ソラリスの時間 「怪しい少年少女博物館」にも久々に行って来ました〜♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

「怪しい少年少女博物館」にも久々に行って来ました〜♪ 

「たびねす」に新しい記事が掲載されました♪
↓↓↓
昭和の子供が見た幻影!伊豆高原「怪しい少年少女博物館」のファンタスティック・レトロワールド


前回、数年ぶりに訪れた伊豆の「まぼろし博覧会」のことを書きましたが、ついでですからモチロン、近くにある「怪しい少年少女博物館」にも再び立ち寄ってみましたよ♪ 
同じオーナーさんが営んでおられる施設なので、似た雰囲気ではあるんですが、「たびねす」にも書いていますように、こちらは昭和のおもちゃと人形・フィギュア類の展示がメイン。 あとは流行ファッションの展示もあって、「まぼろし〜」にくらべると、トンデモ色はかなり薄めです。 
今回は、たびねす未掲載の写真を中心に載せていきますね


987-127-0怪しい少年少女1

2012年に来た時とくらべて、看板が真新しくなっています。ロゴもちょっと変わりました。


987-127-0怪しい少年少女1-1-1

987-127-0怪しい少年少女1-1

エントランス周りは変化なしですね。このおばちゃん(お姉さん?)に関してはまた後ほどちょっぴり解説します♪


987-127-0怪しい少年少女5

987-127-0怪しい少年少女6

こんな感じで戦後に流行ったファッションをまとったマネキンやその時代を象徴するグッズやレコード、本などが時代順に並んでいます。 私が好きなのは、

987-127-0怪しい少年少女9

やはり70年代のこのあたり!! やっぱりスタイリッシュで可愛いよ〜 デザインもオシャレですよね、今の感覚で見ても。 
後ろの60年代末〜70年代初めの学生運動の横断幕のオシャレ要素ゼロ(大幅にマイナス(笑))な雰囲気と対照的ですが、これがほぼほぼ同時期の若者のトレンドだったんですもんね。 

987-127-0怪しい少年少女13

5年前のブログにも載せていますが、80年代の「竹の子族」ファッションなどもありますよ
竹本孝之さんの、黒眼帯姿のレコードジャケットもいまだ健在でした。

ところで、前回の「まぼろし博覧会」の記事でもちょこっと触れましたし、たびねすにも書きましたが、2003年まで熱海に「熱海博物館村・ふしぎな町一丁目」という脱力トンデモ系の施設がありまして、この「怪しい少年少女博物館」は場所を移してリメイクして作られた施設なのです。(オーナーも同じ)
そういうわけで、「ふしぎな町一丁目」から引き継いだ展示もここにはたくさんあり、例えばこの一連の懐かしファッションのマネキンさんたちもそのひとつであるようです。エントランス部分にいる、あのおばちゃん(お姉さん)人形も然り。
ネットで熱海の前施設の画像をいくつか見ましたが、「まぼろし博覧会」にも熱海時代の展示物がいくつもありますよ。


987-127-0怪しい少年少女11

987-127-0怪しい少年少女12

オモチャ、駄玩具は相変わらずたくさん! こういう物を見てるだけで胸キュンな気持ちになるんですよね〜 たとえ自分が当時持ってなかったものでも、キャラクターもほとんどわかるし。
さすがにお店ではないので、手に取ることができないのが残念ではありますが、ガラス越しであっても輝いてますよ〜



987-127-0怪しい少年少女7

そして、2階にはこんな感じで、人形・フィギュアがたくさん展示されています。


987-127-0怪しい少年少女4

987-127-0怪しい少年少女3

こういう見るからに怪しいホラー系の人形も多いんですが、たびねすにも書いたように、AIBOをデザインしたクリエイターの方などの作品も陳列されているところがまたちょっといいんですよね。数年前の訪問時にもあったようなんですが、どうしても、怪し懐かし系の展示物の方ばかりに目が奪われてしまい、無知なこともあってほとんど注目していませんでした。
「こんなところに、こんなものが?!」と驚かれる方もいらっしゃるようです。





987-127-0怪しい少年少女10

「何か御呼びですか〜〜?」






      


「まぼろし博覧会」ほどのディープさを期待すると期待はずれになると思いますが、「まぼろし〜」のついでに、昭和のレトロで懐かしい空気をもうちょっとだけ吸い込みたいな、という方にはおすすめです♪ あと、フィギュア系がお好きな方にもそこそこおすすめできるかも。
三戸なつめちゃん似の、昭和少女も迎えてくれますよ〜

987-127-0怪しい少年少女8


前回から2回に渡り、12月に行った伊豆のふたつの施設の記事をお届けしましたが、今年中には何とか伊豆にもう1回行きたいです。昭和にタイムスリップできる場所を追い求めて、どん欲にお出かけしてまいりたいと思っております!

2012年訪問時の記事も、下の「関連記事」のリンクから、よろしければごらんくださいマセ〜♪ あらためて見ると。今回と同じ画像もいくつか載ってました♪(やっぱりいいなと思うポイントは変わらないのね)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/27 17:07 ] TIME TRIP☆昭和のカケラを探す旅 秘宝館、他珍スポット探訪 | TB(0) | CM(6)
軍曹亭!さん、行かれたことおありでしたか!e-454

そう、あそこってモロに道路沿いにあって、ちょうど交差点のところですからツーリングしてても目に止まりそうですよね♪
「怪しい」と書いてあるので、ディープ圭を期待される特に若い人には刺激が少なくて物足りないかも知れませんが、中年世代には懐かしいモンいっぱいで、普通に楽しいというか^^

オープンカークラブというのが、気になります(笑)
私、昔はオープンカー大好きで、と言っても周りにオープンカーに乗ってる人なんて一人もいなかったので乗った事はないんですが、風を受けて気持ち良さそうだなあ!!とめっちゃ憧れてましたe-420 あの自由な雰囲気にも惹かれてましてe-420 子供の頃には、キレンジャーが乗っていたサイドカーもひそかに憧れでした(笑)
[ 2017/02/02 09:50 ] [ 編集 ]
10年ぐらい前に当時、あるオープンカークラブの総長(っていわれてましたので、笑)をしてた時にメンバーとツーリングがてら訪れました。ほんと、一見ディープそうですが、基本を押さえた展示ですよね。
この記事を読んで思い出しました。。
[ 2017/02/01 15:16 ] [ 編集 ]
玉坂さん、もしかして熱海にあった施設、行かれたことおありだったんですか?

それにしても、そのJPタワーの博物館、知らなかったのですが 剥製、模型・・・モロに惹かれます(笑) 昭和の理科室、実験室の匂いが漂ってきそう💮💀
こういうものって得てしてB級的な扱いをされがちですが(それはそれで大好物)、無料でしかもオシャレというところが、どんな風に展示されているのか気になります😄 東京に行った際には要チェックですね👌😁

一見無駄とも思えるものを捨てずに残して活かそうという精神、遊び心👌 こういう話を聞くとホッとするし、嬉しくなりますよ✨
[ 2017/02/01 02:24 ] [ 編集 ]
あーこんな形で再生されてるんですね。
「捨てるには忍びない」と思ってる時代まで
生き延びてくれてて、よかったです。

東京駅近くのJPタワーってところに
おしゃれで無料の博物館があります。
東大の理学部だったかな?建て替えしようと思たら
剥製とか模型とか古い資料が山盛り出てきて
学術的にはもうそんなに価値はないけど
捨てるには忍びないので、できた博物館。
なんか発想は一緒だなあと思いました。
予算とテイストは全然違うけど(^^)
どっちも好きだ。
[ 2017/01/31 08:37 ] [ 編集 ]
あめしすとさん、ありがとうございます♪

「怪しい少年少女博物館」、怪しいという名前がついているので、ディープ系の施設と思われがちですが(実際フシギでシュールな面もありますが)。意外に普通に「昭和」の懐かしさを味わえるんですよe-446
伊豆高原に行かれた際にはぜひ、「まぼろし博覧会」とペアで立ち寄っていただきたいです♪

そうそう、この写真以外にもバービーのコレクション、何十点かありましたよ!e-454
リカちゃんがあればもっと良かったんですが〜♪


> 昭和の頃に、タイムスリップしたような
> 懐かしくて、暫く眺めてしまいました(^-^)
> マネキン人形、それぞれ表情が豊で
> 個性的で、その頃、よく観てた記憶があります。
> バービー人形でしょうかね
> 大きなバービーですね。
> 当時、買って貰えなかった玩具もたくさん展示されていて
> 胸がトキメキました☆
> 当時のファッションもイケてますね。
> ホラー系の人形、よく出来てますね
> ゾクゾクっとする感じがして、それがまたいいですね
> 私もいつか行ってみたいです(^-^)
[ 2017/01/29 17:01 ] [ 編集 ]
こんにちは^^

昭和の頃に、タイムスリップしたような
懐かしくて、暫く眺めてしまいました(^-^)
マネキン人形、それぞれ表情が豊で
個性的で、その頃、よく観てた記憶があります。
バービー人形でしょうかね
大きなバービーですね。
当時、買って貰えなかった玩具もたくさん展示されていて
胸がトキメキました☆
当時のファッションもイケてますね。
ホラー系の人形、よく出来てますね
ゾクゾクっとする感じがして、それがまたいいですね
私もいつか行ってみたいです(^-^)
[ 2017/01/28 16:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR