ソラリスの時間 80年代のイカした青春?! 「たのきんトリオ 君に贈る言葉(アフター・スクール)ほか」と「女の子のシークレット・ブック」

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

80年代のイカした青春?! 「たのきんトリオ 君に贈る言葉(アフター・スクール)ほか」と「女の子のシークレット・ブック」 

前回、たのきんトリオの出演していた「ただいま放課後」のコトを書きましたが、このドラマのオープニングの動画をYouTubeで探し当てた時、思いがけず、うぷぷ  な動画(静止画)を一緒に見つけてしまいましたので、ご紹介しマス♪


残念ながら埋め込みができないので、下のリンク先のYouTubeのページで見ていただくしかないのですが、お時間があればもうぜひに見るというか聴いてあげてくださいな♪

あのトシちゃんのデビュー曲「哀愁でいと」のB面に入っていたという、たのきん3人のイカしたボイスです (歌ではありません、いや、歌ってる部分もあるから一応歌か)

それでは、どうぞ~!




「たのきんトリオ 君に贈る言葉(アフター・スクール)」





「制服なんか脱ぎ捨ててレオタードを着てみな。そして、オレたちと一緒に街を歩こう。君のまぶしさに、みんなが振り返るぜ。・・・イカしたレオタード・ギャルにな!」 (by マッチ) 

   ・・・・・・・・・・


当時小学生で、「哀愁でいと」はレコードが欲しいと思ってたぐらいすごく好きな曲だったけど、まさかそのB面がこんなコトになっていたとは・・・(笑)

でも、この頃に聴いてたら、「マッチィ、やっぱり男らしくてカッコイイ~ 」とホントに思ってたんだろうか?!とも思うけど、きっと思ってたんでしょうネ~

あ~、ワタシもぴっちぴちのレオタード着てマッチ様と一緒に街を歩きたかったナ~(笑)
あ、下は小学生だからモチロン白タイツね。






ところで。
今日のブログのタイトルは「80年代の~」となっているのですが、このレコードは1979年発売なので、本当はギリギリ70年代のモノです。

でも、収録されているフレーズのフンイキと言い、たのきんトリオ自体のアイドルカラーと言い、このあたりですでに80年代テイストに変わっているので、あえてこういうタイトルにしたワケ。 (←たのきんボイスの影響か、自然と言い回しまで80年代っぽくなってくるなあ




これと同様に、実際は78年に出版されているのですが、その全体から醸し出されているフンイキがいかにも80年代!という本をついでにここでご紹介しておきましょう♪(^^)b

以前行った四天王寺の古本市で「暮らしの手帖」と一緒にgetした本で、「女の子のシークレット・ブック」という、当時のローティーン~ミドルティーン向けと思われるHOW TO本です。



091107-80sたのきんと本1



091107-80sたのきんと本5


顔、スタイルは、まずいぐらいのほうがよい(笑)  このあたりは軽いジャブですわネ。   



ティーンの本らしく、告白を成功させるためのハウツーも満載なのですが、まだ携帯なんて影もカタチもないこの時代、やっぱりいちばんの方法はラブレターでしょう ということで、彼にキモチが伝わるラブレターのアイデアがいくつか。


091107-80sたのきんと本2


091107-80sたのきんと本3


「ゆうべ、あなたの夢をみました。どうしたんでしょうね、あたし」

ほんまに、どうしちゃったのよ~  大丈夫?! A子、A子、しっかりぃ~!

「今、あたし、とっても幸せなはずなのに」

そうね、幸せっていうよりも、あなたきっとおめでたいんだと思うわ。・・・ナーンチャッテ。





・・・この本、奥付を見たら6月に初版が発行されて、そのわずか2ヶ月後の8月にはなんと26版まで増刷されているという、かなりのベストセラーだった様子。

ということは、この本を実際に参考にしてラブレターを書いた人間がかなりたくさんいたということか・・・?!


その下の、一日一文字ずつのハガキ作戦も、相当コワいし・・・!(笑)



・・・まかり間違ってこのブログにまぎれこんでしまったティーンのお嬢ちゃん、もしいたら、危険なので決してこの本のマネをしないでネ。
まあ、きょうび、マネする人はさすがにいないとは思うけど。





091107-80sたのきんと本4


「ナヌ!」 (笑)  子供の時以来、久々に目にした死語なんざます。

最後の、百恵ちゃんソックリに整形したいという相談をしている東京都・ブス江さんには、迷わずアネゴになることをマナサビイ、ススメるざます♪ 
タイ焼きのお面つけて生活するよりはカンタンざますよ~ (^^)/





たのきんボイスもそうなんですが、以前upした70年代の「人相学入門」のおかしさや、「暮らしの手帖」のシュールな読者投稿とはまた違う、勘違いしたナルシスティックな‘恥ずかしさ’がこの頃以降の80年代のオカシさなんですよネ。


でも幼児や小学生という完全に子供だった70年代と違って、80年代はマナサビイの青春時代でもあったワケで。。。自分も当事者だったから、完全に人ごととしては笑えないの~
 
さすがにこの手のラブレターは渡したことないけど、いつだったか大人になってから日記を読み返した時に、自分でもなんでこんなことを正気で書けたんだろうと思うようなコトを書いてた。 ヒロイン気取りというか、なりきり趣味というか・・・(汗)



80年代、ええ、とっても楽しかったですヨ





にほんブログ村 その他趣味ブログ 1980年代回顧へ    人気ブログランキングへ   




関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/11 18:48 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(6)
乙女さん、コンバンワ~e-454
「君に贈る言葉」、ご存知だったんですね~!  さすがですi-278


> 当時は「今のはトシちゃん?」「コレはマッチ?」と、なかなか聞き分ける事ができませんでしたi-229
> 真剣に「レオタード」を買ってもらおうと親に泣きついた思い出の曲ですw


声を聞き分けられなかったというのはなかなかリアルですネ^^
頭のてっぺんから声出てますもんね、みんなi-259
レオタード買ってもらいたくて、親に泣きついた、、、ってマジですか!i-237



> 乙女はレターテクニック使っちゃったよぉ~wwi-195
> 葉書1枚に大きく一文字だけ。
> 合わせると「け・っ・こ・ん・し・よ・う・ね」
> ギャ~ッi-199i-240
> マナサビちゃん、こんな乙女を撃ち抜いて下さい・・・i-229


ぎょぎょっ e-451e-203
ぶはははは!i-237

乙女さん、もうどこからどこまでが本当なのか面白すぎてわからんようになってくるワ(笑)
当時ほんまにこのハガキ作戦実行したんですか~?!

まさかまさか、この本を持ってたわけではないですよね?
彼はやっぱり、一日一文字のハガキを気味悪がりもせず、毎日心待ちにしてくれてたんでしょうか? i-237


マナサビイちゃん、あらためて乙女さんがタダモノではないことを再認識いたしましたです、ハイ。 e-466



[ 2009/11/17 01:01 ] [ 編集 ]
マナサビちゃんi-189こんにちはi-197
「君に贈る言葉」懐かしいです~i-237
当時は「今のはトシちゃん?」「コレはマッチ?」と、なかなか聞き分ける事ができませんでしたi-229
真剣に「レオタード」を買ってもらおうと親に泣きついた思い出の曲ですw

「女の子のシークレット・ブック」
コレはヤバイです。i-230
乙女はレターテクニック使っちゃったよぉ~wwi-195
葉書1枚に大きく一文字だけ。
合わせると「け・っ・こ・ん・し・よ・う・ね」
ギャ~ッi-199i-240
マナサビちゃん、こんな乙女を撃ち抜いて下さい・・・i-229

[ 2009/11/16 14:12 ] [ 編集 ]
スズキリさん、コンバンワ~ e-257

> 今「スパイ大作戦」を実行したら100%通報されますね。
>
> 再版希望です(笑)


わはは。ほんまですよね~。 コワすぎますって!
でもいくら当時とはいえ、ほんまにこの作戦を実行した人がいるのかと(笑)

その前に書いてある「誘導尋問こじつけ型」というのも、なかなか困ったちゃんな作戦ですが i-230
[ 2009/11/13 23:00 ] [ 編集 ]
今「スパイ大作戦」を実行したら100%通報されますね。

再版希望です(笑)


[ 2009/11/13 22:21 ] [ 編集 ]
ケンさん、ブログ見に来ていただいてありがとうございマス~^^♪

> たのきんトリオ聞きました。
> 元祖ラップという感じで、カッコイイです。
> 演奏も無駄にハイレベルですね~。


無駄に が余計ですよ~(笑)


> ちなみに私事ながら、ボクは76年生まれでして、
> 80年代をリアルタイムでは、存分に楽しめてないのが残念です。


76年生まれというと、ジャニーズでいうと、少年隊のあたりから記憶があって、光GENJIは余裕でわかるよ、同級生の女子がキャーキャー騒いでたからネ i-189、といったところでしょうか?(笑)

今から見ると(恥)のオンパレードですが、80年代、ワタシが中高生の時も、実は「クサい」(ダサいと同じような意味)という言葉があって、70年代の青春ドラマの、「さあ、夕日に向かって走るんだ~!」的な大げさなわざとらしさを笑ってたんですよ。
でも今見ると、どっちも似たり寄ったり(笑)

こんなへんてこりんブログですが、またお時間あったら見に来てやってくださいませ~e-454 


[ 2009/11/13 14:14 ] [ 編集 ]
こんばんは、初めてお邪魔します。

たのきんトリオ聞きました。
元祖ラップという感じで、カッコイイです。
演奏も無駄にハイレベルですね~。

「女の子のシークレット・ブック」も面白かったです。
思えば最近、ハウツー本ってあまり見ないですね。
昔のティーンがうらやましい。

ちなみに私事ながら、ボクは76年生まれでして、
80年代をリアルタイムでは、存分に楽しめてないのが残念です。
[ 2009/11/13 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR