ソラリスの時間 大阪の空で見えた皆既日食 @ 市立科学館

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

大阪の空で見えた皆既日食 @ 市立科学館  

090722nissyoku3.jpg  090722nissyoku2.jpg

090722nissyoku1.jpg


大阪市立科学館の広場で、日食を見てきました♪



上の太陽の写真は、日食が最大に近づく途中、10時45分頃のもの。


あいにくの曇り空で、なかなか太陽が現れてくれなかったのですが、やっと見えた時にチャンスと思い、デジカメで撮りました。

ほんとに三日月のようなおひさま。。。初めて見ました



日食グラスも買ったのですが、曇っていたせいで太陽の光が弱く、逆に肉眼で直接見る方が形がはっきりと見えやすいような状況でした。

(私は普段からかけてるUVカットレンズのついたメガネをかけてましたが、完全な裸眼で見るのはやっぱり目に良くないかも…。)




そのうち、大阪で最大の欠けとなるちょうど11時5分ぐらいから、雲の隙間から太陽が顔を出す時間が多くなり、集まってた人がみんないっせいに空を見上げ出した時の写真が隣です。

「あれは何だ? 鳥か飛行機か?」・・・・
「スーパーマン」の中のワンシーンのようです

シュールな感じがして気になったので、撮ってしまいました


本当は、太陽の形そのままに三日月形に映るという木漏れ日の影がいちばん見たかったし、撮影したかったのですが、こういうお天気だったため、影を見ることはできず、その点は残念でした。



そろそろ帰ろうと思ってた時に、知らないおばちゃんが話しかけてきて、3年後も大阪で部分日食が見えるけど、朝の7時台になる、みたいな話をいろいろ教えてくれました。

おばちゃんの情報力、さすがです。


7時台だと、太陽の位置が今日よりだいぶん低いから、市内中心部だとビルの隙間を縫って見えるポイントを探す必要があるかも、ですネ。



3年後には、どういうシチュエーションでこの空を見上げてる自分がいるのかなァ。。。


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/22 20:23 ] ●その他/未分類  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR