ソラリスの時間 「パリ オランジュ」に行って思ったコト♪(大阪)

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

「パリ オランジュ」に行って思ったコト♪(大阪) 

_2010パリオランジュ1 _2010パリオランジュ2


大阪の谷四にある「パリ オランジュ」というビストロ風のフレンチ・レストラン に行ってきました♪

ここのお店は、おいしいものをよく一緒に食べに行くNさんが偶然何も知らずに入ったけど大当たりだったということで、ずっと前から教えてもらっていたお店。
谷四に行く用事があった折に、ここぞとばかりにランチに行ってきました


この日のランチは、
・新玉ねぎのスープ
・豚肉とえのきと小松菜、じゃがいもの煮込み
(粒マスタードがいっぱい添えてありました♪)

これにパンがついて1000円、というワン・メニュー。 プラス何百円かで飲み物やデザートをつけることもできます。



さて、肝心のお味はと言いますと。。。

ひとことで言って、「素直に美味しいな~、と感じられる味!」でした

表面的な部分で言うと、スープといいメインの煮込み料理といい、味の濃厚さ加減がややしっかりめで程良くワタシ好みだったこと、豚肉の火の通し加減が絶妙でとても柔らかくて美味しかったこと(どうやらここのお店は、豚肉の煮込み系のお料理が定評があるようです)による満足感なのですが。。。

ここのお料理を味わった時に、ワタシはあらためて自分なりの「美味しいお料理」の定義みたいなモノを再確認したように思いました。
(さあ、ココからちょっと大げさな話になってしまうかも知れないのですが、殊勝な方、どうぞワタシの思い込みのキツ~い話にしばしつきあってやってくださいマセ(笑))



どういうことかと言いますと。。。
実はこの少し前に、「パリ オランジュ」を教えてくれたNさんと一緒に、大阪市内にある某レストランのランチに行っていました。
そこは、「パリ オランジュ」よりもより本格的なレストランでお値段もやや高め、グルメサイトに載っているお料理の写真がとても美味しそうだったので気になっていて行ってみたお店だったのです。

・・・モチロン、マズくはありませんでした。
☆はつかなかったものの、ミシュランの調査対象に選ばれたお店だけのことはある、いかにもミシュランが好みそうな凝った複雑なお味。
お料理をテーブルに運んでくれるスタッフさんが、今日チョイスした食材から食べ方まで丁寧に説明してくれます。

でも、ふと気がついた時に、その複雑な味のお料理を‘頭’で味わおうとしている自分がいました。
逆に言うと「わっ、これおいしいっ!」という、食べた瞬間ココロから素直にわき上がって来るような喜びが少なかったのです。




そしてその約数日後に訪れたこの「パリ オランジュ」のランチを食べた時、ワタシにとっての「美味しい」という感覚は、やっぱりこういうことなんや! って、そのお店と比較することでよけいにハッキリと実感できました

ビストロ風のお料理で、決して複雑な味のお料理ではないし、「料理もアートですから」と主張するかのような凝った盛りつけの仕方がされてる訳ではない、難しい能書きもないけど、目の前に持って来られた瞬間、そして匂いを嗅いだ瞬間に「わっ、おいしそう~!」と思い、口にした瞬間にまた「やっぱりおいしいな~♪」と素直な満足感とシアワセが感じられる。。。

やや物足りない薄味を「上品な味」と頭の中でムリに変換したり、このお料理の良い所はたぶんここかな?なんてこねくり回して考えなくて済む、ストレートに野生の本能に訴えかける味!(笑)

単純だけど、それがワタシにとっての「美味しい味」だなあ、やっぱり、と・・・


もともとミシュランの評価などにはものすごく懐疑的で、味の好みは人それぞれだから自分が美味しいと思うモノが美味しいんだ!って思う人間ではあるんですが、それでもこうしてみると、自分が高級な味とは縁遠い庶民中の庶民なんだなあということも、あらためて実感させられました(笑)




ジャンルは違いますが、実はワタシ映画とかもそうなんですヨ~!
例えば宮崎アニメにしても、内容が哲学的で難解な部分が多い「もののけ姫」や「千と千尋~」よりも、「カリオストロの城」や「ナウシカ」「ラピュタ」の頃の昔の作品の方が好き^^b♪
わからない部分があって、これはどういう意味なんだろう。。。?!と考えながら見てると、頭で考える方に気を取られてしまい、全然ストーリーに入り込めないまま、楽しめないで終わってしまう。。。

そういう面での素早い理解力というか、頭の良さにかけているだけなのかもしれないですが、純粋に楽しめて、見た後で「あ~、面白かった~!満足!!」って素直に言える映画の方が好きなんですよネ~^^




・・・ちょっと話はそれましたが、まあ、複雑で高級な味のお料理は美味しさが理解できる食のプロやセレブな方にお任せしておいて、ワタシはこれからも「パリ オランジュ」のような、ひとりでもふら~っと入りやすい敷居の高くないお店、わかりやすい味の美味しいお店を徐々に制覇して行きたいなあ、とあらためて決意を新たにしたのでありました(笑)


パンもお料理もアツアツの、本当に美味しい状態で出してもらえること、質・量ともに満足を感じられるお料理を1000円という値段で提供しているコストパフォーマンスの高さ、お客様をお見送りされる時の気取りのない温かい笑顔。。。

シェフのセンスや腕前を披露するためのお料理でなくて、お客様にお腹いっぱい美味しいモノを食べてもらって喜んで帰っていただきたい、という姿勢が表れた良心的なここのお料理が、ワタシはとっても好みです


Nさん、ブログに書くって言ったから多分コレを読んでくれてると思うけど、いいお店を教えてくれてありがとうっ! 
Nさんの美味しいモノに対する嗅覚(笑)に今回あらためて脱帽しました~!
また近いうちにランチ一緒に食べに行きましょーね~♪♪♪




ちなみに、このお店とはまったくもって関係ありませんが・・・


_2010パリオランジュ帰り2-1


近鉄上本町駅1Fのカフェにあるメニュー、「せんとくんカプチーノ」 (笑)
結構うまくできてるでしょ?! これオーダーしてる人多かったような^^   アイスもあります♪






PARIS ORANGE (フレンチ / 谷町四丁目、天満橋、谷町六丁目)
★★★★ 4.5



(↑夜のディナーを食べてから、もう一回評価したいな~^^)




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ    人気ブログランキングへ   


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/23 21:19 ] 未分類 未分類 | TB(0) | CM(10)
夏椎さん、コンバンワ~っe-454

> せんとくんカプチーノ、完成度の高さに驚きました^^;
> 一回見てみたいなぁ・・・・・
>
> どーやって作ってるんですかね―――


このお店知ってて行ったわけじゃなしに、偶然通りかかったら、看板に「せんとくんカプチーノ」の写真が i-190 即入りました(笑)
カプチーノの表面に絵を描くことをされてるカフェやカフェ店員さんのことをずっと前にテレビで見た事があったんですが、まさかこんなところでやってるとは!

きっと今年は奈良の遷都1300年祭ということでされてるんだと思うので、期間限定かもしれないのですが、ほんとうまく描けてますよネ~e-278
そこまでは見てなかったのですが、どうやって描いておられるのでしょうネ~e-349
[ 2010/05/28 00:48 ] [ 編集 ]
fuseさん、コンバンワ~e-454


> 僕も映画やアニメはマナサビイさんと同じです。
> むかし手塚治虫の鉄腕アトムを観ていて
> 初めの頃は面白かったのですが回を重ねる事に
> 生命とは何か、機械でも命のある物には心も・・・とか
> どこか教訓めいたというか、くどい問題提起に
> うんざりしちゃいました。

アトムって、懐かしのアニメ特番とかで定番のようにとりあげられますが、アニメを見た事も原作を読んだ事もないんですよ~。ワタシが生まれる前のアニメですし。
でも、なんとなしに雰囲気とか大まかなあらすじは知ってるつもりでいたんですが、そういう感じだったとは知りませんでした。
面白い、楽しい要素が多い方が、かえって伝えたい教訓もココロにしみるような気がするんですが。。。v-21



> 料理の話、シチュエーションなどでも感じ方が変わる事ってあります。
> 今日はバシッと決めてフランス料理のディナーとか
> お呼ばれで会席料理なんか行ったときは
> 単純に美味しいという物より絶妙に隠された味とか
> 気取りすぎた盛りつけも良いなぁと思うことあります。


きっとfuseさんは、ワタシよりもずっとよく味がわかっていらっしゃるからだと思いマスe-454 お料理もお得意そうですし♪

でもワタシ、今ふと思ったんですが、そういう場所ってあんまり行く事がない分、なにげに人間観察の場としたら面白いのかなあと(笑)
実は、もう1軒の高級なお店の方のランチの時の客層が面白かったんですよ~!
ワタシたちが座っていた左隣は、え?この歳でもうこういうお店に?といった、まだあどけない雰囲気も残る18~20才そこそこと思しきカップル、右隣が業界人ぽい50代ぐらいのおっちゃんのひとり客(出張できてたみたいです)。
そしてそれにはさまれて、やたらとしゃべる女ふたり組(ワタシたち)とおばちゃん連中。
このやたらとバラエティに富んだ客層は、すごく気に入りました(笑)


[ 2010/05/28 00:25 ] [ 編集 ]
ほげっとさん、コンバンワ~! レス遅くなりましたi-201

> 自分は今までにまだ一度もフレンチって食べに行ったことが無いんですi-201
> なんかイメージ的に店に入りづらかったんですよね。
> テーブルマナーとか厳しいのかなぁとか、すぐ側にウエイターがずっと立ってて落ちついて食べれなそうとか。


ワタシもそういうお店は苦手です。。。i-201
堅苦しいの苦手ですし。i-229
でもシェフがカウンター越しに料理してるような、こじんまりとしたビストロ風のお店だったら大丈夫ですよ~、きっとi-234


> でも今回紹介されてるお店は料理も美味しそうだし、入りやすそうで良いなぁって思いましたi-101


ランチしか行ってないので、夜の雰囲気はどんなものなのかわかりませんが、きっとお昼の様子とかシェフのフンイキからして、夜も入りやすそうかなあ、行ってみたいなあと思いましたヨe-454

ほげっとさん、あれから少しは元気になられましたか??
ブログ、あとでまたお伺いします~e-320

[ 2010/05/27 23:31 ] [ 編集 ]
せんとくんカプチーノ、完成度の高さに驚きました^^;
一回見てみたいなぁ・・・・・

どーやって作ってるんですかね―――
[ 2010/05/27 22:20 ] [ 編集 ]
普段食べる物ってシンプルで直感的に
美味しいと思える物がいいですね。

僕も映画やアニメはマナサビイさんと同じです。

むかし手塚治虫の鉄腕アトムを観ていて
初めの頃は面白かったのですが回を重ねる事に
生命とは何か、機械でも命のある物には心も・・・とか
どこか教訓めいたというか、くどい問題提起に
うんざりしちゃいました。

子供でしたからそんな言葉で理解した訳じゃありませんけど(笑
手塚の後期作品は苦手です。

料理の話、シチュエーションなどでも感じ方が変わる事ってあります。

今日はバシッと決めてフランス料理のディナーとか
お呼ばれで会席料理なんか行ったときは
単純に美味しいという物より絶妙に隠された味とか
気取りすぎた盛りつけも良いなぁと思うことあります。

・・・・まぁそういうのは片手の数くらいしか行ってませんけど(笑

ぼくも「パリ オランジュ」派だなぁ、行ってみたい!
[ 2010/05/26 08:52 ] [ 編集 ]
マナサビイさんこんばんはi-185

自分は今までにまだ一度もフレンチって食べに行ったことが無いんですi-201
なんかイメージ的に店に入りづらかったんですよね。
テーブルマナーとか厳しいのかなぁとか、すぐ側にウエイターがずっと立ってて落ちついて食べれなそうとか。
でも今回紹介されてるお店は料理も美味しそうだし、入りやすそうで良いなぁって思いましたi-101
[ 2010/05/25 22:27 ] [ 編集 ]
まきさん、はじめまして~ こんにちわっe-257

> たまねぎのスープ、おいしそうですね。
> どんな味がするのかなぁ。1度食べて
> みたいなぁって思います。

ワタシ、スープはコンソメ系よりもポタージュ系の方が好きなんですよ~。だからよけいに美味しかったです^^♪
まきさんは金沢にお住まいなんですネe-454
遠方からわざわざ来て食べるというほどの大げさな店ではないかも知れませんが、もし大阪に来られる用事があって近くだったからついでに。。。という感じでしたら、ポイントかなり高いお店やと思いますヨ~i-234 大阪城やNHKからも近いですe-276
ランチ時は、近所のサラリーマンやらOLさんやらであっというまに満席になってました♪


> せんとくんのカプチーノ。
> こういうのっていいですね~。
> もったいなくって飲めないかも(^^;


ワタシもすぐにまぜてしまうのが惜しいから、砂糖をせんとくんの顔の周りにくるっと回しがけしてしばらく眺めていました(笑)

もともと田舎の子なので、レンゲやシロツメクサなどの草花は今でもすごく好きです。
花かんむりや首飾りを幼い頃に作ってましたよ~e-349
毎年春になると、れんげ畑に行きたいなあと今でも思いマス。
また伺います~e-446
[ 2010/05/25 05:51 ] [ 編集 ]
はっちゃんさん、おはようございマス~i-1

> 家内と息子が頂いたコース料理はどれも目にも鮮やかなシェフ渾身の作 対して私の皿はどれも どこかで見たような料理ばかり、なるほど120年、日本フランス料理の歴史を紐解いておる訳ですな 確かに他の場所の似たような料理とは比べ物にならないくらい 例えるなら激しく美味しい  と  納得するも どうしても他二人の料理の方が美味しく見える
> 考え出すともう我慢の限界i-199
> マナー度返し、3人で回し食い大会(笑)


これ、すっごくキモチわかりマス~!i-237
ワタシも食べに行った時に、わざと友達と違うものを頼むようにする事が多かったですヨ。そしたらお互いの料理を味見できますから^^  回し食い、常識ですよネ~i-234(笑)

でも、最近は友達の選ぶものとワタシの選ぶものがどうしても重なってしまうケースが多いです。i-201(食べるのが好きな人間同士で行くと、「このメニューが美味しそう!」という嗅覚が働くポイントが同じになる事が多いです^^;)


> 実際にいただくと他の2人の料理はヘルシーなんだか素敵なんだか美しいんだか、見た目に鮮やかでも食べると非常に難しい、
> 気が付くと1皿1皿について各々の意見を話し合っておりました
> 「これは素材の味が活かされていて・・・」なんて具合
> やがて1つのまとまった意見が・・・うぅ~ん 薄い(爆)
> ローマは一日にしてならず
> この日もっとも美味しかったのは その日のスペシャルではなく120年培った伝統でした


これもわかります~!
家族全員グルメリポーター状態、そして「薄い」が最終結論(笑)
これが千円以下とかの安いメニューだったら、「やっぱ、味がもひとつ薄いよな~」という結論にすぐ到達すると思うんですが、それなりにいいお値段の料理だと、自分がこの美味しさを理解できるセンスがないから美味しく感じないのかなとか思ってしまって、こういうのを美味しいっていうのかなあ、とか考えてしまいますよネ。
ワタシも同じ状態になりかけてましたから。

庶民グルメ路線でお互いこれからも頑張りましょうっ♪(笑)

[ 2010/05/25 05:16 ] [ 編集 ]
たまねぎのスープ、おいしそうですね。
どんな味がするのかなぁ。1度食べて
みたいなぁって思います。

せんとくんのカプチーノ。
こういうのっていいですね~。
もったいなくって飲めないかも(^^;
[ 2010/05/24 21:35 ] [ 編集 ]
 マナサビイさんこんにちわe-454

グルメ・リポートなんかもされるのですね
私も美味しいお店を探すの大好きです

ときに この前マナサビイさんのお膝元、大阪へ行った際 面白い体験をしましたので報告します

宿泊したホテルが今年120周年を迎えるとの事でメイン・ダイニングでは通常3種類のディナー・コースの他に120周年記念特別コースが設けられておりました

 そこで家族3人バラバラなコースを注文したのです
ちなみに私のチョイスした記念コースは記念だからと言ってこの店一番の高値なコースではありませんでしたので 踏まえた上で・・・

家内と息子が頂いたコース料理はどれも目にも鮮やかなシェフ渾身の作 対して私の皿はどれも どこかで見たような料理ばかり、なるほど120年、日本フランス料理の歴史を紐解いておる訳ですな 確かに他の場所の似たような料理とは比べ物にならないくらい 例えるなら激しく美味しい  と  納得するも どうしても他二人の料理の方が美味しく見える

考え出すともう我慢の限界i-199

マナー度返し、3人で回し食い大会(笑)

実際にいただくと他の2人の料理はヘルシーなんだか素敵なんだか美しいんだか、見た目に鮮やかでも食べると非常に難しい、
気が付くと1皿1皿について各々の意見を話し合っておりました
「これは素材の味が活かされていて・・・」なんて具合

やがて1つのまとまった意見が・・・うぅ~ん 薄い(爆)

ローマは一日にしてならず
この日もっとも美味しかったのは その日のスペシャルではなく120年培った伝統でした

[ 2010/05/24 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス