ソラリスの時間 70年代の脱力カルト・アニメ「チャージマン研!」!

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

70年代の脱力カルト・アニメ「チャージマン研!」! 

2週間ほど前になるでしょうか、深夜に「怒り新党」(マツコ・デラックスさんと有吉さんの番組)を見ていた際取り上げられていた、「チャージマン研!」という1973年(1974年という説も)に放送されていたアニメに激しく癒されましたので、ごらんになってなかった方、ご存知でない方にもこの懐かしく味わい深い脱力感を味わっていただきたくて、今回ブログでご紹介することにしました


  


ワタシの文章でご紹介するよりも、上記アマゾンサイトでのレビューをごらんになっていただければ、このアニメが大体どういうフンイキのアニメなのかはわかっていただけると思うのですが、一応軽く触れておきます。

このアニメは先ほども書きましたように1970年代前半に放映されたもので、放送時間はわずか10分、しかもそのうちの4、5分はオープニングとエンディングの主題歌やCMであるために、実質は5分ちょっとという一話完結の超ショート・アニメです。

舞台は未来都市。地球侵略をもくろむジュラル星人相手に、主人公の少年がチャージマンに変身し奮闘するという、当時の子供向けアニメ・特撮の定番パターンとも言えるストーリーなのですが、

低予算のためか、会話に不自然な長い間があったり同じセル画を多用したりという、いわゆる尺稼ぎが頻繁に行われている/作画崩壊/明らかに効果音が省略されているシーンがある/つじつまの合わない、無理のある展開/敵の反撃がほとんどない緊迫感のない戦闘シーン/現在では放送禁止間違いなしのエグい内容の回がある、

・・・などなどの点から、2000年代後半よりツッコミどころ満載のカルト・アニメとして、ネット上で話題になり、このようにDVDまで発売された作品なのです。


一応この記事は「昭和見た見たワールド」のカテゴリーに入れるつもりなのですが、子供の頃、ワタシ自身はこのアニメを見たことがありませんし(再放送とかあったんだろうか?)、当時これを見た記憶があるという方はブログを見てくださっている皆様の中にもほとんどいらっしゃらないんじゃないかと思います。

が、まさにすべてが、あの時代ならではのアニメであるということは間違いありません(。-∀-)




http://youtu.be/9AX9AFN-QBw





http://youtu.be/_hmgwkkP37c



「怒り新党」を見た後、youtubeで何話かを見たのですが、この2つのお話が特にワタシ的にはおすすめです

4話「謎の美少年」は、「うぇいw」をはじめとしたセリフ回し全般と、美少年のムリのある言動、ラストの研少年の言い知れぬコワさ(ジュラル星人の3万倍コワい)にご注目。
そして、35話「頭の中にダイナマイト」の方も、これまた研少年のラストの、正義の味方にあるまじき非人道的な所業にご注目してごらんいただければと (。-∀-)
この、とてもヒーロー/子供とは思えない鬼のような割り切り方は、何年か前にブログでご紹介したリンク先、「ソノシートドラマ「変身忍者・嵐」のトンデモない内容!」 で紹介されている内容を彷彿とさせるものがありますので。

ご興味ある方は、ぜひ合わせてごらんください(笑)

その他にも、

・「ごめんネ~。ボクのパパが君を車で轢いちゃって。」(26話「記憶をなくした少女」)
・研のママ「ねえ、お医者様にみてもらいましょうか?」 パパ「おいおい、私は医者だよ(21話「キャロンへの贈り物」)
・「そうか、口がきけないんだね。さあ、何でも言ってごらんよ」(「危機!爆発1秒前」)

・・・などなどの、ブラックジョークまがいの迷言が多数登場します


このように、昭和のB級作品ならではのトンデモぶりが光る本作なのですが、このアニメ、昭和40年代生まれのワタシは、もうひとつ違った観点から楽しむ事ができました。


・「銀行ギャング キャロンが危ない」(19話)
・「鳩時計が3時を指したら」(45話)
・「捨て犬コロ」(51話)
・「怪奇! ろう人形館」(54話)
・「爆発! マンモスコントロールタワー」(64話)


ごらんの通り、各回のタイトルが、これまたものすごく‘昭和’で、しかも1970年代的なのです(笑)
その時代に制作されたものですから、まぁ当たり前なんですけどネ。

「ギャング」という言葉は現在でも死語ではないですが、普通の会話の中でギャングという言葉を使ったりって、今はほとんどしないですよネ^^  銀行ギャングって(笑)
昔って、やんちゃで手を焼く子供のことを「あいつはギャングや」と大人が呆れて口にしたりしていませんでしたか??うちだけ?(笑) 親戚の女の子が、祖母達にギャング呼ばわりされていたのをこのタイトルを見て懐かしく想い出しました

「マンモス」という表現も「マンモス団地」「マンモス校」などというように高度成長期に多用されていましたし、「蝋人形館」「鳩時計」は今ではもうほとんど絶滅してしまった懐かしき昭和の遺物。(ちなみにワタシは幼い頃、鳩時計に憧れていました(笑))
「コロ」という今ではめったに耳にすることのない名前も、昔は「シロ」と並ぶ、超メジャーな犬の名前でした。


他にも、「農業コンビナートの危機」「恐怖! ミイラが馬車でやってくる」「怪奇宇宙植物園」「宇宙ロケットZ9号」「恐怖! 白髪老婆の家」とか(笑) 
内容のみならず、この70年代的なムードに満ち満ちたディープなタイトルが、個人的には非常にツボです
これだけでも時代臭満点!(笑)



ニコ動などでも絶賛?されているように、このアニメ、今見ると確かに爆笑ものですが、考えてみると当時はもしこれをリアルタイムで見ていたとしても決してヘンだとは思わなかったでしょうし、ここまでではないにしても、70年代半ばぐらいまでのアニメや特撮ものというのは今見るとアレ?!(@_@)と思わずにはいられない矛盾やムリヤリ感が多かれ少なかれあるように思いマス。
(花形が中学生なのにフツーに車を乗り回してたり、伝説の闇鍋シーンがあった「巨人の星」をはじめ、アタックNo.1も今見ると違和感のあるシーンが多い気が(笑))

そういう意味では、ワタシたち世代というのは、こういう当時の作品の稚拙さ、突き抜けっぷりに対する免疫がこれでもまだある程度備わっている方だと思うんですが・・・きっともうひと世代若い人達にとっては完全に理解を超えた格好のオモチャになりうるアニメだろうなあ (^_^;)

動画に流れているツッコミコメントをオモシロ可笑しく楽しみつつも、そんなこともふと思った迷作アニメなのでした(´д`* 

しかし今見ると、やっぱりシュールや~・・・うぇいw (*>ω<)
声優のキャストに名を連ねている藤田淑子さんて、のちに一休さんの声をする方だったりするんですけどネ (^_^;)



追記:実は上にはあえて挙げませんでしたが・・・もし現在放送されたら、その該当回だけではなしに番組そのものが吹っ飛びかねないような、文字通りシャレにならん放送回が中にはあったりしますw 
神経の細やかな方は特に、youtubeの中でそういう過激表現の回を目にする機会がおありになれば、1970年代当時の作品/表現ということをご了解の上で、ごらんいただいた方が良いと思いますヨ
昔は世の中全体が、鷹揚でユルかったよな~、やっぱり。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/23 18:27 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(18)
はやちゃんさん、コメ返遅くなりスミマセン!

> このアニメは自分も知りませんでした^^
> ギャング・・ですね~
> 聞いたことがなくなりましたね~!

ギャング、聞かないでしょ~??(笑)

> 最近アニメで懐かしいと思った言葉
> 意外や「明日のジョー」で主人公の矢吹ジョーがはくセリフです!
> 内容はちょっと忘れましたが 長屋の者たちに向かい
> (長屋もないか~(笑))
> 「諸君・・・・云々」
> 諸君で始まるっていつの時代なんて思っちゃいましたよ(爆)

確かに~! 諸君は平成ではありえない!(笑)
諸君、といえばワタシなんかは昔の「生徒諸君!」という少女マンガを想い出すんですが・・・
昔の青春ドラマやスポ根アニメでよく出てきてた言葉ですよね~。
昭和のスポ根アニメって、ジョーそうだけど、貧しい家庭という設定が多かったですよね。ドカベンぐらいまでは「長屋」もありえた世界でしたよね(笑)

ブログ拝見しました!
蝋人形、やっぱり笑えますね~(*>ω<)/ 特にあの卵と野菜売りのおばちゃん人形と、小林旭さんみたいな人形の一角(笑)
味のある古い看板や写真もいっぱい展示してあったみたいで、いいなあと思いましたo(^-^)o
[ 2012/09/12 18:32 ] [ 編集 ]
このアニメは自分も知りませんでした^^
ギャング・・ですね~
聞いたことがなくなりましたね~!

最近アニメで懐かしいと思った言葉
意外や「明日のジョー」で主人公の矢吹ジョーがはくセリフです!
内容はちょっと忘れましたが 長屋の者たちに向かい
(長屋もないか~(笑))
「諸君・・・・云々」
諸君で始まるっていつの時代なんて思っちゃいましたよ(爆)


自分がよく訪れる「みゆきな日々」にマナサビィさんが喜ぶような写真が載っていましたよ!
参考まで
http://star-appearance.blog.ocn.ne.jp/
[ 2012/09/09 22:42 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、どーもです~~(^-^)/

> この当時ならではの、力技的な展開とか、エグい感じが、かえって清々しかったなぁ。スカッとするというのか、不思議な癒し効果というか…(⌒-⌒; )

力技ハンパないでしょ~?! (^_^;)
youtubeにはもっとエグイ動画もあって、○神病患者の表現の仕方(目がうつろで、ほんとにイッちゃってる感じで描いてる)とかが、まさに今ではありえない表現だったり。あと、他にも奇形の赤ちゃんがどうこうという回があったり(汗) 今ではぜったい倫理的にテレビで放送できないシロもので。
まあ当時はこれでも問題なかったという、今との風潮のギャップがあらためてスゴいと思いました。

これでも昔は許されてたんだなあ・・・というのは、確かにフシギな癒し効果ですよ。上の病院関連の2話はさておき、ダイナマイトやウェイは癒し系です(笑)
[ 2012/09/08 12:47 ] [ 編集 ]
こんなアニメがあったんですね!
完全に初見です。
爆笑したり、ポカーンとしたり、いやぁ、ただただビックリしました。
とりあえず、当分の間、ウェイ!がマイブームになりそうです(笑)
この当時ならではの、力技的な展開とか、エグい感じが、かえって清々しかったなぁ。スカッとするというのか、不思議な癒し効果というか…(⌒-⌒; )
[ 2012/09/07 21:33 ] [ 編集 ]
りす子さん、コンバンワです~(^-^)/

今ブログに行って、コメントもさせていただいたところです o(^-^)o
これからもよろしくお願いしマス♪♪♪
[ 2012/09/04 20:38 ] [ 編集 ]
こんにちわ♪

今日は報告なのですが、ブログのタイトルを
『カスミ草とわたし』に変更しました。。
雰囲気が少し変わるかとは思いますがこれからも仲良くして
いただけたらと思いますのでよろしくお願いしますi-228e-113
[ 2012/09/02 17:25 ] [ 編集 ]
おたべさん、コンニチワ~~♪(^-^)/ コメントありがとうございマス~~!

> チャージマン研、私も怒り新党で観て初めて知りました。
> アニメ大好きの娘は、すでに知っていたみたいです。

おたべさんもあれ見てたんですね~(。-∀-) 娘さん、さすが若者ですね、情報早っ! 

> いやぁ~ふざけてますねぇ。
> 5分の時間つぶしに、みんなで笑ったり踊ったり、延々と
> 飛行機を映したり。
> へたうまな絵も笑える^_^;

そうそう!あのアニメって、時間の感覚もズレてておかしいですよね~(笑)
セリフとセリフとの間に妙に間があったり、顔のアップが延々と映ってたり、その時間つぶしとか。
すべてが脱力感にあふれてます(。-∀-)

> 昨日の夜中に、ひみつのアッコちゃんのアニメ版を放送
> していました。
> 第1期シリーズ1969年)の44話。
> 少将が空き地に捨てられていた冷蔵庫の中に入って出られなくなる
> 話は、今放送したら絶対に非難の苦情が来そうです。
> 昔は、こんなの普通に観ていたんですけれどね(^^)

わ、見てみたい~!アッコちゃん!今こそ!(笑)
アッコちゃんて、地方によっても違うのかもしれないんですけど、サリーちゃんよりも再放送が少なかった気がするんです。だから、リアルタイムで見てたのをほとんど覚えてなかったりするんです~。
あのコンパクトに憧れてたのは自分で覚えてるので、確かに見てたはずなんですけど、 記憶力の限界(^_^;)
その冷蔵庫のシーンなんて確かに、今だと苦情が来そうですよね。そういうズレも含めて楽しみたい気がします(。-∀-)こっちでもやってくれないかなあ。 
関西では、ちょっと前まで深夜にハクション大魔王の再放送をしてたんで、時々ですが見てましたよ~(*^-^)b
[ 2012/08/28 16:24 ] [ 編集 ]
きしもとさん、いらっしゃいませ~(^-^)/

> あの放映は私も見てました。
> テレビっ子であの頃のアニメなら
> たいてい
> 「見た見た!」
> って言えるんですか
> チャー研は見た覚えが全くないです。

ワタシも全く一緒です(*^_^*)
テレビっ子だったんですけど、このアニメは見た事も聞いた事もありませんでした。きっと当時から超マイナーな存在だったんでしょうね~(^_^;)

> だけどチャー研に限らず当時のアニメやドラマ
> 今の感性で見ると驚くことって結構ありますよね(⌒-⌒)
> 再放送などを見ると
> 今の放送禁止コードに引っかかって
> ピーだらけってことよくありますよね。
> 言葉狩りが
> 言葉の文化をやせさせちゃったって思ったりします。

そうそう、ワタシもそう思いマス!
人権に配慮するのは大事な事だし、人を傷つける表現は当然良くないと思いますが、今ってあまりにも規制が多すぎる気が。それだけ意識が高まってきたのはいいことなんだろうけど・・・やりすぎ感もあるんですよね。正直。言葉の文化をやせさせた・・・的を射てる気がします。
まあ、昔の番組は今との感覚のズレを楽しむという見方もできるので、それはそれで楽しいんですけどネ^^

> チャー研は言葉だけじゃなくて
> 内容そのものが群を抜いてますけどね(^o^)

これもまたしかり!です(爆)
[ 2012/08/28 15:55 ] [ 編集 ]
seruseさん、いらっしゃいませ~(*^_^*)

> 僕も「怒り新党」で初めて知りました^^
> その後「ZIP」でも少し特集やってた様な・・・
> まさにその時代ではないと出来ないアニメですね!
> 今じゃあ事故で苦情殺到でしょうか

seruseさんもごらんになってたんですね~(。-∀-) あの後、他でもやってたということは、それだけ反響が大きかったということですね^^ やはりっ(笑)
ブログでは書かなかったんですけど、表現上,もっとエグイ回があって・・・苦情殺到はもちろん、途中で放送打ち切りになるのは間違いないでしょうね、今だったら(-.-;) 
それがそうならないところがまた、当時ならではというか。そもそも感覚自体が今とは大幅にズレてたんでしょうね~。ある意味何でもありぃの良い??時代だったかもですね~(笑)
[ 2012/08/28 15:33 ] [ 編集 ]
マナサビイさん、こんにちは。

チャージマン研、私も怒り新党で観て初めて知りました。
アニメ大好きの娘は、すでに知っていたみたいです。

いやぁ~ふざけてますねぇ。
5分の時間つぶしに、みんなで笑ったり踊ったり、延々と
飛行機を映したり。
へたうまな絵も笑える^_^;
昨日の夜中に、ひみつのアッコちゃんのアニメ版を放送
していました。
第1期シリーズ1969年)の44話。
少将が空き地に捨てられていた冷蔵庫の中に入って出られなくなる
話は、今放送したら絶対に非難の苦情が来そうです。
昔は、こんなの普通に観ていたんですけれどね(^^)

[ 2012/08/28 15:27 ] [ 編集 ]
鍵コメさん、コメントありがとうございます~~!

> 斬新さ狙いなのか、シビアさを教えたかったのか…今思うと何か考えさせられる様な気がしますね。

斬新さを狙ってるわけでもないしシビアさを教えたかったわけでもないと思いますよ~ (^_^;) 天然です(笑)
当時は、この感覚でも全然大丈夫だったんですよ。
ワタシもこのアニメを昔見た事はありませんが、たぶん当時ならギモンを感じる事もなしにフツーに見てたんじゃないかと思いマス(汗) でも、昭和でも今見ても出来のいいアニメはたくさんあるので、それとくらべると時間も短いしつまらないと思っただろうなあ(笑)

> そういえば、昔の作品を再放送する際は大概事前にお断りのスーパーが出ますしね。

おことわりのスーパー、出ますよね、確かに^^ こないだまで深夜にやってたハクション大魔王の再放送の時も出てた。
今では放送禁止用語になってる言葉とかも、当時はフツーに使ってたから。放送禁止用語という概念自体なかった気がしますよ。ワタシの場合は当時のゆるかった感覚を懐かしみながら見てますけどね (^_^;)
またワタシもメールさせていただきますね~(^-^)/

[ 2012/08/28 15:12 ] [ 編集 ]
kurokenさん、コメ返遅くなりましてスミマセン~~!(>人<)

> たはは、チャージマン研しってますよー( ̄▽ ̄*)
> とくに「頭の中にダイナマイト」は極悪非道で有名ですねー、
> この世の正義のためならサラリとやってのけちゃうところがヒーローですねー。

チャー研、すでにご存知だったんですね~(。-∀-) さすが!
「ダイナマイト」、サラリとやりすぎ~!(笑)
あの後の「かわいそうなボルガ博士・・・」のセリフが笑わせてくれますよね~(笑)
あのありえなさが、たまりませんw
[ 2012/08/28 14:56 ] [ 編集 ]
りんりんさん、コメ返遅くなりまして、ごめんなさいっ!(>人<)

> 最近ネットを賑わしていたこの言葉の正体がやっとわかりました!アニメだったのですね。
> 残念ながら私の記憶には一切ないのですが、
> この時代感とツッコミ感がたまりません!
> ウェイ!もですが、画面の上方の○毛(ホコリ?笑)が
> 気になって気になってwww

きゃははっヾ(≧∇≦*) あれ、毛って言われてますよね~(確かに少しそう見える?笑)
ワタシもこんなアニメは見た記憶がいっさいない、というかきっと当時もかなりマイナーなアニメだったんだろうなあと^^

ウェイのやつは、研が変身のポーズを1度してみせた後の、少年のすかしたセリフが妙にツボです。
このやりとりを見ると、映画館で出て来る「鷹の爪」のアニメのやりとりを思い出す。まあ鷹の爪は面白さを狙ってるけど、このアニメは天然なので(^_^;) セリフとセリフとの間の間もおかしいし(笑)
ニコ動のコメントのツッコミ感も面白いですよね~!(*>ω<)
[ 2012/08/28 14:05 ] [ 編集 ]
あの放映は私も見てました。
テレビっ子であの頃のアニメなら
たいてい
「見た見た!」
って言えるんですか
チャー研は見た覚えが全くないです。

だけどチャー研に限らず当時のアニメやドラマ
今の感性で見ると驚くことって結構ありますよね(⌒-⌒)
再放送などを見ると
今の放送禁止コードに引っかかって
ピーだらけってことよくありますよね。

言葉狩りが
言葉の文化をやせさせちゃったって思ったりします。

チャー研は言葉だけじゃなくて
内容そのものが群を抜いてますけどね(^o^)
[ 2012/08/28 00:48 ] [ 編集 ]
僕も「怒り新党」で初めて知りました^^
その後「ZIP」でも少し特集やってた様な・・・

まさにその時代ではないと出来ないアニメですね!
今じゃあ事故で苦情殺到でしょうか?

いい時代の、良い?アニメだと思います。
[ 2012/08/26 19:20 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/25 18:56 ] [ 編集 ]
たはは、チャージマン研しってますよー( ̄▽ ̄*)
とくに「頭の中にダイナマイト」は極悪非道で有名ですねー、
この世の正義のためならサラリとやってのけちゃうところがヒーローですねー。
[ 2012/08/24 10:34 ] [ 編集 ]
最近ネットを賑わしていたこの言葉の正体がやっとわかりました!アニメだったのですね。

残念ながら私の記憶には一切ないのですが、
この時代感とツッコミ感がたまりません!
ウェイ!もですが、画面の上方の○毛(ホコリ?笑)が
気になって気になってwww

またまた面白いもの教えていただきありがとうございました!(^^)
[ 2012/08/24 10:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR