ソラリスの時間 春はレトロ雑貨の季節♪ 昭和な町、大阪・中崎町でおすすめのレトロショップ4店をご紹介!!!

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

春はレトロ雑貨の季節♪ 昭和な町、大阪・中崎町でおすすめのレトロショップ4店をご紹介!!! 

「たびねす」に、新しい記事がupされています〜〜

ゆるレトロな大阪が好き!昭和な町、中崎町で人気のレトロ雑貨ショップ4選


今日のブログは、この「たびねす」の記事に関連した内容ということになります。 
今までにも地元民ということで、ブログで何度か中崎町でお気に入りのレトロショップの記事は書いて来ましたが、少し行かなかった間に品揃えなどが変化しているお店が何店かあったりしたので、そのあたりの詳しい様子や、連れて帰って来たお人形や雑貨ちゃんたちをブログではご紹介できたらいいなと

ブログには、「たびねす」に掲載している写真は今回は載せません。
なので、各店の概要を知りたい方は、「たびねす」を見てからまたこちらのブログに戻ってきていただくと、よりお店の個性や雰囲気がわかりやすいと思いますのでよろしくお願いしマス〜〜

ではでは



green pepe(グリーンペペ)

「 green pepe」さんは、昭和レトロな雑貨や家具の他に、古着が充実しているお店なんです。60〜80sの昭和ものですよ。

987-127-0aア中崎町雑貨グリーン1

987-127-0aア中崎町雑貨グリーン2

987-127-0aア中崎町雑貨グリーン3

お弁当箱なども置いてありましたが、

987-127-0aア中崎町雑貨グリーン4

きゃは 目がいっちゃってる感じ??(笑)


こちらのお店に私が初めて伺ったのは8年前だったのですが、その時の店主さんとはべつの店主さんが今はやっておられます。 当初よりも、古着のボリュームが倍ぐらいに増えているのですが、現・店主さん曰く「レトロ雑貨のボリュームもさらに増やして行きたい」とのお話。

お店の奥に裏庭があるのですが、この庭のように、今は物置やデッドスペースになっているスペースも近々ディスプレイなどに活用していく予定らしいです。 
や、実はずっと以前から秘かに、「なんでお庭の部分を使わないんだろう」と思っていたんですよね〜  とっても楽しみです!!

海外のレトロアイテムは置かず、国内の昭和レトロ品にこだわりを持っているお店ですよ。



2匹のゾウ

「2匹のゾウ」さんも、「green pepe」同様、中崎町で10年程前からやっているお店で、私も個人的に大好きなお店なんですが、久々に行ってみると( 同じ町内に住んでいて、なおかつレトロ好きなのになんで頻繁に行かないのかと思われるかも知れませんが、好きだからこそ行けないというのがあるのです。なぜなら、すぐに欲しくなってしまって、お金がいくらあっても足りなくなるから(苦笑))、物量が増えているのに驚きました

広くはない店内にたくさんのレトロアイテムが所狭しと置かれているのは以前からそうだったのですが、特に人形類。昔の観光土産の置物系の人形とか、いわゆる企業もののキャラクター人形なども含めて、よりいっそう増えていましたね。

987-127-0aア中崎町雑貨2匹のゾウ1

987-127-0aア中崎町雑貨2匹のゾウ3

食器も多いんですよ。食器に関しては海外のレトロ、ビンテージものも多いかも。

987-127-0aア中崎町雑貨2匹のゾウ4

この写真には写っていませんが、昭和から刊行されている保育社の「カラーブックス」シリーズ(カラー文庫)も以前からこのお店で私がかならずチェックする古本。
昭和の香りがムンムン漂って来るシリーズなんですよ。 先日行った時には、鉄道系のシリーズが何冊かあって、「0系新幹線」の本をしばらくずっと見ていました



ANDANTE(アンダンテ)

987-127-0aア中崎町雑貨アンダンテ1

店主さんがネットを全くごらんにならない方らしく、ご自身が知らない所でお店の写真が出回る事に不安があるということで、1枚だけ写真を撮らせていただくことに。
なので、こちらのお店に関しては、「たびねす」に掲載した写真をトリミングしたこの写真だけになります。
しかし、この1枚の写真だけでも、お店の雰囲気がわかっていただけるかと

「ANDANTE」さんも、「2匹のゾウ」さん同様にアイテム数が増えていました。 前からこういった可愛いモノを中心に置かれていたお店ではあったのですが、さらにレベルが高くなっている気がしましたよ
かなり小さなお店ですが、昭和女子の方には素通りして欲しくないお店です、ハイ♪

ちなみにこちらの店主さんは女性の方なのですが、昔から田渕由美子さんのマンガの大ファンだったらしく、その話でひとしきり盛り上がりました(笑)情報も色々教えて下さったので、近々また田渕由美子さんの昔のコミックスをゲットせねばと思っております



クルール

987-127-0aア中崎町雑貨クルール1

掲載する写真の枚数が限られているので、たびねすではやむなくボツにしたのですが、このコーナーも結構好きなんですよね〜♪


987-127-0aア中崎町雑貨クルール2

987-127-0aア中崎町雑貨クルール3


「クルール」さんは、中崎町の隣の浮田町にあるお店なんですが、いわゆる中崎町エリアにあるお店としてマップなどでも紹介されています。

「green pepe」さん同様、こちらも国内ものの「昭和レトロ」にこだわっておられる様子。「たびねす」の方の写真にはありますが、古着も多くて、お店の入口部分にもディスプレイされています。
「green pepe」さんに次いでお店が広いこともあり、大物から小物までレパートリーも幅広いです

今後は、一番下の写真にあるような、昭和のチープな駄玩具系をもっと増やしていくご予定とのお話でしたよ 朗報だっ(笑)

 


       


最後に、今回、各店でgetした麗しのレトロちゃんたちを

まずは、「クルール」さんから。

987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ6

赤い陶器のゆる系のお人形ちゃんと、阿寒湖の観光リーフレット、富山県の黒部峡谷の観光絵ハガキ。
黒部峡谷の絵柄のこのパッケージの中に絵ハガキが1枚入っていたのですが、

987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ5

阿寒湖のリーフレットが昭和30年代のものであることは確かで、こちらもおそらく昭和30年代前半(あるいはもうちょっとさかのぼって20年代末)のものかと思うのですが、この宇奈月温泉の風景がスバラシイ

「天然色写真」という表記があったのですが、昔の写真にはこのように彩度を高めに加工したらしきものが時々ありますよね。このひなびた温泉旅館街の雰囲気もめっちゃよくありません この頃は旅館もまだみんな木造ですね〜。


987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ7

お次は、「green pepe」さんと「2匹のゾウ」さんから連れて帰って来た、レトロな色付きグラス企業もののキャラクター人形
グラスの方が「green pepe」さん、お人形の方が「2匹のゾウ」さんにあったものです。

お人形の足の裏に『ほくでんの「ワットくん」』という文字が刻まれているのですが、この坊やは、1973年(昭和48年)に登場した北海道電力のキャラクター「ワットくん」。
私は全然知らなかったですが、これ、もしかして北海道民の方にとってはめちゃめちゃ懐かしいキャラだったりするのかな??と。
私は、このスペーシーな(そしてレトロフューチャーな)雰囲気が好きで連れて帰って来たんですけどネ

グリーンの色付きグラスは、GWから下ろして使い始めようかなと思っておりますヨ〜〜 これからの季節に似合うでしょ 
昔はこういう色付きガラスの食器や灰皿が家にもたくさんあったのに、いつ頃からあまり見かけなくなったのかなあ〜(淋)



987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ2

で、こちらが、「ANDANTE」さんでgetした、コインケースレトロマッチ
愛知県の小牧のインターチェンジの近くにあったと思われる「小牧ハイランド」のマッチにはひと目惚れ 
マッチもですが、コインケースに関しても、この絵柄の裏に描かれてある絵柄をぜひ見て欲しいんです。
↓↓↓

987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ3

70年代風のレトロキュートなイラストの裏に描かれていたのは、なんとピンクレディー(笑) この時代の駄玩具ってこういう節操のない(?!)ブッコミ方をしてくるから、ほんとに侮れないし面白い!(笑) 自由ですワ〜〜 
マッチの絵柄もいいでしょう〜。 東京駅の構内にあったお店だろうか?「ビュフェとうきょう」

ANDANTEさんではもう1点。

987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ8

交差させてる手がいいでしょ〜 ヒラヒラ〜〜 (笑)
「象が踏んでもこわれない」アーム筆入を連想させるキャッチコピー、「ダンプより丈夫な」アポロ筆入。
私たちが使っていたマグネット付きの大きな筆箱の、ひとつ前の時代のものだろうナ。アーム筆入と同じく、昭和40年代前半頃のものかな



987-127-0aア中崎町雑貨買ったモノ


中崎町のレトロ雑貨店、確実にパワーアップしていますよ〜
地元びいきで言う訳ではなくて、お好きな方にはホントにおすすめします♪ カンタンにハシゴして回れるのがいいところなんですよ、中崎町のお店は。 
暖かくていい季節になりましたので、ぜひお散歩がてらお越しくださいネ〜〜 今日もおつきあいいただきましてありがとうございます!!



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/17 14:27 ] ●懐かしの雑貨・家電・玩具・人形・お菓子(フード) | TB(0) | CM(12)
てんちゃん、

てんちゃん様にそんな風に言っていただけるとめちゃ嬉しいです!! (//∇//)  
いつもレアでセンスが良くて、個人的にとてもそそられるものばかり持っていらっしゃるので、ほんとにそんな風に思っていただけるとテンション上がります!(笑)

あ、そうそう、てんちゃんて、元々北海道で暮らしておられたんでしたよねe-77 ワットくん、そうですか、それほどご記憶にはないんですね。でも、懐かしいと直感的に思われたということは幼い頃に見ておられたんでしょうね。
北海道拓殖銀行にもキャラがいたんですね、やはり。ね〜、昔の金融機関はどこもキャラクター貯金箱あって良かったですよね〜e-446

「アンダンテ」さんと「2匹のゾウ」さんは特に、さらにいい感じに充実度が増していてビックリしました。大阪に来られた時にはぜひ寄ってみてください〜〜e-420e-454
[ 2017/05/02 12:42 ] [ 編集 ]
思わず声が出てしまうくらい、良い物ばかりをゲットされていますね。
ダンプより強い・・・のコピーはすごい!ロゴも素敵です。
ワットくん、一目見て『懐かしい!』って思ったんですが、記憶にはあまり無いんです・・・その頃のわが家には、今は無き『拓銀』のたくちゃん(くまのキャラクターです。)の貯金箱が飾られてた・・・記憶は有るのですが。
大阪府民だった頃、クルールさんはたぶん行ったことが有ると思います。
しかし、他の2つのお店も良い品揃えですね~
[ 2017/05/01 18:17 ] [ 編集 ]
りす子さん、ピンクレディのコインケース、いいでしょ(笑) 昔の商品て、やっぱり面白くて😅😂
りす子さんは、すごく一杯レトロちゃんを持っておられたので、こういうものは何度も見て来られたでしょうね👍 このゆるさがたまりません😂

ワットくんと赤いお人形、可愛いですか~😄
今回はお部屋のディスプレイなんかも考えて、お人形を買おうと。またちょうど可愛いやつに出逢えたので良かったです❤
りす子さんに喜んでもらえると、嬉しいですわん🐶🎶
[ 2017/04/23 20:40 ] [ 編集 ]
キャー♡どのお店もワクワクしますねe-349
前のめりになって見入ってしまいました^^;
グラスもこうゆうの好きだわ~e-349
ピンクレディーには笑っちゃいました(笑)v-411
うんうん、こうゆう裏表がまったく関係ない絵柄って
昔のにありますねv-411
ワットくんも赤いお人形ちゃんも癒されました♡可愛い♡♡
[ 2017/04/21 17:24 ] [ 編集 ]
へろんさん、すみません、情報を訂正します。
調べた所、保育社のカラーブックスシリーズ、廃刊にはなっていませんでした!
廃刊になった何かのシリーズと完全に記憶が混濁しているようで、申し訳ありません!!e-466 ブログの方も訂正しておきます。
昭和に初版が刊行されたものに関しては、現在品切れになっていたりするものも多くあるようですが、そういったものが今、古本として出回っているんでしょうね。シリーズ自体は健在です。
http://www.hoikusha.co.jp/

そうですか、カラーブックスはお若い頃からかなりお馴染みだったんですね。「日本の蝶」、まだあるようですよ! 
こういったお店や古本市で、私ももっといろいろ探したいです。ちなみに私が今持っているのは「人相学入門」という本で、これも、こちらのお店で面白くて気に入って買った古本だったんですよe-446
[ 2017/04/20 11:10 ] [ 編集 ]
玉坂めぐるさん、ははっ、あのピンクレディーのイラストですね(笑)
あれこそ「チープ」を体現してますよね。キュートなイラストの裏に全くタッチの違うあんな絵が描かれていて、全然コンセプトが成ってない商品に「え?!」と思いますがi-229
玉坂さんの想像力がオモシロすぎ!!i-237 でも当たってる気がします(笑)

あ、新幹線の車内にあったビュッフェのマッチの可能性、やはりありますか〜! 店主さんともどうなんだろう?とか色々話したんですけどね。もしそうだったら嬉しいです!!。:+.(・∀・).+:
そう、確かに食堂車があって禁煙でもなかったはずだから、車内で売られてたマッチだとしてもおかしくないんですよね。

廃止直前にカレー食べられたんですか〜!e-431 私、結局1度も食堂車を利用せずに終わってしまいましたi-201
食堂車が何号車にありますので、ご利用下さい、という車内アナウンスが流れていた記憶がありますが、そういう時ってまさか食堂車がなくなってしまうとは思わないからまたいつでも行けると思って、行かないんですよね〜。
[ 2017/04/20 10:41 ] [ 編集 ]
雨男博士さん、中崎町の雑貨屋さんも日々進化していますよ〜e-461

ガラスコップ、いいでしょうe-446
確かに、ハイシーやバヤリース入れたら美味しそう! 柑橘系が合いそうですねe-435
しかも生絞り果汁100%とかの身体に良さそうなジュースではなくて、もうちょっとチープでポピュラーなジュースの方が合いそう(笑)
私達ぐらいの歳の人間には懐かしさの要素も大きいんですが、そういうノスタルジーの要素を抜きにしても可愛らしいデザインに惹かれてしまいますe-420

> (研究もこの年代の論文や議論の再評価をしたい今日この頃)
そうなんですか〜! そういうのってあるんですね。 興味があります〜e-77
専門的なことはもちろん全くわかりませんが、70年代当時って、多分今よりもアカデミズムが重んじられていた時代だった気がします。予算や結果を早急に出す事にとらわれないで済む、研究にとってのいい環境があったのかも、とか素人なりに考えてしまいます。

[ 2017/04/20 10:16 ] [ 編集 ]
あめしすとさん、ヘアピン、みんなしてましたよね〜絵文字:e-51]
私はバッチン止めのやつが好きで(笑)

ロータリーロック、磁石で鍵をかけるタイプのやつ・・・もしかして私も一時期使ってたかも?! 記憶が定かではないんですが。でも、鍵をかけるまでの機能がなかったとしても、マグネットでパチッと閉じられるタイプの筆箱だったことは確かです^^
自分がどんな柄の筆箱を使ってたか、ずっと思い出そうとしているんですが、これが意外に詳細は思い出せないんですよねi-201 

象が踏んでも壊れないのCMは私は赤ちゃんとか幼児の頃で全然知らなくて、後に昭和懐古番組で知りました♪
このアポロ筆入れも、同じようなコンセプトで作られたものなんだろうなあ〜とe-446 
この頃のものは、味わいと温もり、そしてゆるい感じが最高ですよね〜〜e-446e-420

[ 2017/04/20 09:43 ] [ 編集 ]
こんにちは、へろんと申します。
保育社の「カラーブックス」シリーズに反応してしまいました。
あのシリーズ、廃刊になってるんですか~。
若かりし頃、「日本の蝶」とか「失われた生物」とか
生き物系を文字通り擦り切れるほど読んでました。
今でも十数冊が本棚の一角を占めています。
[ 2017/04/18 23:01 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
相変わらずの「チョイス力」。素晴らしいです(^^)。
ピンクレディのイラストには、笑わせられました。
職人さんがもくもくと写真をトレースしたんでしょうか
愛着のようなものが、一ミリも感じられませんねw
そこがまた可愛いww。

新幹線のマッチは、新幹線車内のビュッフェのマッチじゃないですか?
値打ちありますよ、これ~。
子供の時、大好きでした。当時は食堂車って呼んでたかな。
ビュッフェ廃止の直前に、別れを惜しんでカレーライスを食べたのが20年以上前? いやあ、懐かしいです。
マッチってアイテム自体が「喫煙当たり前の昔」を象徴しますね。
うーん。(^へ^)シミジミ
[ 2017/04/18 10:05 ] [ 編集 ]
こんばんは、素敵な記事をありがとうございます。
中崎町、近くですので、またいってみたくなりました。
コップ良いですね。
70年代くらいのデザインが一周まわって新しくなってきた
感じをうけています。
(研究もこの年代の論文や議論の再評価をしたい今日この頃)

グリーンのコップ、
むかしながらのジュースが似合うかもしれませんね。
バヤリースとか
Hi-Cとか
[ 2017/04/17 22:17 ] [ 編集 ]
こんにちは

可愛いヘアピンですね
小学生のころ、お洒落感覚で止めていました(^-^)
とても懐かしいです。
アルミのお弁当箱の絵柄も楽しかったですね。
マッチ箱、小さな箱のアートは素晴らしいなぁって思います。
像が踏んでも壊れない・・・そういう筆箱ありましたよね
テレビのCMで、何度か観たことがありました(^▽^)
磁石の付いた筆箱もありましたね。
私が持ってたのは、ロータリーロックという筆箱で
磁石で鍵をかけるタイプのものでした(^-^)
当時のお人形や雑貨類など、味わいがあって
温もりを感じますね



[ 2017/04/17 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR