ソラリスの時間 懐かしの「すてきなお部屋」♪小学館ミニレディ百科シリーズ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

懐かしの「すてきなお部屋」♪小学館ミニレディ百科シリーズ 

4月も半ばを過ぎたというのに肌寒い日があったり、何かと今年はいつもとは違う様相の春になっていますが、それでも子供の頃から、春は一年中で一番好きな季節です♪
卒業や入学、クラス替えでセンチメンタルな気持ちになったりハラハラドキドキ、環境の変化による多少のストレスを感じたりすることはあっても、春という季節が連れて来てくれる明るさ、暖かさがやっぱり大好きでした。

今は花粉症があったりするので、春だからといって手放しでは喜べませんが、それでも寒い冬を越えた後の明るい晴れやかな日差しに自然と心がワクワク します♪


で、これまた昔からの習性なのですが、春になるとなぜか急にやりたくなることがいくつか
1.料理レシピのスクラップブック作りなど、とにかく新しいノートを使った何か~♪ 
2.可愛い春服や雑貨が欲しい~~ 
3.お部屋の模様替え、ディスプレイ替え~♪ 

1は最近は「春旅」にとってかわっていますが、特にこの中でも3は、子供の頃からの長年の習性と言うか。

‘習性’というと毎年春になると部屋の模様替えをしてるみたいに聞こえますが、ただ「したくなる」だけで結局しないまま終わることの方が多いんです、実際のとこは(笑) やりだしたらめちゃめちゃ時間かかるから、なかなか着手できない。
まあ、それでもちょっとしたディスプレイの変更~飾ってる雑貨を替えるぐらいは自然とやってますけど。

なにせ家も部屋も狭いのでどうしてもぎゅうぎゅう詰めの収納優先になってしまい、スペースに余裕があればもっともっとディスプレイとかも可愛くできるのになあ と思う事もしばしばですが、限られた範囲で知恵をしぼって工夫するのもそれはそれで楽しいコトなのかも知れませんネ。



さて、そんな春にふさわしいこんな懐かしい本を最近見つけました♪♪♪ キラン


_050-1すてきなお部屋1


「小学館ミニレディ百科シリーズ」って覚えておられますか

同じ小学館の「入門百科シリーズ」の女子向け版で、きっとワタシのような昭和の女の子さんなら子供の頃、本屋さんで見かけたことが多かったハズ~♪  
そして、欲しい~~って思われた方、実際に持ってた方も多いんじゃないでしょうか??

実は最近、小学生の頃に読んでたこういう昭和の子供向けの実用本シリーズや、同じく当時の子供向けのキテレツなサブカル本シリーズ(宇宙人とかUFOとかオカルトとかの本(笑))を無性に読み返したくなって、古本市やネットで探していたんですが、「この本欲しいっ!」と思った本に限って売り切れてたり、なんと3、4万円などという高値がついてたりして、なかなか入手できないでいました。

でも、ネットでいろいろなサイトを見ているうちに、この本を見つけて。
当時実際に自分で持ってた本ではないのですが、「すてきなお部屋」というタイトルとこの昔の少女マンガっぽいイラストにひかれ、お値段も安かったこともあってget

最初は昨年upした手芸本のような、昭和ならではのダサ可愛さを期待しながらページをめくってたんですが、見てるうちに、「あ、そうそう!当時はこんなのがワタシも好きだったなあ~、憧れてたなあ~」とか、さらには「こんなアイデアいまだに好きだし、今でも通用するやん 」という事例がところどころにあって、想像してたのとは違った意味でノスタルジーに浸ることが出来ました。





_050-1すてきなお部屋収納


まず、個人的にちょっとビックリしたページが、コチラです

え?何が?普通の事が書いてあるんでは?! と思われるかもしれませんが、近藤典子さんをはじめとした収納達人の方が本やテレビで披露されているような収納テクニックが、すでにこの時代に子供向けの本の中で紹介されていたことに、少し驚いたのです。
目新しいアイデアみたいに感じてたけど、実はすでに昔からこういうアイデアって存在してたんだなあ~。




ワタシの子供の頃からの、そして今でも憧れのお部屋テクを続々と発見

_050-1すてきなお部屋窓


きゃあ~~~  好き好き、この感じ!
子供の頃から、こういう窓辺が憧れだったんです~~!
カーテンがもうちょっと甘さ控えめでナチュラルだったらカンペキ


でも、外国のおうちでよく見られる観音開きの窓に、レースのカーテン、そしてこの窓辺のディスプレイ、だいたいこういう出窓があるということだけでも。。。(惚)

小さい頃ってお人形さんの絵以外に、自分の憧れの家とか部屋とかお庭なんかの絵を描く事が多かったんですが、その時にイメージして描いてたのがまさにこういう窓辺でした!
観音開きの窓見ると、なんでこんなにテンション上がるんかな (笑)

窓辺にはこういうガラス瓶以外にもお花の鉢植えや花瓶なんかも描いたりしてました~~



_050-1すてきなお部屋collect


このページにもあるような綺麗な石ころとか、海で拾って来た貝殻、ビーズ、ビー玉etc.etc.をガラス瓶にいれたりして飾るのがこれまたなぜか昔から大好きなんですよ~

コレクションボードを使ったり、壁のボードにピンでさしたり吊るしたりして、いろんなモノを収納も兼ねて飾ったりするのもいまだに好きです。 今風に言うと‘見せる収納’というヤツですね^^

こういう自分の好きなモノだけを集めたお気に入りコーナーがあると楽しいだろうな~~

今でもこのブログを書いてるPCのすぐ横に、ガラス瓶や貝殻を地味ぃには飾ってます




_050-1すてきなお部屋モビール

えんぴチュモビール(笑)
このネーミングはさておき、モビールがこれまた子供の頃、なぜか無性に好きだったんですよ~♪

小学校の時、理科の授業でやじろべえを作ったのを覚えておられますか
学研の科学の付録であったのか、他の本を見ながら作ったのかは覚えてませんが、そのやじろべえの原理を使って・・・というような流れで、自分でもモビールを作ってみた記憶がありマス。

確かその時にもえんぴつを吊り下げるというアイデアを見たような気が(笑)

今はモビールを部屋に飾ったりはしていませんが、ゆらゆらとした涼しげで自由でのんびりとした雰囲気は相変わらず好きですヨ~ 夏には特に♪



自由さということでいくと。。。

_050-1すてきなお部屋壁絵


何と言っても壁全体に絵を描くというアイデア
ここまでいくとまさに、昔「できるかな」ののっぽさん水森亜土さんがブラウン管の向こう側で見せてくれてたような世界ですよね~
ビバ☆フリーダム!

こういうの、子供の頃やってみたかったなあ~~

かなりスケールとセンスは落ちるけど、ガラス戸や冷蔵庫や机のひきだしに手当たりしだいシールをペタペタ貼りまくったりはしてました(笑)

この壁に描かれてるイラストも、当時らしいメルヘンチックなイラストですね~







_050-1すてきなお部屋チェア


当時の憧れのインテリアとして忘れてはならないのが、ロッキングチェア!!!

ロッキングチェアって子供の頃、異様に憧れませんでしたか
ワタシだけかなぁ~(笑)


実は実は、ナニを隠そう、うちには今そのロッキングチェアがあるのです

10数年前に、住んでるマンションの粗大ゴミ置き場に捨ててあったのを母と一緒に拾って来たもので、ゴミ置き場で見た瞬間、子供の頃の憧れが蘇り、あんまりにももったいないから持ち帰らずにはいられなかったのです。 

実際に座ってみると不安定で(ロッキングチェアですから)、正直そんなに座り心地のいいものではなかったんですけど。
そして置く場所がないので、全く似合わない6畳の和室の隅っこに置いてるんですけどネ (← 意味ないやん (笑))

ああ、それでもロッキングチェアに揺られながら暖炉のそばで読書をする、そんな優雅な暮らしがしてみたかった!(笑)




他に、もっと地味に現実的に憧れてたのがこんなお部屋。

_050-1すてきなお部屋机


本を読んでるパンダちゃんにシビれるぅ~というのではありませんヨ(笑)

ワタシが子供の頃に住んでいた田舎の家には、専用の子供部屋がなかったのです。
なので、こういう自分だけの独立した部屋が持てるということ自体がまず第一の憧れで、もうひとつは、この机の形


これはもしかしたらワタシ独自の好みだったのかも知れませんが、小学校の何年生ぐらいからだったか中学になってからだったか、何の飾りもないシンプルな机に憧れを持つようになったのです。

今の小学生も同じだと思うんですが、小学校に入学した時って、本棚とかライトとかが全部作り付けになってるような学習机を買ってもらうことが多いですよネ^^
ワタシもそうだったんですが、ある時から、このイラストにもあるような机面と引き出しだけ(このイラストでは、その机の面すら板を渡した質素なものになってる?)のごくごくシンプルな机になぜか憧れるようになりました。

大人っぽさへの憧れだったのかも知れないし、アレンジできる自由度の高さがいいと感じたのかも知れないし、そのへんは自分でも不明ですが・・・。

いまだにシンプルでいい机が欲しいな~と思っています







この本の随所に出て来る、イラストで描かれた当時らしい子供オシャレファッションも懐かしく、注目してしまいました


_050-1すてきなお部屋ナイトキャップ _050-1すてきなお部屋エプロン

_050-1すてきなお部屋サロペット絵 _050-1すてきなお部屋パフ



ごくごくたまにビジネスホテルのレディースプランで宿泊する時に、アメニティでナイロン製のナイトキャップがついてくることがありますが。。。
昔ってなぜかやたら、お母さん世代やお姉さん世代の人がナイトキャップを愛用していませんでしたか
現在ではかぶってる人やシチュエーションをまず見かけないので、ナイトキャップはきっと‘昭和’ならではのおしゃれグッズだったのでしょうネ。。
(これが、おばあちゃん世代になると‘ヘアーネット’をかぶってることが多かったですよネ)


左下のイラストの、サンバイザーとサロペット(サロペットって遥か昔に死語になってしまったと思ってましたが、なんとなんと現在でも存在するんですよ~!最近ネットのファッション系のサイトでこの言葉を見かけた時、ビックリしました )の組み合わせは、ワタシの小学生の頃のファッションそのもの☆

右下のようなパフスリーブのワンピも、子供の頃よそゆきで確か1、2着持っていて、とてもとてもお気に入りでした
そのせいか、おばさん大人の女性になった今でもパフスリーブの洋服は、お姫様のドレスみたいで可愛いから大好きです
ああっ、パフスリーブのチュニックかワンピが欲しいっっっ~~~

エプロンの柄になってるギンガムチェックも、当時すごく多かったですよね~♪
(チェック柄の服自体が今よりも、全然多かった気がする)

やっぱりすてきなお部屋にはすてきなお洋服がお似合いネ





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ふふっ、前回のばあやのトラウマを払拭すべく、今回は久々に乙女モードで頑張ってみました^^/♪


裏書きを見ると、「すてきなお部屋」初版は1979年で、ワタシが今回入手したこの本は1989年発行の第14刷め!
さすが、ミニレディ百科シリーズ、昭和の女の子の間でひそかにロングセラーになってたんですね~


実はこの本と一緒に、同じミニレディ百科シリーズのとある本もgetしましたので、また近いうちにご紹介しますネ

来月は久々に四天王寺の古本市に行って、昭和の少年向けに出版されたサブカル本も探したいと思っちょりマス~





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/21 17:41 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(14)
水玉ねこさん、再コメ、ウェルカムですわよ~んe-454

> そうですソレ!『少女まんが入門』i-185
> 喜怒哀楽の書き分け方とか
> スクリュートーンみたいな?背景を書く方法とか…
> 本当に懐かしいi-237
> 記事up楽しみにしてますねi-184


そうそう、喜怒哀楽の表情の描き分け方とか、
背景の描き方とかもバッチリ載ってますよ~!(笑)
よく覚えておられますね~e-278
なんかうれしいわ~♪
upする時にはいろんなページをお見せしますんで
ぜひぜひお楽しみに~!e-446


> それにしても
> 少女まんが家&バレリーナは 魅惑の世界ですよね(笑)


ワタシは幼児時代、これに加えて歌手、お嫁さんという夢もありました(笑)
バレリーナに関しては、やっぱりあのドレスのような衣装が着てみたかった
んですね~、きっとe-420 よく絵にも描いてたですもん。
そのへんもまた触れますので~~(笑)



[ 2011/04/25 06:35 ] [ 編集 ]
そうですソレ!『少女まんが入門』i-185

喜怒哀楽の書き分け方とか
スクリュートーンみたいな?背景を書く方法とか…
本当に懐かしいi-237

記事up楽しみにしてますねi-184

それにしても
少女まんが家&バレリーナは 魅惑の世界ですよね(笑)
[ 2011/04/24 22:40 ] [ 編集 ]
水玉ねこさん、はじめまして~~~e-454


> 雑誌『マイ・バースディ』を愛読してたので
> このシリーズも 大好きでした!
> 『漫画家入門』を読んで漫画家を夢見
> 『バレエ入門』を読んでは
> バレリーナに憧れましたi-229
> 度重なる引越しで
> もう 一冊も手元にありませんが
> 久々 中身を見れて感激i-184i-184です
> 有難うございましたi-176


水玉ねこさん、実はワタシこれと一緒に、言われてる「少女まんが入門」も入手したんですよ~♪
上原きみこさんの絵が表紙のやつですよネ?!

ワタシも小学校低学年の頃、漫画家になりたかったんですよ~e-446
キャンディキャンディの「ミスまんが家」というお絵描き道具まで、絵の上達には何の役にも立たなかったけどしっかり持ってました(笑)
そしてなんとその前、幼児の頃はワタシもバレリーナに憧れた時期が!
みんな考える事は一緒だったんですね~i-229

近々(といってもワタシの近々は1ヶ月ほど先だったりしますが)「少女まんが入門」もなかみをupしますので、またぜひぜひ見に来てくださいネ~~~e-275
[ 2011/04/24 17:46 ] [ 編集 ]
えっと、お名前なかったんですけど、たぶん、さぶさんですよネ~e-3e-3
そのつもりでコメント書きます(万が一違う方だったら、ゴメンナサイe-466 名乗り出てくださいな~i-201


> UFOのヤツとか今ではそんな高値の本があるなんて・・・
> ビックリです。
> 出窓、憧れましたね~。男の私でそうでした。
> 実際、京都に住んでたころ、出窓付きの貸家だったんですけど、結局TV置いてしまって何にも出来ませんでした(笑)


なんと、さぶさんも出窓好きだったとは!(笑)
でも、テレビ置けてたってことは結構大きな出窓だったんでは?!


> あと机。
> 私も同じく、いつ頃からかシンプルなものに憧れて。
> 中学か高校になってメッチャシンプルなヤツ購入しまして。それ、今でも息子が使ってます。
> 今は引っ越してバタバタしてますけど、「古民家だけどオシャレな家」を目指してま~す!


机ってワタシだけじゃない、結構みんな成長するにつれて、同じような好みの変化をたどってるものだったんですね~!i-190 ちょっと驚きました。
やっぱりシンプルなオトナっぽさへの憧れe-3e-2 何なんでしょうね~(笑)

ワタシは結局、小学校に入学する時に買ってもらった学習机を高校までずっと使ってて、その机はその後いとこが使うようになりました。
息子さんに受け継ぐのってなんか自然な流れとはいえ、カッコ良いですね~e-287

完成したさぶさん宅を見るのが楽しみです~~~♪e-454
[ 2011/04/24 17:27 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、コンニチワ~~e-320


> なかでも、マナサビイさんが地味に憧れてた子供部屋と同じ理由で思わず読みながらニヤニヤしちゃいましたが、あけぼうも当時、自分の部屋が畳の和室なのがイヤでしてねぇ・・・。その付録本には、押し入れをベッドとしてリメイクする術が詳細に、それこそブログに載ってるイラスト図解のようなかんじで掲載されていて、これがやりたい!と母にねだりまくったもんです。無論、却下されちゃったんですけどね・・・(;´∀`)


わっ、実はですね~、この本の中にもその押し入れベッドのアイデア、あったんですよ~!
載せたら良かったなあ~(笑)

なんか押し入れって少しワクワクする空間ですよネ。いちおう壁や天井らしきもの?もあって、小さな仕切られた部屋みたいな感じでもありますもんネ e-446
「押し入れの冒険」っていう子供向けの物語なんかもあったし。

わが家には途中からベッドがやってきたんですが、それまではやはりワタシも布団しいて寝てて、友達の家にあった二段ベッドとかにすっごい憧れてましたe-350
二段ベッドってなんかめっちゃ憧れませんでしたe-3e-3(笑)

こういう本を見て、あけぼうさんみたいにお母さんにお部屋をこうしたい~~~i-201ってねだった子、たくさんいたんでしょうね~^^
そしてきっと大半が、秒速で却下されてたんだろうなあ~(笑)

[ 2011/04/24 17:08 ] [ 編集 ]
はじめましてi-88 

雑誌『マイ・バースディ』を愛読してたので
このシリーズも 大好きでした!
『漫画家入門』を読んで漫画家を夢見
『バレエ入門』を読んでは
バレリーナに憧れましたi-229

度重なる引越しで
もう 一冊も手元にありませんが
久々 中身を見れて感激i-184i-184です
有難うございましたi-176
[ 2011/04/24 00:27 ] [ 編集 ]
なんか懐かしいですね~。
このミニレディ百科はいらないんですけど、小学館の本はほんとうにたくさん読みました!
UFOのヤツとか今ではそんな高値の本があるなんて・・・
ビックリです。

出窓、憧れましたね~。男の私でそうでした。
実際、京都に住んでたころ、出窓付きの貸家だったんですけど、結局TV置いてしまって何にも出来ませんでした(笑)

あと机。
私も同じく、いつ頃からかシンプルなものに憧れて。
中学か高校になってメッチャシンプルなヤツ購入しまして。それ、今でも息子が使ってます。

今は引っ越してバタバタしてますけど、「古民家だけどオシャレな家」を目指してま~す!
[ 2011/04/23 23:30 ] [ 編集 ]
うわぁ!超わかる~~~!!
あけぼうはこういう本があることまでは知らなかったのですが「りぼん」か「なかよし」かは忘れましたが、こういう付録本があったのを強烈に覚えていますよ(ノ´∀`*)
なかでも、マナサビイさんが地味に憧れてた子供部屋と同じ理由で思わず読みながらニヤニヤしちゃいましたが、あけぼうも当時、自分の部屋が畳の和室なのがイヤでしてねぇ・・・。その付録本には、押し入れをベッドとしてリメイクする術が詳細に、それこそブログに載ってるイラスト図解のようなかんじで掲載されていて、これがやりたい!と母にねだりまくったもんです。無論、却下されちゃったんですけどね・・・(;´∀`)
[ 2011/04/23 22:06 ] [ 編集 ]
りす子さんe-454

コメントちゃんと見れましたよ~e-461


[ 2011/04/23 17:38 ] [ 編集 ]
あ~そうですねっv-237
図書室にあったかもっv-405
私もレアな懐かし本、探してみますね~i-228i-70


私事なんですがコメント返信したのに今ふと見たら
表示されてなくて。。v-409
パソコン苦手なのでよくわかりませんがあれこれ格闘してたら表示されましたe-51
のでお暇なとき見てくださいe-113

また気ままに訪問させていただきま~すe-68

[ 2011/04/23 11:26 ] [ 編集 ]
ガンバル塾長さん、コメントでははじめましてですね~e-454
ありがとうございマス^^


> 突然ですが、現在私は東日本大震災の支援募金活動を行っております。そこで、マイサビイさんにもご協力いただきたいのです。私のブログのテッペンにバーナーが貼ってありますので、ぜひワンクリックして頂きたいのです。マナサビイさんには一切ご負担はかかりません。1日ひとり1回しかできないようになっています。ワンクリックして頂くと、自動的に1円募金したことになります。ぜひ、ご協力頂けると嬉しい限りです。宜しくお願致します。


塾長さんは仙台の方ですし、地元で被災されている多くの方のためにも、よけいに何かをせずにはおれない思いでしょうね。
了解です♪ 微力ながら、訪問のたびにクリックさせていただきます~~e-461
広く告知したい情報などがまたありましたら、ワタシのブログでもその情報を載せたりさせていただきますので、おっしゃってくださいね~!


[ 2011/04/23 09:58 ] [ 編集 ]
りす子さん、おはようございマス~~e-278

> わぁe-343
> わかるっわかるっって思いながら見入ってしまいましたe-349
> ロッキングチェアは近所のおばさんちにあってよく遊びに行っては自分の椅子かのように座ってユラユラしてましたe-446懐かしいなぁe-420


ロッキングチェアは子供の頃は実物を見た事がない、ほんとにテレビや本で見るだけの憧れインテリアのひとつでした。
そうですね~、もしかしたらりす子さんみたいに子供の頃に出会ってたら、ちょうど体重の感じも良くて座り心地も揺れ心地ももっと快適だったのかも?!(笑) 
でも存在自体が、のんびりしてて優雅ですよね~e-349
うちの拾って来たチェアには、今お人形さんとぬいぐるみが座っています(笑) 


> この本のシリーズ持ってはいなかったけどお友達のおうちで見たのか。。記憶にありますね~e-266
> パフスリーブは私も今でも大好きですよ~e-349e-343


このシリーズって学校によっては図書室にも置いてあったみたいですよ~^^
ワタシは本屋さんで見かけましたね~。
パフスリーブ、可愛いですよネ~i-178 
子供の頃に描いてたお人形さんのドレスの絵も、たいていパフスリーブでした(ディズニーのシンデレラみたいなi-55e-420(笑)) 
[ 2011/04/23 09:46 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させていただいています。
私のブログにもご訪問いただき、ありがとうございます。

突然ですが、現在私は東日本大震災の支援募金活動を行っております。そこで、マイサビイさんにもご協力いただきたいのです。私のブログのテッペンにバーナーが貼ってありますので、ぜひワンクリックして頂きたいのです。マナサビイさんには一切ご負担はかかりません。1日ひとり1回しかできないようになっています。ワンクリックして頂くと、自動的に1円募金したことになります。ぜひ、ご協力頂けると嬉しい限りです。宜しくお願致します。

[ 2011/04/22 21:39 ] [ 編集 ]
わぁe-343
わかるっわかるっって思いながら見入ってしまいましたe-349
ロッキングチェアは近所のおばさんちにあってよく遊びに行っては自分の椅子かのように座ってユラユラしてましたe-446懐かしいなぁe-420
この本のシリーズ持ってはいなかったけどお友達のおうちで見たのか。。記憶にありますね~e-266
パフスリーブは私も今でも大好きですよ~e-349e-343



[ 2011/04/22 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR