ソラリスの時間 《過去の人気記事再掲♪》金色の箱を覚えてますか?~小学館オールカラー版世界の童話☆

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

《過去の人気記事再掲♪》金色の箱を覚えてますか?~小学館オールカラー版世界の童話☆ 


春の珍事とも言える、先月〜今月初めまでの更新ラッシュ(と言っても、数日に1度という通常からすると全然頻繁とは言えないペース)が嘘のような、従来ののんびりペースに回帰している最近のこのブログ(笑)

今はブログをじっくり書ける態勢ではありませんので(鋭意準備中ということにしといてください(笑))、このあたりで、3、4年前にブログにupした中で特に反響の大きかった記事を再掲載してみたいと思います
最近からこのブログを見てくださっている方も多いようですので、初めてこの記事を見てくださる方が喜んでいただけるといいな〜という期待も込めて♪

今日再掲する『金色の箱を覚えてますか?~小学館オールカラー版世界の童話☆』は2011年の秋にupしたものですが、ソラリス史上で最もたくさんのコメントをいただいた記事です
この反響には驚きました。 

この関連ワードで検索してブログを見に来てくださる方は今だに多いですから(「秘宝館」ほどではないけど(^_^;))、この絵本を子供の頃に愛読し、印象深く憶えている方がそれだけたくさんいらっしゃるということなのでしょうね

それでは、以下よりどうぞ〜〜
文章のマズさは大目にみてくださいませ(笑)





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


金色の箱を覚えてますか?~小学館オールカラー版世界の童話☆



3年ちょっと前になるでしょうか、富山県に旅した時のことです。
寒ブリで有名な氷見からの帰り、駅の待合スペースで、びっくりするぐらい懐かしい古本たちに偶然遭遇しました


himieki-hyousi-ninja.jpg himieki-hyosi-amanogawa.jpg


学研の「○○のひみつ」シリーズ!
学校の図書室や本屋さんでこのシリーズ、見かけませんでしたか?! うちにも1冊だけ、「鳥のひみつ」だったか「昆虫のひみつ」だったかの本があった記憶が 

待合スペースなどに善意で持ち寄られた古本が置いてある駅は大阪でも時々見かけますが、しかし、この2冊の本は、絵のタッチ、言葉の表現センスなどからして明らかに30年は前の古本。(本の奥付を確認したら、やはりその通りでした) 
そうそうどこの駅にもないんと違う~ とビックリするやら懐かしいやらで、パラパラとページをめくっては読みふけってしまったのですが、ここには、もう1冊、ワタシにとってはあまりにも懐かし過ぎる本が並べられていました。


himieki-hyousi-douwa.jpg


「小学館オールカラー版世界の童話」。 
そう、これこそが、ワタシが幼い頃に一番愛読した童話の本なのです!

しかも、この、マッチ売りの少女が表紙になっている「アンデルセンの童話」、うちにもあったしモロに覚えてるんですけど~!(爆)

中をめくると・・・


himieki-oyayubihime.jpg


これまた「おやゆびひめ」の絵が、懐かしい~!
おやゆびひめの絵は、可愛いなあと思ってあの頃も読んでたから、やっぱりいまだに覚えてたんだなあ。。。




・・・いつのまにか、ごく自然に今日の本題に突入してしまっていますが、というワケで、今日はこの懐かしい本、「オールカラー版世界の童話」について、ワタシの想い出と思い入れを語ってみたいと思いマス


「オールカラー版世界の童話」は、昭和42年に小学館から初版発行された童話全集で、全50巻。当時の価格で1冊が390円。
昭和の子供達に愛された童話全集で、昭和50年代にも増刷されていたのですが、残念ながら現在は絶版になっています。

この本は、ワタシを実の孫のように可愛がってくれていた親戚のおじいさんが買い与えてくれた本で、確かこのうちの20冊ぐらいが家にあり、おもちゃをしまっていたキャビネットの棚のところに百科事典のごとくズラリとこの本を並べていました。
当時は幼い子供ですし、家にあるから普通に読んでいたという感じだったのですが、子供向けとは思えないぐらい丁寧につくられた贅沢な本であったということで、改めてその貴重さに気づかされます



_043-3童話表紙1 _043-3童話表紙2


例えば、この箱カバー。

この本を子供の頃読んだことがある方、見かけたことがある方ならいちばん印象に残っておられることだと思うんですが、1冊1冊が、こういう金色の箱ケースの中に入っていたんですよ~

この中から本を取り出して読み、読み終わったらまた大事にこの箱の中にしまう。。。
子供ながらにそれはそれは丁寧に、ちょっとした高価な宝物のように本を扱っていたものです。
こんなに豪華でしかも可愛い絵柄の箱の中に入ってたら、いたずら盛りの子供でも大事に扱いたくもなりますネ~^^♪


「オールカラー」といううたい文句も、決して誇大表現にはあらず、

_043-3童話もくじ2 _043-3童話もくじ1


himieki-urabyousi.jpg



モノクロなのは巻末の保護者に向けたあとがきのページだけで、読者である子供が目にするページは、童話の本文ページのみならず、こんなふうに目次や裏表紙のページに至るまでカラーなのです

最初の氷見駅で見つけたアンデルセンの童話の本の写真からもわかっていただけるように、箱入りの本だけあって、モチロン本体もカッチリとしたハードカバー

ほんとに何から何までなんて贅沢で豪華なつくりでしょう~?!




印象に残っているお話が載っている本を、何冊か図書館から借りて来たので、ちょっとずつお見せしますネ~
これ、読んだことあると思い出してくださる方がおられたら、うれしいなあ~.:♪*:・


_043-3うぐいす1

_043-3うぐいす2


これは、シリーズ第8巻の「日本の民話」という本の中にある、「うぐいすひめ」というお話です。
市の図書館にこのシリーズの本があると知った時、まずいちばん最初に見てみたいと思ったのがこのお話でした。

どうしてこのお話が印象に残っていたかというと、さし絵が色彩豊かで綺麗だったからというのもそうなんですが、子供の頃、この以下の場面にミョーに惹かれていたからです。


_043-3うぐいす3  _043-3うぐいす4


美しい女の子は実はうぐいすの化身で、この子の家のタンスのひきだしをあけると、季節ごとの田んぼの風景~もうひとつの世界がそこに広がっていた・・・というシーン。


ワタクシ、どうやらこの頃から、パラレル・ワールド的な不思議な世界に興味を持っていたらしく、引き出しの中にもうひとつの世界が広がってるという設定に、子供ながらにときめいていました
押し入れが地下世界への入口になっているといったような、日常の暮らしの中にもうひとつの異世界への扉が実は潜んでいるという設定が妙に好きで、そういう児童文学を読んだり、NHKの少年ドラマシリーズなどのSFドラマも時々見ていたりしたんですが、そのSF好き・パラレルワールド好きのルーツは、もしかしたらこのお話にあるのかも知れないなあというぐらい、印象に残っていたお話です^^

ただ、引き出しの中の世界がもうちょっと色彩豊かでカラフルだったような記憶、田んぼ以外の風景も広がっていたような記憶があったんですが。。。そうではなかったのネ
なにせ30年以上前に読んだきり、その頃以来の再会なので、記憶違いも結構あったりするのでした


それにしても、このお話を久々に見て思ったコトは・・・絵がとにかく美しい、素晴らしいということ!
いかにも昭和の絵本の挿絵、ちょっと古くさい絵のタッチだなあと感じる方もおられるかも知れませんが、でも、今見ると子供向けの絵本の挿絵にはもったいないぐらいの味わいがあるし、何より本当に丁寧に描かれてますよね~
コンピューターでこれと似たような絵は描けたとしても、この、絵から醸し出されてる独特の味わいはまず表現できないと思う。


そういえば今思い出したんですが・・・
昔このお話を読んでる時に、漠然とですが、春の匂いがしてくるようなお話だなあと子供ながらに感じたことがあったような気がします。
「うぐいすひめ」というお話のタイトルからの連想も少しはあったでしょうが、この何の知識も持たない子供ならではの直感的な美的感覚、今思うとあながち間違っていなかったかも知れません

仮にうぐいすひめというタイトルや内容を知らなくても、本当に春の香りが漂って来るような絵ですもんね~、今、大人の目から見ても



この挿絵を描かれた、蕗谷虹児(ふきやこうじ)さんという方は、その昔竹久夢二氏や東郷青児氏とも親交があったり、「少女倶楽部」の挿絵や表紙絵を描いて大人気を博したりと、日本でも有数の挿絵画家だった方のようなのですが、この世界の童話シリーズの他のお話の中でもたびたび挿絵を担当されていて、


_043-3たなばたさま  _043-3たなばたさま2


こんなふうに、他のお話を見ても、そのタッチの繊細さ、色彩の美しさが際立っています

蕗谷虹児さんの絵に再びお目にかかれただけでも、本を借りた甲斐があったなあと思いました




蕗谷虹児さんの絵同様、現在の絵本ではほとんど見かけることがない、独特のタッチの挿絵が印象に残っていたお話が他にもいくつかあります


_043-3ハーメルン1

_043-3ハーメルン2

_043-3ばら2


「ふえふきおじさん」「しろばら べにばら」というお話です☆

「ふえふきおじさん」は、有名な童話「ハーメルンの笛吹き」を、幼い子供向けにハッピーエンドの結末に改めたお話で、第30巻の「外国の絵話」の中に入っています。
そして、いちばん下の挿絵の「しろばら べにばら」は、第17巻の「グリムの絵話」の中に入っているお話。

ストーリーにはここでは触れませんが、どちらもどこかリアルで写実的なタッチの挿絵が特徴的なお話です。
でも、こういうタッチの絵って昭和ならではの絵、今ではもうほとんどお目にかかることはないですよね。


確かに一見すると、リアルすぎて正直ちょっとコワい(笑)し、子供ウケしそうにない絵ですが。。。
でも不思議なものでこういう絵に限って、鮮烈に印象に残ってて、大人になってからも覚えてたりするものなんですよネ~
学生の時に怖かった先生やアクの強かった先生ほど、後になってみると記憶に残ってて懐かしく思い出すのと一緒で(笑) 好き嫌いはべつとして、絵自体の質は高いわけですし。

最近は、もちろん全部が全部ではありませんが、子供ウケの良さそうなアニメタッチの絵だったり、当たり障りの少ないマイルドな絵が多く、結果的に似たようなタッチの絵が世の中に氾濫してる気がします。少女マンガなどもそう。 昔よりも洗練度は増しているはずなんですが・・・。 
そして、それはこういう絵だけの話ではない、世の中のいろいろな分野において、こういう傾向があるような。





今日の最後は、コチラ♪


_043-3くつや2

_043-3くつや1


「グリムの絵話」の中の、「こびとのくつや」というお話からの場面です☆

貧しいけど働き者で心優しい登場人物が最後にハッピーエンドを迎えるストーリーは、昔話でよくあるパターンですが、その中でもこのお話は、ほのぼのとした温かさが心に残るお話。

働き者なのに貧しくて、靴を作る革を買うお金がなくなってしまったおじいさんが、最後の靴を作りかけのまま一晩作業場に置いたままにして寝たところ、夜の間に小人達が靴を完成。 その靴が高い値で売れます。 それからというもの毎晩小人達は、こっそりとおじいさんの靴作りを手伝い、その出来が良いことから、おじいさんとおばあさんの暮らし向きはだんだん良くなっていきます。
クリスマスの前日、おじいさんとおばあさんは小人達へのお礼に、小さな洋服や靴下や帽子を作ってやり、作業場に置いておくと、夜中に現れた小人達はそれをたいへん喜びました。
この日以降、小人達は2度と作業場に現れることはありませんでしたが、靴屋はますます繁盛し、おじいさんとおばあさんは幸せに暮らした、というお話です。


この手のお話には、普通、善人の主人公とは対照的な意地悪で欲深い登場人物が出て来るのがオチなんですが、このお話にはそういう悪人がいっさい登場しないので、お説教臭さが消えてほのぼのとした温かさに満ちた、クリスマスらしいお話になっています

ドキドキするような起伏に富んだ展開はないけど、こういうお話は、今読んでも好きですヨ~ おじいさんを助ける小人さん達の奥ゆかしさがいいでしょ~(笑)
これまた30年以上ぶりに読むことができて、懐かしかったしうれしかったです



_043-3うりこ2

_043-3うりこ1


いたずら者のあまんじゃくがうりこひめになりすます、「うりこひめ」のお話も、幼い頃はなぜか好きで、繰り返し読んでたなあ~(o^^o)
この絵も、日本の昔話らしい絵で可愛いでしょう~?




この他にも印象に強く残っている、時を超えて読みたいお話がまだまだあるので、もう1回図書館で、このオールカラー版世界の童話を何冊か借りてきてここでご紹介しようと思っていマス
一番人気があったという「カロリーヌ」シリーズも、子供の頃には読んだことがなかったので、この機会にぜひ1度読んでみたいし・・・♪

子供の頃に読んでいた本を再び手にとる幸せ。。。懐かしさいっぱいの読書の秋を満喫している、今日この頃です
(ブログの更新ももちっとマメに頑張ります。。。(汗))




追記:それにしても、図書館の書庫に所蔵されている古い本なので、外側の箱は残ってないだろうと思ってたのに、借りた本全てに金色の箱カバーがついてるのを見た時は嬉しくて、貸出カウンターの職員さんの前で、思わず「うわぁ~~~!」と声を上げてしまいました♪(笑) 
この本がいろんな人の手に渡りつつも、ずっと変わらず大事に扱われてきたという証ですよね。
いろんな意味で、感激しました♪




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


自分で読み返してみても、長たらしくてヘタクソな文章(恥)
でも、もっと恥ずかしい交換ノートやサイン帳も公開していますので、もう慣れっこです(爆)

この時は図書館で借りて読みましたが、2、3冊、ネットの古本屋さんで買い戻そうかなあと思っていますよ





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/24 14:03 ] 過去のおすすめ傑作(?!)記事 その1 | TB(0) | CM(8)
ハヌマーン&さとるさん、お返事遅くなってしまいましてすみません!!!汗
ブログから遠ざかっていて、コメントをくださっていることに気づきませんでした。すみません。

私もこのシリーズのアラビアンナイトの本、持ってましたよ!
そして大好きでした! ああ、すっかりアラビアンナイトがとんでしまっていましたよ〜。
魔法のじゅうたんとか、「3つの願い」でしたっけ?
町中の家々の扉に目印を書いて・・・みたいなやつとか覚えてますよ(笑)
異国情緒、私も子供ながらに感じてました。冒険ものが多くてワクワク感を感じましたよね。アラビアンナイトは。

忍者になりたかったんですね〜e-454(笑)
「忍術・手品のひみつ」を持っていらっしゃったんですね!
あ、でも私もちょっとだけですが憧れてました。ルパンも好きだったし、どうもアウトローな雰囲気がカッコいいと思っていた節があります(笑) あとは、野外キャンプなどの系統の本もなぜか嫌いではありませんでしたよ。
[ 2015/06/07 20:05 ] [ 編集 ]
見張り員さん、お返事遅くなってしまい、本当にすみません!!!汗
このところブログにログインすらしてなくて、コメントをくださっているのに気づきませんでした。

ああ、やはり読まれたことおありでしたか!e-446
そう、このシリーズは今から見ても本当に素晴らしいと思います。
子供向けの絵本なのにそうそうたる顔ぶれの方が挿絵を描いていらっしゃったりしますもんね。
安易に子供ウケを狙って、カジュアル化していないのが良かったなあと思うんですよね〜。
最近は音楽でもそうですが、チープになりすぎちゃってる気がして、う〜んといつも思ってしまいます。。。

何とか最低でも2、3冊は持っていた本を買いたいです〜〜e-266
買ったらまたブログでもご報告せねば、ですe-454
[ 2015/06/07 19:50 ] [ 編集 ]
蕗谷虹児さんの絵はかわいくて上品で大好きです。日本の昔話よりはアラビアンナイトのようなイスラム世界の絵の異国情緒に魅かれてずいぶん模写しました。
忍者になろうと思っていた時期があって「忍術・手品のひみつ」は私にとって秘伝書でした。
[ 2015/05/31 19:36 ] [ 編集 ]
懐かしいですね、この中の数冊は読んだ記憶がありますし、従弟たちが持っていたような記憶もあります。
あの頃こういう本はゴージャスだったものが多かったですね。背表紙に金をあしらったりして。
それに挿絵のクオリティーの高いこと!
立派な絵画ですよね。
こういうものを見て育った我々世代は恵まれていたなあ~としみじみ思いますね。
ぜひ買い戻してくださいませ!!
[ 2015/05/31 18:52 ] [ 編集 ]
鍵コメさん、コメントありがとうございます〜♪
鳥羽の記事、覚えていてくださったんですねe-454
私も実は山と海が近い場所が好きなんですe-266 
なんやろう、ノスタルジーを感じるんですよ。ちょっと小高い所から町や海を見下ろす感じがたまりません。
なので尾道も好きなんです。

私こそ、これからもよろしくお願いしますe-257
[ 2015/05/29 19:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/26 20:14 ] [ 編集 ]
ぢょん・でんばあさん、こんにちは〜〜e-257

ええ〜〜っ!!36冊も持っておられるんですか?! う、うらやましい。。。e-350

今Facebookの方にいただいたある方からのコメントも思い返して考えていたのですが、もしかしたら安野光雅さんの挿絵は「ドイツのお話」あたりに入っていそうな気がします。
「ドイツのお話」の巻を子供の頃に持っていたのですが、そのお話の中の絵のトーン?みたいなものが、どうもそれっぽい気がして来ました。 間違っているかもしれませんが・・・i-201

カロリーヌシリーズ、ああ、やっぱりお持ちなんですね!
このシリーズを持ってた方、ほんとに多いみたいで。 私も子供の頃に読んでみたかったです〜〜
これからブログ記事、拝見させていただきます♪^^
[ 2015/05/26 17:37 ] [ 編集 ]
こんにちは。

私、このシリーズ全巻ではないですが、持ってます。

今数えてみたら、36冊ありました。

もちろん金の箱付きですよ♪

蕗谷虹児や武井武雄の挿絵が素晴らしいですよね。安野光雅さんが筆を執った巻もあるらしいです(残念ながら私の持ってない分です)。

この中に入っていた≪カロリーヌちゃん≫シリーズについて拙ブログに書いてますので、よろしければどうぞ。

http://okkanabikkuring.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
[ 2015/05/25 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR