ソラリスの時間 マナサビちゃん、昭和30年代の東京で職探しをする、の巻♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

マナサビちゃん、昭和30年代の東京で職探しをする、の巻♪ 

こんにちは。 この間とある場所からの帰り道に、「あぁ~、ここから駅までワープできたらええのにな~ 」となにげにつぶやいたら、「ワープって  ・・・マナサビイさん、歳がバレますよ」と苦笑まじりに言われてしまったマナサビイです

「ワープ」は「宇宙戦艦ヤマト」の中でしか出て来ないコトバだから、ヤマトを子供の頃に見てた世代ということがバレバレですよ、という意味のことを言われてしまったんですが。。。そ、そんなことないよね~

「タイムワープ」っていう言葉だってあるんやからな~!!!(←急に強気)
おい、もちっと勉強し直さんと、そんなんやったら、ワタシみたいにタイムトラベルなんかできへんゾ~! ボケぇっ!!!



・・・へっ マナサビイさんて、タイムトラベルができるんですか


ハイ、できますとも。 そして行ってまいりましたとも、今回はいつも話題にしてる昭和40~50年代よりも昔の、昭和20年代後半~30年代の東京へ

まだまだワタクシなんぞ影もカタチもなかった時代ですが、何てったってあの映画「ALWAYS~三丁目の夕日」の時代、日本の景気は戦後のさらなる復興と神がかり的な高度経済成長突入目前でアゲアゲだった時代ですよ。
ワタクシなんぞ引く手あまたに違いないっ!

モダンな昭和美女として、一から人生をやり直すのじゃ~っ





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





_0407求人欄1951


昭和20年代半ばの東京に無事到着、っと。
まずは、何と言っても職探しからやね。
本格的に戦後の復興が始まったばかりの頃、まだまだ求人の数は多くないけど、水商売を中心に意外に女性の求人もある。


しかし、「求女性」「女性求む」という控えめな求人コピーも、昭和30年代に入ると経済の復興に伴うようにして、徐々にハードル高めの条件が付け加えられていきます。。。↓↓↓


_0407求人欄近代女性   _0407求人欄社交女性

_0407求人欄高級婦人社員   _0407求人欄お嬢さん   _0407求人欄令嬢



「近代女性」とか「高級婦人社員」というコトバに時代を感じますネ~^^
そして、ホンマモンの銀座令嬢は、こんな求人には応募せんやろな~、というのもありますけどネ。

しかし、まあこのあたりまでは良かったんですよ、ワタシでもダメモトでちょっと応募してみようかなぁと思えるような。




が。。。


_0407求人欄美女店員   _0407求人欄美しい方

_0407求人欄美しいお嬢さん   _0407求人欄若い女性


・・・ (-_-;)



_0407求人欄お若いです


・・・ (-_-;)



ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっと!!! 
やたら、「若い」「美しい」という条件が増えて来てない

右の求人広告の店名は、男性客のことを言ってる表現かも知れないけど、特に「若い」というコトバには過剰な反応を示させていただきますわよ~!!!

平成の時代に連れて行って、一人残らずセクハラで訴えるぞ~~!!!






・・・さ、気を取り直して、他の求人を探そうっと


_0407求人欄パリ

「パリのセンス 京風のムード」。。。なんか想像しただけで店内、スゴそう(苦笑)


_0407求人欄姉妹

姉と妹、アナタの好みはどっち 的な。
ワタシは姉タイプ、清純型の乙女、かなぁ~(きゃははっ ヾ(≧∇≦*) 照 )


_0407求人欄ダリヤ

「お客様の接待はホステスが受持ちます。貴女は只、ダイアナのフラワーとしてお勤めして戴くのです」

・・・という楽チンそうな壁の花的な仕事にしては、高給をうたい文句にしてるし、実際に給料良すぎないですか 
たぶんこの頃って大卒の初任給でもこのぐらいだったのでは??

う~ん、どこか怪しいゾ、ダイアナのフラワー



_0407求人欄クリスマス

「虫がもう、クリスマスよと告げています」(五七五
ちなみにコレ、10月3日の求人広告ナリ~






ああ~、もうせっかくタイムトラベルして昭和30年代の世の中までやって来たのにぃ~

なかなか、コレ っていう美味しそうな仕事ってないもんやなあ。。。


_0407求人欄おばさん1



・・・ん





_0407求人欄おばさん4



おばさん、年45歳迄


ああ、ああ、そうですとも!
確かにワタクシは45歳までのおばさんですとも!
この条件にうってつけの年齢ですとも!

この求人に応募すりゃええんでしょうが~~~~!!!




_0111年賀9

ウガ~ッ








もういい、マナサビちゃん、平成に帰るっ。。。!





☆☆☆☆☆☆☆ 



先ほどは、乙女なワタクシらしからぬ取り乱し方をしてしまいましたが 、タイムトラベルしてきた昭和の世界で、ついでにもうひとつこんな求人まで見つけてしまいました。

_0407求人欄老


老女中、50以下 って (-_-;)  50以上というならまだしも。。。
いや、今の世の中だったら50以上で「老」女中っていうのも、なんかビミョーな気がする。
でも、これは「おばさん」広告よりもさらにずっと昔の昭和16年の求人広告なんですけどネ。




実は、今日ご紹介したこれらの求人広告はすべて、

_0407求人欄表紙

ザ・求人欄


という本から抜粋させていただきました


昭和初期から昭和30年代末までの、読売新聞、報知新聞(求人内容的にはスポーツ紙系?スポーツ報知?)の求人欄をいくつかピックアップして掲載している本で、他にも、


_0407求人欄その他1


このようにヤクルトは元々は男性が配達していた事がわかる広告があったり、自分はこんなことが出来ますので雇ってくださいという、なんと個人の逆アピール広告が存在したり。。。
などなど、現在では考えられないような求人広告が満載


ポーラ化粧品が元々は訪問販売から始まったとか、ボディビルが昭和30年の時点ですでに日本にあった(ワタシはてっきり、森永のエンゼル体操の‘ムキムキマン’の頃が日本では最初だと思ってた。だってこのCMで生まれて初めてあんなムキムキの筋肉を見たから(笑))とか、
そういう事実が、wikiとか企業のHPなどではなしに、新聞の求人欄を見ることでわかるというのがオモシロイのです♪


さらには、この本の最終部分である昭和35年ともなると、東京オリンピックを控え、高度経済成長がいよいよ本格化していることもあって求人の数自体が数年前までと比べても急増していることがわかるし、車社会の到来により、やたらトラックやダンプ、タクシーの運転手の求人が多かったりする!

やはり求人欄って、時代を映す鏡とも言えますよネ~




それにしても、かえすがえすでキョウシュクですが、おばさん、年45歳迄って・・・  (しかも、迄、ですよ、まで!(苦笑))


このブログでも何度も書いてるように、確かに昔って今よりもみんな信じられないぐらい老けてたので(例:あの風貌で波平54歳、フネ48歳)、40代前半で完全に初老扱いというのもありえる話ではあるんですが。(考えてみたら、うちの亡き祖母も写真見たら40代ですでにかっぽう着着てたしな~)
この書き方だと、当時はヘタしたら30代前半でもおばさん扱いされてた可能性もあるかも


しかし「おばさん」というような神経を逆撫でするような表記は。。。現在では、まあまずありえませんわネ~



_0407求人欄ばあ


ダメ押し的な、昭和9年の広告。 ばあや50歳前後・・・

あと数年もすれば、ワタクシ、ばあやに応募可能ですけど、それが何か~










出版社「TOブックス」HP ←本の内容の詳細はコチラを♪


( 昭和40~50年代の求人広告も見てみたい気がするなぁ~♪
違った意味で、怪しげな広告が多い気がするんですけど。。。
当時の怪しい通販の広告みたいにネ(笑))







にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ


(先ほど、また東北で大きい余震があったみたいですね。。。 すでに寝ていた方も大勢おられたんじゃないでしょうか 
みなさん、おケガなしにご無事でありますように。。。!)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/07 23:31 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(12)
犬塚ケンさん、おはようございマス~♪

> 店員さんの条件に「小柄」というのがあっておかしいですね。


この本の中でもそれが指摘されていました(笑)


> しかし「クラブダイアナ」はおかしいと言うより、絶対怪しい!
> 昭和の女性は逞しいので、こんな広告には騙されなかったと信じたいなあ。


ここではダリアガールの募集となっていますが、同じお店で時期を変えてリリーガール、チューリップガールの募集もありました。しかも毎回数十人単位の募集(笑)
楽で高給の仕事だったら、人が定着するハズなのに~i-229


> 今は昔と比べて、栄養や美容が相当進化しているので、
> 女性の外見と年齢の関係は、全然違いますよね。
> でも「ばあや50歳前後」は、かなりの破壊力……(笑)。


「ばあや50歳前後」。。。これでいくと、黒木瞳さんもばあやど真ん中(笑)
「あの、ワタクシ、ばあやの募集見て面接にまいりました e-295e-420
当時の人が見たら、今の人の若さに逆にビックリするかもですね~(笑)

いつもありがとうございますですe-320
更新今日か明日中にしますので~~~i-201

[ 2011/04/20 08:13 ] [ 編集 ]
こんばんは。

この本を全部読めば、かなりの昭和通になれそうです。
店員さんの条件に「小柄」というのがあっておかしいですね。
しかし「クラブダイアナ」はおかしいと言うより、絶対怪しい!
昭和の女性は逞しいので、こんな広告には騙されなかったと信じたいなあ。

今は昔と比べて、栄養や美容が相当進化しているので、
女性の外見と年齢の関係は、全然違いますよね。
でも「ばあや50歳前後」は、かなりの破壊力……(笑)。

今回の記事も面白かったです!
[ 2011/04/17 21:49 ] [ 編集 ]
ツバッキーさん、おはようございマス~~i-1
v-254(←これ、おまけです。ダイアナのフラワー)


> ぶわっはっはーーーーめっちゃ笑いましたーー!>
> 45歳でおばさんて言い切られてるんもアレだけど
> とにかく当時は若い、綺麗、小柄とか・・銀座令嬢等がだいじだったのね・・・
> っていまもきっとそういう業界ではそうなんだろうけど
> もっとこう、ダイレクトなんがおもしろい!


ダイレクトすぎますって~!i-282
でも、これで通ってたんですから(笑)


> 「老女中」って、一瞬「老女」の募集かと思って(笑)
> 篤姫とかにでてくる老女とかそういうたぐいの募集かと
> (-_-;)
> 女中って今はたしか禁止用語かもしれんし(笑)
> 昔の新聞とかほんとすごい面白いですよねーーーー。


確かに字が「老女」と「中」の間がなぜかあいてますもんネ^^
女中って言葉、最近聞かない、あ、でも昔からそういう人がいるような
環境に暮らしてなかったから、まあ昔っからなじみがないと言えばないんですけどネ(笑)
禁止用語になってるのかな~

うん、さきほどさぶさんへのコメントにも書いたんですけど、
ワタシらが子供だった昭和40~50年代の求人広告もすごく怪しげで興味あります♪
投書欄とかも今とはズレてて面白そうやし(笑)
マジで取り寄せてみようかな~~ 図書館でコピーしたりして(笑)
[ 2011/04/11 07:28 ] [ 編集 ]
さぶさん、おはようございマス~~~i-1

> 面白いっすね~、コレ!
> 個人的には「巴里のi-201センス 京風のムード」っていうやつ!
> 想像しようとしましたが・・・サッパリ浮かびませ~ん(笑)


巴里のセンス、京風のムード。。。ワタシの想像した図は、
シャンデリアとか洋風のインテリアの店内の中で、芸者・舞妓姿のホステスさんが乱舞している図e-412
まあ、実際はこんなコメディ映画とかコントみたいにハチャメチャじゃなかったかも知れませんけど、それならなんかもっと書き方はなかったのかと思いますよ~(笑)


> しかし、こういう本大好きです!
> 見てみたい~。
> 私もマナサビイさんのおっしゃるとおり、40年~50年代の求人広告に大変興味がありますね!!


そう、昭和40~50年代って全体的にはこの時代より普通でも、よ~く隅々まで見て行くと時々ものすごい怪しい求人が載ってそうな気がしますv-17
そういうのを見つけたいわ~、ぜひ!
自分で昔の新聞を取り寄せて、探そうかなあ~(笑)
[ 2011/04/11 07:10 ] [ 編集 ]
ぶわっはっはーーーーめっちゃ笑いましたーー!

45歳でおばさんて言い切られてるんもアレだけど
とにかく当時は若い、綺麗、小柄とか・・銀座令嬢等がだいじだったのね・・・
っていまもきっとそういう業界ではそうなんだろうけど
もっとこう、ダイレクトなんがおもしろい!
しかし女性の職場ってほんと少なかったんでしょうねー。

「老女中」って、一瞬「老女」の募集かと思って(笑)
篤姫とかにでてくる老女とかそういうたぐいの募集かと
(-_-;)

女中って今はたしか禁止用語かもしれんし(笑)

昔の新聞とかほんとすごい面白いですよねーーーー。


[ 2011/04/10 22:02 ] [ 編集 ]
面白いっすね~、コレ!
個人的には「巴里のセンス 京風のムード」っていうやつ!
想像しようとしましたが・・・サッパリ浮かびませ~ん(笑)
しかし、こういう本大好きです!
見てみたい~。

私もマナサビイさんのおっしゃるとおり、40年~50年代の求人広告に大変興味がありますね!!
[ 2011/04/10 19:11 ] [ 編集 ]
はやちゃんさん、おはようございマス~!i-1

> 30年代!特にオールウェイズの世代
> 東京タワーと同い年の自分です^^
> 同級生にはホンダのスーパーカブにチキンラーメンと多彩


時々訪問させていただいてましたので、リンクしていただいて、
きゃ~、ありがとうございマス~♪♪♪
ワタシもそれでは早速、リンクさせていただきますe-454

山形、先日の大きな余震で停電になってたみたいですね。
震源は太平洋側なのに、秋田とか山形とかの日本海側も今回の余震では
広い範囲で停電になってたという情報を見て、少しびっくりしました。
でも、ご無事でいるのが何よりですよネe-454
今も少しブログを拝見したんですけど。。。コメント入れさせていただきたいので、
またあらためて寄せていただきます~!
[ 2011/04/10 05:46 ] [ 編集 ]
fuseさん、おはようございマス~!i-1

> 確かに僕が小さい頃は
> 50過ぎた人には、おじいさん、おばあさん
> 呼ばわりした気がします。
> 24~25になれば、おばさんの呼び名も当たり前だったかも


そうですね、確かにワタシも子供の時は、30歳っていったらもうすっかり
落ち着いた中年=おじさん、おばさんというイメージを持ってましたね~。
24、5でおばさんだったら、今のワタシはいったいどうなんの~?!(笑)


> 職業婦人なんて言ってた。
> 職種もそんなにはなかったろうから
> 給仕と書かれたホステスさん募集とか
> 工場勤務なんかが多かったのかな。
> 募集広告の文面からは想像できない
> ぞんざいな待遇も多かったんでしょうね。


職業婦人という言葉、子供の頃まではワタシも普通によく聞いてた気がします。
この本に載ってる求人欄では、生保の営業レディ(これ、なんと既に20年代から求人が何回も載ってました)、タイピスト、理美容師さん、看護士さん、家政婦さん、このあたりはお水系以外でも女性の求人が多かったですが、他は、おっしゃる通りで、給仕さんとか喫茶店勤務とか普通にホステスさんとか工場関係とか、ですね、やっぱり。
ぞんざいな待遇・・・多かったのかもしれませんね~。「ああ野麦峠」まではさすがに行かないかもですが。
だいたいこの「おばさん」表記からしてすでにぞんざいですし!!!(笑)

[ 2011/04/10 05:25 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、おはようございマス~~~i-1


> いやーん!マナサビイさんてば、見てはならないパンドラの箱のような本じゃないですかあ(;´∀`)これ~。
> 女性に対する要求がまったくオブラートに包まれていませんもんねぇ:(;゙゚'ω゚'): 
> いやーよかった。平成に働く女で(笑)
> あけぼう、昭和の要求には応えられないや~(笑)


箱、開けました~、憤りながらも!(笑)
この調子だとよっぽどの美人でない限り、三十路を過ぎたらおばさん仕分けな気がするけど、しかしこの先いくら歳とっても、ばあやには応募したくないっ!!!(苦笑)

でも、ふと考えたんですが。。。もし、ほんとにこの時代にタイムスリップしたら、今の女性って実年齢よりもめちゃめちゃ若く見られるんではe-3e-3 外国人から見たら日本人の女性が若く見えるのと一緒で。
「ええっ?!e-451 歳よりもすごく若く見えるしキレイですよ~e-278」なんて言われようものなら、それはそれで嬉しいかも?!e-446 自信をつけるために月イチぐらいでタイムスリップできたらええかもですね~(笑)
[ 2011/04/10 04:46 ] [ 編集 ]
30年代!特にオールウェイズの世代
東京タワーと同い年の自分です^^
同級生にはホンダのスーパーカブにチキンラーメンと多彩

アッと本題ですが 相互リンクお願いできますでしょうか?
勝手ながら自分のほうは貼っておきますので、不都合な時は遠慮なく申し出下さい  m(__)m
[ 2011/04/09 22:59 ] [ 編集 ]
おもしろーい
少し前のことなのにね。

確かに僕が小さい頃は
50過ぎた人には、おじいさん、おばあさん
呼ばわりした気がします。
24~25になれば、おばさんの呼び名も当たり前だったかも

働く女の人も今ほど多くないから
職業婦人なんて言ってた。
職種もそんなにはなかったろうから
給仕と書かれたホステスさん募集とか
工場勤務なんかが多かったのかな。

募集広告の文面からは想像できない
ぞんざいな待遇も多かったんでしょうね。
[ 2011/04/09 12:06 ] [ 編集 ]
いやーん!マナサビイさんてば、見てはならないパンドラの箱のような本じゃないですかあ(;´∀`)これ~。
女性に対する要求がまったくオブラートに包まれていませんもんねぇ:(;゙゚'ω゚'): 
いやーよかった。平成に働く女で(笑)
あけぼう、昭和の要求には応えられないや~(笑)
[ 2011/04/08 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR