ソラリスの時間 なかよし展〜「これぞ、ザ・昭和レトロ♪」昭和40年代のなかよしのふろくと掲載広告〜

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

なかよし展〜「これぞ、ザ・昭和レトロ♪」昭和40年代のなかよしのふろくと掲載広告〜 

今日は前回の続きを。
私が読んでいた昭和50年代よりも前の、昭和40年代(と30年代)のなかよしのふろくも展示されていましたが、これがまたキュート&ラブリーでよろしかったのでございます


987-1275なかよし展2-1

昭和40年代中頃のなかよしの表紙。 
田村セツコさんの絵
この時点で、私が愛読していた50年代のなかよしとは、かなり趣が異なっているのがわかります。


987-1275なかよし展2-3

987-1275なかよし展2-4

可愛い〜〜 
可愛いなんてありきたりな言葉は使いたくないんですけど、亜土ちゃんの絵はやっぱり可愛い。 キュート&ラブリーの王道を行ってますネ。
特に下のパスケース(だったと思う)、欲しい〜〜〜! 今こそ、欲しい!
田村セツコさんの絵などもそうですが、チープでありながらチープさを感じない、どこかリンとしたアートな雰囲気が絵に表れてるんですよね。


987-1275なかよし展2-5

白いピアノは憧れでした。 ♬もしも〜、私が家を建てたなら 小さな家を建てたでしょう~〜♬(この歌がわかる人は、年齢がかなり行ってる証拠(笑))


987-1275なかよし展2-7

987-1275なかよし展2-8

私がまだ「なかよし」を読み出す前、小学館の「小学1年生」とか「2年生」を読んでた頃、バレエ・マンガが掲載されていたのを憶えてます。
そのマンガのヒロインの名前は、確か「なでしこちゃん」と言ったっけ。
そして私も幼少期にはバレリーナに憧れていて、バレエを踊っているお人形さんの絵をよく描いていた。
そんな時代を象徴するような、ふろく


徐々に時代をさかのぼって見ていってたんですけど・・・

987-1275なかよし展2-6

な、なんと!あの楳図かずおさんが、なかよしの漫画家さんだった時代があったとは!
しかも、これ、私が生まれた頃(笑)



ここからは昭和30年代。


987-1275なかよし展2-9

987-1275なかよし展2-11

このあたりまでくると、私が知っている「なかよし」とはもうどこから見ても完全に別の雑誌のように思える。
少女マンガ誌というよりも、それこそ「小学○年生」のような教育雑誌的な向きが強かったんだなというのが、ふろくを見るとよくわかるんですね。


987-1275なかよし展2-12

RUNE、そうこれは内藤ルネさんの手によるイラスト。
パンダちゃんの絵のふろくもありましたし、昭和30年代後期〜40年代初め、ルネ先生はなかよしでもお仕事をされていたんだなあと。
こうしてみると、昭和の漫画家、イラストレーターの蒼々たるメンバ—の方がなかよしに集まっておられたんですね


987-1275なかよし展2-13

昭和30年代半ば〜前半のふろくに至っては、40年代生まれの私から見ても、想像を超えた隔世の感
「先生もとてもよい辞典だとおっしゃっています」
いつも思うことだけど、この時代のこういう説明文の口調がおっとりしていて可愛らしくて大好きだ  
それにしても、辞典がふろくにつくってスゴいですよね。 
学研のふろくでも、なかったんじゃないかな?


987-1275なかよし展2-14



ここからは、なかよしに載ってた広告〜〜
前回も書きましたが、昔のなかよしの現物が置いてあったコーナーで、パラパラとめくって読みながら目にした懐かしの広告たちでございます。

987-1276なかよし展11



987-1275なかよし展2-15

987-1275なかよし展2-16

少女マンガ誌には、こういう通販アクセサリーの広告がかならずあった。
当時はハートの片割れのペンダントとか、ペア仕様のものが流行ってましたよね、とにかく。
買わなかったけど、結構見てましたね、アクセサリー系の広告。憧れもあったから。


987-1275なかよし展2-18

左下のコームに、目が吸い寄せられました。

・・・持ってた〜〜〜!!!これ!!! 魔法のマコちゃんのコームペンダント!!

リカちゃんのコームも見覚えあるんだけどな〜〜ぁ。
それにしても、懐かしい!!! コームペンダントというもの自体も。
ここに来ていないと、もしかしたら一生想い出すこともなかっただろう、マコちゃんのコームペンダント

ありがとう、なかよし!!


987-1275なかよし展2-25

なつかしのキャロライン洋子さん♪(キャロライン洋子がわかる人は、年齢がかなり行ってる証拠(笑)←本日2回目)
R45ぐらい?!
にしても、私の記憶の中のキャロラインさんて、もうちょっとお顔が濃かったイメージだったんだけど、こうして見るとそうでもないかも。

それと前回の記事でプレイバックした、なかよしのおたよりコーナーに登場する「よっこはん」って、このキャロライン洋子さんのことでもあるんです。
すっかり忘れていましたが、ハヌマーン&さとるさんから頂いたコメントで思い出しました
ありがとうございます



987-1275なかよし展2-19

なかよしにも載ってた、切手の広告。少年マンガ誌だけではなかったんですよねえ。


987-1275なかよし展2-26

ブロマイドの広告もあったりするんですけど、


987-1275なかよし展2-23

広告以外で、これ懐かしい!と思ったのがこのページ。
小学6年生の頃から星占いが大好きだった私が、いつも欠かさず見ていた占いコーナー。
このイラストを描かれてたのが「あべまりあ」さん
亜土ちゃんみたいにグッズなどが発売されるような方ではなかったけれど、この方の絵もなにげに可愛くて好きだった。
雑誌やティーン向けの本のイラスト、カット絵なんかをよく描かれてた方なんです。(マニアックな話ですみません



有料のイベントではなかったですし、期待していなかったんですが、私にとっては収穫アリの「なかよし展」でございました。
こういうマンガや雑誌絡みのイベントに行っていつも思うのですが、デパートの催しとかじゃなくて、できればもっと大規模な展示イベントをやってほしい。
もっといっぱい当時のマンガや誌面、ふろくを見たいなあと思うんですよねえ〜
自分が持ってた付録や本の現物に出会えたら、嬉しいものですから〜〜 ね?!


↓やっぱり「昭和レトロ」ランキングに戻しました^^;(笑)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/19 14:28 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(12)
見張り員さん、

>バレー教室を主宰のお母さんが事故で記憶喪失になった上に行方不明になり、主人公の妹はショックで口がきけなくなる…と不幸満載の漫画だったような記憶が(-_-;)。

そんなシリアスなマンガが小学○年生に載ってたんですか〜?!e-451 昼ドラも真っ青の濃イイ内容i-229 今なら小学生が読む教育雑誌にそんな内容なんてぜったいありえない(笑)
私が小学○年生の中で読んだバレエマンガは、そこまでたぶん深刻ではなかったけど、意地悪なライバルの子が出て来て主人公のなでしこちゃんを軽くいじめる(お金持ちの娘で、海外旅行のおみやげのスイスのチョコをなでしこちゃんだけにあげないなど^^;)というのはありました。 昔の少女漫画にありがちな感じの(笑)
どこかに当時の雑誌の現物が残ってないかなあと思います。

パトラという会社の名前を憶えていらっしゃったんですね!素晴らしいですi-189
この会社名はさすがに全然憶えてなかったです。
ムーミンの小さな鏡のペンダントですか〜。
子供向けのアクセ限定でしょうけど、昔はコームとか鏡とかがペンダントになっていましたね、こうしてみるとe-446


[ 2016/06/21 17:20 ] [ 編集 ]
古き良き時代の「なかよし」ですね。
読んだことはない…かどうか、きっとたぶん友人の家で読んだかもしれませんね。「小学一年生」、「~二年生」にバレーの漫画ありましたね、夢中で読んだ覚えがあります。バレー教室を主宰のお母さんが事故で記憶喪失になった上に行方不明になり、主人公の妹はショックで口がきけなくなる…と不幸満載の漫画だったような記憶が(-_-;)。

広告のアクセサリーメーカー、パトラ!その昔ムーミンの小さな鏡のペンダントがこの会社だったと記憶しています。

懐かしいイラストレーターさんの絵とか、しばし遠くなった子供時代に思いをはせることができました、ありがとうございます^^!
[ 2016/06/20 22:50 ] [ 編集 ]
軍曹亭!さん、
楳図先生って、少女マンガからのデビューだったんですね。うっすらとどこかで聞いたことがあったような気もしないわけではなかったんですが、でも、まさかそれが「なかよし」とは意外でしたe-77
なかよしって、私が読んでた頃はそんなにエッジの効いた作品は少なくて可愛い恋愛ものが多かったんですよ。キャンディキャンディとかスパンクとかでしたから。「花とゆめ」あたりだったらわかるんですけどね〜。

ご本人をお見かけしたことがあるんですか〜!e-454
前にテレビでお宅が出ていた時に、クローゼットに赤白のボーダー服が何着も入っていました。
青と白のボーダーも持っておられて、そのレアな青白のボーダーを着ている楳図先生を見るとラッキーという話もあるようですよ(笑)あのスタイルを一貫して通されているところがスゴいと思いますね。
[ 2016/06/20 18:38 ] [ 編集 ]
カメゴロウ。さん、
カメゴロウさんもなかよし読まれてたんですか?
上にお姉ちゃんがおられた方って、男性でも少女マンガ誌を読まれていた方がやっぱり多いんですね。少女マンガネタに食いついてくれる男性の方って、大抵そうですe-446

『へび少女』、読んだことはないけど、タイトルは聞いたことありますよ。
楳図かずお先生の世界って、歯医者で読んだまことちゃんですら、子供心に独特で汚くて(笑)怖かったです。


> アクセサリーの広告、
> クサイ売り文句が並んでますねぇ。
> 夢見る乙女のハートを掴んじゃいますなぁ(^_^;)

まさに、ハートを掴まれてました(^_^;)
メルヘンチックなものが人気ありましたからね〜。ほんとに夢見る乙女でしたから〜〜(遠い目)
[ 2016/06/20 18:27 ] [ 編集 ]
雨男博士さん、
さすが目の付けどころがひと味違いますね(笑)

言われてみれば、山羊座始まりなんですよね〜! なかよしではこういう順番だったんですね〜。
山羊座ってお正月も含めて1月の半分以上を含むので、最初に持って来たんでしょうね^^

フォントの味わいに関しては、全く同感です。
看板でも何でも、字体でだいたい作られた時代がわかったりしますよね。
キャロライン洋子の広告ページの「500」「プレゼント」の文字、わかります〜〜!e-287
洗練されきっていないけど、楽しい雰囲気が伝わって来ます♪e-454 時代の空気が出てますよネ。
昔のバラエティー番組のスタジオ内で電飾されている番組タイトル名とかタイトルテロップとかも、今見ると味がありますよ。

> 学術書も昭和ではいかにも堅物学者先生って
> 雰囲気の字体があったり、
> 平成に近づくとやさしい先生って感じになったりするので。

学術書でもやっぱりそうなんですか〜e-77
堅物学者先生(笑) なんとなく、その言葉だけで知らなくてもイメージが湧くような(笑)
家にある文庫本に使われていフォントも今と昔のでは違いますし。
文字って、時代を映してるんですね。

[ 2016/06/20 18:16 ] [ 編集 ]
リラさん、
オ〜〜いつも的確なご指摘ありがとうございます! そう表紙絵は田村セツコさんですよね!
訂正しないと。 次に亜土ちゃんの写真持って来るから、つい亜土ちゃんて書いちゃったのかな〜〜i-201

田村セツコさん、お好きでした? 私も記憶が確かであれば、便せん持ってましたi-175 他にもチマチマしたものを色々持ってたと思います。 亜土ちゃんなんかもそうなんですけど、この頃のイラストレーターの方の絵って本当にいいんですよねえ〜〜。
リラさんもバレリーナに憧れてたんですか? そう、昭和40年代ってバレエマンガが多かったですよね♪ テレビドラマでも「赤い靴」とかありましたよねi-189 幼児の頃でしたが覚えてますよ。
牧美也子さん、知ってマス! 松尾美保子さんはわからない・・・。
そこからしばらくはバレエに対する関心が薄れてましたが、高校の時に友達に「SWAN」を借りて読んでまた好きになりました(笑)

スパンクは私世代なんですよ♪♪ ちょうどなかよしをいちばん読んでいた時が、スパンクの連載が始まった時だったんです。

そう、「ポーの一族」、新作が40年ぶりに掲載されるんですね。
私は当時読んでなかったんですけど、2、3年前のベルばらといい、少女マンガも名作の復刻ばやりですねe-446
往年の名作のその後を、他のマンガでもいっぱい見たい気がしますe-287
[ 2016/06/20 17:48 ] [ 編集 ]
ももぴーさん、
お姉さんがブロマイドを集めておられたんですね〜 時代ですね〜(笑)
私はブロマイドをわざわざ買うことはなかったんですけど、明星や平凡についていたようなブロマイド(雑誌から切り抜くやつ)を生徒手帳や下敷きに入れたりしてたました^^
今みたいに芸能人とツイッターでつながったり出来なかったですからね。本当に遠くから応援する感じで、可愛いモンでしたよね(笑)

はっきりとは覚えてなくても現物を見ると、「そう、そう!これこれ!」ですよ、マイナーなはずの読者コーナーとか占いのコーナーとかも。
そう、意外に楽しかったんですよね〜。マンガだけじゃなくて隅から隅まで読んでましたよe-287
[ 2016/06/20 17:31 ] [ 編集 ]
きっと、私も同世代だと思いますが・・・
懐かしいのがいっぱいですね。
ホラーの巨匠「楳図かずお」氏は少女漫画からのデビューですので
もちろん「なかよし」でも描いていますよねー!
そう言えば震災の年(2011年)に吉祥寺のガード下で楳図センセーを見かけた事があった事を思い出しました。
相変わらず「ボーダー」のシャツを着ていましたが(笑)
[ 2016/06/20 01:34 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
『なかよし展』…イイ企画展ですねぇ(*'ω'*)
ワタシの姉(S.38生)がヘビーユーザーでしたので、
その影響でワタシも読んでましたよ(^_^;)

楳図かずお先生のホラー漫画…
『なかよし』だったんですねぇ(^_^;)
○○少女、ってのがお決まりのタイトルでしたが、
ワタシがいちばん記憶に残っているのは、
『へび少女』(;・∀・)

アクセサリーの広告、
クサイ売り文句が並んでますねぇ。
夢見る乙女のハートを掴んじゃいますなぁ(^_^;)

PPっとな~♪
[ 2016/06/20 00:23 ] [ 編集 ]
なかよし展の奥深さにただただ驚きました
占いも山羊座はじまりって、いまとレイアウトがちがうんですね
フォントに味があって
感動しました。
時代特有の文字の雰囲気がプレゼントや500って字にあらわれていて。
学術書も昭和ではいかにも堅物学者先生って
雰囲気の字体があったり、
平成に近づくとやさしい先生って感じになったりするので。

[ 2016/06/19 22:58 ] [ 編集 ]
素晴らしい!(^^;)昭和40年代は、私の子供時代なので、懐かしいです。
一番上の表紙は、亜土ちゃんではなく、田村セツコさんですね。大好きでした。便箋やカード持ってましたよ。バレリーナにも憧れてました。当時は、バレエのマンガが多かったのです。小学生の低学年の頃、牧美也子さん、松尾美保子さんの絵の色鉛筆やビニールバッグを持ってましたっけ。(^^)
キャンディキャンディは、ひと回り下の従姉妹が読んでましたっけ。「おはようスパンク」とか好きだったような..。思い出しました。(^^)
マンガ雑誌は、買ってもらえなかったから、夏休みに親戚のお姉さんに借りて、あれこれ読むのが至福の時でした。

そうそ、新作の「ポーの一族」が話題になっていますね。(^^)
[ 2016/06/19 22:36 ] [ 編集 ]
こんばんは。

ブロマイド、姉貴が集めてたのを思い出します。
キャロライン洋子も懐かしい!

そうそう漫画の後ろのマイナーな部分も、意外と面白かったりしますよね。
[ 2016/06/19 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR