ソラリスの時間 フィルムカメラで切り取る東京2〜花やしきと都電とあのドラマの舞台〜

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

フィルムカメラで切り取る東京2〜花やしきと都電とあのドラマの舞台〜 


東京・下町歩き2日目です。


987東京2月yanesen8new


987東京2月yanesen9new


987東京2月yanesen9-1new


都電荒川線に乗りました。前から一度、この電車に乗ってみたかったのです。
荒川周辺は、古いアパートや路地、町工場といった、昭和の高度成長期の町並みや物件が多く残る町。
谷根千のような風情のある下町はもちろん、ディープとも言われる混沌とした下町を歩くのも実は好きです

昭和の遺跡探しのために、今度来た時は丸一日かけて、このあたりを歩きたいと思います。



お昼頃に浅草へ。
撮影スポットの雷門を抜け、仲見世通り周辺では、スカイツリーが正面に見えるスポットも発見。
が、そちらには向かわず、小さいながらも青空に向かってスックと伸びたタワーが目印の、あの場所を目指します。



987東京2月花やしき9new


987東京2月花やしき8new


イッツ・ア・スモール・ワールド♪♬
なんて言いながらも超巨大なあのテーマパークと違って、こちらは正真正銘の「イッツ・ア・スモール・ワールド」(笑)
花やしき遊園地って、こんなに小さな遊園地だったのですね。
半世紀前の子供達の夢が、コンパクトな箱庭の中にぎゅっと詰め込まれているような場所。


鯉が泳ぐ池と、そこに架かっている朱塗りの橋が、際立ってビビッドな存在感を放っていました。
昔の日本庭園風だからレトロというよりも、遊園地とはことごとくミスマッチなこんな意匠を普通に採用する、そのズレたセンスこそが昭和の愛すべき爪跡ですね

「しあわせ橋」と言うその橋を渡ると、幸せになれると書かれていました。
私が乙女のように願いをかけつつ渡ったかどうかは、皆様のご想像にお任せすることといたします(笑)
日本現存最古のジェットコースターは、残念ながらひとりでは乗る勇気がありませんでした


987東京2月花やしき1




さて、そんなこんなでもう午後3時。 私は東京駅にいました。
今まで一度も行ったことがない皇居周辺に行って、あとは、前日に久々に再会した友人に教えてもらったスポットからもう1回東京駅のライトアップを撮って、大阪に帰ろう。
そんな計画をたてながら、駅のロッカーに荷物を入れていた時、私の頭に突然、とある場所が浮かんで来ました。

「・・・まだ間に合う。行こっ!」





987東京2月土手1


987東京2月土手4


ここって、どこかわかります? ただの河川敷ではありませんよ。

この角度がいちばんわかりやすいでしょうか・・・。

987東京2月土手3


987東京2月土手5


もうおわかりですよね
最初の写真と今日のタイトルとですでにピンと来た方も多かったかも知れませんが、そう、ここは、金八先生に登場した、あの荒川の土手、河川敷なのです


もう少し鉄橋に近づいた方が、番組オープニングのあの映像の感じが伝わったでしょうか。
この遊歩道は昔は舗装されていなかったので、そこは変わりましたが、目に飛び込んで来た景色が思った以上に当時のまんまのような気がして  このあたりに詳しくないからかも知れないですけどね。

「♪暮れなずむ街の〜♬・・・」
暮れなずんでいたあの町に、今私はいるのね〜(//∇//)
「贈る言葉」を口ずさみながら、ひとり勝手にたそがれる私。


ちなみに、ブログで過去にも書きましたが、私は昔、マッチの大ファン、
そして、第2シリーズでは、川上麻衣子が演じていた学級委員、八重子になりきって見ていましたw (自分は学級委員やるようなキャラではなかったにもかかわらず(爆))


987東京2月土手2


桜中学の校舎として撮影に使用されていた中学校は統廃合でなくなり、その場所は現在では「東京未来大学」という大学のキャンパスになっています。
この写真は、堤防近くにある他の中学校。
詳細な記憶がなくて、写真を撮った時はてっきりここが桜中学だった学校だと勘違い、10枚近くシャッターを切りまくりました(笑)
でも、微妙にそういう雰囲気、ありますよねえ?!(ないか 笑)




987東京2月東京駅3


987東京2月東京駅1


東京、次に来る時まで、サラバ〜イ♪






☆ ☆ 2日目あとがき ☆ ★


987東京2月築地3new


987東京2月築地4new


実は、この日は朝一で、築地市場にも行って来ました。
もうすぐ豊洲に移転、ということは、きっと自動的に雑然とした昭和の市場の風情も失われてしまうんだろうなあと、最初で最後の見学を思い立ちました。
・・・と言うとそれらしくて聞こえがいいですが、美味しい朝ご飯をガッツリ食べたかったから、というのがむしろ一番の目的(笑)


987東京2月築地8
↑手前の食堂に入って、大海老天丼を食べました。生魚よりも天ぷらが食べたい気分だったので、人が並んでなくてちょうど良かった♪


987東京2月築地7


とにかく、この乗り物、ターレーを筆頭に、行き交う交通量と通行量が多いのにビックリ。
屋外(場外というのかな?)はもっと凄まじく、なかなか横断出来なくて数分間じっと立ち止まっていたりして・・・。
テレビでベトナムの街が映し出される時、道路の混雑ぶりとバイクが走る間を平気で横断している歩行者の姿にビックリさせられることがありますが、それを彷彿とさせるような築地市場の喧騒に圧倒されました



金八先生の荒川の土手に行った時は、最寄りの堀切駅ではなく、京成電車の関屋という駅で降りたんですね。
で、駅前で出会ったおじさんに道順を訊いたら、ついでに当時の話までしてくださるという流れに。
どうやらおじさんはこの近隣の方で、ロケも見学されたことがあるようで、あのドラマは嫌いじゃないけど、アイツの態度は好かんかったとか何とか
「ああ〜、私、今、ドラマの地元に来てるんだわ〜」と妙な実感が湧きました(笑)

帰りは堀切駅から電車に乗ろうと思い、駅を目指して歩いていたのですが、河川敷から駅までの道が予想外にデンジャラスで、ガードレールも歩道もない、ほぼ車しか走っていない堤防沿いの道の端っこを白線づたいに歩くハメになりました
早くその道路から脱出したかったのですが、狭い道で、走って車に接触したりしたら危ないので早足でひたすら歩くしかなかったという

東京23区内とは思えないへき地感を漂わせた、堀切駅のロケーション。
よくよく考えてみると、再開発が進む昨今にあって、ここもかなりの昭和の名残をとどめたスポットと言えるのではないかと思います
ちょっとだけ遠回りをすれば駅までの安全な経路もあったのでしょうが、子供の頃のような探検気分を味わうことができました。

987東京2月土手6
↑受験に行く前に駅に集合するシーンもありましたが、まさにこの時のまんまとも言える、こじんまりとした駅舎でした


2日目は、金八先生のロケ地話に偏ってしまった感がありますね

次回行く時は、さらにコッテリとした下町歩きと、できれば昭和ドラマのロケ地探訪、久しぶりに高円寺、下北あたりでレトロ雑貨やおもちゃを物色・・・というプランでまいりましょうか〜。


2回にわたる東京下町歩き、おつきあい、ありがとうございました〜〜!




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/29 10:27 ] ●レトロ旅 その他 | TB(0) | CM(18)
つちのこさん、ありがとうございます〜〜!
こちらこそ勝手にリンクして事後報告になってしまいまして、すみませんでしたi-201

都電荒川線の三ノ輪橋駅の看板、私も見た時にビミョーだなあと思ったんです。
当時からあるものだったらもっと錆び付いたり剥げたりしているだろうし、でも、あながち最近貼ったもののようにも見えなくて、、、10年ぐらい前とかに貼ったものかも?ですね。

こういうホーローの広告看板だけじゃなくて、普通にお店屋さんに掲げてあるような文字だけの古看板も実は大好きなんですe-446 字体も今のとは全然違ってたりするので、懐かしくて。。。

ブログ、HP ともにこれからも楽しみにしております♪ ありがとうございます♪
[ 2015/04/01 14:15 ] [ 編集 ]
citron*さん、あのマッチのコメントですね(笑)
そうそう!私もここは、あの巡査のイメージがあるんですよe-374
ここで金八先生が巡査に出くわしてましたよね〜e-454
急に思いついて行ったので時間が長くとれず、金八通り(通学路)も歩けませんでしたが、ほんとはそのあたりも歩いてみたかったです。 学ラン、長ラン、大混乱の舞台ですもんね〜(笑)

清の時点ではまだファンじゃなかったんですけど、ドラマが終わってからたのきんとして売り出したでしょ、あの直後からだったんですよ、ファンになったのは。
忘れもしない、デビュー直前の12月にある番組で「スニーカーぶる〜す」が前倒しでお披露目された時は嬉しかった〜〜i-282

あの道を歩いてると、ほんとに想い出に浸れましたよ〜。

[ 2015/04/01 14:05 ] [ 編集 ]
ももぴーさん、ありがとうございます♪

フィルムはこういうところがやっぱり魅力ですよね〜e-420
デジタルにはないしっとり感というのは、私も確かに感じますe-446
フィルムがどんどんなくなっていってる時代だけど、なくならないでほしいです。
[ 2015/04/01 13:32 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、ありがとうございます〜♪

やっぱり土手、ですよねえ(笑)
あの場所は「土手」の気分なんです(笑)
私も東京駅に来てから、急に思いついて行ったもので、ビミョーに路線を間違えてたりして。。。
それに加えて、ブログには長くなりすぎるので書かなかったんですけど、土手に着くまでも、
歩道橋渡ったりくぐったり、見えてるのになかなか着かないので焦りました^^;
川のあるところって、よく道路が途切れてたり遠回りしてたりするとこあるので。
でもまあ、なんとか夕暮れまでに間に合いましたi-229
[ 2015/04/01 13:25 ] [ 編集 ]
鍵コメさん、なんと、あの場所は鍵コメさんがよく歩かれてるエリアだったんですね〜〜!e-451
わ〜〜、あのあたりで偶然お会い出来たら嬉しいのに! (//∇//)  

詳しいことは鍵コメさんのブログの方でまた♪e-446

[ 2015/04/01 13:11 ] [ 編集 ]
ゆるままさん、
ゆるままさんも、東京に長いこと行ってないんやね〜。 テレビでは時々見るけど、最新のスポットなんかは私もさっぱりで。まあ、どうせそういうところには行かないからいいんだけど(笑)

金八先生、1枚目でわかった〜?! やっぱりねe-287
時間も時間だし、自然にあの曲が頭に流れてきて、人通りもなかったから小さく口ずさんでしまったというi-229
ちょっとアブナい人になっていましたi-229(笑)
「腐ったミカン」の時ももちろん見てましたよん♪
最近も加藤まさるの卒業式の答辞のシーンを見て、泣きそうになったばかり。今から見ると、演技が昭和な感じで今とは感覚がズレてる面もあるんだけど、その素朴なまっすぐさがかえって胸にじーんと来るのよね〜e-259

サクラカラーも懐かしいでしょ〜〜e-278 
[ 2015/04/01 11:43 ] [ 編集 ]
onorinbeckさん、ありがとうございます〜〜e-257

看板と写真の色合い、合ってますか? 良かった!
スカイツリーには目もくれず(見える場所から目だけはくれましたが(笑))、もっぱらこういった場所ばかり歩いてました。
都会的な流行発信地やセレブな街よりも、こういう場所の方が心が惹かれるんです。
東京の銭湯めぐりも本当はしてみたいんですけど〜〜i-186




[ 2015/04/01 11:21 ] [ 編集 ]
リラさん、ありがとうございます〜〜!

たぶんほとんど全てフィルムの成せるワザだと思うんですけど、昭和な感じに写っていると言われると、とっても嬉しいです (//∇//) 自分の腕前が上がったみたいに勘違いしないようにせねば、と思いつつも、ほめられるとやっぱり嬉しいです(笑) 

金八先生の河川敷、すぐにわかりました?!
野鳥、私は見かけなかったんですけど、気づかなかっただけかもしれません。
時間があればもっとゆっくりできて、周辺を歩き回れたんですけど〜e-276

花やしき遊園地はほんとにレトロで、狭くて、昭和そのままという雰囲気がありましたe-266
「世界はひとつ」と聞いて、ピンと来なかったんですが、宝塚ファミリーランドの大人形館でかかってた音楽のことだったんですね!(*^.^*)
あれはほんと、取り壊すの早過ぎましたよ。私なんかむしろ今こそ、大人形館に行きたいぐらいですよ〜!
私は高校出てから大阪に来たので、ファミリーランドではもっぱらジェットコースターなどの乗り物ばかりだったんですよ。だからよけいに。 残ってたら、レトロでいい味のある場所になってたでしょうにね。残念です。
[ 2015/04/01 11:07 ] [ 編集 ]
まきさん、
まきさんも都電荒川線、乗られたことあるんですね〜!花やしきも!
やっぱり、写真好きな人間は興味を持ってしまう場所ですよね(笑)

そうなんです、花やしきの写真は特に
フジのvenus400の期限切れのフィルム(以前愛用していたんですけど、生産終了で売ってないので、期限切れフィルムでもいいからとヤフオクで落としたんです^^;)で撮っているためか
よけい色あせた感じになってしまって。 真っ昼間のだったので光が強過ぎてというのもあるかもです。
狙った感じとは違うんですけど、結果オーライに少しはなってたら良かったですe-454
[ 2015/04/01 10:20 ] [ 編集 ]
こんにちは~
いつも楽しく拝見しております。
ホーロー看板も年々姿を消して、今では自然の状態で見ることが難しくなりました。
展示用とはいえ残っているのはうれしいですね。
※お礼が遅くなりましたが、「琺瑯看板探検隊が行く」のリンク、ありがとうございました。
[ 2015/03/31 19:51 ] [ 編集 ]
前回記事の予告と、先日当方にいただいたコメントから
「あの」川べりだったらいいな…と勝手に期待しておりました。
ダンボールで傾斜を滑ったり、訛った巡査さんが自転車こいでた
「あの」場所…。
予想が当たり、とても嬉しかったです(なんて!勝手にごめんなさい!)。

マナサビイさんの撮られたお写真…あの頃を彷彿させる
質感に仕上がっていてステキ…。
今にも清が!麗子が!(←わかりますよね?・笑)フレームイン
してきそう…。

2回に渡る充実の旅日記、写真&文章とも
存分に楽しませていただきました。
ありがとうございます!

[ 2015/03/31 18:48 ] [ 編集 ]
フィルムカメラの優しさと言うか、しっとり感が凄く懐かしいですね。
この画像を見ると、何故か落ち着きますよ!
[ 2015/03/30 21:53 ] [ 編集 ]
わーお疲れ様でした~(拍手!)
花やしきの遊具の可愛さも素敵でしたけど
やっぱ「土手」!!
土手ですわ~~~。
意表を突かれましたけど、
考えてみればマナサビイさんらしさ爆発だわ~。
東京駅から行けるもんなんですね~~~。
(脳内にちゃんとした地図が描けないw)
[ 2015/03/30 16:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/30 07:48 ] [ 編集 ]
東京、もう10年以上行ってないわ~
また選んだ場所がマナサビイさんらしくていいわ~
金八先生!一枚目の写真でわかったよ
この土手を観ると「暮れ~なずむ町の~♪」思わず口ずさむよねw
腐ったみかん…思い出すわ(渋いw)

あ、サクラカラーの椅子って懐かしいわ~
そっか、コニカになってんだよね。
うん昭和だね!
[ 2015/03/29 22:49 ] [ 編集 ]
こんばんはー
 フィルムカメラはやっぱり味があって素敵な雰囲気ですねー。
キンチョウやオロナミンCの看板と写真の色合いが本当にあって素敵な写真です。
浅草の花やしきに、荒川の土手、築地と、本当に良い場所を選んでますねー!(^^)!
素敵な写真をありがとうございます。
[ 2015/03/29 22:11 ] [ 編集 ]
こんばんは。
東京下町散歩、全て素敵な写真ですね。まるでタイムスリップして昭和の時代に撮ったみたいなレトロ感です。素晴らしいです。v-426
金八先生の舞台になった河川敷も、すぐにわかりました。(^^)
野鳥はいるのかしら?とふっと思ってしまいましたが。(^^;)
遊園地もレトロですね。
イッツ・ア・スモール・ワールドで思い出したのは子供の頃行った宝塚ファミリーランドの「世界はひとつ」。ディズニーランドのパクリだったとは当時は知らなかったんです。(^^;)
小さな遊園地。風情があって良いですね〜。
[ 2015/03/29 21:39 ] [ 編集 ]
都電荒川線にも乗ったことがあるし花やしきにも
行ったことがあるのでうれしかったです♪

色あせたフィルムの感じがいいですね。
[ 2015/03/29 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR