ソラリスの時間 巨人の星の「闇鍋」他、スポ根アニメのマニアック名場面♪♪♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

巨人の星の「闇鍋」他、スポ根アニメのマニアック名場面♪♪♪ 


ブログの更新をする間も惜しんで、今個人的にはサッカーのW杯で盛り上がっておりマス~

日本代表、ベスト8まであと一歩でしたネ~   本当に惜しかった!!!
実はワタシ、日本代表の決勝ラウンド進出を予想してたんですよ~!!!

小森純さんみたいに、スコアまで全部当てるというカミワザにはさすがに及ばないですが。。。
きっとこういう前評判が低くてマスコミにあんまり騒がれてない時の方が、選手がプレッシャーを感じずにのびのびと力を発揮できるんじゃないかと漠然と思ってたのと、もともとがヒネクレ者で判官びいきだから、みんなに期待されてなかったり叩かれてるようなチームほど、ほんまにみんなが言うほどダメなん?!と逆にギモンを持って応援したくなるゆえのひいき目予想からです(笑)


・・・でもですネ、ワタシこんな風に書いてるわりには、これまた自慢ではありませんが、日本代表の試合、結局ナマでは1試合も見ておりません!
なぜなら、ドキドキしすぎて見れないから!!!(苦笑)

人にこの話するとたいがい笑われる(呆れられる)んですが、感情移入しすぎて、「もし負けたらかわいそう。。。」という思いが先に立ってしまうから、まともに試合を見れないんです~
選手の身内や関係者でもないのに、アホみたいでしょう?!

これはW杯サッカーに限らず、オリンピックとかもそうですし(今年のフィギュアとかも、だから生中継では全くみていません)、阪神の試合も実はそうでして。。。球場に行っても阪神の攻撃の時だけしか顔を上げて見れません


でもその代わりと言っては何ですが、日本や自分の応援しているチーム以外のゲームだったら、もともとスポーツ観戦自体は好きなので、今回のW杯も日本の試合以外の好カードはいくつか見てますよ~♪
アルゼンチンードイツ戦とか、今からすっごい楽しみ♪   愛すべきマラドーナ監督 もいらっしゃいますしネ(笑)



長い前置きになってしまいましたが、ということで、今回は日本代表の大健闘で大いに盛り上がったW杯にもちなんで、昭和のスポ根アニメの名場面をお届けしマス~!(と言っても、サッカーアニメはないんですけどネ

名場面と言っても、誰もが知っているおなじみの名場面というわけではなしに、ワタシが極私的に印象に強く残っているちょっとマイナーな場面ばかりですので、その点もご了承あれ ♪


ではではまず、タイトルにも書きました「巨人の星」の中に出て来る、忘れ得ぬ 「闇鍋(やみなべ)」 のシーンから! 





このシーンは昔再放送のアニメで見たのですが、残念ながら動画がなかったので、梅田の「もっきりや」という古本屋さんで運良く見つけたコミックスからの抜粋です。

ご存知の方は「あ~、例のアレね(笑)」とわかっていただけるかも知れませんが、一応、このシーンに至るまでの経緯をカンタンに説明しておきますと。。。


青雲高校が甲子園の決勝で商売敵の御曹司、花形満が率いる紅洋高校に敗退したことに激しく怒る伴PTA会長(伴宙太のお父さん)が野球部の解散を命じるが、その直後、伴PTA会長の闇討ち事件が起き、飛雄馬らしき人物がその時現場で目撃される。 
飛雄馬が犯人だと誤解する伴宙太は、闇討ちと同じ暗闇の中で飛雄馬を一発殴ることによってその罪を不問にしてやろうと考え、「ざんねん会」という名目の闇鍋パーティ開催を思いついたのですが・・・



_20100623巨人の星1

_20100623巨人の星3


部員達が、伴に言われるままに持ち寄ったガラクタ、というかゴミの山。 ま、まさか


_20100623巨人の星2

_20100623巨人の星4


確かに。 部長のおっしゃることは、正論ですよネ。(ホッ)


_20100623巨人の星5

 
あぢゃ~  伴くん、やってしまいました~!
真っ暗闇の中で鍋をつつきあい、そして最初に箸でつまんだものを必ず口にしなければならないというのが、この闇鍋のルールなのです


_20100623巨人の星6


_20100623巨人の星6-1


こんな伴宙太のマヌケ顔、たぶん後にも先にも見られません。。。


_20100623巨人の星7


_20100623巨人の星8


な、なんと、あのオトナの良識ある部長までが~!!!(笑)
しかも誰よりも、目がランランと輝いていたりして    


_20100623巨人の星9

_20100623巨人の星9-1


あの飛雄馬も負けじと、ゲタに食らいつく!




・・・・・・・・・・・・・




この闇鍋のシーン、実は「巨人の星」の中で1、2を争うぐらい、ワタシの印象に残っているシーンだったりします

飛雄馬がえげつないギブスを上半身に装着して投げる大リーグボール○号のシーンとか、父一徹にしばかれるシーンとか(実はストーリーの中には、一徹が‘ちゃぶ台をひっくりかえす’シーンはないらしいです! 主題歌のバックの映像で出て来るシーンだけだった?!)、花形満が中学生なのに外車を乗り回すシーンとかは、懐かしのアニメ特集などで取り上げられることも多々あるのですが、この伝説の闇鍋シーンはなかなかやってくれません


今回この闇鍋のことを思い出した後で、ふと思ったんですが。
以前、 オロナミンCの卵割りなどの昔のCM をご紹介しましたが、こういう食のシーンというのは子供の脳裏にも深く刻み込まれやすいんじゃないか、と思うんですよ~。
例えば、有名なハイジの白パンとか、トムとジェリーに出て来る穴の空いたチーズがやたらと美味しそうに見えたりとか   味覚という本能的な感覚を直接刺激されるからなんでしょうネ。


・・・で、オロナミンの卵割りや、この闇鍋はそのまったく逆で、実際に自分が食べたり飲んだりしてるワケではないのに、その映像を見ただけで、キモチ悪さが込み上げてくる。。。
その時に感じた、ゲ~ッ?! という言い知れぬ違和感のせいで、他のどんな重要シーンよりもある意味記憶に残ってしまうんですネ~、きっと。


ゲタ、パンツ、カエル、目覚まし時計、ゴミの山にはタイヤみたいなんもあったけど、口に入れる以前に鍋に入れるのを想像しただけでもキモチ悪い~~~っ!   アニメで見た時はカラーだから、もっとリアルでキモチ悪かったような覚えがある。

伴よ、自分の勘違いのせいで、他の人間を巻き添えにするな~!(笑)








この巨人の星の「闇鍋」と同じように、重要場面とは言い難い、でもワタシの中ではものすごく印象に残っているのが、「アタックNo.1」のこの場面&登場人物♪


_20100623アタック大2


マイティシックスのマヤ。  女子の方、覚えておられますか

マヤは今で言う「走り屋」、マイティシックス(メンバーが6人だから)の女メンバー。
インターハイ優勝のお祝いと骨休みを兼ねて奈良に旅行に来ていた富士見高バレー部の鮎原こずえたちは、ひょんなことから彼女達と知り合い、なんとバレーで対決をするはめに。


_20100623アタック大3

_20100623アタック大4


走り屋のマヤたちが超高校級のバレー選手であるこずえたちとほぼ互角に渡り合い、上のような華麗なアタックシーンまでお披露目、というありえなさは今回は置いといて、問題はここから。

なんと、こずえがこの試合で受けた傷が元で、破傷風になってしまうのです

ハショウフウ   何だ、それ?!と言う方、結構いらっしゃるかもしれないですが、詳しくはwikiを。(ワタシもよくわかりません

しかし、試合中に大ケガというのならありそうな話ですが、試合の時の擦り傷が元で感染症の重病に突然かかってしまうという設定自体も、泥臭くて昭和っぽいなあとつくづく感じマス (^^;)


_20100623アタック大1


場所は不便な山村、しかも突然の大嵐で病院にこずえを搬送することもできないという絶体絶命の状況の中、マイテイシックスが登場。
マヤたちはこずえを助けるため、市街地の病院で血清を受け取って帰って来るという決断を下し、嵐の中、バイクを猛スピードで走らせます。

確かワタシの記憶では、マイティシックスのメンバーがバイクリレーするような形で大事な血清をこずえの元まで運んだと思うのですが、鈴鹿峠(あまりにも印象的だったため峠の名前まで憶えている )がものすごい難所で、崖っぷちのような道を決死の様相と覚悟でバイクを駆る姿にハラハラドキドキ、そして子供ながらにシビレたのを今でも覚えています。

上の画像は、マヤが何とか無事に血清をこずえの元に届けた時の一場面。
これもワタシのおぼろげな記憶で定かではないのですが、このあとマヤは、「約束は果たしたよ(守ったよ?)・・・」と言って、その場に倒れ込みます。


さて、結局何が言いたいかというとですネ。。。

マヤって、めちゃめちゃカッコ良くないですか~


この画像でもわかっていただけると思うんですが、スタイルもバツグン、見た目もなかなかクールな美人だし
それより何より普段はワルぶってるけど、人を救うために自分が危ない目に遭うのを承知でひと肌もふた肌も脱ぐというのが・・・
まあ自分がけしかけて始めた試合のためにこずえがこんなふうになってしまった、という責任を感じてのものだったとは思うけど、この一本筋の通った侠気(男気)?とも言えるカッコ良さ、ワタシは子供ながらになかば憧れのまなざしで、このマヤお姉さんを見つめていたのでした


マヤやマイティシックスが登場するのはたぶんこの時だけだったと思うので、ストーリー全体から考えると超超マイナーな存在ではあるのですが、ワタシの中では、こずえも含めたアタックNo.1のすべての登場人物の中でいちばんカッコいいなあと思うのはダントツでこの人!  子供の時以上にそう思えるような。

バイクに乗ってる時に流れる60~70年代らしいエレキベースのBGMが、これまたクールでカッコいいんですよ~♪

でもこのマイティシックスのシーンも、懐かしのアニメ特集ではまず取り上げられません







「巨人の星」「アタックNo.1」と、スポ根アニメの代名詞とも言える名作の中にあって、まったくスポ根や本筋とは関係のない極私的名場面を紹介させていただきましたが、最後は、80年代後半のこんな人気アニメから。。。


_20100623YAWARA.jpg


今までブログの中でとりあげたことは1度もありませんが、「YAWARA!」はワタシの大好きなアニメのひとつなのです

(実はリアルタイムでは見ておらず、たぶん今から10年ちょっと前だったかと思うんですが、深夜に再放送されているのを見てハマってしまったアニメなので、懐かしいというよりもむしろ普通に面白いなあと今でも思いマス。^^)



柔と松田さんとの感動的なシーン、ある意味柔以上の人気キャラである富士子さんの試合での名シーン・・etc.etc. 印象に残っているシーンを挙げて行くとキリがないぐらい面白いアニメだったのですが、今回マニアック名場面として取り上げたいのは、柔が三葉女子短大時代のこんなシーン。

上の画像の中で、柔のちょうど真後ろにいる 小百合さん(吉永小百合という名前です)の名シーン です。





http://www.youtube.com/watch?v=B9aY4MXD0HY&feature=related




http://www.youtube.com/watch?v=SaLkush583w&feature=related



このシーンのどこが印象に残っているかというと、ズバリ、小百合さんの女性としての「可愛らしさ」 です!

試合直前、小百合さんが柔に向かって話すセリフ。
「猪熊さん、試合したらアタシ、痩せるわよね・・・?!」「アタシ、11号の洋服着れるようになるかしら?」
「11号の洋服着れるわよネ・・・!」 (その姿を自分で想像し、夢見る乙女のような表情を一瞬浮かべる)

その後、畳に落ちた時にできたキズとアザとでヒサンな状態の顔のまま、柔たちの懸命の指示に従い、見事相手を押さえ込みで倒し勝利した小百合さん。

試合後、柔たちのもとへ引き上げてきた小百合さんは、少し照れくさそうな顔で言います。
「11号の服、着れるようになったかなぁ?」・・・


ワタシ、実はYouTubeでこの動画を見るまでは、このシーンもセリフもすっかり忘れていたのですが、久々にこのシーンを見て、小百合さんの乙女心が可愛らしくてせつなくて、思わずホロッとしそうになってしまうぐらい感動してしまいました
TVで見た当時は、キョンキョンが柔のためにマッチ棒のようなかぼそい体で気を失うまで頑張るシーンの方に感動して(たぶんキョンキョンの試合シーンの方が記憶に残っているという人の方が多いと思う)、この場面にはここまで感動しなかったと思うんだけどなぁ。。。!



YAWARAは高校時代や鶴亀トラベル入社後もモチロンいいけど、富士子さんをはじめとする柔道部のメンバーが超個性派のキャラ揃いでとっても面白いから、ワタシはこの短大時代の話がいちばん好き♪

このメンバーの中においては、小百合さんは図体の大きさに反してどちらかというとおとなしい方のキャラゆえ印象的なエピソードも少ないはずなんですが・・・このシーンだけはものの見事に可愛さ爆発で、本当に予想外にじ~んと来てしまいました。。。


三葉女子短大のメンバー、ほんまにみんなええ娘ばっかりや~! (by オッチャン) 




・・・・・・・・・・



スポーツそのものとは直接関係ないようなシーンばかりになってしまいましたが。。。
以上、自分の中ではどれも印象的な、スポーツアニメのマニアック名場面でした ♪♪♪

「巨人の星」と「アタックNo.1」に関しては、ShowTime (楽天)などの有料動画サイトで見ようと思えば全話見られますので、ご興味ある方は見てみてくださいネ~♪






にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/01 04:54 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(10)
はっちゃんさん、コンバンワです~e-257

> なかなか巨人の星についてのコメントが少ないようですね
> ハイ 私、リアル・タイム世代でございます(笑)
> ははぁ~ん闇鍋ですな
> 私もあの頃 これで「闇鍋」なるものを知りましたよ
> 私的に印象深いのは永遠のライバル花形が魔球ダイリーグ・ボール1号を破った瞬間の映像、と言うか瞬時に止まった画像と効果音ですかね
> そして飛馬の恋、
> オーロラ三人娘のシュールな楽曲は今でも黒バラのオープニング・テーマ・ソングとして有名ですね


さすがはっちゃんさん、心強い~~~!(笑)
おおきにどすe-466

闇鍋のシーンに関しては個人的にインパクトが強かったため覚えておりますが、ワタシ、巨人の星に関しては再放送世代でして。。。だからというわけではないんですが、実は覚えてないシーンが結構多いんですよ i-201
例えば「オーロラ3人娘」e-3e-3  見たら思い出すかもですが、よくわからないですし(苦笑) 
モチロン花形と明子さんのことなんかは覚えてますけどネ。
もしかすると家族中が阪神ファンだったゆえ、見てたけど思い入れが薄かった?!

女子ゆえか、同じ再放送でもやはり「アタックNo.1」の方がかなり事細かなーンまで鮮明に覚えていますネ~ e-77 ハイジなんかと同じように再放送で3回ぐらいは見てるような気がします。


今少しだけブログお休み中ですか?? はっちゃんさんのブログの再開楽しみにしてますネ~ e-454




[ 2010/07/07 01:40 ] [ 編集 ]
なかなか巨人の星についてのコメントが少ないようですね

ハイ 私、リアル・タイム世代でございます(笑)

ははぁ~ん闇鍋ですな
私もあの頃 これで「闇鍋」なるものを知りましたよ

私的に印象深いのは永遠のライバル花形が魔球ダイリーグ・ボール1号を破った瞬間の映像、と言うか瞬時に止まった画像と効果音ですかね

そして飛馬の恋、

オーロラ三人娘のシュールな楽曲は今でも黒バラのオープニング・テーマ・ソングとして有名ですね

[ 2010/07/06 23:45 ] [ 編集 ]
じんたんさん、全然連チャン歓迎ですわよ~ん e-349

> YAWARAは私も見ていました♪
> 短大の時の話はおもしろかったですが、ヤワラちゃんと松田さんとのすれ違いにヤキモキさせられてたまにイラつくことも 笑
> 富士子さんやジョディが好きだったですねぇ 女性の中では。


あ、でもこれワタシも同じです!
「柔、風祭さんよりぜったい松田さんの方がいい人やって! 早く気づけよ~!e-282(イライラ) 」
と思いながらずっと見てました(笑)
松田さんのタイミングの悪さにもたいがいヤキモキさせられたけど、ほんまにいい人ですもんネ e-461e-420 

富士子さんはモチロンですが、ジョディ、ライバルの中では人懐っこいいい人でしたよネ~e-454
語尾にやたらと「~スルダワヨ」ってつけてしゃべってました~(笑) 
[ 2010/07/05 22:03 ] [ 編集 ]
ケンさん、コンバンワ~♪e-454

> 特に「マイティシックスのマヤ」が最高です。
> 破傷風は潜伏期間があるはずなのに、おかしいですね~(笑)。
> 昔はウィキペディアなんて便利な物はないんで、
> いちいち調べたりせず、フルスロットル全力疾走だったんだろうな。
> でもそこがいいです。


ハショウフウって潜伏期間があるんですね~i-190
ワタシの記憶では、こずえは擦り傷ができてその場ですぐに容態が、というのではなくて
その日の夜だったか翌日ぐらいだったかに苦しみだしたような気が。。。
でもどちらししろ本来はこんなに早く症状が出ないものだったり、そこまで早くは進行しないものなのでしょうね~?(笑)

でもマヤ、ワタシは覚えてなかったんですがどうやら最初の登場シーンで、シカを軽くいじめる場面があるらしい。。。それはちょっとどうかと思いマス(苦笑)


> ボクは結構サッカーファンなんですけど、
> 逆に気持ちが入りすぎて、カメルーン戦を見れませんでした。
> マナサビイさんの心情はよく分ります。
> 小森純さんくらいのスタンスが一番楽しめるんでしょうね。


そういえばブログにもサッカーのこと結構書かれてますもんネ~i-25

ワタシは普段Jリーグは見ないでこういう国際試合の時だけ見るという、よくあるパターンのにわか素人ファンではあるんですが、カメルーンには勝つと思ってたにもかかわらず、いざとなると見れませんでした。
もっと心臓強くなりましょうネ~、お互い(笑)


> でも阪神の試合も見れないのは、ちょっと極端かも(笑)。

自分でもそう思いマス。とほほ i-201
[ 2010/07/05 21:38 ] [ 編集 ]
すみませんが・・・汗汗
ヤワラのことをかいたコメントの部分をなぜか消してしまったまま送信していましたので、もう1回コメントさせていただきますv-356

YAWARAは私も見ていました♪
短大の時の話はおもしろかったですが、ヤワラちゃんと松田さんとのすれ違いにヤキモキさせられてたまにイラつくことも 笑
富士子さんやジョディが好きだったですねぇ 女性の中では。 
[ 2010/07/05 12:38 ] [ 編集 ]
こんばんは。

どれも有名作品ですが、ボクはリアルタイムでは見てません。
(「YAWARA!」は世代的に重なっていますが)
でも濃ゆい記事で面白かったです!
特に「マイティシックスのマヤ」が最高です。
破傷風は潜伏期間があるはずなのに、おかしいですね~(笑)。
昔はウィキペディアなんて便利な物はないんで、
いちいち調べたりせず、フルスロットル全力疾走だったんだろうな。
でもそこがいいです。

ボクは結構サッカーファンなんですけど、
逆に気持ちが入りすぎて、カメルーン戦を見れませんでした。
マナサビイさんの心情はよく分ります。
小森純さんくらいのスタンスが一番楽しめるんでしょうね。
でも阪神の試合も見れないのは、ちょっと極端かも(笑)。
[ 2010/07/05 00:36 ] [ 編集 ]
じんたんさん、おひさしぶりです~e-278 ようこそお越し~e-454


> 闇鍋 i-237
> 私は巨人の星は再放送でも見ていませんのでほとんど知りませんがひきました。 それに判って高校生にしては老けてませんか??笑


確かに!i-237  伴、とても高校生には思えない貫禄ですもん(笑)
ブログに書くのを忘れてたんですが、ワタシもこの場面を読んでた時に一瞬、「あれ?伴て、飛雄馬と同い年ぐらいかと思ってたけど、飛雄馬が高校の時の監督だった?!」と勘違いしそうになりました。


> キャンドルナイト、行ったことないんで、私も行きたかったです キャンドルって綺麗ですよネ~i-189 

キャンドルのあかりはいいですネ~ (*´▽`*)
キャンドルナイト、今年は道の脇に飾ってあるキャンドルがしょぼくなったなあと思ってたら、ライブ会場のキャンドルがそのぶんスゴく数が多くて色とりどりでキレイでしたよ~ e-420
[ 2010/07/04 16:11 ] [ 編集 ]
マナサビイさん、おひさしぶりですe-343

闇鍋 i-237
私は巨人の星は再放送でも見ていませんのでほとんど知りませんがひきました。 それに判って高校生にしては老けてませんか??笑

キャンドルナイト、行ったことないんで、私も行きたかったです キャンドルって綺麗ですよネ~i-189 

[ 2010/07/02 20:11 ] [ 編集 ]
あけぼうさん、コンバンワ~!e-454


> な・・・なんてマニアックなw
> YAWARAのこのシーンは覚えています。小百合ちゃんほどではないにしても、私もコロコロと肥えておりましたのでwなんか共感したのと、同属嫌悪みたいな気持ちとが半々で非常に複雑な気分だったのを覚えてますwww


小百合さんのシーン覚えておられるんですネ~i-190
なんかうれしいな~ e-349

でもワタシもこのシーンに関しては正直、TVで見た当時は小百合さんが可愛い女性だなあとは思わなかったような気がします。富士子さんやキョンキョンとかのシーンとくらべて印象が薄くて、YouTubeを見るまでは全然忘れてましたもん。 嫌悪とまではいかないでも、なにがしかのツッコミをココロの中でもしかしたら入れてたかも(笑)

でもこれも歳のせいなんでしょうか~ i-229
知らず知らずにオッサン目線に自分がなってる気がして、なんだかコワい~!(苦笑)

[ 2010/07/01 21:04 ] [ 編集 ]
な・・・なんてマニアックなw
YAWARAのこのシーンは覚えています。小百合ちゃんほどではないにしても、私もコロコロと肥えておりましたのでwなんか共感したのと、同属嫌悪みたいな気持ちとが半々で非常に複雑な気分だったのを覚えてますwww
[ 2010/07/01 09:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR