょっと悔やまれますi-201
でも褒めていただけて嬉しいです!
次回の看板写真は、時間がかかってもちゃんとスキャナーでスキャンしてアップしますので、また見てやってくださいm(_ _)m
[ 2017/05/28 14:40 ] [ 編集 ]
カノッチさん、「ペイネ愛の世界旅行」の目覚まし時計がおうちにあったんですねe-446
時計から流れるオルゴールの音色・・・なんて素敵!! !i-233
あの映画で流れていたテーマ曲がオルゴールになっていたんですかね。もしまだご実家に残っていたらぜひ教えてください☆

7、8年前に「ペイネ愛の世界旅行」のDVDを見たんですよ。この絵柄だけは前から知っていたんですが、初めて映像を見て、ビジュアルと世界観に惹かれました。もう1度ブログで取り上げてもいいかなあとふとe-446

[ 2017/05/28 14:31 ] [ 編集 ]
軍曹亭!さん、そうです、ロモなんです!!e-257
ロモのスメナ8Mというカメラです。
私が横着して、1枚1枚スキャンし直すのがめんどくさくてスマホで撮影したものを取り込んだのですが、実際の写真よりもボケた感じになってしまっていますi-201 実際はこれよりもうちょいシャープなんですよ。
「ゆるふわ」な優しい写りを最初は期待していたのですが、他のトイカメで撮っても私の写真はそういう女性らしい優しい写真になぜかならず。。。i-229  今ではむしろこんな写真で良かったと思っていますが♪

三重県に車で行った事が1度もないんですよ〜! 西名阪から見える景色、綺麗なんですね〜〜e-77
知らなかった。でも電車で通ってもそうですが、あのあたりの県境付近は山深くて未開発地域ですから、昔のまんまの風景が残されているのは何となくですがわかりますよ。 高速バスで行くと風景が堪能できるのかな〜〜e-399
[ 2017/05/28 14:25 ] [ 編集 ]
トイカメラで撮影されたということですが、味わい3倍くらい増しな感じがします・・・いいなあ、いい雰囲気だなあってしみじみ見せていただきました。
自分もレトロな街角におでかけしたくなりますね~
[ 2017/05/26 23:20 ] [ 編集 ]
「才能あり!」良かったですね。さすがです。
俳句は日本語を簡素に切り詰めた芸術ですね。
短い言葉が醸し出す情景は日本の美のひとつです。

観覧されたプレバトのOAを見るのを楽しみにしています。
この観覧の雰囲気も詳しく知りたいです。

看板写真のレトロ感も、良いですね。。。写真愛好家としては、じわっときます。
トイカメラの雰囲気に合っています。
私も古い看板は好きでよく撮りますが、ここまで大量にコレクションするとは、恐れ入りました。これも、さすがです!
[ 2017/05/26 22:33 ] [ 編集 ]
思い出しました! 40年以上前、ペイネの愛の世界旅行の目覚まし時計が我が家にありました。懐かしい。時計から流れ出るオルゴールの音楽も脳裏に蘇りました。
[ 2017/05/26 14:49 ] [ 編集 ]
レトロ看板にトイカメラの組み合わせは良いですね。
「Romo」辺りをお使いなんでしょうか?出来上がりのソフトフォーカスと色の抜け方が良いですよね。私も2007年ぐらいまではフィルムカメラを使っていたのでそれ以前の写真をスキャンするのはめんどくさいなぁと思いつつデータとして残したいなと思案中です。
あっ!伊賀上野は工場があったので在阪時には月に2回ほど近畿道→西名阪(で良かったかな?)で顔を出していました。あの道路も天理から山に入って行く辺りのロケーションは画像に残したいぐらい綺麗ですよね。
[ 2017/05/26 08:55 ] [ 編集 ]
よっちんさん、書かれておられる言葉の端々に共感してしまいましたe-420 他にもあったんですよ、実は!もうあえて書きませんでしたがi-229(笑)

確かにそうですね。超高齢化社会で、高齢者の免許自主返納云々言われている時代、電車がなくなったら田舎のお年寄りは完全に難民状態になってしまいますよね。 私も元々は田舎の出身なので他人事とは思えないというか。これから先どうなっていくのか不安がありますよね。

> 伊賀上野の電気湯ですが
> 今は「忍びの館」という名前の
> 忍者体験施設になっていますよ(^^)

そうなんですか! 忍者体験施設か〜。伊賀上野ももしかしたら外国人観光客が増えているのかな〜?とふと思ってしまいました。 昭和のカケラがどんどん消えて行きますね〜(淋)まあでも、新しいマンションやチェーン店舗などができるよりはいいですね^^  応援、ありがとうございます!
[ 2017/05/24 13:29 ] [ 編集 ]
私のブログにコメントいただきありがとうございます。
同じ思いを持っている人がいて嬉しく思います。
これから高齢化が進み、自動車の運転が出来なくなる人が増加するのに
安易に赤字路線が廃止になることを悲しく思っています。

伊賀上野の電気湯ですが
今は「忍びの館」という名前の
忍者体験施設になっていますよ(^^)

応援ぽち
[ 2017/05/24 12:11 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、何となくプレバト見ておられそうだなあと思いました(笑)

いや、これは持ち上げているわけではなくて、実際に作ってみたらあけぼうさんの方が私よりも俳句の才能はあるような気がします。俳句って、短い言葉でうまく情景を切り取るセンスが必要です。私にはそのキレがないと言いますかi-201 あけぼうさんはダラダラ書かなくても、いつもうまく面白く文章をまとめておられるので、向いていそうに思います。語彙力もおありだし。ぜひチャレンジしてみてくださいよi-203(笑)

このカツラの看板、昔VOWにも掲載されていた気がするんですよ〜 気のせいかな。 LINEスタンプであったら、ウケそうですよね!ヾ(≧∇≦*)  みんなどういう時に使うんだろう? 成長して一皮むけたよ〜的な? それは逆か(笑)
[ 2017/05/24 08:13 ] [ 編集 ]
雨男博士さん、こんな写真でも貴重な資料になればほんとに幸いです!e-459
最近、以前にも増して、こういった昔の看板などが急速になくなっていっている気がします。私が暮らしている中崎町でもそうなんですが、他の地方都市に行っても同じように昭和の名残がどんどんなくなっていっているような雰囲気を感じるんです。

今となっては、80年代の終わりから90年代中頃ぐらいまでの中崎町の町並を、写真に撮っておけば良かったと本当に後悔しています。当時は写真に興味がなかったこともあってそんなこと思いつきもしませんでしたからi-182 それに、無意識のうちに、今自分が見ている風景はそうそう変わる事はない、半永久的に続くと思っている部分があったりして。

万が一、雨男さんの研究に役立つということにでもなれば、いつでも写真を貸し出しいたしますよっ(笑)ノスタルジーに浸るだけの私用でも良し!!

俳句は・・・お恥ずかしいですi-229 会場に行って、本当に才能がある人はこんなスカスカの軽い俳句は作らないのだということを思い知らされましたのでi-201 そうは言いつつも、褒めていただけるとちょっと嬉しかったりもしますね(笑)
[ 2017/05/24 07:58 ] [ 編集 ]
プレバトわたしもよく見てます!
初めての作で才能ありなんてすごい!
わたしなんて何の詩想もわかないので、
俳句の世界には手も足も出ませんもん(^_^;)

それにしてもレトロ看板かわいいですね~。
そしてやっぱりカツラの看板が気に入ってます。
シンプルで言いたいことはストレートに伝わるという。
ラインスタンプになって欲しいくらい(笑)
[ 2017/05/22 18:19 ] [ 編集 ]
こんばんは。
素晴らしい写真の数々をありがとうございます。
俳句の才能もすばらしいですね。
やはり良い感性をお持ちなのだとおもいます。

看板の写真は
どれもレトロ感ありで、
数十年後や数百年後には貴重な資料になるのだろうな、と
最近おはなしした
歴史系の研究者が
「史料がのこっていることは、奇跡に近いんだ」という
言葉をおもいだして、
感慨深く思ったところです。
街並みや
そこに表示される様々なものが
取り替えられて
新しくなっていくなかで
あるものは忘れられ、
あるものは記憶のなかで大切にされるのですが、
こういう写真が、あぁこういう時代があったのだな、と
思い出させる仕掛けになるなぁと
思ったところです。
[ 2017/05/21 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR