ソラリスの時間 「ROOKIES ー卒業ー」 ~永遠のルーキーズ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

「ROOKIES ー卒業ー」 ~永遠のルーキーズ 

rookies-panf.jpg

ドラマ版からずっと直球勝負で生きることの熱さを見せてくれたこの作品にならって、ワタシも今日は、昨夜見てきたばかりのこの映画の感想を直球で書いてみたいと思います。

ドラマのルーキーズを見てきた方、もうぜひこの映画、見に行ってください!!!
いい意味で今までの集大成とも言えるような感動作に仕上がっていて、まったく期待を裏切りません!

なんとなく想像のつくストーリー展開ではありますが、これがルーキーズとしての最後の作品ということもあってか、思わず感情移入してしまうようなドキドキハラハラの盛り上がりと、見終わった後の少しせつなくて爽やかな余韻はドラマ以上だったと思います。

ネタバレになってしまうので、あまり詳しくは書けませんが、クライマックス近くの安仁屋のピッチングのシーン、ハラハラしてワタシは思わず目をつぶって手を合わせて拝んでしまいました。
このメンバーのことだから、もう少しのところで大きな失敗をまたしてしまうんじゃないかと心配で心配で(苦笑) 。
ワタシは阪神ファンなのですが、まさしく阪神の試合を見ている時と同じような心持ち。
ニコガクナインがすべて過去、現在の阪神の選手をもじった名前がついているのは周知の通りですが、負けてたら負けてたで「もうダメかもしれない」と思い一緒に落ち込み、勝ってたら勝ってたで「このまま本当にあっさり勝てるんだろうか?」と気をもむ。

出来の悪い子ほど可愛いという言葉がありますが(こんなこと言ったら、ドラマの中で川藤に導かれ、人間的に目覚ましいほどの成長を遂げたニコガクナインには今となっては失礼かも知れませんが)、まさにその通りで、本当に最後まで祈るような気持ちで映画を見させてもらいました。


また、最後ということもあってか、今回は誰か特定の人間だけにスポットライトがあたるという感じではなくて、ナインほとんどすべてに場面上の見せ場があったり、グッと来るセリフがあったりしたところも良かったのですが、その中でも特にワタシの中では、今回は新庄が大事な場面のところどころで言う、なにげないひとことが光っていたように感じました。
安仁屋の言葉にもじーんとくる言葉が多かったのですが、 クールで、川藤に対しても最後までいちばん反抗的だった彼の言葉だからこそよけいに、実は誰にも負けないぐらいの彼の人間としての熱さや仲間に対する温かい思いが際立つのかも知れませんね。

でも、映画版で野球部の新入部員として新しく加わった赤星と濱中も含め、本当にみんな最後まで掛け値なし、一生懸命でカッコ良かったです・・・!!!


「あきらめなかった者が最後には勝つ」    そして、ドラマ版でも出てきた、
「道を切り拓くものは、自信と勇気だ」

映画の中で、川藤が生徒に向かって話しているこの言葉は、今のワタシ自身を現実的に勇気づけ、奮い立たせてくれる言葉です。

「夢に果てなんてねえな・・・。」

「夢が叶ってしまったらどうなるんだろう」「夢の果てには何があるんだろう」という御子柴キャプテンの言葉(そんなふうに思えるところまでたどり着いたそれまでの道のりこそが、自分たちにとっては夢や奇跡そのものの日々であり、それゆえに、もうじき卒業し、かけがえのない仲間たちと離ればなれになってしまうことへの名残惜しさが込められたセリフでもあったと思うのですが)への、この安仁屋のアンサーとも言える言葉は、どこまでも夢を持って前向きに生きて行くことの本当の意義を示してくれている言葉のように思います。

見て良かったにゃ~ !!!

(注;ドラマを見ていた方にはとってもおすすめの本作ですが、ドラマを見ずにこの映画だけだと、ちょっと物足りないかも。。。
ぜひ、DVDか再放送でドラマを見てから、本作をごらんになるのをおすすめしマス)




人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/31 21:13 ] 昭和見た見たワールド 映画・アニメ映画・映像作品 | TB(0) | CM(2)
Rooちいずさん、はじめまして!

ワタシもドラマ見てたので、「ついにここまできたか~」という感慨深いストーリーでした。
途中から涙ぐんで見てしまいましたヨ。。。


> でもドラマからずっとみている人間にとっては感動できるが、この映画だけみても感動するかなあとも思いました。

ワタシも全く同じこと思いました! 
だからブログにも「ドラマ見ていた人には」おすすめ、というふうに書きました。
過去のさまざまないきさつを見てきてこその、感動ですもんネ、あれは。

原作のコミックを、今度はぜひ読んでみたいです♪

[ 2009/06/02 19:02 ] [ 編集 ]
はじめまして!

僕も初日にみてきました。


思いっきし泣けました!

遠い過去になったけど青春っていいなあ・・・



でもドラマからずっとみている人間にとっては感動できるが、この映画だけみても感動するかなあとも思いました。
[ 2009/06/02 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR