ソラリスの時間 マナサビイTVコネタ集(1)~サザエさん一家の見た目年齢の巻

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

マナサビイTVコネタ集(1)~サザエさん一家の見た目年齢の巻 

知り合いの30才の女性 I ちゃんとマナサビイが、以前交わした会話からの抜粋。


I ちゃん 「・・・たまに日曜の晩にサザエさん見ると、憂鬱になりますよねえ」  
マナサビイ 「そうそう。明日からまた月曜日かあって気分になるもんねえ。あの時間帯・・・。」

まあ、ここまでは誰もが1度は交わしたことがあると思われる、ありがちな会話です。



マナサビイ 「最近、サザエさん見るたびに、うちで親と話すことがあるんヨ。」

I ちゃん 「どんな話ですか?」


マナサビイ 「波平とフネっていったい年はいくつ?って話よ。

いちばん末っ子のワカメが小学校3,4年生ぐらいやから、フネさんが仮に高齢出産で40歳ぐらいでワカメを産んだとしたら、フネさんの年令は今50歳ぐらいってことになるでしょ?」


I ちゃん 「・・・」


マナサビイ 「そしたら、サザエさんは確か23,4歳っていう設定のハズだから、フネさんが26,7歳の時に出来た最初の子供ってことになるんだけど、昔の人は今よりずっと若い歳で結婚も出産もしてたから、初産が26,7歳とは考えにくい。

そこでちょっとだけ計算を修正して、フネさんが仮に23歳でサザエさんを産んだと仮定すると、なんと、フネさんの年齢は現在、46,7歳ってことになる!!!

・・・あの風貌で46,7歳って考えられる  松田聖子と同い年になるんやで! あり得へんやろ?
髪型といい、顔のシワといい、かっぽう着着てるあの服装といい、どっからどう見ても、70ぐらいにしか見えんし!(笑)」


I ちゃん 「・・・」


マナサビイ 「波平もああ見えて、まだ50代やで! 定年もせず、まだ現役サラリーマンやし。
フネさんの歳から考えると、あれでまだ50代の前半、さらに下手すると40代後半ってこともあり得る!!! 
波平も、今の時代でいうと、どう見たって70やろ?!
うちの親も、あのふたりが自分よりひとまわり以上若いなんて信じられん、っていっつも言ってるワ(笑)」 


I ちゃん 「・・・あ、あの~」

マナサビイ 「ん?」


I ちゃん 「・・・カツオとワカメって、波平とフネの孫じゃなかったんですか



    ・・・・・・・・・・・・



コネタ集なんてまぎらわしいタイトルをつけてるもんだから、何かオチがあると期待して読み進んでくださった方、面白くも何ともないオチでスミマセン

でも、この I ちゃんの反応、ワタシ的には「ナルホド。そうなのか~!」と思ったんですヨ




I ちゃんは30歳ちょうどなんですが、子供の頃から普段はあんまりTVを見ない、ゲーム大好き乙女。
どちらかというと今の10~20代前半ぐらいの若い世代に近い感覚や感性を持ってる人です。


「サザエさんとカツオとワカメは3人兄弟で、波平、フネ夫妻の子供」


日本人なら知ってて当然と思われるこの家族関係、でも今の10~20代の若い人たちで、これを勘違いしてる人って、案外ちょこちょこいるんじゃないだろうか
と、I ちゃんの言葉を聞いた時に思ったのですヨ。



タラちゃんが、サザエさんとマスオさん夫婦の子供で、波平とフネの孫であるというのを間違える人はいないと思うのですが、きっと誤解してる人はこういう図式で誤解してるんじゃないかと。


→ 波平、フネ夫婦の実の子供はサザエひとり。
カツオ、ワカメ、タラちゃんが3人兄弟で、3人ともサザエさん、マスオ夫婦の子供。




カツオやワカメは、サザエさんのことをいつも「姉さん」とか「お姉ちゃん」、波平やフネのことを「父さん」「母さん」と呼んでるから、そういうのを聞いていれば家族構成はおのずと理解できると思うのですが。
でも、なにせ波平とフネのあの老け具合、I ちゃんみたいに、子供の時から何となくは見てるけど真剣にこの番組を見たことないという人にとっては、「カツオとワカメは波平とフネの孫」に見えても不思議ではないし、今の時代の感覚で言うとむしろそちらの方が自然だったりするんじゃないかと思う^^

それにサザエさん自身も、23,4歳にしては老けてて、30代に見えるから、カツオやワカメぐらいの子供がいても違和感があるようには見えないですからネ(笑)。





サザエさんのTV放送が始まったのが、今から約40年前。

懐かしの番組映像などを見てもいつも思うのですが、歌手でも俳優でもアイドルでも、とにかくこの頃って今よりもみんな老けてた(笑)!
よく言えば、今に比べると大人っぽく落ち着いて見える人が多かったですネ。

そういうトコロでも、「サザエさん」は昭和を映す鏡なんですね~と、あらためて思いマス。




ところで、またまた今ふと思ったんですが・・・。

もしかして、マスオさんが婿養子だと勘違いしている人、これまた意外に多いのではないでしょうか?!
これ勘違いしてる人、上の家族関係以上に、若い人にはぜったい多いと思う !

サザエさんのフルネームは、「フグ田サザエ」。
マスオさんのフグ田家に嫁いだれっきとしたお嫁さんなのですヨ、実は。


サザエさんの実家である磯野家でサザエさんの両親と同居してるわけだし、マスオさん自身あんな性格だから、これまた婿養子に見えても全然不思議ではないですよネ~。


実はかくいうマナサビイも、大人になってからも大分長い間、マスオさんが養子さんだとばかり思い込んでいたんですヨ~


そういえば、養子じゃないのに入り婿状態、って・・・まるで、今のキムタクと工藤静香夫婦と似てる

マスオ→キムタク   フネ→松田聖子  ・・・違う違う、全然違うって!(笑)




気を取り直して、ちなみに上の動画は、1991年放送の時のエンディング映像です^^
今は、「じゃんけん、ぽーん!」ですが、ワタシが子供の頃からしばらくはずっと、サザエさんがピーナッツを放り投げて食べてノドに詰まらせる、このおちゃめな「フンガフフフ・・・」のバージョンでした♪

きっと、ピーナッツを放り投げて食べるなんて子供が見てるのにしつけに悪いとか、真似してピーナッツをノドに詰まらせたらキケンだ、とか言われて、ジャンケンポンに変わったんだろうなア。。。 と、勝手に推測。






最後に、今までの話とは関係ないのですが、ちょっとヘン?なサザエさんを。。。↓





YouTubeやニコニコでは、「全自動卵割り機」の回がいつもの番組とは違う、どこかシュールな異色ぶりで人気があるようですが、マナサビイは、この「わが家の投書箱」がいちばんシュールかと 

「わが家の投書箱」というタイトルを頭に入れたうえで、一度ごらんになってくださいまし~  
ちなみにこれ、結構昔のサザエさんですよ~。





TVコネタ、大ネタの合間のつなぎに、たま~に入れてくかも。(今回限りで終わる可能性も非常にありますが。)  よろしくです




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ   

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/19 23:04 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(8)

>「磯野家のひみつ」とか「ドラえもんのひみつ」的な本が流行って、

読んでないけど知ってますヨ~♪ 「磯野家のひみつ」って結構有名だった気が。
Iちゃんは、ほんとあんまりTVを見ない人なのでよけいに知らないんだと思います。
でも子供の頃からの筋金入りのテレビッ子のワタシも、マスオさんが婿養子じゃないって知ったのは大人になってからなので、Iちゃんのことは言えませんが(笑)


> 私的には実写版サザエさんもかなり衝撃的でした。。。
> 最近観月ありさがサザエさんを演じてましたが、
> 私の記憶が正しければ、当時はたしか…浅野温子?!
> あの髪型も忠実に再現していてかなり衝撃的デシタ。
> 私の中では青島さんのいじわるばあさんに匹敵してましたね(笑)。


思い出して吹き出してしまいました~!(笑)
もう、ミズタツさん、笑わせんとってください~i-237

ありましたとも、浅野温子さんの実写版!
今から思うと、よく浅野温子さん、あの髪型でOK出したなあと思いマス(笑)

アニメの実写版て違和感がありすぎることが多く、基本的に好きじゃないので、このドラマ自体は見てないのですが・・・あの忠実すぎる髪型だけは、番組の予告かなにかで見てたんでしょう、よ~く覚えてますよん e-316
動画探してみようかなあ~(笑)

[ 2009/12/02 22:23 ] [ 編集 ]
私、Iさんと同世代ですが、完全ガッチリ磯野家相関図知ってました。
ちょうど小学生から中学生の時期ぐらいに
「磯野家のひみつ」とか「ドラえもんのひみつ」的な本が流行って、
皆こぞって見てましたからね~。。。
北海道だけなのかな?この本流行ったの。

私的には実写版サザエさんもかなり衝撃的でした。。。
最近観月ありさがサザエさんを演じてましたが、
私の記憶が正しければ、当時はたしか…浅野温子?!
あの髪型も忠実に再現していてかなり衝撃的デシタ。
私の中では青島さんのいじわるばあさんに匹敵してましたね(笑)。
[ 2009/12/01 00:49 ] [ 編集 ]
winechocoさん、こんばんわです~♪


> 某先生_「タラちゃんは全然大きくならへんなァ~」
> 「カツオは、いつまでたっても声変わりせえへんやろ?」
> の話から始まりました。


先生と同じで、これもいつも家で言ってますよ~(笑)
何十年たっても、タラちゃんもイクラちゃんも大きくならずあのまんま、フネや波平もいまだ病気一つせず、元気そのもの(笑)   
ワタシの知ってる限りでは、タラちゃんの声優さんて、いまだにワタシが子供の頃やってたのと同じ人がやってます。声優さんは、リアルにすごいなあと思いマス!


> 中学2年の時だったけど、某、歴史担当の先生はいつの間にか授業とは関係ない話へよく脱線してました(:.≧ω≦)
> (結構面白い話だったので、みんな喜んで聞いてたヨ...)
> ある日、テレビのサザエさんの話にまで脱線したときに、きょうのマナサビイさんの記事にあったような、サザエさんの家族関係の話までをその先生がしてくれて、クラス中がざわめいたことを思い出しましたe-451


クラス中がざわめいた。。。ということは、やっぱりみんなも勘違いしてたのね~♪
ワタシや I ちゃんだけがとんだ勘違い野郎じゃなくて良かった~、とまたまたホッとしました e-446

でも、授業でサザエさんの話をしてくれる先生と、またそれを昨日のことのようによく覚えているwinechocoさん、どっちもステキやなあと思いましたよ~e-287i-189
ワタシなんか、授業で先生がどんな脱線話をしてくれたか、もうほとんど覚えてないですもんね。



[ 2009/11/28 02:59 ] [ 編集 ]
Iちゃんの勘違い、私わかるe-348
私もかつては、「・・・カツオとワカメって、波平とフネの孫じゃ~」て思ってたし、マナサビイさんの仰るとおり、波平とフネって相当老けてみえるからね(* >ω<)=3

放送開始から8年たったある日...
某先生_「タラちゃんは全然大きくならへんなァ~」
「カツオは、いつまでたっても声変わりせえへんやろ?」
の話から始まりました。
中学2年の時だったけど、某、歴史担当の先生はいつの間にか授業とは関係ない話へよく脱線してました(:.≧ω≦)
(結構面白い話だったので、みんな喜んで聞いてたヨ...)
ある日、テレビのサザエさんの話にまで脱線したときに、きょうのマナサビイさんの記事にあったような、サザエさんの家族関係の話までをその先生がしてくれて、クラス中がざわめいたことを思い出しましたe-451

ヘタすると、その先生の脱線話がなかったら、それこそいつまでたっても勘違いしたまま過ごしてたかも知れなかったかも?です私i-229...
[ 2009/11/27 22:03 ] [ 編集 ]
ほげっとさん、まいどです~e-257

> そうなんですよ、サザエさんはすごく憂鬱な気分になるんです。
> 番組は始まってるのに、気分的には「あぁ終わった・・・休みがもう・・・」って感じで。
> だからもう10年以上はサザエさんまともに見てないかもしれないです。
> テレビでやってると「ヤベっ」って感じでチャンネルすぐ変えますし。
> もうこれはトラウマレベルかもしれません。


ほげっとさん、実はワタシも今年の春ぐらいまで、もうかれこれ10数年ぐらいまともにサザエさんを見てなかったんですよ~!
ワタシも全く同じで、すぐにチャンネル変えてました(笑)

休みが終わるゆううつと同時に、サザエさん一家はあまりにもいつも平和でシアワセすぎて、
自分が気分的に落ちてる時に、この番組を見るのはかなりキツかったんですよね~
疲労感が増して。
まるちゃんはまだ少しだけ話に毒があるので、見れてましたが(笑)


今はなんとか、ブログに書いたようなツッコミを入れながら、斜め視線から見ておりますよ~(笑)



> んがっふっふi-237

マナサビイは、お行儀悪いけどやっぱこっちが好きですワ~♪
[ 2009/11/24 14:03 ] [ 編集 ]
ケンさん、コンニチワ~e-454
また来ていただけてうれしいです~♪


> こんばんは。
> ボクもマスオさんはなんとなく婿養子だと思ってました。


わお。やっぱりそうですか! 
ワタシだけのイタイ勘違いではなかったと証明された気分で、なんかホッとしました(笑)


「わが家の投書箱」は、こんなタイトルがつけられてるのに
途中から、投書箱のとの字も出て来ない全く関係のない話になってしまい、これはいったい???と首をひねってしまいましたi-229
まるでふたつの全然違う話をくっつけたみたいなヘンな話で。。。
昔は子供だったし、きっと疑問を感じることもなく見ていたんでしょうが。

確かに!金銭感覚とかも少し違ったのかも、ですネe-454
[ 2009/11/24 13:37 ] [ 編集 ]
そうなんですよ、サザエさんはすごく憂鬱な気分になるんです。
番組は始まってるのに、気分的には「あぁ終わった・・・休みがもう・・・」って感じで。
だからもう10年以上はサザエさんまともに見てないかもしれないです。
テレビでやってると「ヤベっ」って感じでチャンネルすぐ変えますし。
もうこれはトラウマレベルかもしれません。
ちなみにちびまるこも同じ扱いですが。
んがっふっふi-237
[ 2009/11/22 00:19 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ボクもマスオさんはなんとなく婿養子だと思ってました。

「わが家の投書箱」見ました。
やっぱり昭和の年齢感覚は複雑で、今と大分違いますね!
「年齢がすべて」みたいな今の時代はつまらんです。

中盤のフグ田サザエさんがウロウロする所もよかったです。
気前のいい御近所さんがすばらしい。
金銭感覚も違うのかな~。
[ 2009/11/22 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR