ソラリスの時間 2014年12月

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

年初め!時空・紅白歌合戦〜テレビから生まれたヒット曲☆ 

皆様、一日早いですが、新年あけましておめでとうございます(笑)

「いよいよ、年の瀬になりましたね。お正月の準備で忙しくされていらっしゃる方も多いことでしょう。
1年、本当にあっという間です(*´Д`)」
と当初は下書きで書いていたのですが、アップする予定だったものをすべて書き直す事にしたため、大晦日の更新となってしまいました。 ですので、いっそ新年のご挨拶も兼ねて(笑)

昨年だったでしょうか、一昨年だったでしょうか。「ソラリス的夢の紅白歌合戦」ということで、私個人の理想の紅白歌合戦の出場者を勝手に選出しブログで発表させていただきました。

さて、今回の時空・紅白歌合戦ですが、「テレビから生まれたヒット曲」限定でメンバ—及び楽曲を選考しております。
番組の主題歌、挿入歌、テーマ曲、番組出演者から成るユニットのヒット曲、あとはCMの名曲・・・
70~80年代というテレビの黄金期に子供時代、そして多感な青春時代を送り、自他ともに認めるテレビっ子として味わい尽くして来た私が選ばずして誰が選ぶ という心意気で選考させていただきました。
楽曲本位での選出ということになりますので、前回の理想の紅白の時に挙げる事ができなかった名曲も今回はたくさんピックアップすることができました(o^-^)b 

ただし、今回はアニメの曲、いわゆるアニソンと特撮番組に関しては除外させていただいておりますので、ご了承くださいませ♪(このジャンルだけで紅白ができるぐらい好きな曲がたくさんあり、定員オーバーになりますので^^;)

本家の紅白よりもエキサイティングですよ、少なくとも私の脳内は!(笑)
それではまいりましょう〜〜



第2回 時空・紅白歌合戦〜70~80's テレビから生まれたヒット曲〜


《白 組》18組(歌唱順は未定)

○贈る言葉(海援隊)
言わずと知れた「3年B組金八先生」1stシリーズの主題歌。
○カリフォルニア・コネクション(水谷豊)
「熱中時代・刑事編」主題歌。水谷さんには、メドレーで「やさしさ紙芝居」(熱中時代Ⅱ主題歌)も歌っていただきます。
○僕の先生はフィーバー(原田潤)
「熱中時代」1stシリーズの主題歌。原田潤君は子供でしたが、時空紅白なら、あの頃の声・姿のままで出場可能です。
○ガンダーラ(ゴダイゴ)
「西遊記」の主題歌。見てた〜〜!「モンキーマジック」も時間があればメドレーで歌ってほしいところ。
○ハイスクール・ララバイ(イモ欽トリオ)
「欽ドン」の「良い子・悪い子・普通の子」でコントを演じていた3人が歌った大ヒット曲。地元唯一のデパートにフツ男くんがイベントでやって来て、ファンだった同級生が見に行っていた思い出が。私もこの曲、なにげに好きでした^^
○あまく危険な香り(山下達郎)
同名のドラマ(根津甚八さんなどが出演していた)の主題歌。このドラマ自体は私は見ていませんでしたが、曲が大大好き!
○新しい空(小出正則)
「あさひが丘の大統領」主題歌。70年代後半の匂いのこの曲、いまだに大好き。気づけば頭を回ってる。
○琥珀色の日々(菅原進)
サントリーのトリスウィスキーのCM曲。最初にCMを見た瞬間にこの曲が気に入った記憶が。雨にびしょ濡れになりながら街を歩く小犬のせつない情感あふれる映像と共に記憶に刻まれています。この小犬ちゃん、保健所にいた捨て犬で、この撮影の後スタッフの方が引き取って飼われたというエピソードは今日初めてyoutubeで知りました。




○風を感じて(浜田省吾)
日清カップヌードルのCM曲。これも70年代の空気をはらんだ気持ちいい曲。♪自由に生きてく方法なんて百通りだってあるさ〜〜♬
○林檎殺人事件(郷ひろみ&樹木希林)
「ムー一族」挿入歌。お二人にはモチロン、同ドラマのテーマ曲「お化けのロック」もメドレーで歌っていただきましょう。
○想い出の糸車(三田村邦彦)
「新・必殺仕事人」主題歌。時代劇の主題歌の中では、後で挙げる紅組の某曲に次ぐ大好きな名曲です。
○すきま風(杉良太郎)
杉良太郎さんが「遠山の金さん」に主演されていた時のご自身の歌唱による主題歌。この曲も好きでした。
○ふれあい(中村雅俊)
「われら青春!」挿入歌。雅俊さんには「俺たちの旅」(同名ドラマ主題歌)「心の旅」(「われら動物家族」挿入歌)というヒット曲もモチロンメドレーで歌っていただきますよ。
○ロンリー・ハート(クリエイション)
「プロハンター」主題歌。ドラマは全く記憶にないですが、この曲は「ベストテン」で知り、いいなあと思いました^^
○そして僕は途方に暮れる(大沢誉士幸)
日清カップヌードル(1984)のCM曲。♬もうすぐ、雨のハイウェイ♪
○時間よ止まれ(矢沢永吉)
70年代資生堂のCM曲。今聴いてもいいムードあるわ〜。この時代はCM曲も非常にいいですよね^^♪ B面の「チャイナタウン」も大好きな曲です。
○リバーサイド・ホテル(井上陽水)
田村正和・岸本加世子主演「ニューヨーク恋物語」主題歌。今から見るとキザく映るだろうなあ。でも当時は欠かさず見てましたよ^^ この曲も好きだった。
○絶唱(舟木一夫)
マナサビイさん、いったい年いくつですか〜?!(@O@)と突っ込まれそうな選曲かも知れませんが、小学生の頃、花王愛の劇場(いわゆる昼ドラです)で放送されていた同名ドラマの主題歌で、夏休みに祖母と一緒に見た想い出があります。哀しいストーリーにぴったりのとてもいい曲だなあと思っていました。吉沢京子さん・三ツ木清隆さん主演でした。
○ワインレッドの心(安全地帯)
サントリー赤玉パンチCM曲。サビの部分、いいですよねえ〜〜。



《紅 組》23組(歌唱順は未定)

○サンセット・メモリー(杉村尚美)
ドラマ「炎の犬」主題歌。ドラマは見てなかったけど、曲にはハマりました!ラジオでもエアチェックした記憶が。
○明日...咲く(パティ)
ドラマ「竹とんぼ」主題歌。ドラマは見た事ありますがストーリーを覚えてない。でもこの曲はしっかりと覚えてます。
○異邦人(久保田早紀)
三洋電機のカラーテレビのCM曲。歌とともに、シルクロードの映像が映し出されていて、異国情緒も感じました。名曲ですよね。
○ありがとう(石坂智子)
毎週見ていたたのきんトリオ主演の青春ドラマ「ただいま放課後」の主題歌。「明日...咲く」同様、当時としてはそんなに大ヒット曲ではありませんでしたが、卒業シーズンにぴったりの大好きな曲でした。
○My Revolution(渡辺美里)
ドラマ「セーラー服通り」の主題歌。ドラマは見ていませんでしたが、曲は名曲!
○恋におちて(小林明子)
「金曜日の妻たちへⅢ」主題歌。1と2は見ていませんでしたが、これは見ました。大ヒットしたこの曲も良かった。社会現象でしたね。
○夜明けのマイウェイ(PAL)
桃井かおり主演「ちょっとマイウェイ」主題歌。パン屋さんが舞台のドラマだったけど詳細なストーリーは忘れましたw でもこの曲はしっかりと。
○ふたりの竹とんぼ(野中小百合)
「笑って!笑って!!60分」というバラエティ番組の中に、なぜか「哀愁学園」という青春ドラマのコーナーがありました。(なぜか、ですよねえ。今ならひとつのバラエティー番組の中に、真面目でセツナイ青春ドラマコーナーがある構成なんて考えられないでしょう(笑))
当時人気だったずうとるびやキャロライン洋子のお兄さんなどが出演していて、何バージョンかのドラマがあったのですが、その中で確かフェンシング部が舞台になったお話の時のテーマ曲がこの曲でした。
♪けずりたての青竹の甘い香りが目にしみる♬  この曲が好きだったんです!歌のバックには少女向けの怪奇ロマン作品をよく描いていた、マンガ家わたなべまさこさんのイラストが流れてました。




○旅愁(西崎みどり)
必殺シリーズの初期作品「暗闇仕留人」の主題歌。幼かったせいかドラマは知りません(覚えてない?)が、この曲が大ヒットしたからでしょう、歌番組に出てこの曲を歌っておられ、子供心に気に入った曲です。歌詞のある時代劇の主題歌の中では一番好き。歌えますヨ、今でも。
○CHA-CHA-CHA(石井明美)
「男女7人夏物語」主題歌。
○SHOW ME(森川由加里)
「男女7人秋物語」主題歌。夏物語も秋物語もどっちも見てました。歌も両方とも好きだった!時代はバブルの頃。ディスコでもかかっていましたよ〜^^♪
○太陽がくれた季節(青い三角定規)
「飛び出せ!青春」主題歌。小学校から帰宅してからの夕方の再放送でよく見ていました。何度も繰り返し再放送されてましたから。この曲、子供の頃大好きでした。
○追想(しまざき由理)
「Gメン75」エンディング曲。Gメンのエンディング曲と言えば、同じしまざき由理さんの「面影」という曲を思い浮かべる方が多いようなのですが、私はこの曲の方が印象に残っています。長らくyoutubeなどで探していましたが、最近ようやく発見し、何十年ぶりかに聴きました (//∇//) どちらもいい曲ですので、「面影」「追想」とメドレーで歌っていただきます♪




○非情のライセンス(野際陽子)
土曜日の9時、つまりGメン以前にやっていたアクションドラマ「キイ・ハンター」の主題歌。うっすらと見ていた記憶があります。この曲も大好き! この曲がかかっている時に流れていたタイトルバックの映像がまたクールでカッコ良かった。時空紅白ならではの若い頃の野際さんの歌声、堪能しましょう♪
○走れ、風と共に(山口百恵)
百恵・友和コンビ主演ドラマ「赤い衝撃」の中の挿入歌。 百恵さんには、同ドラマの主題歌、「赤い疑惑」の主題歌「ありがとう、あなた」、「赤い絆」の主題歌、そしてもうひとつ、国鉄のキャンペーンCM曲だった「いい日旅立ち」の豪華5曲メドレーをこの際ですからお願いします。
○ヒーロー(麻倉未稀)
大映ドラマ「スクール・ウォーズ」主題歌。コレ聴いたら走り出したくなります(笑)
○THE WIND(椎名恵)
大映ドラマ「プロゴルファー祈子」主題歌。椎名恵さんは大映ドラマシリーズの主題歌を他にも何曲か歌っておられます。「ヤヌスの鏡」主題歌の「今夜はANGEL」、「花嫁衣装は誰が着る」主題歌の「愛は眠らない」
大映ドラマは奇想天外な演出・内容はともかく(笑)、主題歌はどれも真面目に好きです。洋楽のカバー曲が多かったですが。 この3曲と、銀座ジュエリーマキのCM曲「たぶん彼女も水の星座」の計4曲をこれまた歌っていただきますよ。
○DOWN TOWN(EPO)
「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマ曲。いまだに大好きな曲です。80年代のシティポップスのリズムと香りが心地いい。
○聖母たちのララバイ(岩崎宏美)
火曜サスペンス劇場主題歌。2時間サスペンスの主題歌にいい曲が増えましたよね。
○ダンスはうまく踊れない(高樹澪)
金曜ミステリー劇場主題歌。でもこれは私は見ていなかったので、ベストテンで初めてこの曲を知りました。好きなので、今でもカラオケで時々歌います。
○SWEET MEMORIES(松田聖子)
サントリーCANビールのCM曲。ペンギンアニメのCM、印象的でしたね。松田聖子の曲の中では1、2を争うぐらい好きな曲です。 こうしてみると、広告に力を入れている会社だけあって、サントリーのCMは名曲が多いですね〜。
○私のハートはストップモーション(桑江知子)
ポーラ化粧品キャンペーンCM曲。この曲のヒットで桑江知子さんは新人賞を総なめに。当時数ある化粧品CM曲の中で2番目に好きな曲です。何気ない曲なのに、なぜか好き。
○Mr.サマータイム(サーカス)
カネボウ化粧品の1978年キャンペーンCM曲。
さっきも少し書きましたが、この頃の化粧品のCMは大ヒット曲が非常に多くて、この他すぐにこの場で思いつくだけでも「不思議なピーチパイ」(竹内まりや)、「春咲小紅」(矢野顕子)、「唇よ、熱く君を語れ」(渡辺真知子)、「Hey Lady 優しくなれるかい」(庄野真代)などなど・・・たくさんあります(*^.^*) 白組になってしまいますが、ツイストの「燃えろいい女」もそう。
しかし、あまたある化粧品CMの中でも、私がいまだにいちばん好きなのがこの曲です。



いかがでしたか〜

おひとりで数曲歌っていただく、現在は引退されている方に出場していただく、当時の年齢のままで歌っていただく・・・どれも、わが時空・紅白だからこそ可能な演出でございます

特に紅組は、次から次に曲が頭に思い浮かんで、収拾がつかない状態に(笑)
まだまだあるんですよ。例えば松任谷由実(当時、荒井由実さん)の「あの日に帰りたい」も70年代のドラマの主題歌ですから。これが主題歌になったドラマの存在を全く知らなかったので、外しましたが。

そして、大ヒット曲優先ではなく、自分が気に入っている曲だけを選ばせていただきましたので、「あの曲が入ってない〜〜!」というお声もたくさんあるかと思いますが、そのあたりご了承くださいませ^^


大晦日、ただいま、「年忘れにっぽんの歌」を聴きながらこのブログを書いております。
今、「夜霧のハウスマヌカン」が聞こえてる(笑)
しかしまさかこの手の歌が、こういう中高年相手の懐メロ番組で流れる時代が来るとは(笑)
昔はこの番組、演歌ばっかりだったですよ。
紅白の歌唱順をにらみながら(お目当ての人の歌だけを聴くために)、もうすぐ、ガキつか→紅白と順に切り替えて行きます^^

それでは皆様、新しい年、2015年も何卒よろしくお願い申し上げます♪
2015年は、新しい出会いを増やし、楽しい時間をさらにたくさん作っていきたいと思っております(*^.^*)


元々アップする予定だった記事、「時空・アイドル紅白歌合戦」を、追記の記事として残していますので、お時間あります方はバナー下の「続きを読む」をクリックしてごらんくださいませ♪



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/31 21:01 ] 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪ | TB(0) | CM(30)

ずうとるびとナショナル坊や 

金曜日の夜は10数年ぶりに再会した昔の職場の友人と幸せな語らいの時間を過ごし、一転、土曜日は抜歯という予定が入っていたこともあり、歯医者の行き帰り以外はおとなしく家で過ごしておりました。
相変わらず、用事をしつつ、テレビの2時間サスペンスを視聴していたのですが・・・

最近、元ずうとるびの新井くん(新井康弘さん)がよく出てるんですよ、サスペンスに。この日なんて、2回も見ました、全く別のドラマで。
たいてい、腹黒だったり、人を脅したりすかしたりする悪どい役を演じられているんですけどね(^_^;)
以前、2時間サスペンスのことをブログで書いた時には名前が浮かびませんでしたが、ここ最近、お目にかかる機会が一気にぐ〜んと増えたように思います。



この静止画面のいちばん右、背が高いのが新井さん。

ずうとるびと言えば「みかん色の恋」ですが、この「明日の花嫁さん」も私にとっては記憶に残っている曲です。
それもこれも、途中で♪パーパーパパパパ♪と入って来る新井さんの低〜〜いお声があまりにも印象的だったからです。 
Youtube見るまで曲名なんてすっかり忘れてたけど、新井さんの歌声で「おおっ!これだ!!と。
そしてこのシルクハットね(笑)

それにしてもYoutubeってアメージングを提供してくれることが多々あって、なんとこのブログを書いている今日の今日まで、途中で脱退した山田君(今、笑点で座布団運びをやっている山田隆夫さんです)に代わって、池田君(池田善彦さん)という方がメンバ—に加入していたことを知りませんでした
これは忘れていたというんじゃなくて本当に知らなかった! 
動画見ても全く記憶にないですもん。 山田君が脱退したのは、おぼろげに記憶に残ってますけどね。
私の頭の中では、なぜか山田君が脱退した時点でずうとるびは消えてなくなっていたんですねえ。

自分の記憶レベルを過大評価してはいけない、と今日もまた思い知らされた次第でございます。
池田君って、皆さん、覚えておられました?!
あれ? でも「池田善彦」さんというお名前だけはどこかで聞き覚えがあるなあ・・・?



987ナショナル1

歯医者の行き帰りで以前から見かけ、気になっていた電器屋さん。
ひと昔前のオーディオ製品以外に電化製品はほとんど店頭にはないお店で、ビデオテープからDVDディスクへのダビングなどを主に行っておられる感じ。
でも、ナショナル坊やを見たのは昨日が初めてでした。
お店の奥か倉庫から引っ張り出して来て飾られたのかも。

ナショナル坊や、お店の奥の棚にも小さいのを何個か見かけたので、このお店のお客さんになって1個譲ってもらおうかな、などと作戦を計画中(笑)
昔TVで放送してた「ラピュタ」をダビングしたVHSのテープなどがまだ家にあるので、DVDに焼き直してもらおうかしらン。





ここ何年も、クリスマス気分が全くもって湧いて来ない私です。
特に30代の前半頃まではこの季節になるたびに感じていた気持ちの浮き沈みが嘘のような、普段とほぼ変わらないニュートラルな数日間。
年賀ハガキをまだ書いてないとか、使わないものの片付けを時間があればもっと進めたいのに、とかそういう事の方が気にかかります(^_^;)

あ、ですが、ひとつだけ
バタークリームのケーキが食べたくて、広島にある「バッケンモーツァルト」というお店からケーキを取り寄せました。
いわゆる丸いケーキではないんですが、お世話になったとある方から教えていただいたもので目下食べるのを楽しみにしています。大人向けのバタークリームケーキですね。
なんで、生クリームじゃなくてバタークリーム?と思われた方は、右上の「70-80年代激愛のこの1曲」の欄をごらんください。


それでは皆様、どうぞ素敵なクリスマスを〜〜♪
大晦日までにもう1回記事upしますよ〜、たぶん。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
関連記事
[ 2014/12/23 13:25 ] 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪ | TB(0) | CM(3)

ウラナンバ暮色 

大阪・ナンバと言えば、グリコの巨大看板にかに道楽、阪神ファンのダイブで知られる道頓堀川、戎橋。
全国区で知られているあの一角からやや外れた千日前から日本橋にかけての界隈が、最近では「ウラナンバ」と呼ばれているそうな。

ウラナンバ暮色味園コントラスト8


ウラナンバ暮色14


ウラナンバ暮色16


ウラナンバ暮色15




ウラナンバ暮色味園コントラスト4-1


ウラナンバ暮色味園コントラスト



かつて、ブレイクする前のピンクレディーがここのキャバレー、味園(みその)ユニバースに来たことがあったらしい。

盛り場を歌い歩いていた「流し」の演歌歌手がまだ多かった時代、ピンクレディーとて下積みの頃にはこういった場所で地道に営業をしていてもおかしくはなかったのだろう。
大胆なミニの衣装、開脚ダンス、ピンクレディーという名前・・・もしかしたら完全にそちら系のタレントの扱いだったのかも知れないけれど。

その日、その夜のこの場所にタイムスリップして、夜明け前のふたりのステージが見られたらとふと思う。



ウラナンバ暮色21


ウラナンバ暮色味園コントラスト2


螺旋スロープを上る、上る。 ジャックと豆の木のように。
ここは天国、そして宇宙への階段。



ウラナンバ暮色28


ウラナンバ暮色19-1


ウラナンバ暮色24-1




ウラナンバ暮色味園コントラスト5


ウラナンバ暮色味園コントラスト10



日が傾く前にそろそろ帰ろうと日本橋の駅に向かって歩いていた時、車椅子に乗る人に出会った。
80年代の漫才ブームの時代に人気を博した、サブロー・シローのシローさん。
あれは確かにそうだった。
お弟子さんなのかヘルパーさんなのか、韓流アイドルのような顔をした若いお兄ちゃんに付き添われ横断歩道を渡ろうとしていた。

お声をかけようか。 一瞬迷ったけれど、出来なかった。

やっぱり、と思い直し、もう1度渡って行った方向を目で追ったけれど、もうすでにふたりの姿はなかった。
暮れなずむこの街の雑踏の中に消えていた。


ウラナンバ暮色味園コントラスト11







昭和由来の大阪(関西)のローカルCMには、掛け算の九九と同じぐらい、忘れようがないレベルにまで刷り込まれてしまうものが多いんです。
中でも印象的なのは、いわゆるオトナ向けのCM。
それゆえに、CMを見かけるのは深夜の時間帯か、競馬中継の合間の土日のお昼間というのがお約束。

♪京橋はええとこだっせ♪の、京橋「グランシャトー」のCM。
♪雨が降っても、サ、サン、サーン♪の、のキャバレー「サン」のCM。
♪ハ〜、どんと来い!♪ レッツ・飲ミュニケーション「やぐら茶屋」のCM。
「ナイスショット、ナイスインだね。やー、満足、満足!」の「薬用金蛇精(きんじゃせい)」のCM。
「アナタ、車売る?」の「ハナテン中古車センター」のCM。


そして、今回訪れた味園(みその)ビルのCM。






私は、下のCMの方が馴染みとそして記憶があります。たぶん下の方が新しい。
でも、好みは上のCM。
エコーのかかった音声、怪しいスペース効果音・・・昭和40年代的なレトロ・フューチャー感がたまりません(笑)
「味園ユニバース」という店名もしかり。
そして、建物のこの奇抜な意匠も当然しかり。


昭和以来のスナックなどに混じって、味園ビルには最近新しいお店もできていてマスコミでもしばしばとりあげられていますが、入居しているお店に宇宙的な名前が多いのは昭和の遺産とも言える味園ビル、味園ユニバースへのリスペクトによるものなのかも知れません。

社会からドロップアウトし、自分の居場所を見つけられずにいた人々が、一見ウラぶれた遺跡のような空間の中で自分の居場所と救いを見い出す。
ささやかな未来を志す人々の思いと40年前の未来志向が交錯しているこのビルは、新旧さまざまな人生模様がカオスのように混在する場所ともなっているようです。


若い頃、ナンバの中でもこの日本橋に近い界隈は女の子がひとりで歩かない方がいい、と男性から忠告を受けたことがありました。
現在でも妖しい風俗店が軒を連ねている界隈、さもありなんという感じではありますが、その時代に同じようにひとりでは歩かない方がいいと言われていた新世界の一帯が、今や大阪を代表する観光地となっていることを考えると、ここも20年後はどう変貌しているかわかりませんよね。

歓楽街には、いつの時代も光と影が交錯しています。


ウラナンバ暮色17

(偶然見つけた「文化屋雑貨店」! このお店は昔、90年代にはアメ村の三角公園の近くにありました。
いつのまにかこんなところに移転していたんだーー(懐))





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

関連記事
[ 2014/12/17 13:01 ] 見つけた☆昭和が残る場所 @大阪など関西圏 | TB(0) | CM(14)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR