ソラリスの時間 心の箱を開けた日 ~昔もらった手紙と旅先からの絵ハガキ☆

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

心の箱を開けた日 ~昔もらった手紙と旅先からの絵ハガキ☆ 

いつもとはかなり様相の違う、今日のこのブログのタイトルを見て、「え (・・・サイト間違えた?) 」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが。

本当は今日は全然違う内容を書こうと思ってたんですが、この間の日曜日、ガラにもない物想いにふける1日を過ごしてしまい・・・その感慨には逆らわないで素直でいようと思ったワタシです


ちょっと前に、このブログの中で小学生の時に友達としていた交換ノートの中身を恥ずかしながら大公開しましたが、実はその際、その中の何冊かのノートと一緒に昔もらった手紙や年賀状、旅先からの絵ハガキが箱に入って出て来ました。
何年か前に部屋の大きな模様替えをした時にもこの箱の中身は確認したことがあったので、べつに驚かなかったのですが、その時はどんな内容のハガキや手紙が入ってるかまではほとんど見ておらず、日曜日にふと思いついて中に入っていたハガキや手紙を何通か読み返した時の感慨深さと言ったら。。。

18歳の誕生日に母からもらったバースデーカード以外は、10~10数年前、ワタシが20代半ば~30代前半ぐらいの時にいろんな人からもらった手紙やハガキがそこには残っていました。





_090エポックハガキ1


昔勤めてた会社でよく一緒にお仕事させていただいていた外注スタッフの方が、旅先のチベットから送ってくださった絵ハガキ。
ワタシよりも年上の女性の方だったんですが、旅好きな方でアジア方面によく旅されてました♪
旅の資金を稼ぐために働くという、今となってはとても羨ましい生き方をされてた方だったなあ。。。  根っからの自由人でひょうひょうとされててマイペースな方 だったけど、温和で大人の女性の持つ気配り上手な面、しっかりした面もちゃんと持ち合わせておられて。。。

当時まだレールの上に乗っかった人生しか知らなかったワタシにとっては何だか異星人 のように?!(笑)思えることもあったけど、今はこのおおらかでとらわれない生き方、尊敬できてそして共感できる気がします^^




_090エポックハガキ2


子供の頃からの友達Mちゃんが、ハネムーン先のアメリカから送ってくれた絵ハガキ
ディズニーランドに行ったことや、明日はUSJに行くということが書かれていて、楽しそうな旅行の様子が伝わって来る♪

あれからもう14、5年になるんだなあ。。。





_090エポックハガキ8



普通に郵便で送られて来たハガキや手紙だけではなしに、手渡しでもらった手紙までなぜか残ってました

この手紙の折り方も懐かしいでしょう
中学や高校の時、授業中に書いて友達に回してた手紙とかを思い出しますが、コレ、学生の時ならぬ、れっきとしたオトナになってから職場でもらった手紙デス、ハイ



_090エポックハガキ9


それにしても、なんでこんな手紙までとってたんだろうな~ (^_^;)  でも、懐かしい。。。






_090エポックハガキ7

_090エポックハガキ11


昨年結婚したいとこのAちゃんが、小学校高学年か中1ぐらいの時にワタシにくれた手紙。
セーラームーンが好きでよく絵を描いてました
この頃、Aちゃん、声優になりたいって言ってたような記憶がありマス^^



_090エポックハガキ10


まだ子供だったいとこが、大人のワタシに伝えてくれた励ましの言葉。
あまりにも悩みすぎて落ち込みすぎて、子供だったいとこの前でまでボロッと悩みをこぼしてしまったりしてたんだろうなあ。。。
今読み返すと、子供なりにワタシのことをまるで親友のように一生懸命思っていてくれたんだなあということがわかる。。。 
Aちゃん、ありがとうネ。





_090エポックハガキ3


_090エポックハガキ13



自分を見失ってもがいていた時期(まあ、今でも似たようなもんですが^^;)に、あるきっかけで知り合った方からいただいたハガキ。 本当は旅先のハワイから送ってくださる予定だったみたいなのですが、帰ってきてから手渡しでいただいたハガキです。

これをいただいた時は、書かれてる言葉の意味が理解できず、こんな言葉をおくってくださることへのありがたさすら感じることができませんでした。

「その時はわからないけど、本当、宝はそばにあると思って。」
その通りかも知れない、と今は思えるようになりました。 
先生、ありがとうございました



そして・・・



_090エポックハガキ4


_090エポックハガキ6


このひとつ前の記事にご紹介した「アールティ」ほか、おいしいお店の記事の文中で何回か登場しているHさんが、11年前に旅先のイタリアから送ってくれた絵ハガキ。

Hさんとはじめて知り合ったのは、この前年なので、かれこれもう12年の細くなが~いおつきあいになります。
当時から食べ物の話ばかりしてたHさんとワタシ、このイタリアからのハガキにもそれが表れてるような(笑)


実は昨年、Hさんが近々結婚するようなヒラメキ がなぜか突然降って湧いたようにやってきて(笑)、「今年中には結婚しそうな気ぃするよ♪」と言ってあげてたのに(注;ワタシにこんなヒラメキが起きることはめったにありません)、その予知はハズれ、ア~ア、やっぱり気のせいだったんかなあ?と思ってたところ、
な、なんと、ついこの間、Hさんから電撃入籍&オメデタの報告が!!!

1年遅れでワタシの予知が当たったHさんへのお祝いのプレゼント、何にしようかなあ~、近々一緒に美味しいもの食べに行っていろいろ話を聞きたいなあ~ と、少し淋しい気分を感じつつも、まるで自分のことのように幸せな気分になりました


Hさんと知り合った12年前の秋、9月か10月の頃。
キンモクセイが咲く駅までの道を一緒に歩いて帰ってた思い出があります。
今うちの庭にも、季節外れのキンモクセイの花が咲いています







この他にもたくさんの手紙やハガキが箱の中に入っていて、そのほとんどを読み返してみたんですが、これらのハガキや手紙をもらった今から10~10数年前、20代半ば~30代前半の時期というのは、出口の見えない真っ暗なトンネルにひとり放り出されてしまったかのような、私にとって本当に苦しくてつらい時期でした。

ハガキや手紙の文面だけみてると人間関係も結構楽しそうで、そうでもなさそうじゃない?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。。。
実はいろんなことがあって心を病んでしまい、今日upしたハガキや手紙をくれた友達や家族、身近にいる人に対しても、その後、さらにひどいことを平気で、本当に平気で言えるような状態にまで追い込まれてしまったこともあり、周りにいる人を傷つけたり迷惑や心配をかけたり・・・そしてそのことでまた心を病む、そんなことの繰り返しの日々でした。 
この時期になくしてしまったものはたくさんあるし、その中にはいまだに回復できてないものもあります。


でもそんな時期にあっても、温かい励ましの言葉をかけてくれた人、許して見守ってくれた人、変わらず接してくれようとした人、そんな人たちがいてくれたことに、箱に入ってるハガキや手紙を読み返してあらためて気づきーーー涙がこぼれそうになりました。


こんな手紙やハガキをくださった人の中には、この頃以来もうずっとお会いしてない、そしてこの先もう2度とお会いすることもないんだろうなという人もいて、だから面と向かって気持ちを伝えることはもうできないけれど。でも本当に心から感謝しています。

ワタシにとっては人生の中でいちばん思い出したくない時代だけど、そんな時に出会って温かく接してくれた人、温かい言葉をかけてくださった人のことだけは思い出したくないなんて言わず、ずっと心の中に忘れないで覚えていよう・・・!
手紙やハガキを読み返しながらそんなふうに思いました。





いつもの「ソラリス」とは違うちょっとしんみりした、らしくないブログになってしまいましたが。。。

でも、ずっと前に開けて心の中で「整理」したつもりでいたのに、実は完全にはまだ開かれていなかった過去のいろいろな思いが詰まった箱を開けることができて、そして本当は思い出したくない思い出も「ありがとう」という感謝の想いで包むこと、認めることが出来て、本当に良かった!


_090エポックハガキ12


この間、丹波篠山に行った時に見つけて買った、カワイイお正月のオーナメント
クリスマスのオーナメントは今までに買ったことあるけど、昔からよくあるお飾りとか以外では、お正月のオーナメントを買ったのは実は初めて

気持ちはもうHAPPY NEW YEAR♪  
来年に向かって羽ばたいてますよ~






にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   





関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/09 21:25 ] 未分類 未分類 | TB(0) | CM(5)
ひろさん、コンバンワ~e-454

> 人生いろいろ、ですね。
> でも、今がいい日で良かった(^^)


「でも、今がいい日で良かった。」
なにげないけど、あたたかいお言葉。。。ありがとうございマス(うるっ)e-420
でも、ほんとその通りですね。



> 捨てられないものってありますよね。
> 机の中の発送されない絵葉書とか…(笑)


部屋の大きな片付けとかしてると、その類のものが出て来ることありますよ~i-190
結構お気に入りの絵葉書を人に送ろうと思ったのに、間違えて書き損じしてしまったやつとかも、捨てるのがもったいないからとってたりするし(苦笑)
ちゃんと書いてるのに、投函するのために持って行くのを忘れてたりして、結局出さずじまいになってしまうものとか。

今はメールで済ましてしまうことも多いけど、こういうのを読み返してると、手紙とかハガキってやっぱりいいもんだなあとあらためて思いました。
今日も明日も好き日でいられますように~e-349e-420
[ 2010/11/15 03:20 ] [ 編集 ]
人生いろいろ、ですね。

でも、今がいい日で良かった(^^)

捨てられないものってありますよね。

机の中の発送されない絵葉書とか…(笑)

今日も好き日に、、、。
[ 2010/11/14 09:12 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/14 00:46 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、コンバンワ~e-446


> あけぼうも、20~30くらいの頃は心を病むまではなかったですが、やっぱり暗黒時代って感じです。正直あの頃には戻りたくないですわ~。



なんか、昔もらったハガキや手紙読んでるうちに心がおおげさに反応してしまいました。。。i-229

あけぼうさんも長いこと暗黒時代を経験されてるようで。。。
どれほどのつらさだったかは計り知れないけど、あの頃に戻りたくないという気持ちだけは、すっごいわかります!

でも、きっとこういう暗黒時代というのは誰にもあるものなんですよね~。
ワタシの場合は精神的に弱かったり未熟だったりしたので、その苦しみをうまく短期間で乗り越えられずに、つらさが長引いて大きくなって病んでしまったけど、きっと普通の人だったら、もしワタシと同じ状況になったとしてもあっという間に立ち直って、周りの人にまで迷惑をかけるようなことにはならなかったと思います。 ほんまはその程度のもんなんですよ~(笑)

でもこの時期の手紙やハガキだけが残ってるというのも、フシギというか。。。こういう日のために残っててくれたのかなあと。。。i-190
[ 2010/11/13 02:04 ] [ 編集 ]
すっごくあったかい手紙ばかりですね。
なんだか羨ましいですよ( ´∀`)

あけぼうも、20~30くらいの頃は心を病むまではなかったですが、やっぱり暗黒時代って感じです。正直あの頃には戻りたくないですわ~。
[ 2010/11/12 14:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR