ソラリスの時間 2009年09月

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

懐かしい!月曜&水曜ロードショー 


  





突然ですが、みなさんにとってYouTubeとかニコ動とかの動画サイトって、どんな存在ですか


昔、まだ携帯電話が普及してなかった10代~20代初めの頃、何日かに1回は友達とめちゃめちゃ長電話していました。
せいぜい10分で終わるはずが、3時間を超えることはザラ。
どうしてあれだけ話すことがあったのかと思うぐらい延々と話が尽きなくて・・・。



今はそういう長電話をすることもなくなりましたが、その頃の電話と同じように、10分で終わるはずがいつのまにか何時間もたっているというのが、マナサビイにとっては現在では動画サイトを見ている時です。
モチロン今までもたまに見て楽しんではいたのですが、今年の春ぐらいから、なぜか急に動画を見る時間が増えて。。。


YouTubeの場合、横に表示される「関連動画」とやらがクセモノで(笑)
おかげで、次から次に動画サーフィンしてしまい、あっという間に早3時間


でもまたそのおかげで、偶然に懐かしい映像に再会することもあるからやめられないワケですヨ♪



この「月曜ロードショー」と「水曜ロードショー」のオープニング映像も、遅まきながらつい最近偶然見つけたばかりのモノ

検索する時は、映画やドラマのタイトルばかりで検索しているので、こういう懐かしいロードショー番組自体の映像は、ちょっとした盲点になってたんですネ~。



特にこの水曜ロードショーの映像と曲。。。
このロマンチックな雰囲気と懐かしさに思わず、ふお~とため息が出てしまいました

月曜ロードショーの方もそうですが、「あ~、これからひととき映画の夢の世界に入って行くんだなあ。。。」という期待感を抱かずにはいられない。この優雅なオープニングが何とも言えないです。

ほんとにちょっとだけ涙が出そうになりました




マナサビイは小学校の高学年ぐらいから映画が大好きだったのですが、その頃は劇場で見ることは稀で、この「月曜ロードショー」と「水曜ロードショー」で、名作と言われる映画のほとんどを見ました。
(「日曜洋画劇場」や「ゴールデン洋画劇場」の放送ははこの後からだったと思いマス。ワタシが住んでた地方では。)



実際にはそういう傾向はなかったんだと思いますが、個人的には、水曜ロードショーは恋愛映画や感動作で印象的な作品が多く、月曜ロードショーはナゼかコワい映画のイメージが強い!


その後TVで何度となく放映され、今でも大好きなルパンの「カリオストロの城」を初めて見たのは、水曜ロードショーだったし、70年代の恋愛映画の代表作である「ある愛の詩」や「小さな恋のメロディ」「卒業」「フレンズ」、ダイアン・レインがまだ子役だった「リトル・ロマンス」や、まだメジャーな観光地ではなかった頃の美しいモン・サン・ミシェルの映像が印象的な恋愛映画の「ラスト・コンサート」・・・
(う~ん、語ってしまうワ~) このあたりは確かみんな水曜ロードショーで見た記憶があります。


一方、‘決してひとりでは見ないでください・・・’の「サスペリア」「サスペリア2」、「オーメン」「キャリー」といったオカルト映画(今で言うところのホラー映画)や、上の映像の中にもある「エイリアン」みたいなちょっとコワい系のSF映画は、ナゼか荻昌弘さんが解説してたイメージが鮮明に残ってる(笑)

今こうやって見ても、やっぱりこういう恐怖映画の解説は水野晴郎さんよりもクールなイメージの(風貌も?(笑))荻さんの方が似合ってるなあと思いマス。


「007」(↑水野晴郎さん、当時の解説の中で「ゼロゼロナナ」と言ってますネ)に関してはどっちも同じぐらい頻繁に放映してたような気がしますネ。



夜11時まで起きて映画を見て、ちょっとオトナ気分だった小学生の頃を懐かしく思い出させてくれました


やあ、映画ってほんっとうにいいモノですネ♪




※全く話は変わりますが、この間「旅の香り 時の遊び」を見ていたら、昔欽ちゃんの番組に出ていた「気仙沼(けせんぬま)ちゃん」が登場! 覚えてますか?!

ペンションみたいな感じの宿泊施設のおかみさんをされているようで、さすがにすっかりいいオバちゃんになっておられましたが、あのナマリとか声のカンジは昔とあんまり変わってなかった。。。
懐かしかったでございマス



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

人気ブログランキングへ  
">






関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/23 00:04 ] 昭和見た見たワールド TV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(6)

昭和な町、中崎町の夏休み(4)~「2匹のゾウ」(三人の本棚)と黒猫クロちゃんのお話 

中崎町の夏休み3-19


では、前回の続きから。

「アホアホ本エクスポ~※賢い人は絶対に来ないでください」の記事の中でもお話しした、「2匹のゾウ」へ行ってきました。 
お休みだった日にシャッターのところにあったフライヤーをもらって帰ったことがあり、そのフライヤーの写真から昔のソフビやセルロイド製の人形がたくさんあるお店だと想像していましたが、思ったよりお人形系は少なくて、入ってすぐのトコロにあった大阪万博コーナーが目を引きました。


天満橋のEXPOカフェで以前買ったことのある、万博会場で当時売られてたりもらえたりした絵葉書などの記念品グッズがあり、少しだけ見ていたのですが・・・。


やはり気になるのは、コレ。↓

中崎町の夏休み3-1


この雑貨屋さんの中に入っているという 、オンライン古書店BOOKONNさんの初店舗。

「2匹のゾウ」さんのスペースを一部借りて、というよりも、半分ぐらいのスペースがこのBOOKONNさんのスペースになっていましたヨ♪

このお店に入って、すぐ真正面に本棚のコーナーが設けられています。




雑貨を見るのもそこそこに本棚の前に陣取って、背表紙のタイトルを見ながら、これは面白そうと思われる古本を片っ端から手に取って品定めを始めたマナサビイ


その様子をしばらく見ていたと思われる女性のスタッフの方が、声をかけてくれました。
「コチラのお店のこと、ご存知ですか・・・?」

本の探しっぷりに、単なるひやかしの客とは思えない気配を感じ取っていただいた様子。


それで、最近本屋さんで「アホアホ本エクスポ」を見たことをお話ししたら、「三人の本棚」というコンセプトのお話などを色々してくださって、その最後に、

「・・・この本、面白いんですヨ~♪」と言って、本棚から取り出していただいたのがこの本です。


中崎町の夏休み3-28


「人相学入門」。

文庫本に近いサイズの、しかも背表紙から見る感じでは地味でどう見ても存在感の薄い外観の本だったので、完全にスルーしてしまっていたのですが、渡されて何ページかパラパラとめくって見ると。。。


ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!


今日はあえてこれ以上は語りませんが、近日中にかならず、この500円でゲットした本の中身について特集で?紹介したいと思いマス。


でも、やっぱりこのお店に行って良かった!
この他にも、昔の小学生向けのSF小説で楽しそうな本も見つけたのですが、思ったより高くて予算オーバーになるので断念しました

オモシロイ本を探しに、これからも2、3ヶ月に1回ぐらいは足を運びたいなあ。。。



中崎町の夏休み3-23




090912中崎町の夏休み3-34


ではここで、前にUPした「昭和な町、中崎町の夏休み(2)」の中でもお知らせしたように、黒猫のクロちゃんの最近のエピソードをちょっとご紹介したいと思いマス。



クロちゃんは、中崎町にある昔ながらの食料品店の看板猫として、この界隈では可愛がられてるネコちゃんです。
旧ブログの中でも書きましたが、元々はお店の飼い猫だったわけではなく野良ちゃんだったのですが、猫好きのお店の方が可愛がったおかげかこのお店に居着くようになり、ちょっとした看板猫的な存在に。

今では中崎町に訪れる皆さんの(ワタシも含めて)格好の被写体になることも多く、きゅっと背筋を伸ばしてポーズをとるような姿勢を見せたり(笑)、ナデナデされたりと、みんなに愛されている存在です。



さて、何週間か前のお話です。このお店のおばあちゃんがお亡くなりになりました。

めずらしく何日か続けてお店を閉められていたので、うちの母が、久しぶりにお店を開けられてから買い物に行った時に訊ねたら、そういうご不幸があったということ。
ワタシも以前から何度か椅子に腰掛けてお店番をされているのを見たことがあったので、ザンネンだったなあ、というような話を母としました。

するとそこから、「実は・・・」と言って、母がお店のおばちゃんから聞いたクロちゃんの話を始めました。



クロちゃんはお店が閉められている間、見るからに普段よりも痩せて元気のなさそうな様子だったらしいのですが、近所の人がエサを持って行ってもひとくちも口にしなかったそうです。


そんな様子だったクロちゃん、久しぶりにお店が開けられるやいなや、いきなりお店の奥にある部屋の中に上がり込んだかと思うと・・・
仏壇の前にちょこんと座って、亡くなられたおばあちゃんの遺影をしばらくずっと見て、そして普段めったに声を出して鳴かないのに、写真を見ながらひと声にゃ~と鳴いたらしいのです。


その姿を見たお店のおばちゃんが、「クロも手を合わせてくれてんねんなあ・・・」と泣きそうになったとか。



クロちゃんはそれまで一度も勝手に部屋の中に上がり込んだりしたことがなかったらしく、それ自体も驚きだったそうなのですが、どう考えてもおばあちゃんが亡くなったこと(いなくなったこと?)をクロちゃんなりに理解していて、悲しんでるんだなあ、と解釈せずにはいられないような一連のこの話に、話をまた聞きしたこちらの方も思わずじーんと来てしまいました。。。(; ;)



ちょっと不思議な話ですが、こういう話を聞くと、動物ってやっぱり可愛いなあと思う。
可愛がったり大事にしたりしてたら、そのキモチがちゃんと伝わっていて、家族と同じような存在になるんだなあって。
ペットのことを家族のように思ってる人は多いけど、飼われてる動物の方もきっと人間のことをどこかで家族のように思ってるんですネ。



でもこの間、久しぶりに見かけたから近寄ってナデナデしたら、「ひとりでぼーっとしてるのをジャマせんといて」とでもいうような様子で、そろりそろりと逃げられてしまった
お尻をこっちに見せてくれたから、嫌われてはないと思うんだけど


でもこういうちょっとマイペなところも憎めない、可愛いクロちゃんです♪





中崎町の夏休み3-24   中崎町の夏休み3-18  


先月盆踊り大会で賑わった旧済美小学校のグランドも、「遺跡作業中」という看板が掲げられ(貴重な遺跡が埋まっているかどうかを調査している?)、すっかり様変わりした風景になりました。


10月になってもまだ半袖で過ごせることが多い大阪ですが、今年は秋が来るのが早いような。。。
風が涼しくなる時期がいつもより早い気がします。


「中崎町の夏休み」も今年はこれでおしまい♪




秋と言えば、読書の秋・・・(ほんま~?)
というわけで、次回は中崎町からのこの夏の贈り物、ブログ文中でもお話しした本のご紹介をしますネ。。。(たぶん)。  お楽しみに~♪



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    

人気ブログランキングへ   




関連記事
[ 2009/09/20 19:27 ] 見つけた☆昭和が残る場所 昭和な町、中崎町界隈♪ | TB(0) | CM(4)

昭和な町、中崎町の夏休み(3)~お気に入りの雑貨屋さんのお話 

090714nakazaki3.jpg


前々々回のブログの続き。。。今日は中崎町で、マナサビイがお気に入りな雑貨屋さんの紹介から(^^)b

まずは、中崎町では有名なちょっとレトロな雑居ビル、サクラビルを目指します♪



中崎町の夏休み3-21  090714nakazaki2.jpg

この毛並みフサフサの飼い猫ちゃんとは、この日が初対面。
こんなカワイイ猫ちゃんがいたんですネ。。。


 

中崎町の夏休み_10   中崎町の夏休み3-4


到着。 サクラビルには雑貨屋さんetc.が何店か入ってるから、女子の出入りが結構多いです

右が、これから向かうお気に入りの雑貨屋さんのひとつ、「乙女スタイル」さんのキュートなお知らせチラシ
1Fのエントランスに、いつもこういう昔懐かしいワラ半紙に刷ったチラシが掛けられていますヨ。

3階の階段を上がってスグのところにあるのが、「乙女スタイル」さん



中崎町の夏休み_11  中崎町の夏休み_5


店内では、1枚だけ写真を撮らせていただきました。
それが右側の写真、「ダリヤお子様化粧品 ルミーちゃん」 ☆ 


以前ヤフオクで千円でgetして、嬉しさと懐かしさのあまり、このブログの中でも紹介した「ダリヤお子様お風呂セット ジャブン」

でも、他の方のブログを見ているとどうやら、ダリヤには「お化粧セット」もあったらしいことを初めて知り、どんなモノなのかなあと思っていたのです。  もしかしてこれがそう・・・?

ワタシの持ってるお風呂セットとは、絵のタッチや雰囲気が全然違うものだけど、これはこれであったかみのある上品なレトロの雰囲気がカワイイな


「乙女スタイル」さんは小さなお店ですが、その決して広くないスペースの中にトコロ狭しとカワイイものがぎっしり詰め込まれたお店です。 まるで、おもちゃ箱がひっくり返ってそのままお店になったような感じの・・・。

古着もあって、70年代テイストの原色やお花柄などのキュートで可愛いデザインのものがたくさん

7月に行った時は、子供の頃に着てた水着を思い出させるようなレトロなデザインの水着もありました^^


あ、そうそう、忘れるところでした。。。!


090809nakazaki-otome-panda.jpg


お店の中で、こんなカワイイパンダちゃんシールを発見  買って帰りました。

この他に、マナサビイのキワモノ趣味をくすぐる仮面ライダー・アマゾンのシールもあったのですが、迷いに迷ったあげくパンダちゃんの瞳に負けて、プリティ&女の子路線の方をチョイス。


何と言っても「乙女スタイル」ですから、ネ☆





さて、同じサクラビルの中に入っている「FUTURA」さんという雑貨屋さんに立ち寄ると、思わぬ収穫がありました。


中崎町の夏休み3-5 中崎町の夏休み3-6


古本が置かれている窓際の一角に、昔の「暮らしの手帖」が何冊か置かれていました。

その中から1974年と75年に刊行されたものを1冊ずつ買って帰ったのですが、ビジュアルといい書いてある内容といい、ザ・昭和満載で、これがなかなかいい味を出しているのです^^

みどころのページがたくさんあって、ココでは詳しく紹介しきれないので、この雑誌の中身についてはまた後日、ばばーんと紹介したいと思いマス (^ ^)b

でも、この表紙、普通にお部屋に飾りたくなるようなイイ感じのデザインでしょう?
中にも、めちゃめちゃカワイイページがあったんですヨ~





思ったよりも長居してしまいました。
さあ次は、サクラビルからも程近い雑貨屋さん、「green pepe」さんへGO ☆


中崎町の夏休み_7


「green pepe」さんは、通りに置かれてる看板などを前々から目にしていたものの、なぜかなかなか入る機会がなかったお店でした。

でもこの夏、職場で知り合ったHさんに連れて行ってもらったのを機に、大ファンに♪


コチラ、「乙女スタイル」さんとは対照的に、多分、中崎町ではいちばんスペースが広い雑貨屋さんなのではないでしょうか? 

食器やキッチン雑貨が特に豊富で、テーブルやキャビネットといった家具類もあるから、べつに引っ越しや模様替えの予定もないのに、その気になって見入ってしまう。。。
モチロン、コチラのお店も、ポップでラブリーな70年代ワールド全開です(@ @)



ちょっと見入っているうちに・・・

・・・ジー、ジジー (← トランシーバーの音のつもり )・・・ 知事発見、知事発見、至急応答せよ・・・!


中崎町の夏休み3-20


これは雑貨がディスプレイされてるキャビネットで、当時よくフーセンガムについてたような貼ってこすった後にセロハンをはがすタイプのシールetc.etcが貼られまくっていました。

このシールペタペタぶりが、子供の頃住んでた家(モチロン、ワタシの仕ワザですが)が思い出されて懐かしいなあ、としゃがんで見ていたところ・・・


ジジジ・・・コチラ、マナサビイ。 知事発見、知事発見・・・


画像をクリックして拡大してごらんいただくと、まるい取っ手のくぼみのトコロに、森田健作現千葉県知事の若かりし頃の顔写真がひそか~に貼ってあります。
ブレてるし、ちょっとわかりにくいかも知れませんが。

マナサビイもかすかに覚えていますが、70年代前半には、剣道着姿で砂浜を走る爽やかな青春の巨匠?として大人気だった知事。(♪さらばぁ、涙と言おう)

森田健作氏からハム太郎まで。。。
シールは、親子二代から三代に渡ってかなり長い年月使われていたと思われるこのキャビネットの歴史を何も語らずして教えてくれます



中崎町の夏休み3-26  中崎町の夏休み3-27


green pepeで見つけた昔の夏休みの絵日記帳です^^♪  コーアノートの製品。


「えのうまさ、文のうまさよりも・・・・ながいお休みの日々を、きそく正しく生活することの方が大事なのですから。」
「そうかといって、朝おきた。ごはんをたべた。べんきょうした。おひるをたべた。あそびにいった。ばんごはんをたべた。ねた。 では困ります。」 ・・・・


裏表紙に書かれてる、保護者のお母さん方へ向けたなんとも手取り足取り、親切(おせっかい)な注意書きです。
「ですから。」「困ります。」 昭和のご婦人のすましたナレーションの声が聞こえてきそうな。。。(笑)



値段が手頃で買いやすいというのもあるけど、雑貨屋さんに行くと、ついついこういう文房具系とか紙雑貨に無意識のうちに吸い寄せられてしまいます^^♪

これも子供時代の名残。。。?





さてそれより何より、二回目のおじゃまとなったコチラのお店、そろそろ帰ろうと思い、この絵日記帳を手にレジの前に行った時に、期せずして「お宝」を見つけてしまいました。


「変身忍者嵐」のくじ引きカード

コチラのお店ではどちらかといえば少数派の、男子系の懐かしグッズです^^

これに似た系の70年代の特撮ものでは、「怪傑ライオン丸」は当時見ていたから知っていたのですが、この嵐に関しては、マナサビイ不覚にも全く知りませんでした。


なので、懐かしい思い出とか思い入れ、偏見もない、まっさらの状態での初対面だったわけですが・・・

このカード以外に、嵐と愛馬とのツーショットの写真のカードがあったのですが、これが人馬共々目を見張るぐらいの装飾過剰状態。。。 

しかも店主の松永さん曰く、「かぶりものの口の部分に、中に入ってる人の目の位置が来てて・・・‘口’から外を見るようになってるんです」
言われてみると・・・(@_@;)    変身忍者嵐、だから目がやけに上にあってヒーローにしてはどこか間延びした顔長なのか。


このすべてにおける無理ヤリ感が、なぜかツボにハマってしまい、爆笑の余韻冷めやらぬうちに、green pepeさんを後にしたのでした。
(「変身忍者 嵐」にご興味ある方は、コチラの面白いサイトもご参照を。。。)




わ~、やっと念願の入店叶った(?)「2匹のゾウ」(「三人の本棚」)と、黒猫のクロちゃんのエピソードも書こうと思ってたのに、今日はもう時間が足りない!!!


というわけで、続きはまたまた次回に持ち越します♪



最後に、今日紹介したお店に関しては店内の様子などほとんど写真を撮ってないので、ぜひコチラの各お店のHPやブログをごらんくださいネ(^^)b♪


☆ [乙女スタイル] 乙女たちがトキメク古着と雑貨のお店

☆ FUTURA

☆ green pepe blog


FUTURAの店主さんとは、他のお客様とお話ししておられたのでほとんどお話できなかったのですが、乙女スタイルさんも、green pepeさんもどちらもお店自体のステキさはモチロン、店主さんが気さくでお話ししやすい方で、中崎町の雑貨屋さんの中ではマナサビイ、イチ押しのお店ですヨ~




※ 何時間か前に拝見したgreen pepeさんのブログになんとマナサビイとこのブログのことが書かれていました~  タイトルは・・・「変身忍者 嵐」 やっぱり

松永さん、うちのブログ紹介していただきましてありがとうございマス!
ライオン丸のマナサビイ(幼い頃髪の量が多くてわっさーとしてたので、実は一部の友達からからかわれてこう呼ばれてました。。。あえて黙ってました。スミマセン)、また近いうちにお店に見参いたしマス☆




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  

人気ブログランキングへ




関連記事
[ 2009/09/13 16:50 ] 見つけた☆昭和が残る場所 昭和な町、中崎町界隈♪ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR