ソラリスの時間 2013年09月

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

懐かし〜+.(・∀・).+♪TVで見た昭和のオリンピックの思い出 

7年後の夏季オリンピック開催都市、東京に決定しましたね〜!

自国開催に対する自分なりの期待や懸念などの想いを書きたいこともありまして、今回は急遽予定を変更、昭和の子供の頃〜青春時代に自宅のTVで見た夏のオリンピックの想い出を、極私的な想い出エピソードも含めましてツラツラと書いて行きたいと思いマス
(youtubeの動画を貼り付けていますが、もしブラウザによって見られないようでしたら、各動画下のリンクからyoutubeに飛んでみてください〜〜m(_ _)m )


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ではでは早速。

ワタシがリアルタイムで見て覚えているのは、1976年のモントリオール五輪からになります。

最近はゆずさんやいきものがかりさんなど国内アーティストが作ったテーマ曲がオリンピック番組の盛り上げに一役買っていますが、この時代は当然まだそのような演出はありませんでした。
でも、国内で作られた曲なのか、現地カナダの放送局が採用していたテーマ曲なのかはわかりませんが、なぜかモントリオール五輪の時の番組冒頭で流れていた曲は記憶に残っています
♪モントゥリオー♪♬ という外国人ぽい女の人の歌声の部分だけなんですけど




http://youtu.be/dVAww0GSayk

さて、モントリオール五輪といえば、やはり何と言っても印象的だったのはこの人でしょう、ナディア・コマネチ
オリンピック史上初の10点満点をたたきだし、白い妖精という異名を得たルーマニアの天才体操少女。

この動画を見つけた時、なんとコマネチさんとたけしさんとが番組内で共演している動画も発見し、「うわ〜w このおふたりが会ったんだ〜!」と思いました(笑)

http://youtu.be/A_EW45PcVE4
これ、たぶん結構最近の関東ローカルの番組だと思うんですよ〜。
コマネチさんがコマネチやっているという、歴史的瞬間!(笑)


他に、ワタシがモントリオール五輪で覚えている種目は、女子バレーです。



http://youtu.be/Q9AZjMWSHro


エースの白井さん前田さん、このおふたり、覚えてます〜〜!

白井さん、決して太った方ではないのに、子供心にものすごくどっしりとした重量級の印象を受けた選手でした(笑) スパイクの破壊力ともども、大砲という呼ばれ方がピッタリの
前田さんもアタッカーだったと思うんですけど、コートを駆け回っておられたイメージと、もし記憶に間違いがなければジャンプ力がものすごくあった選手だったような覚えがあります
スパイク打つ時のジャンプしてる高さが、その後の時代の選手とくらべても高かったような。


あと、日本の男子の体操も、少しだけ覚えてます。
塚原選手監物選手が出場されていた時代だと思うんですが、特に監物選手の「ケンモツ」という名前の響きを印象的に覚えてます。(技やお顔は全く思い出せませんが
この頃って、男子の体操は柔道と並ぶお家芸で、団体でメダルとるのはあたりまえという時代でしたよね



次に思い出すののが、1984年のロサンゼルス・オリンピックです
80年のモスクワ大会は、日本がボイコットしてしまいましたからね。
ロサンゼルス五輪と言えば、陸上界のスーパースターになったカール・ルイス選手
ボルト選手も超人ぶりを発揮していますが、カール・ルイス選手は走り幅跳びでも金メダルをとったというのがすごかったなあと今更ながら思いマス

そして、日本選手では、



http://youtu.be/MwXTttpkUX4

大会中にケガした足をひきずりながらも準決勝、決勝戦を勝ち抜き、金メダルを獲得した、柔道の山下選手!
涙の金メダル、感動しましたよね〜〜!
勝った場面もそうだったけど、その後の表彰式でのシーン、山下選手の表情に見ているこっちまでじ〜んと来ました(感涙)


そして、男子体操の具志堅選手森末選手の金メダル、団体での活躍なども燦然と光っていますが、やっぱりここでも女子バレーが記憶に残っています
動画がないのが残念ですが

ここ!という場面での冷静なプレーと決定力が光った江上由美さん、クイックや時間差攻撃が得意だったセンタープレイヤーの三屋裕子さん(三屋さんは今、協会理事。コメンテーターとしてもよくTVに出演されてますよね)、ボールを拾いに拾いまくる果敢なレシーブ姿が印象的だった広瀬美代子さん、この後も息長く活躍されたセッターの中田久美さん・・・このあたりの方はものすごくよく覚えています〜

特に広瀬選手はワタシも大ファンになった選手で
広瀬選手に関してはワールドカップでの活躍の方が印象には残っているんですが、この頃がワールドカップも含めてワタシ自身が生涯でいちばんバレーを見ていた時期でしたね〜

あ、忘れてた、あと横山樹理さんも印象に残ってる選手です。あの八重歯と笑顔が(*´▽`)  
横山樹理さんは、モントリオールの代表選手だったかな??


このロサンゼルス大会というのは、やたらとアメリカ国歌を聞く機会が多かった(アメリカの金メダルラッシュ)ことと、やたらと10点満点が連発していたことも記憶に残っています。
名前は忘れましたが、アメリカの女子の体操選手で個人総合で金メダルをとった選手も何回か10点出されてたんじゃなかったかな? 
女子目線でいくと、この選手のボブっぽいショートヘアも新鮮で印象的に映りました (女子の体操選手というとワンパターンの髪型(髪をアップにするかふたつにくくるか)のイメージがあったので)

それと。
これはこの記事を書いている途中でyoutubeを見た時に知ったんですが、あの女子マラソンのアンデルセン選手のゴールシーンが話題になったのも、実はこのオリンピックだったんですよ。ワタシも当時、TVで見ていましたが。
でも、もうちょっと後の大会だったと思っていたので、こんなに昔の出来事だったんだ〜!とビックリしました




そして昭和最後のオリンピック、1988年のソウル五輪




http://youtu.be/ItvVOzC1tcg

ソウル五輪、背泳ぎの鈴木大地選手の金メダル、興奮しましたよね〜〜!。:+.(・∀・).+:
今でこそ、日本の競泳は出場すれば何個かメダルを獲得して帰るのが当たり前みたいになっていますが、ワタシぐらいの年齢の人間からするとそれはつい最近の話で(笑)
この当時はメダル、しかも金メダルが取れるなんて思ってもみませんでした
「バサロ」、有名になりましたよネ(*^-^)b  
海パンそのまんまの競泳水着も、今見るとミョーに懐かしいっw(笑)



そして、ワタシがソウルでいちばん一生懸命応援していた競技は何と言ってもこれでした!



http://youtu.be/RJSolOzLS5E?t=2m40s

男子の体操です!
池谷・西川選手の清風高校コンビの大活躍もあって、団体で逆転銅メダルに輝くという快挙に日本中が沸きました
両選手はまだ高校生だったということもあって、一躍注目を集め、人気者になりましたよネ〜。

ワタシはおふたりよりも少しだけ年上の花の女子大生だったのですが、同級生との間で「池谷君と西川君、どっちがいいという会話を交わしたことまで覚えています (^_^;)
まあ、それは異性としてというよりも一アスリートとしての評価だったわけですが(たぶん)、ワタシは西川君派だったな〜(爆)

それはさておき、男子の体操を特に熱心に応援していたのにはもうひとつ大きな理由がありまして、それは、このメンバ—に自分と同じ町内出身の選手〜水島宏一選手〜が入っていたからです。

水島さんはワタシの小中学校の同級生のお兄さんで、しかも小学生の頃に同じそろばん塾に通っていました。
弟のMくんの隣によく座っておられたなあ〜。 ワタシはクラスメイトだったMくんとしゃべることが多かったけど、向かい合わせの席に座った時には、水島さんのことをからかったりしたこともありましたっけ (^_^;)
おとなしくて口数少なくて優しい笑顔が印象的だった水島さん、その約10年後にはこうやってオリンピックの晴れの舞台でメダリストになられようとは

演技されてる時はドキドキのあまり半分目を背けながら応援していましたが、その時間と団体銅メダルが決定した瞬間が、ソウル・オリンピックの中での一番のワタシの想い出として今でも心に残っています


こうやってyoutube見ながらブログを書いていたら、昭和に開催されたオリンピック、あの時の興奮がますます蘇ってきますネ♪♬




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて。
7年後に東京で開催される事が決まったオリンピック、最初にも書きましたように、期待と懸念の両方を感じています。

懸念するところとしては、まず汚染水問題も含めた福島のこと。支援が今以上にいい加減で手薄になり、被災地の方々の「リアル」が置き去りにされてしまうのではないかということ。 
それとも少し関連して、東京の一極集中/地方の空洞化がますます進んでしまうのではないかということ。
オリンピック歓迎ムードの陰で、消費税もあっという間に引き上げられ、その他モロモロの重要なこともスルスルと預かり知らぬところですり抜けていってしまうのではないかということ、などなど。

そしていちばん期待するのは、ワタシたち日本人の心の閉塞感が解かれること。
自分の経験からも、先行きが見えず精神的に余裕がなくなると、人間は他者に対して寛容ではいられなくなり攻撃する方向に向かってしまう。
「自信を取り戻すために」という言葉をよく耳にしますが、自信がないのもダメだし、そうかと言って自信を持ちすぎて相手を見下すのもダメ。一見真逆ですが、どちらも同じ、精神的な余裕のなさの表れですから。

ともすると排他的な方向に流れがちな昨今の風潮(例えば、同じ日本人同士でも、喫煙者というだけで肩身の狭い世の中って行き過ぎでしょ〜?映画の喫煙表現への過剰な反応も明らかにおかしいw)が、オリンピックという明るく、なおかつより広い世界を意識した目標へ向かっていくことで、バランスのいいもう少し鷹揚な方向へとチェンジするといいなあと思いマス。
偏狭な気持ちでいたら、生活習慣も気質も異なる万国の人に対して「オ〜モ〜テ〜ナ〜シ(-人-)」は実践できないわけですからネ (*^-^)b

東京と地方との格差が広がるという懸念も、世界の人達に日本のローカルの魅力に触れられる機会を設けてうまくアピールするアイデアとスキルがあれば、逆にチャンスにもなり得ると思うので、色々なことが考えよう、持っていきようでいい方向にいくのかなあという気もしています。


初めて経験する自国開催のオリンピック、一生に一度の機会だから見にいきたいなあという思いももちろんありますし、日本のいい時を知らない今の若い人達に、明るいものに向かっていくワクワク感を経験させてあげたい、もう少し高望みしてもいいんだ!という思いを持たせてあげたい、という気持ちもあるんですよね~。
(高度成長期に子供時代を過ごしバブル期に二十歳前後といういい時代を過ごしてきたと言っても、社会人になってまだぺーぺーの時期にバブル崩壊しちゃったので近からずとも遠からずなんですけど、実は今の若い人と
大阪万博も物心ついてない時なので、知らないですからね〜。
でも、何でしょう、やっぱり育ったご時世の空気によって、メンタルの微妙な部分に違いが出て来ると思うんですよ。)

何にせよ、オリンピックを契機に全てがいい方向に向かうといいなあと、それを心より願うばかりです

被災地の復興が遅れるような事態は、避けて欲しい、ホントに(特に建設関係)




話は全然違いますが・・・
banner_200.jpg
http://www.hyogo-tourism.jp/shirotabi/recruit/index.html
↑こんな企画にも今応募してます♪ 考えてる旅程がレトロでマニアックなものが多いので選んでいただけない可能性大だけど^^;
コレ以外にも予定があります。旅の秋になりそうです  




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/11 19:39 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(27)

わが家にはまだ残ってマス☆蔵出し☆わが家に現存する昭和の懐かしグッズその4 

毎度おおきに〜〜!
え〜、本日は、ソラリスの半期に一度の蔵出しマーケットですよん♪

わが家に残る懐かしい逸品ばかりをズラリと並べますが、お見せすることはできましても決してお売りはいたしませんので、そこのところはどうぞご了承くださいませ(笑)

ではでは、ナンチャッテ・バーチャル・マーケット、open〜〜〜


・・・・なぁんてハデに行きたいところですが、そんなに品数はありません(笑)
今日はぶっちゃけ、つなぎの回みたいなもんでございますので、ご期待なさらず、さらりん♪と見てやってくださいませ〜




_033蔵出し2 _033蔵出し3


ハ〜イ、まずは、パティ&ジミーのティッシュでございます〜

これ、小学校高学年の時にもらった(買ってもらった?)もので、何個かあったんですが、そのうちの1個だけが奇跡的に残っていました
片付けをしていてこれを見つけた時には、この物持ちの良さ、我ながらスゴい!と思いました(^_^;)

前にどなたかへのコメントのお返事でも多分書かせていただいたことがあったんですが・・・この頃ってティッシュにまだちょっとオシャレなイメージがあったんですよ(笑)
学校に「チリ紙」を持って行く・・・と言ってた時代ですからね、まだ小学生の頃は (^_^;)
そんな中にあって、このサンリオの模様入りティッシュは、ちょっと贅沢で都会的なイメージに田舎のハナ垂れの子供にも映ったわけです(笑)
こんなふうに大事にとっておきたくなるほど、使うのもったいないっと思っても不思議ではなかったんだと思いマス。




そしてこれも同じく、小学生の時のモノ♪

_033蔵出し4 _033蔵出し5


「小学五年生」の付録についていた、ピンクレディーのしおり、裏はカレンダーになっています♪

こんな小さくてペラペラ紙の付録なんて、いちばん先に処分しててもおかしくないと思うんですが、これまたなぜか奇跡的に残っておりました
ピンクレディーが大好きだったから、捨てずにとっておいたんでしょうね〜〜きっと




_033蔵出し6


こちらも、性懲りもなしに、しおりです〜〜(笑) そして、これまた小学生の時から世紀をまたぎ、今日まで残っている品。

ワタシは岡山県出身なんですが、小学生の時に遠足でここの井倉洞という鍾乳洞に行ったんです。
その時に買ったと思われるのがコレ。記念に自分へのおみやげとして買ったものか、あるいは家族に買って帰ったおみやげの余りなのか、もう覚えていませんが、それにしても、ああ、でもこのデザインのなんと昭和的なこと〜〜〜!(懐)
ジャポニカ学習帳と似た感じですよね(懐懐)

岩につけられた「くらげ岩」「月ロケット」などという名前といい、夏休みの探検の匂いがするところといい、横溝正史の映画に出て来そうなちょっとおどろおどろしいところといい、すべてが昭和スメルに満ちた隠れた名品と言っておきましょう


_033蔵出し7

裏面の時間割欄に書いてある、木曜日の6時間目「クラブ」の文字も自分で懐かしいワ♪(しかし、なんで「クラブ」だけ書いて、他の時間割を書いてないんだろ(^_^;))




_033蔵出し8


ハイハイ、こちら、昔の旅行土産の定番、絵ハガキでございマス〜〜

法隆寺の絵ハガキは、小学校の修学旅行で買ったおみやげ(小学校の修学旅行先は大阪・京都・奈良でした)、北海道の絵ハガキは、学生時代に旅行した時のものです。
みうらじゅん氏の「いやげ物」に認定してもらえそうな、ブッ飛んだ絵葉書が中に混じってないかなあ〜と思って探してみたんですが、そこまでのハイクオリティーものはザンネンながら見つかりませんでした

でも、これ見てふと思ったんですけど、小学生の時はさておき、北海道に行ったのって19か20歳の時だったんですけど、その時もまだこういう絵葉書を旅行先で定番的によく買ってたんだなあと
そういえば! この時代、ヨーロッパ旅行した友達から、おみやげにシャネルの口紅と一緒に絵葉書ももらったりしましたし〜。
最近はおみやげに絵葉書をチョイスする人ってあんまりいなさそうだけど、バブルの時代はまだまだ旅行先で絵葉書を買うということをやってた、ということですよね〜




これは、数年前にアンティークのハギレを買い物した時に入れてもらった袋なんですが・・・

_033蔵出し1


こんな袋がまだあったんだ〜〜〜!!!  これを受け取った時には、本当に感動しました! (//∇//)

昔、ファンシーショップやファンシーショップ系の小物を置いてるような文房具屋さんで買い物した時に入れてもらっていた袋です。 
とうの昔に絶滅したと思っていたんですが、シモジマさんという会社の通販サイトを見ると、この袋、な、なんと今でも販売されていることが判明したんですよ〜〜
嬉しいじゃありませんか〜〜♪♪

こういうメルヘンチックなデザインの文房具って昔多かったですよネ^^ 
ノートやレターセット、缶ペンケースなどなど。女子の身の回りにはファンシーがあふれかえっていました




そして、これは本です。 「空飛ぶ円盤と宇宙人」☆


_033蔵出し9


_033蔵出し10

本の中についていたポストカード(^_^;)


_033蔵出し11

_033蔵出し12

_033蔵出し14

_033蔵出し13


こういう本って懐かしくて〜
昔この本を持ってたわけじゃないんですけど、「ムー」も1.2度は買った事がありますし、UFOや宇宙人の特番(木曜スペシャル)がある時は必ず見ていたんですよ〜。

もっと具体的な思い出エピソードを語りますと・・・

中学生の時(たぶん1年の時)、家庭科室の窓からある日ふと外の山の方を見ると、何か光るモノが見えまして 何人かの間で、あれは何という話になりました。
しばらく見ていたんですが、何かその光がビミョーにモヤモヤと形が変わっているようにそして動いているように見え、ますますもって、「もしやあれは・・・・と。

さらにもうしばらく時間がたってから、それが見えていた山のところを見たら光は消えてしまっていたのですが、ワタシの中では、「あれはきっとUFOだったに違いない!」という確信が増して行き、そしてそれを確かめるべく、この時自分が見た一部始終を綴った手紙を、なんと、とあるUFO研究家さんのもとへ送ったのです(笑)
その方のお名前はもう覚えてないですが、多分、本か雑誌に「もしUFOを見たらコチラに報告してください」というような特集かコーナーみたいなのがあって、そこに書いてあった宛先に送ったんだったと思います。(確か、群馬県、栃木県、茨城県、福島県、あのあたりの住所でした)

その後、しばらくして、その研究家の方からご丁寧にお返事を頂きました
お返事のお手紙をいただけたということだけでもビックリだったのですが、さらにそこには、「おそらくあなたが見た光はUFOで間違いないでしょう」というお墨付きのお言葉が書かれていたのでした!(@O@)

その頂いたお手紙が手もとに残っていないことがザンネンでなりませんが、当時のワタシにとっては、UFO研究家という方から直接お手紙がいただけ(当時はPCどころかワープロもまだなかった時代ですので当然手書きで、縦書きの便せん2、3枚に渡って書かれた丁寧なものでした)、しかも自分が見たモノがUFOだった可能性が高いということで、それはそれはダブルで感激したという思い出があるんですよ〜!!!(//∇//) 

ただ。
今思い返してみると、ホントにあれがUFOだったかはちょっと疑問、です (^_^;)
山の斜面にある何かに太陽光が反射して光って見えたのかな〜?と。 や、しかしビミョーに形が変化しているように見えたというのは事実ですからネ。まあ、これも眩しいがゆえの目の錯覚と考えられなくもないんですが。

・・・う〜〜ん、前言撤回!(早っ) せっかく嬉しいお手紙も頂いたことですし、ファンタスティックな思い出体験として、あれは確かにUFOだったということにしておきましょうっ♪(笑)


でも、この時に見た現象の正体はさておき、ワタシはUFOや宇宙人は存在するものと思っていますよ(*^-^)b
それこそ無数の星が存在すると言われる宇宙にあって、地球だけにこんな高度な文明を持つ人類が存在していると考える方が、逆にちょっと無理があるかなあと思うからです^^
それに、つい最近、木スペで昔からよく話題になっていた「エリア51」の存在をアメリカもついに認めたようですし!
こういう話って、子供の頃から大好きで興味津々で見聞きしていたんですけど、いまだにある程度は信じていますし、好きなんですよね〜〜

そういえば、この本にもあるように、自分にもUFOが呼べるんじゃないかと思って、空を見上げながら呪文みたいなものを唱えたこともあったっけ・・・(*>ω<)




あっ、そうだ〜〜〜!!!
UFO・宇宙つながりで、こんな懐かしいモノもupしちゃお〜〜っと♪


_033蔵出し15

_033蔵出し18

_033蔵出し16


陸奥A子さんのラブリーなイラスト付きのファイル。:+.(・∀・).+:。
昔りぼんを買った時(昭和54年)についてた付録のファイルで、これもいまだにうちにありマス
あまりにも可愛いし作りがシッカリしてるから、使うのがもったいなくてとっておいたのが幸いして、こうやっていまだに残ってるんですよ〜♪

以前、このブログの初期だったか、このブログの前身ブログだったかで1度up済みなんですけど、かなり前なのでごらんになってる方が少ないと思って、再upさせていただきました




・・・ということで、今回はこのあたりにしておきます〜〜


これまでにも、わが家にいまだ生き残っている昭和の懐かしグッズをご紹介していますので、最近からブログを見てくださっている方はぜひコチラもごらんくださいませ〜〜♡

80年代家電からお習字バッグ、フランス人形まで〜わが家に現存する昭和の懐かしグッズその1
10代の時に買った少女マンガの単行本〜わが家に現存する昭和の懐かしグッズその2
出てきた〜!バレリーナ人形オルゴール、レトロマッチと幸福ゆきのキーホルダー〜わが家に現存する昭和の懐かしグッズその3



次回は、じゃじゃじゃ〜ん、この何年か、夏や夏の終わりになると決まって書きたくなってしまう、懐かしい昭和の音楽ネタです〜〜☆
たぶん、このブログではありえないぐらいの、光速、いや高速更新になると思いますので(予定)、ご覚悟、いや、お楽しみになさってくださいマセ〜〜\(@^0^@)/

FBページの方でも、昭和の音楽ネタを最近頻繁にupしてますので、見てやってくださいネ〜〜♡♡♡
ソラリスの時間ーノスタルジイ1日1粒ー





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2013/09/01 10:47 ] ●懐かしの雑貨・家電・玩具・人形・お菓子(フード) | TB(0) | CM(22)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR