ソラリスの時間 昔喫茶店にあった○○ほか、最近出会った昭和懐かしアラカルト♪♪♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

昔喫茶店にあった○○ほか、最近出会った昭和懐かしアラカルト♪♪♪ 

しばらくの間、グルメ記事が続くかと思いますが、その合間に最近ちょこちょこと遭遇している懐かしいモノをここらでまとめてご紹介しておくコトにしました~♪
やっぱり、ワタシにとってはお料理のスパイス以上に、昭和のスパイスは欠かせませんゆえ。。。

まずは、コチラ~♪




100117トリオ3


京都の今出川、同志社大の近くにある「トリオ」という昔ながらの喫茶店です。
2階が雀荘で、昭和の学生街の匂いがディープに残っているこのお店、それはこの外観だけではありませんでした。




100117京都トリオ2


なんとテーブルの上に普通に置かれてたのは「おみくじ灰皿」!!! 

このブログをごらんいただいてる方でしたら、多分ほとんどの方が覚えていらっしゃいますよネ?!
そう、昔、喫茶店やレストラン、ドライブインの食堂などで、テーブルの上に置かれていたアレです 

自分の誕生星座のところにお金(ワタシが覚えてる子供の頃の記憶では、10円だったと思いマス。その後100円になりました)を入れて、ガチャッとレバーを引くと、クルクルっと巻かれたおみくじが出て来るというしくみ。


ワタシの記憶に残っていたのと全く同じ、茶色の胴体+黄色い灰皿というビジュアルに、思わず「わぉ~」と感嘆の声を上げてしまいそうになりました。 

ここで会ったが100年目(古っ)とばかりに、おみくじも引きました。
お金を入れたのにレバーを引いても出なくて、お店の人を呼ぼうかと思ったのですが、2、3回レバーガチャガチャを繰り返してたら、無事におみくじちゃん、出てまいりましたヨ~♪


100123おみくじ1 100123おみくじ2


めちゃめちゃロングサイズのため、画像を載せるのにふたつに分けましたが、ご存知の通り、これで1本のおみくじになりマス^^

おみくじの上半分にあたる左側は「あ~、こういうカンジだったよなあ」と思ったんですが、ルーレット占いの欄は全然記憶になかった  
灰皿にルーレットはついてないし、このルーレット占いってどうやってするものなんでしょ どこかでルーレットをやった時に、もしこの目が出たら。。。というコト?

・・・ともあれ、まあまあ良い結果だったから気分はア~ップ 
誠意を大事にってコトですネ 


同志社のOGなんぞでは全くないのですが、このあたりはちょっとした思い出の場所なので久しぶりに寄ってみたら、こんな懐かしいモノに引き寄せられてしまいましたvv  なんかうれしいナ 


「おみくじ灰皿」についてもうちょっとだけ懐かしさを味わいたい方は、マナサビイもファンのコチラのぼんくらオヤジさんのブログを、ぜひごらんくださいネ~♪




☆ ☆ ☆ ☆ ☆


次は、コチラの本2冊♪


100123デザイナー1  091108江戸川乱歩



一条ゆかりセンセイの懐かしい作品、「デザイナー」の単行本と、少年探偵団シリーズの「悪魔人形」

「悪魔人形」の方は、実は昨年ブログでご紹介した「女の子のシークレットブック」や「暮らしの手帖」などと一緒に既に四天王寺の古本市で買っていた本なのですが、せっかくなのでこの機会にupしてみました♪


この本は、小学校の時だったか中学校の時だったかに、図書室に置いてあった江戸川乱歩の少年探偵団シリーズの中の1冊で、タイトルから内容から印象にとっても残っていた1冊です(^^)b

前にも書いたことがあると思いますが、図書室の本を読みましょう、みたいな授業の時に、もともと伝記とかの真面目な本を読むのが苦手だったワタシは、料理やお菓子のレシピ本を開いて友達と一緒に「どっちが食べたいごっこ」をしたりしてることが多かったのですが、その他に手に取っていた数少ないジャンルが、今で言うハリーポッターみたいな魔法使いが出てくるようなファンタジー小説と、子供向けの探偵小説。


中でもこの、少年探偵団シリーズは、やたらと「怪老人」「怪紳士」と称されるような謎の登場人物が出てきたり、江戸川乱歩作品ならではの現実離れした奇しさや怖さが味わえたから、子供ながらに好奇心を煽られたんだと思いマス。 
実はこの人は怪人20面相の変装でした、みたいなどんでん返しもあったりするから、最後まで面白かったんですよネ。




そして、左の「デザイナー」の単行本は、同じ職場のフロアで働いている方から、つい先日お借りしたモノです。 

読んでるうちに、「あ、このシーン、覚えてる!」というシーンがいくつか出てきてとても懐かしかった

子供の頃読んだマンガだし、今読んでもあんまり面白さを感じない可能性もあるかなあと思いつつ読んでたんですが、これが意外に今読んでもそれなりに(展開とか相関関係とかを、覚えてないシーンでもカンタンに推測できてしまったりはするんですが、それでも)楽しめるのにビックリしてしまったとともに、少女マンガ全盛時代のマンガパワーみたいなのもあらためて感じましたネ~   


ただ、16歳にして派手に車を乗り回すコンツェルンの会長、という少年が登場するあたりが、「巨人の星」の花形満を彷彿とさせて、「あ~、これぞまさしく昭和のマンガやなあ~」という、ノスタルジーもタップリでしたが(笑)



100123デザイナー2


そういえば、昔の少女マンガはこんなカンジで、マンガ家先生からの直接のごあいさつとかお知らせが描かれてあることがよくありましたよネ(笑)  今見ると、なんてかわゆくて微笑ましいんざんしょ~   
マンガ家さんの苦労がしのばれる、ちょっと切実な内容だったりはしますが 





☆ ☆ ☆ ☆ ☆


さて、本日の昭和懐かしアラカルトの最後を飾るのは。。。♪


100123ペロティ1


ペロティチョコに描かれてる「おはよう姫子」(「小学○年生」に連載されてたマンガです。「うわさの姫子」というのもありました)の絵もめちゃめちゃ懐かしいけど。。。



100123ペロティ2


コレを見て、お花のカタチの「アーモンドペロティチョコ」があったことを、子供の時以来、久々に思い出しました 
そうそう、アーモンドペロティの絵柄は、当時らしい、こういうほんわかしたメルヘンタッチの絵柄だったんですよネ 

ペロティはもちろん覚えてたし、ペロタンは最近スーパーかどっかで、まだ売られてるのを見かけたことがあるような気がします。


あ、このペロティの広告は、昭和52年の少年サンデーの中の広告ですヨ~ 




最近遭遇して、おおっと思った、昭和の遺産でございました~ 




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/24 19:48 ] ●懐かしの雑貨・家電・玩具・人形・お菓子(フード) | TB(0) | CM(16)
winechocoさん、コンニチワ~e-257


> こういうアナログ的な、おみくじ灰皿が今でも現役でいる喫茶店があったとは!!驚いた~

でしょう?! ワタシもビックリしました☆


> ペロティのアーモンド味、今でも覚えてるよ!
> この写真を見てるだけで懐かしい味覚がじわじわと甦ってきてくるようでヤバイ(^^ゞ


アーモンドペロティって、ワタシもこの広告見るまですっかりあったことすら忘れてたんですが、これを見て、急に記憶が蘇ってきました i-190
ペロティとかペロタンはみんなたいてい覚えてるけど、これは結構覚えてる人少ない気がするので(ワタシも忘れてましたし)、winechocoさんに共感していただけてうれしいですワ~ i-237

話は変わりますが、ワタシはいまだにカプリコのストロベリーが大好きで、たまにコンビニで買ってしまいマス♪ あれも相当古いハズ!(笑)
[ 2010/01/31 16:08 ] [ 編集 ]
こういうアナログ的な、おみくじ灰皿が今でも現役でいる喫茶店があったとは!!驚いた~

ペロティのアーモンド味、今でも覚えてるよ!
この写真を見てるだけで懐かしい味覚がじわじわと甦ってきてくるようでヤバイ(^^ゞ
少女漫画のイラストも可愛いかったよね。
またアーモンド味のペロティ発売されればいいのになi-178
おみくじ占いもペロティも、何年もの間お目にかかってなかったから何気に嬉しい気分になりました(^ ^)
[ 2010/01/28 23:47 ] [ 編集 ]
ミズタツさん、連チャン、ありがとうございマス♪

> 私が子供の頃よく見てたのは紺色のボディーだったような?
> 地方に因って違うんでしょうかね~??

紺色のは見た事ないです~。やっぱりいろんなタイプのヤツがあったんですネ。


> 私は3人兄弟だったのでペロティでは数が足りず、
> 類似品のイチゴの形をしたチョコを買って貰い、
> 兄弟で仲良く分けて食べていました。
> (イチゴのは1パックに3本ついてたので)

これと全く同じヤツなのかどうかはわかりませんが、今でもこういうイチゴの形の3本入りのチョコ、スーパーなんかに時々ありますよネ (^^)b


> 私にとっての一条ゆかり先生デビューは「有閑倶楽部」でした。
> 当時小学生だった私にはちょっと内容が難しく、
> 絵も劇画チックに思え、ちょっと苦手だったんですけどねv
> ちゃんと読み始めたのは「女ともだち」ぐらいからかな?
> 「女ともだち」も小学生には衝撃的な愛憎劇でしたが(笑)。


「女ともだち」、知らないです~!
でも、このタイトルからして、ドロドロしてそうな(笑)

そういえば、この本を貸してくれた方が、一条センセイは途中で絵のタッチが少し変わって、この「デザイナー」とかの初期の頃の方がいいって言っておられました。
また京都のマンガミュージアムかどっかに行って、いろいろ読み返してみたいなあ♪
[ 2010/01/28 20:51 ] [ 編集 ]
十羅二さん、こんばんわ~ e-257

> おみくじ灰皿…CHO→懐かし~い!
> 昔、喫茶店やファミレスで、よく見掛けたものです。


ほんとにワタシもこれを見た時には、久しぶりの再会にびっくりしました e-451
でも、いつごろから見なくなったんでしょうね~?!
バブルの頃はまだあったかな~e-3e-3
[ 2010/01/28 20:03 ] [ 編集 ]
ケンさん、コンバンワ~ e-454

> 色形はボクのイメージと違いますけど、「おみくじ灰皿」は懐かしいです。
> 中身の紙とかまだ作ってるのかな~。


ワタシが知ってるのはこのタイプなんですが、どうやらいろんなのがあったようですネ。
もしかしたら、ケンさんがご存知なのはこれよりも新しいバージョンのやつかも?!
おみくじ自体も、いまだにきっと作ってるんでしょうネ~。
このおみくじ灰皿を軽くふってみたら、お金のはいってる音が聞こえたので、今でもお金入れて引いてる人がやっぱりいるんだなあ、と思いましたe-446


> 昭和なイメージの一条ゆかり先生も、バリバリ現役なのがすごい。

最近、大人向けのマンガも全く読んでないんで知らなかったんですが、そのようですネ~! この「デザイナー」を貸してくださった方からお聞きしました。
この単行本に書いてあったんですが、デザイナーの連載がりぼんで始まったのが、昭和49年だったらしいんですヨe-451 もうかなりのお歳のハズなんですが、すごいなあと思いマス☆
[ 2010/01/28 19:59 ] [ 編集 ]
おみくじ灰皿~!!
って、アレって灰皿だったんですねー!知らなかったe-451
私が子供の頃よく見てたのは紺色のボディーだったような?
地方に因って違うんでしょうかね~??

ペロティは子供の頃の憧れでした。
私は3人兄弟だったのでペロティでは数が足りず、
類似品のイチゴの形をしたチョコを買って貰い、
兄弟で仲良く分けて食べていました。
(イチゴのは1パックに3本ついてたので)
大人になったら1人で3本食べてやるー!!
って思ってましたv超ささやかな野望デス(笑)。

私にとっての一条ゆかり先生デビューは「有閑倶楽部」でした。
当時小学生だった私にはちょっと内容が難しく、
絵も劇画チックに思え、ちょっと苦手だったんですけどねv
ちゃんと読み始めたのは「女ともだち」ぐらいからかな?
「女ともだち」も小学生には衝撃的な愛憎劇でしたが(笑)。
[ 2010/01/28 15:27 ] [ 編集 ]
おはようございます。
おみくじ灰皿…CHO→懐かし~い!
昔、喫茶店やファミレスで、よく見掛けたものです。
[ 2010/01/27 09:35 ] [ 編集 ]
こんばんは。

色形はボクのイメージと違いますけど、「おみくじ灰皿」は懐かしいです。
まだ現役なんですね。
テーブルにあると、なぜかやりたくなりますよね(笑)。
中身の紙とかまだ作ってるのかな~。
昭和なイメージの一条ゆかり先生も、バリバリ現役なのがすごい。

ボクは粗食人間ですが、グルメ記事も楽しみにしてます(*^_^*)
[ 2010/01/26 23:25 ] [ 編集 ]
ツバッキーさん、コンバンワ~~~ v-39

> こういうので、ナッツが出てくるのもあったのご存じですか?
> 同じような形のが各テーブルにおいてあって、
> 紙皿で、ピーナツとか受けるようなのが昔喫茶店にあったんですが・・・。


え~、昔そんなのもあったんですか~?! e-451
覚えてないだけかな?!


> 学生街は古いお店が本当に多くて楽しいです。
> 都内でも早稲田、本郷などは面白いですが
> 京都なら街も古いとこ多いから、なおさらかもですね。


ブログの中で書くのを忘れてたんですが、この喫茶店、シャンデリア風のシーリングライトといい、壁に飾ってある風景画の雰囲気といい、なにげに置かれている土偶風の人形?といい。。。すべてが昭和のまま時が止まったようなお店でした☆
京都は特に、いまだに喫茶店が目立つ土地なので、こういうお店きっといっぱいあるんだろうなあと思いマス。

ほとんどストーリーは覚えてないですが、「砂の城」もセツナイ系でしたヨネ、確か ^^
[ 2010/01/26 20:31 ] [ 編集 ]
懐かしいーーーー!
おみくじの、こんなでしたねぇ。
いまだにあるんですね。
紙が巻紙ででてくるんですよね^^
こういうので、ナッツが出てくるのもあったのご存じですか?
同じような形のが各テーブルにおいてあって、
紙皿で、ピーナツとか受けるようなのが昔喫茶店にあったんですが・・・。

学生街は古いお店が本当に多くて楽しいです。
都内でも早稲田、本郷などは面白いですが
京都なら街も古いとこ多いから、なおさらかもですね。

「デザイナー」小さいころ見た・・
私、「砂の城」のほうが鮮明ですわ。
[ 2010/01/26 17:24 ] [ 編集 ]
ぼんくらオヤジさん、コンバンワです~v-17

> 凄いっ 結構、事細かに書いていますよね。
> だけど、どこが星占いやねん^^; 中吉ぃ~?
> 果ては血液型って。こーなったら高島易断から
> 四柱推命まで入れちゃえー、がはははははは!


きゃははっ(≧▽≦)
ヘンなモノ好きのワタシとしたことが、見落としてました~ i-237

そういえばそうですよネ~!
こんな占いやったら、わざわざ自分の星座のところからお金入れる必要ないし~(笑)
あのまるい表面にかかれてる星座の表示はいったい何のため~e-3e-3(笑)

「ふむふむ、誠意が大事かぁ。。。」って、真面目におみくじの結果に見入ってしまって、マナサビイ、すっかり油断しておりました(笑)
代わりにツッコんでいただいて、ありがとうございマス m(_ _)m

それにしてもルーレット占いの意味が、やっぱりわかりませんi-201
[ 2010/01/25 23:32 ] [ 編集 ]
ぺんちゃんさん、コンバンワです~v-17

> ぺんちゃん、一条ゆかり先生の漫画大好きで、昔よく貸し本屋さんに行って借りてましたよ。一番借りていた本は梅図かずお先生の漫画です。大ファンでした。


ペロティチョコの広告が載ってた昔の少年サンデーに、「まことちゃん」のマンガもありましたヨ~(笑)  うめずセンセイといえば、「漂流教室」というマンガも名前だけは見たり聞いたりしたことあるけど、読んだ事はないんですよ i-201

一条ゆかりさんでは、ちょっとマイナーかも知れないんですが、「こいきなやつら」とか「星降る夜にきかせてよ」が好きなんですヨ~ (^^)b☆ ご存知ですかe-3e-3

小学校の時には岡山で住んでた町内にも貸本屋があって、ワタシもよく借りてました~i-178  
[ 2010/01/25 23:14 ] [ 編集 ]
ほげっとさん、コンバンワです~ v-17

> 子供の頃、ペロティチョコにいきなりかぶりつき、プラスチックの部分を噛んで歯を痛めたことを思い出しましたi-239


きゃははっ(笑)
ほげっとさんのコメント読んで、ワタシも思い出しました~!

最初はゆっくりなめていこう、とか思っててもつい、早く食べたくて
かぶりついてしまうんですよネ(笑)
歯を痛めたことはないんですが、かんだ時にあのプラスチックの棒に歯が当たって
棒自体が折れそうになったことはありますヨ~ i-229
[ 2010/01/25 22:58 ] [ 編集 ]
わざわざリンクまでしてくださって感謝です♪
凄いっ 結構、事細かに書いていますよね。
だけど、どこが星占いやねん^^; 中吉ぃ~?
果ては血液型って。こーなったら高島易断から
四柱推命まで入れちゃえー、がはははははは!
[ 2010/01/25 20:40 ] [ 編集 ]
こんにちは!

ぺんちゃん、一条ゆかり先生の漫画大好きで、昔よく貸し本屋さんに行って借りてましたよ。一番借りていた本は梅図かずお先生の漫画です。大ファンでした。
[ 2010/01/25 16:18 ] [ 編集 ]
「おみくじ灰皿」懐かしいですね~!
子供の頃、たまに行くレストランに置いてあったので、必ずやってました。
自分が最後に見かけたのは喫茶店、もう10年以上前ですがまだあったんですねi-190

子供の頃、ペロティチョコにいきなりかぶりつき、プラスチックの部分を噛んで歯を痛めたことを思い出しましたi-239
[ 2010/01/25 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR