ソラリスの時間 中学卒業の時のサイン帳は、懐かしいイラストと歌詞と想いでいっぱい♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

中学卒業の時のサイン帳は、懐かしいイラストと歌詞と想いでいっぱい♪ 

サイン帳表紙


少し前に物置の片付けの時に出てきたりぼんのふろくのサイン帳をアップしましたが、今日はその時一緒に出てきた、中学卒業の時のサイン帳を。。。☆

左上はそのサイン帳の表紙なのですが、いかにも80年代らしいファンシーなデザインです。


ちょっとワルっぽいクリームソーダ系とかも嫌いではなかったけど、こういう「メルヘンチック」なテイストは小学校の高学年ぐらいから一貫してずっと好きで、こういう系のノートとかレターセットをよく買っていました。



同級生みんなが町立小学校→町立中学校に進むのが当たり前だった岡山のイナカ町に住むマナサビイにとっては、中学卒業の時こそが、みんなの進路がバラバラになるという意味で実質的には初めて経験する「卒業」でもありました。
というわけで、この中学卒業時のサイン帳はクラスメイト全員に回して書いてもらったもの。


今読み返してみると、幼稚くさくて思わず読んでる方が恥ずかしくなってしまう文章もたくさんある反面、その頃には気づかなかった、その子の性格や想い、当時の時代の雰囲気がよく表れていたりして、これが意外にオモシロかったのです。  


サイン帳を見ていて「時代」を感じるのは、意外にも男子が書いてくれたページ。

というのも、あらたまって贈る言葉を書くのが苦手ということがあったのか、イラストや好きな歌の歌詞を書いてくれているものが結構あったりするからです。



090719中学サイン帳ラム   090719中学サイン帳4

090719中学サイン帳1   090719中学サイン帳3


名前を書いてる部分はカットしていますので、せっかくのイラストや言葉が途切れてますがご了承を♪


みゆき(他にもタッチの南ちゃんのイラストを描いてくれてる子もいた)や、うる星やつらのラムちゃんのイラスト、オフコースや矢沢永吉のファンだった男の子がかいてくれた歌詞。。。

めんどくさいから書きなぐってるという感じじゃなくて、意外にも丁寧にちゃんと書いてくれてるのが、今になって見るとうれしい。 

サイン帳はクラスの中で何人もの人間が回してたから、その一冊一冊にこうやって書いてくれてたんだなあと。。。(じーん)



090719中学サイン帳2


さて、このサイン帳を何十年ぶりかに見返していた中で、いちばんワタシがビックリしたのは、サイモン&ガーファンクルの「アメリカ」という歌の歌詞を引用して書いてくれたこのHちゃんのページでした。

Hちゃんとは、その後同じ高校にすすんで、大人になってからも思い出した頃にたまに連絡をとりあって会うという、細く長いおつきあいが続いているのですが、そこに書かれていた「アメリカ」の歌詞が、大人になってからのHちゃんの人生と奇しくも重なっているのです


彼女は今のダンナ様と結婚する前に、南米に行く彼に一緒について行って長い旅をした経緯があり、しかも結婚後は結婚後で、アメリカで何年も暮らしました。


スターや有名スポーツ選手が、子供の頃の作文に将来の夢を書いていて、現実に書いたその通りになったという話をよく聞きますが、これもなかなかスゴイ!
無意識のうちに自分のミライを予知しているのか、人間は自分が心の中で思い描いた通りの人間になっていく、というのを証明しているのか・・・。


今度会う機会があったら、このサイン帳、ぜひ見せてあげたいナ☆

逆にこの頃の自分が、どんなことを友達のサイン帳に書いていたのかも見てみたい気がします。




090719中学サイン帳5


これは、サイン帳のいちばん初めにとじてあった、Sちゃんという女の子が贈ってくれた言葉。

当時は正直、印象に残った言葉ではありませんでした。


何かから引用したのかも知れないけど、でもまるで何十年もの時間を超えて届けられたメッセージであるかのように、今のワタシにあまりにもタイムリーに響く言葉。。。

感謝の気持ちでいっぱいになります。

Sちゃん、今さらだけどありがとう!!!



こういうものって、やっぱり大事にとっておいて損はないですネ。。。!

ただたんに懐かしい思い出に浸るというだけではおさまらない、今だからこその新たな発見や驚き、想いもいっぱいあふれてきます。


いつでも開けることができる懐かしい時代のタイムカプセルでもあり、またある時にはノストラダムスにも負けない小さな予言書でもある。。。

ん? これってまるで20世紀少年みたい・・・? (笑)


大事なマナサビイの宝物です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/28 20:40 ] ●懐かしの雑貨・家電・玩具・人形・お菓子(フード) | TB(0) | CM(2)
石ころさん、せっかくコメントいただいたのに承認遅くなってスミマセン m(_ _)m

> 「I LOVE YOU」の歌詞を書いてくれた男の子は、
> もしかしたらマナサビイさんに告白してるつもりだったのでは?
> とか想像すると、可愛らしい感じがしますね。

と、一瞬ワタシも思ったのですが(笑)、この男の子がオフコースの大ファンで、確か他の人のサイン帳にも同じ歌かどうかはわからないけど歌詞を書いてたとか聞いたように思いマス。
「さよなら」のヒット、ワタシが小学生の時ですよ。小田和正さんてほんと息長い、ステキですネ。



> 私が一番覚えてるサイン帳の言葉があります。
>
> 「愛するよりも 愛される人になるように」
>
> という言葉です。
>
> 小学校の時のサイン帳で、教科書や文具を売っていた
> 事務の先生(男の先生)が書いてくれたんです。
>
> その先生は多分30代くらいだったかと思いますが、
> 子供の私には意味はわからず、ただ嬉しかっただけでした。
>
> でも今になると、その言葉の意味は痛いほどわかります。
>
> 自分の人生において、それが叶っていないからです。


それをいうなら、マナサビイもアラフォーなのに、いまだ独身ですよ~♪
しかも今彼氏ナシ。。。e-350

今でこそこんなふうに冷静に語れますが、ワタシもいろんなことがあって、自分自身のことが大嫌いで自信が持てなくて、信じられなくなって、周りに対しても人間不信になって、というとんでもなく心が病んでた時期がありまして。。。

あまりにもその時もがきすぎてパワーを使ってしまったせいか、今はおかげさまで悩むだけのパワーも目減りしました(苦笑)


ワタシも、自分のことが大好きだった昔にくらべると、自分に対する自信はまだまだ回復できていませんが、でも、結局自分のことを好きになるというのがいちばん大事なことだなあと、経験から実感しました。 
自信過剰ではモンダイですが(というよりも本当の意味で自分に自信がある人は、自分のことも客観的に見れる余裕があるから自信過剰にはならないと思う)、自分のことを愛せる人ほど、周りの人のことも心から愛せるし、結果、周りの人からも愛してもらえるんですよネ。


お互いまだまだこれからですよ~♪♪♪     がんばりましょうe-454
再発見がとても楽しいので、ぜひぜひ機会があればサイン帳、見てみてください♪♪♪
[ 2009/07/31 08:08 ] [ 編集 ]
これまた懐かしいですね。
「I LOVE YOU」の歌詞を書いてくれた男の子は、
もしかしたらマナサビイさんに告白してるつもりだったのでは?
とか想像すると、可愛らしい感じがしますね。

私が一番覚えてるサイン帳の言葉があります。

「愛するよりも 愛される人になるように」

という言葉です。

小学校の時のサイン帳で、教科書や文具を売っていた
事務の先生(男の先生)が書いてくれたんです。

その先生は多分30代くらいだったかと思いますが、
子供の私には意味はわからず、ただ嬉しかっただけでした。

でも今になると、その言葉の意味は痛いほどわかります。

自分の人生において、それが叶っていないからです。

また実家に帰ることがあれば、
サイン帳を探して読み返してみたいものです(*^^*)

P.S.先日のコメントに、丁寧なお返事をいただき、ありがとうございました!
[ 2009/07/28 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR