ソラリスの時間 2014年09月

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

グランフロント以前〜大阪・梅田北ヤードの記憶〜 



そこはわずか数年前まで、広大な敷地の貨物ターミナルがあった場所でした。




_011梅田北ヤード1




_011梅田北ヤード2




_011梅田北ヤード8




_011梅田北ヤード7




_011梅田北ヤード10




_011梅田北ヤード6




_011梅田北ヤード11



人で賑わう梅田・グランフロントのビル。
その背後には再開発を待つ残りの区画が広がっていますが、だだっ広い貨物駅があった頃のこのあたりの風景も、昭和の空気をとどめている気がして好きでした。

時代の流れから取り残されてしまった寂寥感のようなものも確かに感じられましたが、
停まっている貨物列車やたまに通過する列車をフェンス越しにボーッと眺めているうちに、
なぜか「永遠の時」の中に自分が時空旅行者として存在しているかのような
不思議な錯覚に陥ったことがありました。

もしも大阪に、密かに「銀河鉄道999」のターミナルが存在するとすれば、
間違いなくここがそうですね(笑)


以前、大阪ー北陸を結ぶ特急「サンダーバード」や「雷鳥」の回送列車が確か、
この貨物駅の敷地内を通る線路を走っていた記憶があります。
通過する特急列車を、フェンス越しや踏切越しに眺めたことが何度かありました。
今はどうなんでしょう・・・??


そう言えば、これらの写真を撮影した時、北ヤードに面した細い道路で、
漫才の練習をしている若者コンビにも遭遇しましたっけ。
少し離れたところにいたので顔ははっきり見えませんでしたが、あの時のふたり、
もしかして今売れっ子になっていたりして、誰だったのだろう?? と想い出すこともあるんですよ^^




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


つい最近、こんなメッセージを見知らぬ方々からいただきました。


_011梅田北ヤード12


今日upした中の、いちばん最初の(いちばん上の)写真を大きく引き伸ばしたものを、
この夏、富士フィルム主催の「30000人の写真展」に出展しました。
これは応募者全員の写真を展示してもらえるイベントなのですが、
見ていただいた方が、こんなメッセージを寄せてくださいました。
その嬉しさもあって、今回、ブログでも・・・と思った次第です^^


実はその大阪での展示会場というのはグランフロント(8月初頭)だったのですが、
私自身はなんと見に行っていないという
自分の写真って恥ずかしくて見れないんですよね

でもかえすがえすも、数多くの展示写真の中から自分の写真に目をとめていただいて、
しかもこんな風に感想まで書いて伝えようと思ってくださったそのお気持ちが、
本当に嬉しいですし、ありがたい!!!

特に若い方からのメッセージが多かったのが予想外で嬉しかったです。
このブログもそうですが、同世代以外、特に20代の人にウケるということがめったにないものですから(笑)


この秋は、調子に乗って久々に風景写真をたくさん撮れたらと思いマス♪♪







今回から、ブログのラストに、自分が子供の頃に実際にあった出来事、その想い出について少々書くコーナーを設けます^^
三日坊主で終わるかも知れませんが、まあ、その時はその時で(笑)

初回の今日は、『代用教員』として、着任された先生について♪


幼友達と会った時や同窓会の場などで、当時の担任の先生の話題が出る事は非常に多いと思うのですが、
代用教員として来られた先生の話が出る事って、めったにないと思いませんか

私も小中高に渡って、代用教員として来られた先生達のお名前は実はほとんどが思い出せません
顔は思い出せても名前が出て来ない、という先生がほとんどです。
でも、中学校時代に来られた先生の中に、名前も顔も思い出せる先生がおふたりだけいらっしゃいます。

ひとりは、I先生という若い女の先生。
この先生は、第一印象がとにかく悪かった  
何かと口が悪くてガミガミ言うし、キツいし、生徒からは最初全く好かれていませんでした。
でも、時がたつにつれ、徐々に「それほど悪い先生ではないかも知れない。むしろ意外にいい先生かも」という認識にみんなが変わって行き、そして最後、学校を去る時には、I先生は号泣されていました。
男子などは「鬼の目にも涙」とか言ってからかっていたけど、まさかこんなにこの先生が
涙を見せるなんて思ってもいなかったので、ビックリしました。
人間、第一印象がすべてじゃないなあと子供心にも感じましたね〜^^

あともうひとりは、Y先生という男の先生。
決してカッコ良かったから、などという理由ではありません。(むしろ容姿は人並み以下だった)
若いのにちょっとヒネクレ者の感のあるクセのある先生で、それできっと印象に残っているのかも知れません
あれ?待てよ、この先生、高校だったかな?! 教科は社会だったっけ?国語?どっちかだったんだけどなあ。
まあ、この程度の曖昧な記憶しかありませんが、とにかくお顔と名前だけが強く印象に残っています。


同窓会に呼ばれることもない、この先再会することもないだろう先生方ですが、
時々ふと想い出します〜




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/24 18:50 ] ●レトロスポット(大阪、関西) | TB(0) | CM(16)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR