ソラリスの時間 インスタントラーメン発明記念館

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

インスタントラーメン発明記念館 

nissin-gaiheki.jpg


大阪府池田市にある、「インスタントラーメン発明記念館」ご存知ですか???

世界初のインスタントラーメン、「チキンラーメン」を発明した安藤百福氏創業の日清食品が管理・運営している施設です。入館無料♪


nissin-entrance.jpg    nissinn-wall1.jpg

nissin-wall2.jpg  nissin-wall-imoni.jpg 


エントランスを入ってまずいちばん初めに目につくのが、壁一面、さらには天井にまで伸びている今までに発売されたインスタントラーメンのディスプレイ。
袋麺、カップ麺の数・種類とも圧巻で、まるでインスタントラーメンのアーチをくぐっているような気分に♪    

地域限定商品がとても多くて、なんと山形の芋煮バージョンのどん兵衛も発見!
どんな味なんだろう???


nissin-chicken70spackage.jpg  nissin-1976.jpg


モチロン、定番商品の展示もあります。
このチキンラーメンのパッケージは1970年代~80年代、つまりちょうどワタシが子供の頃に売られてたもの。今は中身が見える窓はついてないですから。

U.F.Oもどん兵衛もどちらも1976年の発売だったんですネ~。
U.F.Oといえば、やはりピンク・レディのCM、どん兵衛は山城新伍が出てたCMが懐かしい・・・☆


nissin-demae1-ganso.jpg  nissin-demae1-80s-.jpg  

nissin-demae1-heisei.jpg


上の3枚の写真は左上から順番に、初代→80年代→平成  の出前一丁のパッケージ。

チキンラーメン、U.F.O、どん兵衛、出前一丁、これにカップヌードルを加えた5つが、子供時代の土曜日のお昼の定番ラインナップでした。
学校から帰って、「素人名人会」、♪ほんわかほんわか~の吉本新喜劇、寛平ちゃんや木村進が出てた「モーレツしごき教室」なんかを見ながら、食べてました。



nissin-chickenwall.jpg   nissin-cupnoodlejihanki.jpg


同じスペースにあるもうひとつのコーナーには、インスタントラーメンの歴史や変遷が、とてもわかりやすい形で展示されています。

例えば、右上の写真のカップヌードル専用の自販機。
実際にこんな自販機があったなんて、ワタシも知りませんでした。

見学にやって来る子供達が興味を持ちやすいように、子供達自身が操作することで初めて見られるようになっている仕掛けもあったりして、なかなか工夫が凝らされているのですが、
ワタシがいちばん目を引いたのはコレです ↓


nissin-ginzahokoten.jpg


これはモニターで流れている、カップヌードル発売当初の街頭キャンペーンの様子。
「1971年12月12日 銀座歩行者天国」での映像の中のひとコマなのですが、現在とは明らかに違うトコロ、お気づきでしょうか?

そう、昔はカップヌードルを買うと、専用のプラスチックの透明フォークがついてきたんです☆

発売当初だけではなくて、ワタシがそれこそヘビーユーザーだった70年代後半~80年代前半頃にもこのフォークはあって、実際にワタシもこれを使って食べてたキオクがあります。

最初から包装の中に入っていたような気もするし、アイスの木のスプーンのように、お店で買った時につけてくれてたような気もするし、そのあたりはもう覚えていないのですが、このプラスチックのフォークで食べるのが、何となく普通のラーメンとは違う感じがして好きでした♪


安藤百福氏の残した名言も所々に。


nissin-momofuku1.jpg  nissin-momofuku2.jpg

nissin-momofuku3.jpg


どれも、あらためて納得のお言葉です。 わかっててもなかなかできなかったりしますけど。。。




さて、次は楽しみにしていた「マイカップヌードル・ファクトリー」に向かいます♪


nissin-factory.jpg


ここは300円で空カップを買い、そのカップに自分の好きな絵やデザインを自由に描いた後、さらに好きなスープの種類、具材をチョイスして、世界でひとつだけのオリジナルのカップヌードルが作れるという体験工房。

チキンラーメンを麺から作れるという体験工房もあるようなのですが、コチラは前もって予約が必要なので、今回はお手軽に参加できるカップヌードルだけにしました。


nissin-mycupnoodle.jpg  nissin-world-men.jpg



ワタシがチョイスしたのは、カレー味と迷ったあげく、普通のカップヌードルのスープと、具は、チーズ、アスパラ、貝柱、ぴよちゃんの顔がついたナルト☆ 
お持ち帰りして、何日か後に家で食べました。 おいしかった^^♪

同じスペース内には、海外で販売されている「出前一丁」も展示されています。




実はこのファクトリーの奥には、もうひとつテイスティングルームがあって、大阪では販売されていない地域限定商品などを自販機で販売していて、その場で食べられるようになっています。
持ち帰りも可。


nissin-tastingroom2.jpg


ここでワタシが食べることにしたのが、「カレーうどんですかい」という、JALのビジネスクラスで食べられるという和風カレー味のミニサイズのおうどん。120円。
ここに来て、やはり気になるカレー味をチョイスしてしまいました。

カレーヌードルとはまた違う、サラサラ、あっさりめでありながらスパイスが効いてて風味も良好。思った以上においしかったです^^b
さすがビジネスクラスの味。。。


nissin-jalseleb.jpg




おみやげコーナーもあって、子供連れで来たら楽しいだろうなあと思いました(^ ^) 
ワタシと同じ世代のお父さん、お母さんも、懐かしい商品や、見たことのない面白い商品がたくさん見られるので、逆に子供以上に飽きずに楽しめるかも。

前々からこの施設の存在は知ってたけど、行ったことがなかったから行けて良かったです☆



・・・にしても、
どうして、U.F.Oって最近ストレート麺になったんだろう???

昔ながらのちぢれ麺の方が、ソースの絡みが良くておいしかったのに・・・。
発売前に試食テストとかやってるはずなのになあ?

本来のU.F.Oの復活願っておりマス(^^)/



(今ニコニコ動画で、懐かしいどん兵衛のCM見つけたので載せます↓ )





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/05 20:48 ] 見つけた☆昭和が残る場所 @大阪など関西圏 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス