ソラリスの時間 まだあるんです!35年ぶりにこんなお店に行って来ました。  

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

まだあるんです!35年ぶりにこんなお店に行って来ました。   

およそ35年ぶりにこんな場所を訪れました。


987ふじや書店2


「昔ながらの町の小さな本屋さんが存亡の危機にあるこのご時世、この本屋さんはまだ健在のようですね
「違うんですよ。ここは本屋さんじゃないんです。」
「でも、書店って書いてあるじゃないですか。・・・あ、そうか、古本屋さんですね。」


「いいえ、古本屋さんでもありません。 ここは貸本屋さんなんです。」


貸本屋なんてまだこの時代にあったのか!とお思いの方、きっとたくさんおられることでしょう。
私と同世代の方で、貸本屋を知らない、実際に利用した経験がないという方もおられます。
貸本屋の全盛期は1950〜60年代半ば、昭和でいうと20年代後半〜30年代あたりといったところでしょうか。

田舎や下町というのは都市部に比べると時間の流れが遅く、文化の流行り廃り、栄枯盛衰の進行速度がゆるやかです。
私が育った岡山県の田舎町には、昭和50年代にまだ貸本屋さんが存在していました。
小学校の先生の実家が貸本屋さんという、今から思うと何とも昭和を感じさせるシチュエーションですが、私はそこで、マンガの単行本(コミックス)を時々借りていました。
1冊50円だった記憶があります。
友達が前原滋子さんのマンガが好きだったので、その影響で借りて読んでみたりもしました。
(前原滋子さん、ってわかりますか〜?!(笑))



987ふじや書店4

実はこちらのお店、7、8年前にTVの「劇的ビフォーアフター」でリフォームを行ったお店です。

その放送を見ていた私は、いつかこのお店を訪ねてみようと思っていました。
田舎も含め、こういう業態のお店はとうに絶滅していたと思っていましたので、まさかまだこんなお店が実際に残っているなんて思ってもみませんでしたから。

しかし居住区のすぐお隣の区だというのに、訪れるまでに何という時間がかかったことか(笑)

番組にも出演されていた80歳過ぎのおばあちゃんが、変わらずお元気に店番をされていらっしゃいました。

開店から半世紀以上を経たお店、ひと昔前の人気作品も結構たくさん置かれているだろうと想像していましたが、現時点で若者や子供達に人気のあるマンガが大多数。
いや、現実の生業として考えると、それがむしろ当たり前ではありますけどね。

私ですら最近のマンガには疎いのに、よくご存知で揃えておられるなあ〜と思っていたら、お店の若い常連さんがご好意で仕入れまで担当してくださっているとか。
昔のマンガだと「エースをねらえ!」や「キャプテン翼」は見かけましたよ^^♪



987ふじや書店1

私は、「ベルサイユのばら11巻」を借りて帰りました。
お店の番台の下の棚に並べられていたのを見つけたのですが、これ、約40年ぶりに描かれたというベルばらの続編、今年出版された本です

オスカルやアントワネット亡き後、残された主要人物がどうなったか、そのエピソードが描かれています。

987ふじや書店3

小学生の頃、テレビで放送されていたベルばらのアニメを毎週見ていましたが、子供だったせいか、やはり単純に主人公であるオスカルとアンドレの2人ばかりに注目していました。
しかし今思えば、アンドレ、そして男装の麗人であるオスカル以外にも、女心をくすぐる魅力的な男性がなんと多いことでしょう!

ドラマやマンガにおける大ヒット作の重要なファクターとして、主人公以外の脇役、殊に男性陣に魅力的なキャラクターが多いということが挙げられるかと思いますが、ベルばらはまさにこの法則があてはまっていた作品だったんだなあと、この本がキッカケで再認識(再評価)しました。

特に最後のアランのエピソードが良かった。
フェルゼンの相変わらずの一途さにも、キュンキュン来ましたよ


九州からお嫁に来たおばあちゃんが、幼かったお子さん達の面倒を見ながらこのお店を切り盛りしてこられたこと、昔はこの周辺に10数件あった貸本屋が今ではここのお店だけになってしまったこと、ビフォーアフターでリフォームしてからの裏話、と色々なお話を聞かせていただきました。
お客さんが少なくて、とおっしゃっていましたが、最初にうかがった時も借りた本を返却にうかがった時もご近所のお客さんが来られていて、お店の綺麗さとも相俟り「現役」のお店だということを実感。

時代が移り変わっても、変わることなく現役のままお元気でがんばっておられるおばあちゃんとこのお店に、あなたもしっかりやりなさいよ!と背中を押してもらっているような、そんな気持ちになりました。

ふじや書店さんは、大阪市福島区、JR東西線の海老江駅から歩いて4、5分のところにありますよ







2ヶ月間ブログを放置していた間も見に来てくださっていた皆様、本当にありがとうございます!
更新をしていないにもかかわらず、ランキングボタンを押してくださっていた方までおられたのですね。
ログインしてそれを知り、ビックリしました。 心より感謝、そして感激しております

この秋、現実の生活においても、また表には表れない自分の意識の中でも大きな変化があり、そういった変化をキッカケにこのブログに関してもどうするべきか考えておりました。
と言えばカッコいいのですが、本当は処理しきれないぐらい自分の中に様々なものが流れ込んで来て、落ち着いてブログを書く気分にどうしてもなれませんでした。 
悪い方に変化したわけじゃなくて、いい意味での変化(結果的にそう言えるものになると信じている)だと思うのですが、この落ち着かない感じはもう少し続くかも。
しかしブログを2ヶ月もほったらかしということにはならないかと思います

最初のごあいさつにも書いていますように、少しだけ形式や体裁を変えながら、基本は前と変わらない感じでやっていきますので、どうぞ皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 17:40 ] 見つけた☆昭和が残る場所 @大阪など関西圏 | TB(0) | CM(14)
リラさん、こんばんは。来てくださって嬉しいです(*^.^*)♪

中学の時に貸本屋さんに行かれてたんですね〜〜^^
恐怖マンガがお好きだったんですね。
わたなべまさこさんあたりですか、もしかして。
あの方の絵は子供心に怖かった〜〜〜!

「アラベスク」! 読んだ事はありませんがタイトルは知っていますよ〜♪
バレエマンガですよね。
amazonで大人買い・・・お気持ちすごくわかりますよ♪♪
昔のマンガを読んでいると、忘れていたシーンの再発見もあったりしていちいち感動しますよね(^^♪
[ 2014/11/30 23:15 ] [ 編集 ]
こんばんは。
懐かしいです。中学の時に引っ越ししたのですが、中学校のそばに貸本屋さんがあったんです。
それまでは,縁がなく、借りるのは初めての経験でした。
1972年頃、月刊「りぼん」と恐怖マンガ(コミック)をよく借りてました。
数十円で借りられるのが魅力でした。(^^)

当時「りぼん」に掲載中だった山岸凉子さんの「アラベスク」を最近amazonで買って読み直しました。内容もですが、当時の心境なども懐かしく思い出しました。あの頃に戻れるものなら戻りたいです。(^^;)
[ 2014/11/30 22:23 ] [ 編集 ]
よっちんさん、ごぶさたしておりました。ご訪問ありがとうございます〜!

よっちんさん、貸本屋さんに行かれたことなかったんですか。
たぶん、ご年齢的には私よりもジャストのはずなんですが、
地域によってお店の数に差があったりするのかな?もしかして。
当時にタイムスリップして確かめるしかありませんね(笑)

応援ポチ、ありがとうございます(^o^)
これからもよろしくお願いいたしマス♪
[ 2014/11/30 19:12 ] [ 編集 ]
お久しぶりです(*^_^*)

私は1961年の大阪市生まれですが
貸本屋に行ったことはありません。

古本屋さんにはよく行きましたがねぇ。

応援ぽち
[ 2014/11/30 15:27 ] [ 編集 ]
あめしすとさん、更新してない時にもかわらず見に来てくださってたようで、ありがとうございます〜〜!
あめしすとさんのような心配してくださるブロ友さんの存在、ありがたいなあと感激しております (//∇//) 

ガラス戸に目が行きましたかぁ^^♪
そうなんですよ。こういうところを、変に変えずにリフォームされてるのはいいですよねえ(o^-^)b
私も友達から借りること多かったですよ〜♪
コミックスで何巻もあるやつなんてお金かかるから買えないし、友達か貸本屋で借りるかどちらかでしたね。
複数巻のものについては二十歳の頃にようやく初めて、大好きな槇村さとるさんのマンガを10冊以上大人買いしましたw

これからもよろしくお願いします♪♪
[ 2014/11/30 14:23 ] [ 編集 ]
こんにちわ~

貸本屋さんなのですね
ガラス戸、懐かしいです~
小学生の頃、いつも行く文房具屋さんが、そういう
感じでした(^▽^)

エースをねらえやベルばら、凄く懐かしいです
当時、中学生だった私は、友達に借りて読ませて
もらった記憶があります(^▽^)
良い作品、印象に凄く残った作品は、また
読みたくなりますものね(^_-)-☆

更新が、ずっとお休みだったので、心配してました
復活されて嬉しいです♪
[ 2014/11/30 10:55 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、貸本屋さんをご存知だったんですね〜〜(@^0^@)

私も貸本屋さんに行ってたのは、小学校高学年になってからでした。
低学年の子から見たら・・・確かに敷居は高そうですよね。
まだ定額のお小遣いをもらえてない時だから、借りにくいというのはありますね、低学年では。

最新刊のベルばら、読んでおられる方が周りにいてるんですね〜^^
昔のベルばらのマンガを今読んだら、いったい誰のファンになるだろうなあと思いながら、最新刊を読みました。 イケメン・パラダイスですからね(笑)
[ 2014/11/29 00:03 ] [ 編集 ]
鍵コメさん、ご心配おかけしましたe-330
そしてお気遣い、ありがとうございます〜〜!! ≧д≦)ノ゚
体調が悪かったとかそういうわけではなかったんですよ^^

またブログに行かせていただきますね〜〜(o^-^)b

[ 2014/11/28 23:46 ] [ 編集 ]
貸本屋さん!ギリギリ知ってます。
ありましたね、昔~~~。
このお店、文化財として残したいくらいですね~~(人´∀`)

でも当時はあまり貸本屋さんの店内に入ることなく、遠巻きに見てる感じでした。
自由なおこづかいも無いくらい幼かったというのもあるし。
もっとお兄さん&お姉さんが集う所というイメージで、敷居の高い場所でした(笑)

ベルばらまだ読んでないんですよ~。
わたしの周囲でも続々とみんなゲットしていってる。わー焦る(笑)
[ 2014/11/27 16:54 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/26 19:40 ] [ 編集 ]
しろくろShowさん、コメントありがとうございます!

あの時の放送見ておられたんですね〜 (*^.^*)
そう、あの店主のおばあちゃん、今もお元気でお店番されていましたよ♪
明るくてお話好きでとてもしっかりされた方で、元気をもらいました^^

そして・・・
ええっ、昔ベルばら読んでおられたんですね!ビックリ!!
でもそういえば、同級生の男の子で上にお姉ちゃんがいる子の中に、少女マンガも読んでた子がいた記憶ありますよ。しろくろさんがそうであるかはわかりませんが(笑)
11巻は、4つの短編エピソードからなるもので後日譚でもあるので、ドラマを感じるドキドキハラハラ的な場面はそんなにありませんが、忘れかけていた懐かしい登場人物にも出会えますよ。
また見かけたら、お手に取ってみてください (o^-^)b 
[ 2014/11/26 17:29 ] [ 編集 ]
りんりんさん、ありがとうございます!
心のこもった温かいお言葉、胸にしみます。。。 (//∇//)

枠をとっぱらいながら、気負わず
ブログ続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。



[ 2014/11/26 17:12 ] [ 編集 ]
こんばんは、このときのビフォアアフター見たと思います。あの貸本屋さんちゃんとやってたんですね~(^^) 店もそうですけどおばあちゃんが元気でおられたことも嬉しかったです。

それとベルばらの11巻があったとは、こちらの記事を読むまで全く知りませんでした。わたくしオッサンですけどベルばらと「エースをねらえ!」だけが読みたくてマーガレットを手にしていたクチでしたので(ーー;)これは早く読まねば!と思っているところです。
[ 2014/11/25 20:58 ] [ 編集 ]
無理せずご自分のペースでゆっくり更新されたらよいと思いますよ。
ずっとまなさびさんのブログを読み続けていきたいです!
[ 2014/11/25 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス