ソラリスの時間 2010年05月

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

「パリ オランジュ」に行って思ったコト♪(大阪) 

_2010パリオランジュ1 _2010パリオランジュ2


大阪の谷四にある「パリ オランジュ」というビストロ風のフレンチ・レストラン に行ってきました♪

ここのお店は、おいしいものをよく一緒に食べに行くNさんが偶然何も知らずに入ったけど大当たりだったということで、ずっと前から教えてもらっていたお店。
谷四に行く用事があった折に、ここぞとばかりにランチに行ってきました


この日のランチは、
・新玉ねぎのスープ
・豚肉とえのきと小松菜、じゃがいもの煮込み
(粒マスタードがいっぱい添えてありました♪)

これにパンがついて1000円、というワン・メニュー。 プラス何百円かで飲み物やデザートをつけることもできます。



さて、肝心のお味はと言いますと。。。

ひとことで言って、「素直に美味しいな~、と感じられる味!」でした

表面的な部分で言うと、スープといいメインの煮込み料理といい、味の濃厚さ加減がややしっかりめで程良くワタシ好みだったこと、豚肉の火の通し加減が絶妙でとても柔らかくて美味しかったこと(どうやらここのお店は、豚肉の煮込み系のお料理が定評があるようです)による満足感なのですが。。。

ここのお料理を味わった時に、ワタシはあらためて自分なりの「美味しいお料理」の定義みたいなモノを再確認したように思いました。
(さあ、ココからちょっと大げさな話になってしまうかも知れないのですが、殊勝な方、どうぞワタシの思い込みのキツ~い話にしばしつきあってやってくださいマセ(笑))



どういうことかと言いますと。。。
実はこの少し前に、「パリ オランジュ」を教えてくれたNさんと一緒に、大阪市内にある某レストランのランチに行っていました。
そこは、「パリ オランジュ」よりもより本格的なレストランでお値段もやや高め、グルメサイトに載っているお料理の写真がとても美味しそうだったので気になっていて行ってみたお店だったのです。

・・・モチロン、マズくはありませんでした。
☆はつかなかったものの、ミシュランの調査対象に選ばれたお店だけのことはある、いかにもミシュランが好みそうな凝った複雑なお味。
お料理をテーブルに運んでくれるスタッフさんが、今日チョイスした食材から食べ方まで丁寧に説明してくれます。

でも、ふと気がついた時に、その複雑な味のお料理を‘頭’で味わおうとしている自分がいました。
逆に言うと「わっ、これおいしいっ!」という、食べた瞬間ココロから素直にわき上がって来るような喜びが少なかったのです。




そしてその約数日後に訪れたこの「パリ オランジュ」のランチを食べた時、ワタシにとっての「美味しい」という感覚は、やっぱりこういうことなんや! って、そのお店と比較することでよけいにハッキリと実感できました

ビストロ風のお料理で、決して複雑な味のお料理ではないし、「料理もアートですから」と主張するかのような凝った盛りつけの仕方がされてる訳ではない、難しい能書きもないけど、目の前に持って来られた瞬間、そして匂いを嗅いだ瞬間に「わっ、おいしそう~!」と思い、口にした瞬間にまた「やっぱりおいしいな~♪」と素直な満足感とシアワセが感じられる。。。

やや物足りない薄味を「上品な味」と頭の中でムリに変換したり、このお料理の良い所はたぶんここかな?なんてこねくり回して考えなくて済む、ストレートに野生の本能に訴えかける味!(笑)

単純だけど、それがワタシにとっての「美味しい味」だなあ、やっぱり、と・・・


もともとミシュランの評価などにはものすごく懐疑的で、味の好みは人それぞれだから自分が美味しいと思うモノが美味しいんだ!って思う人間ではあるんですが、それでもこうしてみると、自分が高級な味とは縁遠い庶民中の庶民なんだなあということも、あらためて実感させられました(笑)




ジャンルは違いますが、実はワタシ映画とかもそうなんですヨ~!
例えば宮崎アニメにしても、内容が哲学的で難解な部分が多い「もののけ姫」や「千と千尋~」よりも、「カリオストロの城」や「ナウシカ」「ラピュタ」の頃の昔の作品の方が好き^^b♪
わからない部分があって、これはどういう意味なんだろう。。。?!と考えながら見てると、頭で考える方に気を取られてしまい、全然ストーリーに入り込めないまま、楽しめないで終わってしまう。。。

そういう面での素早い理解力というか、頭の良さにかけているだけなのかもしれないですが、純粋に楽しめて、見た後で「あ~、面白かった~!満足!!」って素直に言える映画の方が好きなんですよネ~^^




・・・ちょっと話はそれましたが、まあ、複雑で高級な味のお料理は美味しさが理解できる食のプロやセレブな方にお任せしておいて、ワタシはこれからも「パリ オランジュ」のような、ひとりでもふら~っと入りやすい敷居の高くないお店、わかりやすい味の美味しいお店を徐々に制覇して行きたいなあ、とあらためて決意を新たにしたのでありました(笑)


パンもお料理もアツアツの、本当に美味しい状態で出してもらえること、質・量ともに満足を感じられるお料理を1000円という値段で提供しているコストパフォーマンスの高さ、お客様をお見送りされる時の気取りのない温かい笑顔。。。

シェフのセンスや腕前を披露するためのお料理でなくて、お客様にお腹いっぱい美味しいモノを食べてもらって喜んで帰っていただきたい、という姿勢が表れた良心的なここのお料理が、ワタシはとっても好みです


Nさん、ブログに書くって言ったから多分コレを読んでくれてると思うけど、いいお店を教えてくれてありがとうっ! 
Nさんの美味しいモノに対する嗅覚(笑)に今回あらためて脱帽しました~!
また近いうちにランチ一緒に食べに行きましょーね~♪♪♪




ちなみに、このお店とはまったくもって関係ありませんが・・・


_2010パリオランジュ帰り2-1


近鉄上本町駅1Fのカフェにあるメニュー、「せんとくんカプチーノ」 (笑)
結構うまくできてるでしょ?! これオーダーしてる人多かったような^^   アイスもあります♪






PARIS ORANGE (フレンチ / 谷町四丁目、天満橋、谷町六丁目)
★★★★ 4.5



(↑夜のディナーを食べてから、もう一回評価したいな~^^)




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ    人気ブログランキングへ   


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/23 21:19 ] 未分類 未分類 | TB(0) | CM(10)

関西で最近まで(or 今でも!)O.Aの昭和バリバリCM♪♪♪ 

今回も、前回に引き続きのCMネタを♪
平成になって以降もつい最近まで放送され続けていた昭和のCMというくくりでご紹介したいと思いマス♪

関西ローカルで放送されていたものがほとんどなのですが、なんと昔全国ネットで放送されていた有名なCMが不死鳥のように現代に蘇り、関西で今再び放送されているというものまでありますので、どうぞお楽しみにっ



取り上げたいCMがたくさんありますので、それではもういきなりですが、このCM~!





http://www.youtube.com/watch?v=XcTPydqKvRI


関西では昔から超有名なハナテン中古車センターのCM。 
はじめてご覧になる方にはちょっぴりドキドキもののCMでしょ~ (笑)

なんでこれが中古車センターのCM  というようなギモンはあえて言いっこなしです(笑)


このCM、マイナーチェンジした形で違うパターンもあるのですが、このオオカミのかぶりものをした男が入って来るバージョンが、B級っぽさがより増しててワタシはいちばん好きです

このCMがこの中ではいちばん早い時期に消えてしまったように思うのですが、それでも少なくとも7~8年前にはまだ放送されてたような気がします。







http://www.youtube.com/watch?v=f5el1ohmors


静止画状態だとお店のロゴしか映ってないので、どんなCMか想像がつかないと思いマスが、ひとことで言うと「バブルの時代に作られたCMだということが、ひとめでわかるCM」やぐら茶屋(大和実業グループ)のCMです。

2本立てのCMなのですが、出演している女性のメイク、髪型、肩パッド入りの服、バニーガール。。。そしてベタなリアクション! 何と言っても「ハァ~、どんと来いっ!」「Let's 飲みにケーション!」ですから(笑)


そしてなんとこのCM、3年ぐらい前までは深夜のテレビ放送だけではなしに、映画館でも流れていました!
3年ぐらい前から、映画の本上映が始まる前に「鷹の爪」(た~か~の~つ~め~)が流れていますが、なんとその前までは、ずっとこのCMがスクリーンに流れていたのです。しかも何回かリピートで。

映画館に行ってこれを見るたびに、「一体、いつの時代まで流すつもりなんやろ 」と思いながらも、昭和フリークのワタシとしては妙にウキウキ♪楽しみにしていたのですが、とうとう見られなくなってしまいました。

TVでも多分同じぐらいの頃から見られなくなったような気がしますが、サンテレビやテレビ大阪の深夜なら今でもやってないかな~?!








http://www.youtube.com/watch?v=Uy-umf37bbY


前のCMのところでも少し書きましたが、関西には「サンテレビ」という主に神戸エリアを中心にしたローカルTV局(大阪でも映る地域が結構広い)があります。
この「マヤドー会金蛇精」のCMはつい最近まで、土曜や日曜のお昼間にサンテレビでよく流れていたCMです。
たぶん今でも流れているんじゃないかと思いマスが、このところこの時間帯にサンテレビを見ないのでどうなのかわかりません

このおっちゃんが下に履いているズボンのセンス(まぶしいぐらい鮮やかなグリーン)といい、後ろの男性の古い髪型といい、これも昭和のそしてローカルならではのB級CM ^^♪ 
同じく、バブルの頃から生きながらえてるCMだと思いマス。









さて、上でご紹介したCMはすべてバブルの頃から放送されていたと思われる、ローカルならではの「濃いいCM」ばかりだったと思うのですが、次のふたつのCMは昭和40~50年代前半に全国ネットで放送されていた有名CMです。

そんなバブルの頃よりもさらに古いCMが、時を越え、なんと今関西で現実にO.Aされています!

♪ミーユキ、ミユキの「御幸毛織」と、そして「加美乃素A」のCMです







http://www.youtube.com/watch?v=QeGhaJYq6nU






http://www.youtube.com/watch?v=FaHQITd4DXo&NR=1



このふたつのCMが再びO.Aされてるのを見たのは今年になってからなのですが、どちらを見た時も、本当にびっくりしました
え?まさか~

スポンサーとテレビ局の一瞬の気の迷いもしくは軽い放送事故で、1回きりの放送なんと違うの~?どうせ(笑)とも思ったりしたのですが、どうやらそうでもなさそうで・・・。

映像は古いために、これでもかというぐらい色あせていてキズも目立ちますが、懐かしい!としか言いようがありません(感涙)



御幸毛織のCMは、日曜の朝、「ミユキ野球教室」という番組の直前に流れていたCMでした。

「野球教室」は見てなかったのですが、その前の時間帯に放送されていた「兼高かおる世界の旅」という旅番組が好きで、遅い朝ごはんを食べたりしながらよく見ていたので、その流れで目にしていたCMだったのです♪♪♪

この映像をYouTubeで見つけた時、コメント欄に、「服地はミユキ」と歌ってるのを「ヒツジはミユキ」だとばかり思っていた、というコメントがいくつか寄せられていて、子供時代にみんな同じ聞き間違いをしてたんだなあと思ってオモシロかった(笑)
ワタシはこれに加えて、「紳士だったら知っている~♪」の「紳士」という言葉が聞き取れなくて、何て言ってるんだろうとも思っていました。

「そうさ そうだよ、世界は友達~ そうさ そうだよ~ 加美乃素A~♪」
加美乃素Aといえばやっぱりこの歌、このコーラス。  これもはっきりと覚えていましたヨ~ ^^b




でもほんとにどちらのCMも、これこそ‘THE 70's’というCM

インターネットなんて影もカタチもなければ、海外旅行なんて普通の庶民にはまだまだ手が届かなかった時代、異国へのキラキラとした憧れを反映したかのようなCMが当時は多かった(外国人を起用したCMもすごく多かった)のですが、このふたつのCMはまさしくその典型的な憧れイメージに訴えかけているCMだと思いマス

当時は何とも思ってなかったけど、加美乃素AのCMなんて、育毛剤のCMというフンイキなんか全くないですもんネ~。




そしてそして・・・
このふたつの30年以上の時を越え不死鳥のように蘇ったCMが放送されていたのは、金蛇精のCMと同じ、やはり、サンテレビなのでしたっ!!!

サンテレビ、甲子園の阪神戦を試合終了まで放送してくれるところも好きだけど、こういうところがやっぱりいちばん好きっ

_20100515サンテレビ


サンテレビさんにはもうこうなったらバンバン、リバイバルCMをO.Aしてほしいと願ってやみません~

現在他の地方にお住まいの関西出身のみなさん、どうぞ関西に戻っておいで~!(笑)






にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   

 
関連記事
[ 2010/05/16 16:09 ] 昭和見た見たワールド TV番組・TVアニメ・CM | TB(1) | CM(14)

オロナミンCに生卵 ?!(* *;)ほか、懐かしの食べ方提案CM! 

その昔から、「何もおおげさにそんな言い方しなくてもいいんじゃないの?」的な考えと、そのコトバの響きに対して感じる一種の気恥ずかしさから、一定の距離を置いている言葉がワタシにはあります。

実は ‘パーティ’ という言葉がそれ。
なんで~と思われるかも知れませんが、自分でも不思議なぐらいこそばゆくなる言葉なんですよネ 

「クリスマスパーティ」とか「誕生パーティ」ぐらいなら抵抗はありませんが、今って「鍋パーティ」や「たこ焼きパーティ」なんて言われ方までするでしょ?!
そんなパーティなんて大げさな言い方しなくても、「うちでみんなで集まって鍋しよ^^♪」って普通に言ったらいいやん!って(笑)

幼い子供の頃、最初に刷り込まれた‘パーティ’のイメージというのがたぶん、七三分けして蝶ネクタイした男の人とかがキザ~に乾杯してるようなイメージ(映画やドラマの中でみかけるような)で、それ以来、パーティ=キザで気取ってるというイメージが頭の中でなぜか覆らない(苦笑)

ワタシのような庶民の生活の中で行われるパーティに、そういう蝶ネクタイ、オホホホホ♪みたいなパーティはないですから、むしろパーティそのものより‘パーティ’という言葉自体が苦手になってるみたいで。


まあ、最初のイメージはそれだけ影響が大きいというコトですよネ



・・・さて前置きはこのぐらいにしまして。 今回は、「パーティシーン」が描かれている昔のCMのいくつかに共通している、あるコトを思いつきましたので書くことにしました。

これらのCMに出て来るパーティシーンはすべてホームパーティで( ← 便宜上こう書きましたが、この言い方も正直こそばいい )、いわゆる蝶ネクタイ的なパーティではないのですが、それゆえに今から見るとかなり違和感を感じるような「食べ方提案」のCMになっていたりするのです。







http://www.youtube.com/watch?v=x2dAblFayKg


このオロナミンCのCMは、1971年のものらしいのですが、これ多分何年かにわたってO.Aされていたんじゃないかと思いマス。
なぜならワタシ、コレ、おぼろげどころかはっきりと覚えてますから

これ以降昭和にO.AされたオロナミンCのCMのほとんど(もしかしたら全部かな)にその時代の巨人のスター選手が出演しているのですが、むしろそれら以上にこのCMを鮮やかに記憶していたりします。


このCMの中で、オロナミンCの新しい飲み方提案がなされているのですが、なんと「オロナミンCに生卵」、とか「オロナミンCの牛乳割り」といった、思わずゲ~ッ と思うような飲み方が普通に紹介されているのです。


これを見ていた子供の頃の時点ですでにワタシは、「え? これおいしいの?! 」と。

コレはぜったいマズそう!とまでは思ってなかったと思うのですが、子供なりに何かいい知れぬ違和感を感じたコトは確か。
今思うと当時はミルクセーキなんかがありましたから、それをヒントにした飲み方だったのかも知れません。


カクテルという飲み物の存在を知らない子供ゆえに、よけいに感じたマゼマゼの違和感だったと思うのですが(というのも最近聞いた話では、当時このCMを見て実際に生卵を入れて飲んでた大人の方が結構いたそうです)、今でもこの食に対する直感的美意識は決して間違っていなかったと思う!(笑)



でもこのシーンのおかげで、このCMがイタイケな子供の脳裏に深々と刻み込まれ、そして30数年の時を経て、こうやってブログで紹介されることになろうとは。。。
大村崑さんも、昭和ないい味出されてますネ☆





お次は、こんな80年代のCM♪





http://www.youtube.com/watch?v=HZEe9S5c4i8


ワタシが記憶している「ポッキーオンザロック」のCMは実はこのバージョンではなしに、
「♪シャドゥビドゥワ、ポッキーオンザロックンロール♪」と、聖子ちゃんがもっとノリノリで歌ってるバージョンの方なのですが、探しても見つからなかったので、コチラの画像を載せました。


このポッキーオンザロック=ポッキーを氷を入れたグラスに差して出すというのは、実際に見たコトありマス!
バブルの終わり頃らへんでも、こういうふうにしてポッキーをおつまみとして出してるお店がありましたから

これについてはオロナミンとは対照的に、ちょっとオシャレやなあと思って当時は好感を持って受け入れていました(笑)


でもでも言い訳がましく言わせていただくと、このCMのようにポッキーで飲み物をかきまぜて飲む(そうすれば、「ポッキーも飲み物もおいしくなる」~?! ) というつもりはなかったし、やったこともなかったですよ
ただ単にポッキーのオシャレな盛りつけ方&チョコを溶かさない工夫ぐらいにしか思ってなかったですから。


最近はBARなんかに行く事もないからわかりませんが。。。まだどこかに存在してるのかな?! この食べ方。
ポッキーオンザロックを今でもやってるお店やご家庭がありましたら、ぜひご一報を









http://www.youtube.com/watch?v=XmuepjfYtLY


「ナビスコ・オン・ザ・リッツ」

「ポッキーオンザロック」を彷彿とさせるアイデアと名前のつけ方ですが、実際にこうやってリッツを食べたことのある人ってどれぐらいいるんだろう  

リッツの上にいろんなトッピングを乗せて食べるというオードブル風の食べ方のアイデアは、昔から箱書きにも書かれていて、子供の頃にお遊び感覚で何かを乗せて食べてみたことがあったような気もするんですが、
このCMのようにお皿にキレイに盛りつけて出されるという状況に、今までの人生の中で一度も遭遇したコトがナシ。


クリームチーズなんか乗せて食べたらそれこそ美味しそうだし、食べ方自体がひくような食べ方ではないと思うんですが、今の時代、これがあらたまってパーティでド~ンと大皿に盛られて出されたりすると、ビミョーな感じがしてしまう気がする

ワタシが知らないだけで、昔は、結構やっておられる方がいた・・・のでしょうか?!



ところでCMの最後に出て来る、お客さん役の3人の男性の中のいちばん右側にいる人って、怪談話 で有名なアノ方では
きっとまだ無名の頃、お若いです~





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ   

 


関連記事
[ 2010/05/09 21:19 ] 昭和見た見たワールド TV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(14)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR