ソラリスの時間 謎の生物シーモンキーとデパート屋上遊園地~「まぼろし商店街」より

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

謎の生物シーモンキーとデパート屋上遊園地~「まぼろし商店街」より 

シーモンキー3

シーモンキー1  シーモンキー2


この間本屋さんに行った時、串間努さんの「まぼろし商店街」という本を見つけて買ってしまいました
。 
串間努さんは昭和の子供文化、B級文化を研究・紹介されている方で、もう何年も前に出版されている「まぼろし小学校」という本も、実はワタシ持っているのですが、この本はそれにくらべてもより見所が満載の楽しい本になっていマス^ ^b

この本の中で紹介されているのは昭和40年代に発売あるいは開始のモノばかり。ほとんどが見覚えのある懐かしいモノばかりなのですが、たまにマナサビイでも知らないモノが載っています。

例えば上の、「シーモンキー」・・・。
前にやっていたブログの中で、いつもうちのブログに遊びにきてくださっているataligさんとの間でこのシーモンキーのことが話題になったことがありました^ ^ 
ワタシは学研の科学のふろくでついていた、見た目粉末みたいな、ちっちゃいプランクトンのような生き物の飼育セットのことは覚えていたのですが、ataligさんから聞いたこのシーモンキーという名前は全くキオクになかったので、ワタシが忘れてるだけで、そういう名前の生き物だったのかも知れないなあと漠然と思ったのですが・・・。

上のパッケージの写真を見て、やっぱりワタシは元祖の「シーモンキー」を知らなかったんだということがハッキリと判明しました(@ @)☆

このパッケージに描かれた絵(これは半魚人???  キッチュでどう見ても怪しい絵の感じも、当時っぽい。。。)といい、「タイムカプセルにのってきた!」というコピーといい、SFのような近未来世界や謎めいた世界に憧れ、思いを馳せていた昭和40年代当時の子供たちのココロに見事にぴったりと寄り添っています。
一度でもこれを目にしたことがあったら、このインパクトの強さはきっとキオクのどこかに残っていたハズ・・・!

本によると、このシーモンキーが日本で最初に売り出されたのは昭和46年頃で、少年マンガ雑誌のウラ表紙の広告ページに、これまた怪しい通販グッズたちと並んで広告が掲載されていたそうです。
キワモノ扱いされていたこともあってか、当時の良識あるお母さんたちには認めてもらえず、買ってもらえなかった人が多かったようですが、その後昭和50年代のワタシが小学生の頃には、名前を変える形で学研の科学というれっきとした教育雑誌のふろくになったことを考えると、実は意外にちゃんとしたモノだったんですネ。

この商品の開発者がアメリカ人で、日本だけでなく世界中でちょっとしたブームになったということも、この本で初めて知りました。



090614まぼろし遊園地1   090614まぼろし遊園地2


さっきも少し書きましたが、昭和40年代というと、大阪万博、UFO・宇宙人・超能力ブーム、NHKの少年ドラマシリーズ・・・など、ちょっとSFっぽい近未来的なモノ、謎めいたモノへの好奇心とか憧れが強かった時代。

シーモンキーはその一端だと思うのですが、この当時のデパートの屋上遊園の写真、今から見るとのどかで素朴でありながら、どこか迷いのない‘突き抜けた’雰囲気にも、この時代の空気が表れているような気がしませんか???
これも「まぼろし商店街」に掲載されてた写真です^^


実はこの本の中の記事がきっかけになり、子供の時に愛用していたあるモノとネットオークションのサイトで再会しました☆ そんなに高いものではないのですが、今お金を節約してる時だけに、落札してゲットしようかどうか思案中。。。
もし手に入れたら、ぜひこのブログで紹介したいと思いマス^^



にほんブログ村 その他趣味ブログ 1970年代回顧へ 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/14 18:58 ] 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆  | TB(0) | CM(9)
あぶもんもんさん、はじめまして (^ ^)/ コメントありがとうございマス♪


> しかし、捨ててしまうのはあまりに可哀相なので、煮沸した卵の粉末を水に入れておきました。すると、通常よりはるかに時間がかかりましたが、3匹生まれたんです。感激して、今度は何も間違えないように注意して育て、毎日ながめていました。


煮沸してしまった卵が、ふ化したとは !!!    そんなことってあるんですね!

でもそれ以上にビックリしたのは、


>  実は、最初のシーモンキーで失敗した少し後、まったく偶然に親戚からシーモンキーをまたもらったんです。しかし、また失敗するのを恐れてためらううち、ついに開けずじまいになってしまいました。まだ紛失していなければ実家のどこかに埋もれているような気がします。卵は乾燥状態にあれば何百年も生き延びられるらしいとは聞きましたが、もし見つかったら、子供と今度こそ慎重に育ててみたいと思っています。


「卵は乾燥状態にあれば何百年も生き延びられるらしい」・・・?!
並の生命力じゃないです(驚)
天変地異で世界が滅亡することがあっても、シーモンキーだけは生き残れるんじゃないかと。

でも、シーモンキーってある意味タイムカプセル的な存在ですネ^^
子供の頃もらったシーモンキーの卵が、ひそかにずっと生き続けてて、何十年かの時を経て大人になってからはじめて開封する。 
そして、やり残してた続きをまた始める、みたいな。。。

生命力が強すぎるというのは、正直少しコワいというか気色悪い気もしましたが、
そう考えると生命の神秘、ステキなことに思えてきます vvv

卵がかえるかどうか、お子様と、実験がてら飼育してみられると確かに楽しいでしょうネ♪


またぜひブログにいらっしゃってくださいネ~i-260
(ちなみにワタシも、めちゃめちゃそそっかしいです。。。
この間初対面の雑貨屋さんのご主人にまで、「見た所かなり、そそっかしいでしょう(笑)???」と指摘されてしまいましたi-229  )


[ 2009/07/26 12:32 ] [ 編集 ]
 はじめまして。ごいんきょさんの「昭和テレビ大全集」にコメントを書かれていたのを拝見して、寄らせていただきました。するとシーモンキーのことが書かれていたので、コメントを書かせていただくことにしました。
 実はシーモンキーには苦い思い出があります。小学校高学年でした。買ってもらって、飼うことにしました。私が買ってもらったのはプラスチックの筒に入ったもので、変わったイラストもなかったような気がします。動物は飼ったことがなく、三日坊主なので飼えないとも諦めていました。しかしこれならなんとか飼えるのではないかと思ったんです。
 小さい袋が二つ入っていて(青い袋と赤い袋だったような気がします)、片方は餌で、熱湯で10分間煮沸すること。もう片方はシーモンキーの卵なので、絶対に間違えるなと説明書に書いてあったのに・・・。
 昔から、絶対まちがえまいと思ったことは必ず間違えるという絶望的なオッチョコチョイの私は、卵の方を10分間煮沸してしまったんです。間違いに気づいた時、ゾーーッと怖くなったのを今も思い出します。
 多分、泣いたと思います。しかし、捨ててしまうのはあまりに可哀相なので、煮沸した卵の粉末を水に入れておきました。すると、通常よりはるかに時間がかかりましたが、3匹生まれたんです。感激して、今度は何も間違えないように注意して育て、毎日ながめていました。しかし寿命の長いものではなく、数週間で3匹とも死んでしまいました。
 最近はカブトエビというのが流行っていますね。学研の科学の附録にもなっているようです。うちの子が飼いたいと言ったので、シーモンキーを思い出しながら、慎重に育てました。カブトエビは卵からかえるのも少ないらしく、失敗しなかったにもかかわらず一匹だけでした。寿命もやはり短かったです。
 実は、最初のシーモンキーで失敗した少し後、まったく偶然に親戚からシーモンキーをまたもらったんです。しかし、また失敗するのを恐れてためらううち、ついに開けずじまいになってしまいました。まだ紛失していなければ実家のどこかに埋もれているような気がします。卵は乾燥状態にあれば何百年も生き延びられるらしいとは聞きましたが、もし見つかったら、子供と今度こそ慎重に育ててみたいと思っています。
[ 2009/07/25 04:10 ] [ 編集 ]
> これです!これ!懐かしいなー。本当に欲しかったんですよ。
> 今の子供は絶対に欲しがらないだろうな・・・
 
やっぱりこれでしたか~
なんて言ってるワタシも、実はここに書いてあったのを見て、「コース」と「時代」の存在を久々に思い出しました。。。
ワタシもこれ(たぶんコースの方?)時々買ってたんですが、なかよしやりぼんといったマンガ雑誌や、小学生の頃に買ってた学研の科学や「小学○年生」といった雑誌にくらべても、存在感が薄かったのか、本当にこの雑誌の存在だけはすっかりどこかに忘れてました。
思い出せてよかったです笑

ワタシも「スペシャルサンド」買ってますよ、コンビニでお昼ご飯買う時に☆  安いし、今大阪ではそのへんの小さいケーキ屋さんでもめったにお目にかかれないバタークリームがサンドしてあるのが、時々無性にひかれマス^^  マーガリンがサンドしてあるやつも結構ヘビーユーザーです☆
[ 2009/06/19 19:17 ] [ 編集 ]
>もしかしてこの文章の中に出て来る中一コースや中一時代の年間購読でもらえたやつでは???

これです!これ!懐かしいなー。本当に欲しかったんですよ。
今の子供は絶対に欲しがらないだろうな・・・

以前にも書いたと思いますが、娘を連れてスーパーへ行くと、僕が子供の頃に食べてたお菓子が結構多く売られているんですよ。チョコベビーとかオレンジマーブルガムとか不二家のLOCKとか。でも、究極はヤマザキのスペシャルサンドです!スーパーで見つけると必ず買ってしまいます。悲しいのは、大好きなチェリーを娘に取られてしまうこと。子供の頃は、このチェリーを最後までとっていたものです。
[ 2009/06/19 01:20 ] [ 編集 ]
ataligさん、たびたびスミマセン。
串間努さんのサイトを見ていたら、その中にこんなページを見つけました
→    http://www.maboroshi-ch.com/ata/ord_09.htm

ataligさんの言われてた万年筆って、もしかしてこの文章の中に出て来る中一コースや中一時代の年間購読でもらえたやつでは???
ピンクレディとか王選手などの有名人のサイン入りとかの。。。

キオクよみがえったら教えてください♪
[ 2009/06/18 23:04 ] [ 編集 ]
定期購読を申し込むともらえるのが万年筆というのも、なんか時代を物語ってますネ^^
大人の筆記用具という感じがして憧れだったのですが、実際に使ってみると特にワタシのような不器用な子供には書きづらかったキオクがあります(^ ^;)

でも! 数年前に広島に行った時にある雑貨店で、子供の時何かのお祝いでもらったのと全く同じの懐かしいイチゴ柄がついた万年筆を偶然発見して、安かったこともあって買ってしまいました。

この万年筆も含めて家にまだとってある懐かしい筆記用具をまたいずれアップしますネ☆

[ 2009/06/18 22:32 ] [ 編集 ]
>そういえば、昔って子供が読む雑誌にもあやしい広告がすごいたくさん載ってたような。 背が伸びるやつとか、睡眠学習とか。。。
ありました!ありました!怪しい広告。
そういえば。付録も色々なのがありましたよね。なんの雑誌か忘れましたけど、定期購読を申し込むと万年筆がもらえるというのがあって、それが欲しくて親に申し込んでくれと頼みました。結果は。当然却下。定期購読料の分で、ちゃんとした万年筆を買った方がよいと言われました。今考えると当然ですが、当時はその付録の万年筆が何よりも良く見えてしまったんです。
[ 2009/06/15 22:17 ] [ 編集 ]
ataligさん、こんばんわ☆
夜、うたた寝途中で目が覚めて眠れなくなったので、今ブログを開けてみました。
早速、見ていただけて良かったです~♪
この本、ぜひぜひ見つけたら買ってください☆ 他にも「あー、これ家にもあった!」みたいな懐かしいもの満載で楽しめますヨ~!

>当時の良識あるお母さんたちには認めてもらえず、買ってもらえなかった人が多かったようですが・・・・
> そのとおりです!買ってもらえませんでした。絶対にダメと言われました。

でしょうネ~(苦笑)  そういえば、昔って子供が読む雑誌にもあやしい広告がすごいたくさん載ってたような。 背が伸びるやつとか、睡眠学習とか。。。 こんな媒体に一緒に広告が載ってたら、キワモノ扱いされても仕方なかったでしょうネ。ある意味、おおらかな時代だったとは思いますけどネ^^

> そうそう、昨日旧信越本線横川駅にある碓井峠鉄道文化むらへ行ってきました。電気機関車はもとより、食堂車や寝台車、特急あさまなども展示してあり、子供ならずとも楽しめます。機会がありましたら、是非行ってみてください。

耳寄りな情報、ありがとうございマス m(_ _)m
横川駅。。。峠の釜飯の駅だったでしょうか?   食堂車なんて特に懐かしいですネ~☆
行ってみたいです!
[ 2009/06/15 03:00 ] [ 編集 ]
シーモンキーのパッケージ懐かしい~。涙ものです。この本絶対に買います。

>当時の良識あるお母さんたちには認めてもらえず、買ってもらえなかった人が多かったようですが・・・・

そのとおりです!買ってもらえませんでした。絶対にダメと言われました。今売られていたら、家族になんと言われようと絶対に買います。
最近、子供の頃に買ってもらったオモチャをオークションで見つけると無性に欲しくなるんですよ。高額で買えませんけどね。
そうそう、昨日旧信越本線横川駅にある碓井峠鉄道文化むらへ行ってきました。電気機関車はもとより、食堂車や寝台車、特急あさまなども展示してあり、子供ならずとも楽しめます。機会がありましたら、是非行ってみてください。
[ 2009/06/14 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR