ソラリスの時間 鳥羽ファンタスティックぶらり旅3~答志島&志摩地域編

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

鳥羽ファンタスティックぶらり旅3~答志島&志摩地域編 

旅の最終日は、鳥羽駅近くにある佐田浜港から出発します~♪


435鳥羽船乗り場1

435鳥羽船乗り場4

435鳥羽船乗り場2

435鳥羽船乗り場3


このフェリー乗り場の待合室の、素晴らしいまでの昭和のまんまの風情に、出航時間までの待ち時間、個人的に全く退屈しませんでした(笑)(2009年当時)

瓶コーラの現役自販機なんて、ここ以外ではお目にかかることはまずないですから(@_@)
子供の頃でさえ見た事なかった気がするので、こういう公共施設限定でかつて設置されていたような自販機かも。


435鳥羽船乗り場5


435鳥羽船乗り場6


さあ、今日はこのフェリーに乗って鳥羽湾沖に浮かぶ島、答志島に向かいます



435鳥羽船答志島1


20分ほどで、答志島の和具港に到着。


435鳥羽船答志島2

435鳥羽船答志島3

435鳥羽船答志島19


鳥羽湾沖の島=漁業が盛んで魚が美味しい、というのは容易に想像がつくところですが、答志島は特にワカメ漁とワカメの養殖が盛んな島だということを、現地に来て初めて知りました
4月の上旬だったのですが、こんなふうにワカメが天日干しされている光景をいたるところで見ました。

写真に撮り忘れてしまったのですが・・・答志島の「まるみつ寿司」さんでいただいた、ワカメ入りのお味噌汁の美味しかったこと
普段食べてるワカメとは、色も香りもぜんぜん違うんですよ~!(ああっ、写真でお見せしたかった!


435鳥羽船答志島4

やはりこのあたりの島らしく、海女小屋もありました。


435鳥羽船答志島6 435鳥羽船答志島5

435鳥羽船答志島7

435鳥羽船答志島10銭湯

435鳥羽船答志島11銭湯


島に残っている銭湯  


435鳥羽船答志島13


赤ちょうちん街らしき一角もありますよ♪



ところで先ほど、銭湯の外壁でも見かけたのですが・・・

435鳥羽船答志島12八


ここ答志島では、マルの中に漢数字の「八」が描かれたマークをそこかしこで目にします
普通の民家、お店屋さんなど建物の種類を問わず、玄関に飾られている蘇民将来のお飾りに次ぐぐらいの割合で目にするのです。

これは、島にある八幡神社を示すしるしで、年に一度の八幡神社のお祭りの時に「お的」という行事で運ばれる神聖なる墨を島の男らが奪い合い、その墨で描かれたしるし。
魔除けや、家内安全・大漁祈願の願いが込められているそうです。

最初これに気づいた時は、「これは面白い発見かも~!」と思いましたが、その後TVの「ナニコレ珍百景」でも取り上げられていました


435鳥羽船答志島14




島を散策する中で、もうひとつ興味を引いたのがこの建物。


435鳥羽船答志島14寝屋子

「寝屋子交流の館」

この伊勢鳥羽志摩地域のブログを書く前段のところから何回か折につけ言及していますが、この地域って、古い風習や慣習が他の地域よりも色濃く残ってる地域のような気がするんですよね。

答志島の「寝屋子制度」もそのひとつ。
寝屋親と言われる人が中学校を卒業した男子を家に預かり世話をする制度で、ここで共に過ごした島の若者達は生涯義兄弟の縁を結ぶと言われています。

現在では寮生活のように日常生活全てをここで過ごすわけではないし、金曜日の夜に集まる、一家の長男だけ、など制度も緩くなっているようではあるのですが。
しかし緩やかになりながらでも、こういう前近代からあると思われる制度が今の世の中にあっても存続しているというのは、めずらしいと思います



435鳥羽船答志島20

435鳥羽船答志島15


帰りの船が出る答志港に向かって歩いて行く途中で見つけた、綺麗な桜並木と、


435鳥羽船答志島17

435鳥羽船答志島16


かくれんぼして遊んでる、島の小学生達の姿。






435鳥羽船近鉄電車賢島


旅の最後に鳥羽の南にある、志摩市にも足を伸ばすことに。
実はここには、個人的にどうしても行きたかった場所がありました。

近鉄鵜方駅で電車を下り、そこからバスに乗り換えて向かいます。


435鳥羽船志摩御座1


御座港。 志摩半島の最南端に位置するこの港のすぐ近く、海岸べりに、


435鳥羽船志摩御座3


435鳥羽船志摩御座4


435鳥羽船志摩御座5


「御座の石仏(潮仏)」さんが、あります。

満潮時には水中に隠れ、干潮時だけお姿を現すという仏様なのですが、行った時がたまたま干潮時で本当に良かった・・・!
この石仏様にお参りすると、女性の腰から下の病気に良いということで、この地域への旅を計画した時から行きたいと思っていたのです。

こういう感覚って人にもよると思うのですが、ワタシはこういうより自然に近い素朴な形態の仏様とか神様って好きなんです。普通のお地蔵様、道祖神とかもそう。
素朴で原始的である分、かえって神秘的に思えたりするんですよね。
小さいけれど、ワタシたち下々の人間の苦しみや願いに、より近い場所で寄り添ってくださっている存在のような気がして。
特にこの石仏様は、こういう海岸の波打ち際にあるということもあって、よけいに神秘的に思えましたよ。
すぐ近くに御座神社(海に浮かぶ岩の上にも鳥居がある)もありますし。

仕事柄、下半身が冷えやすい海女さん達もお参りされているとか。子宝や安産にも良い、と調べたら書いてありました





最南端の御座から、再びバスに乗って来た道を戻って行く途中に、寄りたいお店があったので途中下車します


435鳥羽船志摩御座看板8

435鳥羽船志摩御座看板9

435鳥羽船志摩御座看板11

435鳥羽船志摩御座看板10

(・・・笑)



こういう感じのレトロ看板をなぜか多く見かけた、答志島にあった港と同じ名前の、和具という地区。
そしてここにあるシマヤさんという洋菓子店で売られているのが、

435鳥羽船志摩御座シマヤ1


435鳥羽船志摩御座シマヤ2

435鳥羽船志摩御座シマヤ3


「たぬきケーキ」です


「たぬきケーキ」ってご存知でしたか
「懐かしい~!」という方もいらっしゃるかと思いマス。
たぬきケーキは、まだバタークリームのケーキが多く売られていた昭和40~50年代には全国各地の洋菓子店で人気のケーキでした。

・・・が、実は、ワタシにはたぬきケーキの記憶がありません
たぬきケーキなんて、あったかなぁ??(´д`* もしかしたら、ワタシが住んでた地域(岡山県北部)にはなかったかも??

じゃあ、なんでそんな懐かしい想い出もないのに、わざわざこのお店に立ち寄ったのか?と言いますと、久しぶりにバタークリームのケーキが食べたくて食べたくてしょうがなかったからです(笑)

昔から、周囲の子供にも大人にもダンゼン生クリームの方が人気が高かったけど、ワタシは元々バター・マーガリン好きということもあってか、バタークリームの味もなぜか結構好きで・・・。
大阪のどんな庶民的な佇まいの洋菓子屋さんに行っても、バタークリームのケーキなんて今はまずほとんどお目にかかれないので(たぶん関西は関東以上にバタクリの消滅率が高いです)、旅行の下調べをしている時、とあるサイトでこういうケーキが志摩市に残っているということを知り、立ち寄ったというワケです

現地では茶色とピンクのたぬきケーキを1個ずつ買って食べたんですが、後日この箱入りのケーキをお取り寄せしました




435鳥羽船志摩御座看板6

さらに大王という地区まで、バスで戻って、


435鳥羽船志摩御座田中料理店1


435鳥羽船志摩御座田中料理店2


田中料理店さんでいただいた、かつお茶漬け♪
ごちそうさまでした♪





帰りは、船で賢島まで戻る事に。

途中で船が立ち寄る、間崎島という島で少しだけ船を降りてみることにしました。


435鳥羽船志摩学校


435鳥羽船志摩夕景


小さな平屋の分校と、夕暮れに見送られて・・・




435鳥羽船近鉄電車大阪



美しさ、神秘、土着性、コアな昭和のB級文化、人の温かさ、海の幸・・・
色々な要素が渾然一体となり、独特で不思議な印象に満ちた伊勢鳥羽志摩を巡る長い旅から、これにて帰還です♪


今度行く時には神島や坂手島、珍スポット系の匂いがする伊勢安土桃山文化村(旧伊勢戦国時代村)にも行きたいな~ 
若草堂さんの食堂、若草堂さんに負けないぐらいのレトロムンムンのおみやげもののお店、それにそれに、知る人ぞ知る的な神秘的なパワースポット、神社やお寺をもっと本格的に探してみたい・・・
海から昇る美しい朝日が見られる、相差の宿にも泊まってみたいし・・・!

ファンタスティックなこの地域への興味は、尽きません









☆ あ と が き ☆



<今回めぐった地域で出会えた美味しいモノ・ご当地グルメ>

○ 田中料理店の「かつお茶漬け」
○ シマヤの「たぬきケーキ」
○ 答志島のまるみつ寿司のランチのお寿司についてきた「ワカメの味噌汁」(もちろん、こちらのお店、お魚も美味しかったんですよ♪写真がないんですけど^^;)

・・・は、本文中でご紹介していますが、この他に、


○ 「日本料理 鯛」の「鯛茶漬け」

435鳥羽船志摩御座グルメ12


○ 「網元の店八代(やしろ)」の「大漁丼」

435鳥羽船志摩御座グルメ13


も、この志摩地域でいただきました

「日本料理 鯛」の鯛茶漬けは、味噌だれに漬け込まれた鯛がのっているという珍しい鯛茶漬け
ひとりでしたし、時間とお金、そしてお腹の都合からもいただいたのはこの鯛茶漬けのセットだけだったのですが、こちらのお店、この地域では評判の良いお店のようなので、他のメニューも食べてみたかったです^^

「網元の店八代」は浜島漁港の近くにあるお店で、ご主人、お店の従業員の方もアットホームなこの地域らしい雰囲気のお店でした(*^-^)b
これにさらに伊勢エビが乗った「伊勢エビ大漁丼」もあったんですが、リーズナブルな普通の「大漁丼」の方をチョイス。あ、でももしかしたら、このワタシが食べたのは「特上大漁丼」だったのかも?? 3年前のことなので詳しいことは忘れてしまいました


本当はこの地域でもう1軒、大王町にある「漁師料理十次郎」というお店にも行きたかったんですけど、なぜか行った時には見つけられなかったんです~(*´Д`)=з

当たり前かも知れませんが、やっぱりこの地域は、魚料理に限りますネ~



435鳥羽船答志島全景2

(答志島)



「ファンタスティック伊勢鳥羽志摩」と題して6、7回に渡って旅した時のエピソードや想い出を書いて来ましたが、こんなにいろいろな意味でのレトロ・ファクターにあふれた地域であっても、昭和は遠くなりにけりを実感する実情があります。

秘宝館の閉鎖であったり、あの昭和の風情に満ちた佐田浜港の待合室が、その後鳥羽を訪れるたびに少しずつ新しい様相に変化して行くさまであったり、国崎の小学校の廃校であったり・・・。

今回写真でご紹介した、間崎島のあののどかな風情の平屋の分校も、現在はたぶん影もカタチもなくなっていることでしょう。(学校自体はすでに2006年に閉校になっていましたが、校舎の解体工事はワタシが旅した翌年の2010年に行われた模様) 校庭とその周りに植えられていた美しい桜の木は今でも残されているようですが・・・。

そのうち、あの浦島太郎をかたどった怪しげな観光船も、若草堂さんのようなお土産物屋も消えて行ってしまうんだろうなあと思うと、淋しさを禁じ得ません。
島の美しい自然だったり、神社仏閣だったり、海女さんや寝屋子制度のような民俗文化財的なものはこれからも大事に存続・継承されていくでしょうけど、個人的には昭和の観光地的などこかB級レトロな風情と、いわゆるノスタルジックで美しいもの、神秘的で伝統的なものとが混在している感じがこの地域の魅力だと思っているので、やっぱり淋しいなぁと思ってしまうのです。


本文の最後にも書いていますように、この地域には行ったことのないスポット、見てみたいものetc.がまだまだありますので、関西からも幸い近いですし、折を見てまた行ってみたいと思いマス(^-^)/
そして、今度は、帰ってからすぐに旅行記を書きたい~!!!(笑)





◆ 注意 ◆

・2009年時点での旅行記なので、現在は施設やお店、交通手段等々、状況が変わっている可能性があります。 ご自身で行かれる際は、もう1度入念に下調べを♪

・ブログに記載している旅程と実際の旅程(めぐった順番や日程)とは、全く異なります。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/04 21:45 ] TIME TRIP☆昭和のカケラを探す旅 ファンタスティック☆伊勢鳥羽志摩 | TB(0) | CM(18)
fmyさん、コンバンワです~~(^-^)/

> わ~答志島や浜島もいいですよ~ってコメント以前に
> 入れたと思ったら
> すでにお出かけだったんですね^^
> 子供の頃は毎年夏に答志島や浜島に連れて行ってもらってました♪

浜島はブログに載せてるお店にしか行ってないんですよ~時間がなかったから(*´Д`)=з
なので、今度は時間をかけてゆっくり浜島、賢島周辺に行ってみたいです。
あの周辺で泊まってみたいお宿も実はあるんです♪

> 田中料理店は何を注文しても外れないですよね~♪
> 4年くらい前に行ったかな・・おいしいので
> 食べまくりましたよ^^
> 今度、若草堂さんに行ってみますね^^

おおっ、そうなんですか~! 田中料理店は例のかつお茶漬けしか食べてないんですよ~。
でも何食べてもハズレがないと聞くと・・・また行きたくなります~.(・∀・).
でもお店はすごい混んでました、ワタシが行った時も。ちょうどお昼時だったからだと思うんですけどね^^

若草堂さん、伊勢に行かれた時にはぜひ行って見てください~ (*^-^)b
懐かしいおみやげものばっかりですよ~♪♪♪
[ 2012/07/10 20:30 ] [ 編集 ]
わ~答志島や浜島もいいですよ~ってコメント以前に
入れたと思ったら
すでにお出かけだったんですね^^
子供の頃は毎年夏に答志島や浜島に連れて行ってもらってました♪

田中料理店は何を注文しても外れないですよね~♪
4年くらい前に行ったかな・・おいしいので
食べまくりましたよ^^


今度、若草堂さんに行ってみますね^^
[ 2012/07/09 14:34 ] [ 編集 ]
りす子さん、コンバンワです~~(^-^)/

> たぬきケーキすごく懐かしいですe-349
> 子供の頃、茶色(チョコ)の食べてましたe-343
> 私が食べていたのは中にオレンジジャムが入ってた記憶が。。e-317

りす子さんは、たぬきケーキご存知なんですね~!
知ってる方がいて良かった(o^^o) どれぐらいの範囲にあったものなんでしょうね~??
ここのお店のたぬきケーキ、この写真のようにいろんな色のやつがあったんですが、やっぱりオーソドックスな茶色(チョコ)といちごっぽいピンクの色のやつが美味しそうに見えたので、現地では買いました^^
オレンジジャムはここのケーキには入ってなかったような。
バタークリームが久々で嬉しかったよ~~≧д≦)(笑)

> 男性カツラ、、i-179
> こういうのスキi-237

これ、いいでしょ~~(笑)
脱力系でヘン・・・でもこういうセンスも今ではありえない昭和ならではのセンスというか(笑)
古い看板とかポスターって、つい目がいってしまいます、どこに行ってても^^♪

[ 2012/07/06 20:58 ] [ 編集 ]
パンとぶどう酒さん、コンバンワです~~(^-^)/

> 私もたぬきさんのバターケーキは知りませんでした。
> そういえば子供の頃、クリスマスに
> バターケーキはイヤだ、アイスケーキが食べたいと
> 駄々をこね、アイスケーキを買って貰った年がありました。
> 美味しかったなぁ~☆
> マナサビイさんはアイスケーキを食べた思い出は
> おありでしょうか?(笑)

アイスケーキ、クリスマス近くになると入ってるチラシの写真や店頭の写真を見て、どんなに憧れたか!(´∀`)゚
でも、ワタシは結局アイスケーキって食べたことがなかった気がします。
いや、あったのかな?? 外側のまるい発泡スチロールの入れ物のキオクだけがなぜかあるんですよね~(笑)お店とかで至近距離で見た事があっただけ?かも知れません(笑)

たぬきケーキ食べるのがちょっとかわいそうでしたが・・・バタークリームの味が久々で嬉しかったですヾ(´∀`*)ノ
クリスマスというといまだにクリームとフルーツ(特にいちご)のにおい、そしてろうそくを吹き消した後の匂いが条件反射的に想い出されます^^♪
[ 2012/07/06 20:42 ] [ 編集 ]
玉坂めぐるさん、コンバンワです~~(^-^)/

> バタークリームケーキ!
> そうそう、バラのケーキとか呼んでました。
> うちの近所のケーキ屋さんはバタークリームでたくさん薔薇を咲かせるのが上手でフルーツなんかなしで、でも綺麗なケーキだったなぁ。ジンタンみたいな銀の粒も乗ってたな。でも生クリーム主流の時代に流されて、忘れてましたよ、その存在。たぬきケーキもあったかな??おぼろげに会ったような…。

そうそう!バタークリームのケーキといえば、ピンクのバラ♪ですよね~!(笑)
そして銀色のジンタンみたいなあのツブツブと、葉っぱの部分はうすいグリーンの食紅~(笑)
今思うと、あれはあれでビジュアルも可愛かったですよね~!今見ると完全にレトロ可愛いと思います♪
そのお店のケーキ、今こそ見てみたい♪
たぬきケーキ、はっきり覚えておられる方少ないですよね、このブログでコメントくださってる方の間では。
どれぐらいの地域で広まってたものなんでしょうね~。


> で、フィリピンのマニラに越したときに、バタークリームケーキに再会しました。熱帯だからすぐ溶けちゃうんだよ、生クリームケーキ! だからクリーム主役のケーキは、バタークリーム。そうだったのか! の発見でした。

じゃあ、向こうではいまだにバタークリームが主流なんですね~ (@_@)
生クリームは確かに、暑い地域ではムリか~(汗) ということは、もし向こうの方が日本にいらっしゃった時は、生クリームのケーキなんてめちゃめちゃレアで喜ばれるということですよね~♪
ワタシは向こうに知り合いなんていないから、おもてなしできないけどw
[ 2012/07/06 20:32 ] [ 編集 ]
水玉ねこさん、こんばんわです~~(^-^)/

> 伊勢では、あまり自由にぶらりと出来なかったけど、
> (マナサビィさんは、満喫してますね♪)
> それでも、海からの磯の匂いが、
> 『旅行に来たんだ!』感にひたらせてくれて
> 心地よかったですe-257
> (盆地住まいだから、余計にそう思ってしまう)

そうそう、磯の匂いって、旅してる感を感じる~!わかるっ!(・∀・)
大阪市内も海には面してるけど、漁も少ないし濃いい磯の匂いはしないから。
答志島のワカメ、こっちで普通に食べるわかめと全然違ってて、美味しかったですよ~!これぞ磯の香り漂う美味で (*^-^)b
伊勢の安土桃山文化村(旧戦国時代村)今度こそ行ってみたい~~!

> 鯛茶漬け、美味しそう~e-420

鯛茶漬け、西村食堂の豪快チックなお料理とはまた違う、洗練さかげんでした(*^_^*)
魚はやっぱりこのへんは美味しかったですよ~ヾ(´∀`*)ノ
[ 2012/07/06 20:11 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、コンバンワです~~(^-^)/

> わー終わってしまいましたかあ。
> なんかちょっと残念(;´∀`)もっと読んでいたかった~。
> なんか、いろんな意味で濃い土地ですよねぇ。

更新が遅いせいで、長期間になってしまう~(汗)
このへんって、模様で表すと渦巻き模様が似合う地域というか・・・個人的にはそんな感じです(笑)
昭和の団体観光客が多かった時代にタイムスリップして、このへんを観光してみたいです(。-∀-)

> 答志島の路地の写真なんて、なんだかもうタイムスリップしたような気持ちというか、小さかった時の気持ちに戻っていくというか…なんともいえない素敵な気分でした(*^。^*)

そうか、あけぼうさんも瀬戸内海の島生まれだから、風景が似てるんかな??

> あ、でもたぬきケーキはやっぱりあけぼうも記憶がないw
> ウチの母に聞いても「知らん」と言うんですよ~。
> なんだろ?こっちの方では形状がたぬきではなかったのかもしれない!?

たぬきケーキ、やっぱり完全に全国区ではないんですね~!
うちは田舎だったし、それで近くに売ってなかったんかなあとか思ってたけど(笑)知らない人も多いみたいだから。
カレーに入れる肉が牛か豚か?、アホというかバカというか?みたいなのと一緒で、たぬきケーキを知ってるor知らないで全国分布図みたいなん作れそうね~♪(笑)
[ 2012/07/06 19:54 ] [ 編集 ]
つきあかりさん、コンバンワです~~(^-^)/

> こんにちわ ビンコーラの 自動販売機とは!
> 懐かしい物を 見せてもらいました。

瓶コーラの自販機なんて、見かける事ないですよね~(*^-^)b
でも飲み物って不思議で、同じ物でも、ペットボトルや缶に入ってるのより瓶入りの飲み物の方がなぜか美味しいですよネ。最初は気分的なものかと思ってたんですけど、そういう人が結構多いので錯覚ではないんだと思いました。
売ってる頻度は少ないけど、なのでコーラもやっぱり瓶入りがいまだに好きです(o^^o)

> 寝や子制度も 古い慣習が 残っていて 
> 良いですねえ。

寝屋子制度、あんな昔の共同体的な制度がいまだに続いてるというのがスゴいですよね~!
漁師さんが多いところなので、そういうこともあってよけいに続いてるんじゃないか(仕事柄、助け合いや連帯が必要)と調べたら書いてありました^^♪
[ 2012/07/06 19:38 ] [ 編集 ]
kurokenさん、コンバンワです~~(^-^)/

> 私らもろに脱脂粉乳、バタークリーム世代ですが、
> たぬきケーキは知らなかったなあ( ̄▽ ̄*)
> もっとも私がその手の物売ってる店に(当然洋菓子店でしょ)
> 出入りしてなかっただけかもしれませんが。
> 私もときどきバタークリームおもいきり舐めたいとか、
> 給食のココア味脱脂粉乳をがぶ飲みしたくなります、
> 育った食い物は抜けないんですね(≧▽≦)

ワタシの子供の頃って、生クリーム、バタークリーム両方のケーキがあったけど、すでに生クリームの方が、値段は高いけど人気と存在感はダントツみたいな傾向にありました^^
うちもケーキと言えば生クリームだったんですが、たま~に買ってもらってた近くのお店で2個ぐらいのパックに入って売られてるバタークリームのショートケーキが、なぜか異様に好きで(笑)
そうそう!いまだにワタシもバタークリームなめたくなる時があります(笑)

脱脂粉乳は世代的には知らないんですよ~~。
たぬきケーキ、もしかしたら地域的なもので関東の方ならご存知とかそういうのがあるかなあと思ったんですが・・・ご存じないんですね~


> まあ今のラムネとか飲むと、
> こんなのラムネじゃないってがっかりしますので止めときましょ

ラムネの味どう違うんですか~??炭酸がゆるめになってるとかですか??^^
あ、でもラムネはガラスの瓶にかぎりますよネ~(*^-^)b最近はペットボトルのような材質の容器に入ってるのが多いから^^;
[ 2012/07/06 19:27 ] [ 編集 ]
りんりんさん、コンバンワです~~v-1

> コーラの自販機は、私の子供のころはまだありましたよ。
> ファンタが60円位だったような記憶があります。
> まだ現役とは、鳥羽おそるべし。

わっ、あったんですか~??(@_@)
うちの近所のお店屋さんとかにあったやつは缶コーラの自販機だったです。ファンタとかも一緒に入ってて。
瓶の自販機・・・ギリギリぐらいで記憶がないのかも?? お店屋さんの中では普通に瓶のコーラ売ってたましたけどネ^^ ファンタの値段、60円だった時代も覚えてないワ(尊敬!)


> かつら屋さんの看板、チョー笑える・・・。
> バターケーキも懐かしいですね。
> 子供の頃苦手で、上にのってる砂糖漬けとかもう
> カンベンしてという感じでした(笑)
> でも、なんか今は食べたい気分になってきました(笑)
> (神戸元町の高架下にバターケーキを売っているレトロなお店があるそうですが)

カツラの看板、面白いでしょ?!(笑)もしかして昔VOWの本とかにも載ってたかな~?!と一瞬思ったんですけど。
バタークリームのケーキ、子供の頃あんまり好きじゃなかった人、結構いてますよ~^^;
確かに生クリームの方が高級感があって普通に考えたら美味しいんですけど、ワタシって今もそうなんですけどバタくさい味が結構食べれてしまう方なんで(笑)なんかあの風味がまた昭和の風味だなあと(笑)
元町の高架下にも売ってるお店あるんですか??行ってみようかな~。(´∀`)゚
[ 2012/07/06 19:04 ] [ 編集 ]
たぬきケーキすごく懐かしいですe-349
子供の頃、茶色(チョコ)の食べてましたe-343
私が食べていたのは中にオレンジジャムが入ってた記憶が。。e-317

男性カツラ、、i-179
こういうのスキi-237
[ 2012/07/06 16:54 ] [ 編集 ]
私もたぬきさんのバターケーキは知りませんでした。
そういえば子供の頃、クリスマスに
バターケーキはイヤだ、アイスケーキが食べたいと
駄々をこね、アイスケーキを買って貰った年がありました。
美味しかったなぁ~☆
マナサビイさんはアイスケーキを食べた思い出は
おありでしょうか?(笑)
[ 2012/07/06 13:27 ] [ 編集 ]
バタークリームケーキ!
そうそう、バラのケーキとか呼んでました。
うちの近所のケーキ屋さんはバタークリームでたくさん薔薇を咲かせるのが上手でフルーツなんかなしで、でも綺麗なケーキだったなぁ。ジンタンみたいな銀の粒も乗ってたな。でも生クリーム主流の時代に流されて、忘れてましたよ、その存在。たぬきケーキもあったかな??おぼろげに会ったような…。

で、フィリピンのマニラに越したときに、バタークリームケーキに再会しました。熱帯だからすぐ溶けちゃうんだよ、生クリームケーキ! だからクリーム主役のケーキは、バタークリーム。そうだったのか! の発見でした。
[ 2012/07/06 13:10 ] [ 編集 ]
伊勢では、あまり自由にぶらりと出来なかったけど、
(マナサビィさんは、満喫してますね♪)

それでも、海からの磯の匂いが、
『旅行に来たんだ!』感にひたらせてくれて
心地よかったですe-257
(盆地住まいだから、余計にそう思ってしまう)

鯛茶漬け、美味しそう~e-420
[ 2012/07/05 23:36 ] [ 編集 ]
わー終わってしまいましたかあ。
なんかちょっと残念(;´∀`)もっと読んでいたかった~。
なんか、いろんな意味で濃い土地ですよねぇ。
答志島の路地の写真なんて、なんだかもうタイムスリップしたような気持ちというか、小さかった時の気持ちに戻っていくというか…なんともいえない素敵な気分でした(*^。^*)

あ、でもたぬきケーキはやっぱりあけぼうも記憶がないw
ウチの母に聞いても「知らん」と言うんですよ~。
なんだろ?こっちの方では形状がたぬきではなかったのかもしれない!?
[ 2012/07/05 21:57 ] [ 編集 ]
こんにちわ ビンコーラの 自動販売機とは!
懐かしい物を 見せてもらいました。

寝や子制度も 古い慣習が 残っていて 
良いですねえ。
[ 2012/07/05 15:04 ] [ 編集 ]
こんにちは、

私らもろに脱脂粉乳、バタークリーム世代ですが、
たぬきケーキは知らなかったなあ( ̄▽ ̄*)
もっとも私がその手の物売ってる店に(当然洋菓子店でしょ)
出入りしてなかっただけかもしれませんが。

私もときどきバタークリームおもいきり舐めたいとか、
給食のココア味脱脂粉乳をがぶ飲みしたくなります、
育った食い物は抜けないんですね(≧▽≦)

まあ今のラムネとか飲むと、
こんなのラムネじゃないってがっかりしますので止めときましょ(^^ゞ
[ 2012/07/05 11:33 ] [ 編集 ]
またまた興味深い旅行記、面白かったです(^.^)

コーラの自販機は、私の子供のころはまだありましたよ。
ファンタが60円位だったような記憶があります。
まだ現役とは、鳥羽おそるべし。

かつら屋さんの看板、チョー笑える・・・。

バターケーキも懐かしいですね。
子供の頃苦手で、上にのってる砂糖漬けとかもう
カンベンしてという感じでした(笑)
でも、なんか今は食べたい気分になってきました(笑)
(神戸元町の高架下にバターケーキを売っているレトロなお店があるそうですが)

私も機会を見つけてまた鳥羽あたりを旅行したいです。
[ 2012/07/05 10:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR