ソラリスの時間 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆ 

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

キャ〜〜!≧д≦)ノ゚ 私の想い出のりぼんとなかよしの付録が!!〜大人の少女マンガ手帖〜 


今日は昭和の日ですね
いや、実は当初の予定では、今回は全く違うことをブログに書こうと思っていたんです!

とある方のブログで最近買ったこんな本のことが紹介されているのを目にしました


987-少女マンガ手帖1


メガヒットした作品やコンテンツに関しては多くの誌面が割かれているものの、3割ぐらいの人しか覚えていないような、大作ではないけれど一部の人には確実に印象に残っている作品というのがなかなか網羅されていない、、、というのがこの手の懐古本にはありがちなこと。
仕方がないとは言え、そのあたりがどうしても物足りなかったりするのですが、この本に関しては「300作品以上を徹底ガイド」ということで期待感が膨らみます

で、早速、本屋さんで購入したところーーー


キャ〜〜〜ッ ≧д≦)ノ゚(キュン死)

misachi68さん、いい記事を載せてくださってありがとうございます。
見た甲斐、買った甲斐があったよぉ〜〜〜!!(嬉泣)


987-少女マンガ手帖3

「りぼん」の付録でついていた陸奥A子さんのトランプ

これ持ってたんですっ 

持ってて、いまだによく覚えている(ことあるごとに想い出す)お気に入りの付録でした。 
トランプでよく遊んでいた時代だったので、これも何度か使ったし、それより何よりこの陸奥A子さんの絵が大好きで、遊ばない時もカードの絵をひとりでよく眺めていました。
当時「乙女チック」マンガのフラグ的な存在だった陸奥A子先生でしたが、トランプの絵柄ということで、普段のマンガよりもファンタジックに、フェアリーや女神、お姫様やクイーン、王子様、ナイト、道化師などの可愛い絵が描かれていました。

もう2度と出会えないと思っていたので、現物ではない、たったこれだけの写真でも本当に感激しました! 嬉しい〜〜(//∇//)  


987-少女マンガ手帖4  987-少女マンガ手帖5

これまた〜!!! (//∇//)(うるうる) 
この2つはどちらも「なかよし」の付録なのですが、どっちも持ってました〜〜 ≧д≦)ノ゚

左の「おはよう!スパンク」のメモ帳には、テレビの「ザ・ベストテン」の順位(20位以内)を毎週記録していました。
見ていらっしゃった方は覚えておられると思いますが、20位から11位は、2、3秒の映像だけで次々に早口で紹介されていくので、発表のスピードについていくのがたいへんで
ベストテンが始まった初期の頃から見ていましたが、このスパンクのメモ帳が初代で、その後もファンシーショップで買ったメモ帳に継続して順位を記入していました。


右は、高橋千鶴さんの絵のファイル
これを見るまですっかり存在を忘れていましたが、持っていました、これも
走ってる絵を見た瞬間に、完全にキマシタ。懐かし過ぎる。。。

ファイル、ハンディーケース、レターセット、ノート、この類は多かったですよネ、付録の中でも。




987-少女マンガ手帖2

そして、極めつけがコレです!!
すっかり本当にすっかり忘れていた、お気に入りの付録、
「キャンディキャンディのイラスト集」!

左が1977年8月、右の小さい方が1979年3月の付録だったようなのですが、私、どちらも持っていました
オールカラーなのはモチロン、表紙がエンボス加工が施されていて、文字や絵が浮き出ているという非常に豪華な作りでした。
紙質も厚くてしっかりしていましたし、単体でも商品として成立するようなクオリティーのものが、惜しげもなく付録としてついてきていたことが、今となっては信じられません!

テリィやアンソニー、丘の上の王子様がアップで載ってるページもあったりして、一時期開いた状態で学習机の周りに飾っていた記憶があるんですよね。(この写真を見て想い出しました
ハッキリとは思い出せないのですが、もしかしたら中に、切り離せるピンナップ(←この言葉も死語?)になったページがあったりして、それを貼っていたのかも。


それにしてもこんなところで、想い出の付録と出会えるなんて
あまりの懐かしさで頭がクラクラしてきて、本当に涙が出そうに。
(やっぱり、ちょっとオカシイですかね?笑)

「キュン死」なんて歳に似合わない言葉、私も使いたくなかったんですよ(笑)
でも、そのぐらいどう表現したらいいかわからないぐらい嬉しかったんですモーン



そうそう、この本に載っていた付録で、いまだに私自身が現物を持っているものもありますよ

ずっと以前にブログに載せたこともありますが(今のブログじゃなくて、旧ブログだったかな?)、

987-少女マンガ手帖ふろく6 987-少女マンガ手帖ふろく5

陸奥A子さんのファイルです。
この付録はあまりに気に入り過ぎて、もったいなくて使えなかったのです。
そのおかげで、こうやって現在まで残っております


987-少女マンガ手帖ふろく7

987-少女マンガ手帖ふろく8

あれから何十年後の現在、いまだに未使用で大事にしております(笑)
シミなどもできていますし、決して美品とは言えませんけどね


今やオクにこんな付録類も出品されていたりするんだろうなあと思いながらも、今まであえて買った事はありませんでしたが・・・自分の手元に実際にあったものが出ていれば思いきって落としてみようかなあ(ただし、安ければ)、と思います。
良い情報がありましたら、ぜひ教えてくださいマセ♪
フリマや骨董市などで見つけて買えるのが、ベストなんですが。




それにしても、このMOOKは内容が良かったと思います
付録のページのことだけを書いてしまいましたが、「300作品以上」だけのことはあって、懐古本では取り上げられないような、私が好きだった作品も単行本(コミックス)の表紙絵と共にたくさん紹介されていました。

少女マンガ誌だけではなく、
小学館の学年雑誌に載っていたマンガ「うわさの姫子」!懐かしいでしょ〜?)
も取り上げられていましたし、

・私は単行本で読む機会が多いマンガ家さんだったのに、マイナーなのか、こういう本で取り上げられることがまずない美村あきのさんの「セントブラウンの童話」(少女コミック系)
・当時歯医者さんで読んで心に残り、大人になってから単行本の古本に偶然出会って即買いした、大谷博子さんの「星くず」
・「なかよし」では結構な人気漫画だったと思うのに、なぜかこういう懐古本に載る事がめったにない高橋千鶴さんの「GOOD MORNING メグ」
・絵が可愛くて、「りぼん」の中では3本の指に入る好きなマンガ家さんだったものの、こういった誌上で取り上げられる事がほとんどない佐藤真樹さんの作品
・少女マンガらしからぬオトナっぽい雰囲気に、異質さを感じドキドキした、「プリンセス」掲載、岡崎沙実さんの「セブンスター・ブルース」
・他に名作がありすぎるせいで取り上げられる事が少ない、一条ゆかりさんの「こいきな奴ら」
赤座ひではるさんの「なきむしメルヘン」や、みよし・ららさんの「マホーランドのマジョリカ」、みをまことさんの「キノコキノコ」、といった、毎号載っていた4コマ・ショート作品
(このショート作品も、たいてい、「あさりちゃん」とか「つる姫じゃ〜っ!」、よく行っても「わんころべえ」ぐらいまでしか、取り上げられない事が多いんですよね)

といった人の作品なども、しっかりと網羅されていました。
「300以上」ならではの、ちょっとだけマイナーどころも押さえたラインナップに、私も満足

小中学生の時に単行本でよく読んでいた前原滋子さん(少女フレンド系)、りぼんで学園コメディを連載していた坂東絵利子さん(「ラミと気まぐれ学園」)、このあたりも拾ってくれていたら、さらに大満足だったのになあと思います。
それと「りぼん」では小椋冬美さんが漏れていたのはちょっと意外だったから、このあたりもできれば詰めをしっかりとネ(^_−)−☆
・・・って、私いったい何者よ(笑)


巻末には、1977年に実際に「花とゆめ」誌上に掲載されたという「スケバン刑事」と「ガラスの仮面」のコラボマンガ(これ、ビックリですよね?!ご存知でした?  「花とゆめ」はほとんど読んでいなかったせいか、こんなコラボの試みがあったことすら知りませんでした!)と、「週刊マーガレット」に掲載された「ベルばら」の第一話が、なんとどちらも原画収録されています。

私と同年代と思われる女性書店員さんの座談会企画も、ここに引用してご紹介したかったぐらいの非常に共感出来る楽しい内容でしたよ〜

まぁ、そのあたりは、実際にお手に取ってからのお楽しみ、ということで(笑)
この連休、街の書店に立ち寄られる機会もあるかと思いますので、この時代の少女マンガを愛読しておられた方は、ぜひこの本をお手に取って立ち読みだけでもしてみてください 
付録と巻末の原画収録ページだけでも、見応えがありますよ〜
(注:私は決して出版社の回し者ではありません、ハイ(^_^;) (笑))







にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

スポンサーサイト
[ 2015/04/29 07:07 ] 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆  | TB(0) | CM(8)

何かが始まってゆく予感☆・゚:*新生大阪駅と雑誌「昭和40年男」 

ゴールデンウィークにリニューアル工事が完了、三越伊勢丹百貨店やファッションビル、LUCUA(ルクア)もオープンし、すっかり新しくなったJR大阪駅、大阪ステーションシティに先日行って来ました (^-^)/♪

先週友達と梅田で会った時もここに来たんですが、土曜日のお昼間だったため混んでいてほとんど見る事ができずに、梅田大丸に新しくできた東急ハンズをウロウロしたぐらいで終わり
平日の夕方近くに、もう一度ひとりでゆっくりとステーションシティ界隈を回ってみました。


_046-2010大阪駅5


_046-2010大阪駅new1


_046-2010大阪駅new2


_046-2010大阪駅new3

(時空(とき)の広場)


ワタシは懐かしいレトロなものが好きなこともあり、古い建物が壊されて建て替えられることに抵抗を感じることが多いのですが、この大阪駅の大型リニューアルはめずらしく完成する前から楽しみにしていました。
なんかですね~、久々にワクワクするものを感じたんですよ


実際に行ってみても、リニューアル前にくらべて、格段に明るさと開放感が増して、その場全体の‘気’みたいなモノが一気に上がっているのを感じました。

三越伊勢丹がいいとかLUCUAがいいとかリニューアルした大丸がいいとか、そういう個々の施設がいいという以上に、大阪駅全体の雰囲気が良くなったなあというのを、とても強く感じましたヨ
あくまでも私見ですが、このリニューアルは大正解のような気がしマス


今度大阪駅で降りる機会がある方は、楽しみにお越し下さいネ~


( あ、一応LUCUAについての感想だけ♪ 最初に足を踏み入れた時は思ったよりワンフロアが狭いなあとか、20代前半ぐらいの若い女の子向けのお店ばかりが多くてワタシら世代はターゲット外やなあと思ったんですが、上の階にいくほど雑貨屋さん関係も充実してて、意外にリピーターになりそうな予感☆
なぜか買いやすい雰囲気があるなあと思いましたし、入ってるお店も人気のあるイイ感じのお店がうまくチョイスされてるなあと思いましたヨ  
LUCUAでゆっくりしすぎて三越伊勢丹は少ししか行けなかったので、今度またゆっくりと行ってきマス






さて、この帰り道です―――本屋さんに寄って、ワタシはこんな雑誌を手にしていました。


_046-2010昭和40年男1


先日ブログにコメントを寄せてくださった勇蔵さんに教えていただいた「昭和40年男」という隔月刊の雑誌、立ち読みをしながらはからずも‘運命’を感じてしまい(笑)、買って帰りました。


文字通り「昭和40年生まれの男性」に読者を限定しためずらしいコンセプトの雑誌なんですが、モチロンこの前後の年に生まれた方ならきっと、ワタシが感じたようにかなりの共感を感じられる雑誌^^

「俺たちを組み立てた7つのパーツ」と題し、子供の頃に触れてこの年代の男性のDNAを形づくっていそうな「テレビ」「マンガ」「プラモ」「野球」「エロ」「ヒーロー」「オカルト」の特集が組まれていたこともあり(「プラモ」と「エロ」だけはちょっと女性のワタシとしては共感しにくかったけど)、出るわ出るわ、懐かしい話題のオンパレード♪
なので、読んでいてもとても楽しくて。。。♪ 内容的にも「アタリ」の号だったんじゃないかと思いマス


昭和52年という年にスポットライトを当てた特集ページに、キャンディーズの突然の解散宣言の詳細が書かれていたり(スーちゃんが亡くなることを知らずに事前に組まれていた企画だったようです)と、印象に残る内容の企画や記事が多かったのですが、その他にも、ごくごく個人的に嬉しかったのは、



_046-2010昭和40年男ミルク


思わず蛍光ペンで線まで引いてしまったわ~(笑)
ロンパールームで飲んでたミルクを美味しそうって思ってる人、自分以外にもおったんや~!(確かちゃんと持ち手のついたマグカップみたいなのに入れてもらって飲んでたと思うんですが、それがやたら美味しそうに見えた! でもハイジのパンやチーズの話は出ても、この話題で大人になってから盛り上がった事がなかった・・・) ということがわかったことと、



_046-2010昭和40年男サスペリア


当時流行っていたオカルト映画の中で、大ヒットしたにもかかわらず、「エクソシスト」や「オーメン」「キャリー」の影に隠れてなかなか名前が挙がって来ない「サスペリア」が小さいけど取り上げられていたことです。
( 個人的にはこの「サスペリア」とその次の「サスペリア2」が最高にコワい、ミステリー的な意味合いからもよくできた作品だと今でも思っているので。



・・・さて、そういうちっちゃいちっちゃいけど(←わ、なんで淀川長治さん口調に~?!(笑)今映画の事書いてたから、淀川さんが降りて来てくださった?!(笑))個人的にツボだったポイントは、このあたりにしておきまして

ワタシがこの雑誌の中で特に印象に残り、そして読み応えと自分でも驚くほどのシンパシーを感じたのは、意外にもこういった懐かしい思い出ページよりも、むしろ、「今を検証する」というSideBのページの方だったので、ぜひともそちらのページの方に書かれていたコトを中心にこれからご紹介したいと思いマス





「しらけ世代の僕としては、団塊の世代にはギャップを感じるんです。右肩上がりの時代の生き方が身にしみついている団塊の世代は、もう完全にアウト・オブ・デイトになってしまっています。
でも僕らの世代と新人類世代ではギャップが少ないと思う。新人類世代と団塊ジュニアでは、さらに少なくなっている。
その意味では、昭和40年男世代は、戦後第一世代というくくりで団塊世代もハンドリングできるし、団塊ジュニア以下の世代の意見も吸い上げることができるわけです。旧世代と新世代のかすがいみたいな役割ですね。
そういうポジションにいるので、責任が重い。これからの日本にとって大事な世代です。」
(社会学者/小谷敏氏)



そしてこれは、「タメ年のスゴいやつ」というインタビュー記事での、落語家・立川談笑さんの言葉。

「全共闘だとか学生運動にまみれて我を忘れていた世代ではありませんし、ゲーム機があまりに行き渡って孤立している若い世代とも違って、地に足の着いているというか、そう、地べたでの遊びも知っていれば、インターネットや携帯電話を今の年齢で扱えるようになった。
我々はいろんなコトを実感として経験している世代だと思いますね」




実は・・・このおふたりがおっしゃっているのと全く同じコトを、不肖このワタクシも少し前から感じていたのです!!!
コレ、ホントなんですよ

年齢以上に感覚や感性といった面で、新旧両方の世代のちょうど真ん真ん中にいるなあ、というのは、実際の生活の中でも感じてたことだったので。
 

ワタシもやや年下ながら、昭和40年生まれの方と同世代と見なした場合、ワタシよりも例えば4、5歳以上上、50歳間近の世代の方は、やはり感性や感覚が自分たちよりももう一段アナログだなあと感じることが多いし(PCやデジタル機器を扱えない人も実際結構多かったりする)、逆に同じアラフォーのくくりに入る世代でも、37、8歳ともなると、自分たちよりもさらに暑苦しさが薄まり、より淡白でサクサクッとした(バリバリッじゃない、サクサクッなのよ、コレが~笑)平成的感性がより色濃い気がする。

でもそういう違いは感じながらも、この前後2つの世代の人に対して接する時、戸惑うほどの大きな違和感やギャップを感じる事はほとんどない、むしろそれぞれに対して共感できる部分も多かったりする。
つまり個人差はあるにせよ、新旧両方の全く異なる感性や考え方をちょっとずつ内包している、あるいは違いは感じても理解はできるという点で、ワタシたちは貴重なそして稀有な世代の人間なんじゃないか、と・・・

(ワタシらの世代は、20歳前後の頃「新人類」って呼ばれてたけど、まさにこれこそ、「新人類」なんじゃないのか~ と(笑))




もうひとつ、このSideB「今を検証する」の中でワタシが印象的だったコンテンツが、「俺たちっていったい何者? タメ年座談会」。

昭和40年生まれの男性の方を集めての座談会のページがあったのですが、

_046-2010昭和40年男座談会6

( そうそう、昔はあったけどそういえば最近は土管も見かけないし、空き地自体がないよな~ ドラえもん の中でしか今は見ることないな~ )とか、


_046-2010昭和40年男座談会4

( こういうお色気番組、結構フツーに放送されてたなあ。ウィークエンダーのテレビ三面記事とかも時々見てたもんなあ (うちはそう言う面でキビしくなかったので) ) とか、

_046-2010昭和40年男座談会1

( 国産車ではプレリュードもやし、マークⅡも女子の間では人気が高かったよな~ でも神戸のお嬢様系女子大の前は、お迎えに来る彼氏の高級外車がズラリ、という話もよく聞いてたよなあ~。同じ関西にいながらいまだに信じられん


・・・などなど、思わずいちいちココロの中でツッコミを入れながら読んでしまうような、昭和臭ムンムンのキーワードが出て来て、面白かった!





が!
それ以上に、この座談会記事全体を通して強く感じたというか、再確認したことがあって・・・それは、
やっぱり、この世代って、基本的にものすごくポジティブ なエネルギーを持ってる世代なんやなあ、ということだったのです!
というか、もうイイ中年なのに、潜在的に持ってるテンションが20代のそれとも匹敵するぐらい(あるいはそれ以上とも思えるぐらい)明らかに高い!(笑)
一見は落ち着いてるんですけどね。

これは実際に誌面を読んでいただいたら、わかっていただけるんじゃないかと思います。
そしてこういった特有のメンタリティーのルーツにあるのも、やはり生きて来た時代背景なのではないかと。


子供時代は高度経済成長の完成期で、10代後半から20代前半の楽しい青春時代はバブルでイケイケ
家庭環境などから来る個人差はあるにせよ、幼少期~20歳前後の、その人の基本的な人格やその後の人生観を形づくる上で最も重要な時期に、幸いにも美味しいところだけをかじらせてもらうことができ、そしてそれを美味しいと実感して味わうことができた、今生きている日本人の中で唯一の世代であるのが、この昭和40年男世代(40年前後、40年代前半に生まれたワタシたち世代も含めて)。

現在のようにある意味危機的とも言えるような不透明な時代に陥って不安は抱いていても、このような潜在的な楽観性と前向きさを言動の端々に感じられるのは、過去にこのような豊かな時代をタイミング良く経験して来たことが実はかなり大きいのではないかと改めて思ったのです。

過去の栄光にとらわれるなという言葉をよく聞きますが、人間、本当に苦しんだ時(特に自分に対する自信を失った時)は、過去の成功体験、幸福体験がその人を救ってくれることが多い。
とすれば、それが無意識のうちに表れているのが、この世代なのではないかという気がするからです



判で押したようなステレオタイプ的な決めつけをする人がどちらかというと苦手なので(そのわりには、自分も無意識のうちにたまにやってしまってるのがイタいところですが)、この世代の人間はこう、とひとくくりにする捉え方は面白い反面、どうなのかな?という思いもなくはないのですが。。。

今難しい時代の中で苦闘しながらも、一見時代錯誤的にも見えるような楽観性、ポジティブさを潜在因子として持ち合わせているのが昭和40年世代であり、ワタシたち周辺世代であり、そして誤解を恐れずに言うと、今の日本に必要なのは、こんな時代にあってもどこか無根拠に前向きでいられるタフさを前時代から授かったまさにこの世代の人間なんじゃないか と、座談会記事に書かれている個々の方の発言を読みながら、思い至りました。

最初にも似たようなことを書きましたが、無理してポジティブシンキングしてる感じじゃない、何かもっと生まれもってのというか、根本的な部分でパワフルでネアカな世代なんだなぁって、改めて実感したんですよ、良い意味で  同世代のひいき目もあるのかも知れないですけど。


こういうメンタリティーは、「バブルさん」という本で揶揄されてるように、他の世代(特に下の世代)から浮き上がってしまう特異性につながってしまうのかも知れないですが( そして、それは、新旧両方の感性を持ち合わせていて、世代間の橋渡し的な役割を担う事が出来るということと一見矛盾しているように思えますが )、それでもきっとこういうある意味特殊な世代だからこそ、この先大きな役割を担っているし果たし得るんじゃないか と、読みながら本気で思えてきたのです


アナログ(昭和)とデジタル(平成)、両方の時代をどちらもほぼ同じ年数、20年ちょっとずつ生きて体感してるというのは、特異というよりも特筆すべき立ち位置だと思うんですよネ~





_046-2010昭和40年男座談会3


ついこの間、歯が痛くなって親知らずを抜いたばかりですが、それでも他の所にまだ厄介な虫歯が残る、ワタシの歯

でも、小学生の頃に歯医者さんで、現在ではおそらく使用NGのアマルガムを詰めてもらった歯は、以降今日まで虫歯が再発する事もありません。
毒を持って毒を制す。ここに書かれてるように、微量の水銀が詰められてることで逆にその歯の免疫力が高まってしまったのか?? 

そしてそれがワケもなしに、少しだけ誇らしかったりするのは、一体ナゼ・・・(笑)


水銀と共に30年余、ワタクシも歩み続けています



_046-2010昭和40年男座談会7


_046-2010昭和40年男2



昔は昔で子供なりに、若いなりにみんな悩みは持っていたわけだし、昔の方が今とくらべて何でもかんでも良かったわけではないけど、でも時代や社会の恩恵を受けて育ったという自覚が強い世代である以上、その受けた恩恵を社会に還元する時がやって来ているのかも知れないですネ。

一庶民には大したことは実際はできるものではないだろうけど、何よりも気持ちが大事なんやと確かに思う。
それが合わさった時のチカラは本当に大きいものになると思うから・・・





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




生まれ変わった大阪駅と、「昭和40年男」という世代誌

それぞれに、何かが新しく始まってゆく予感を、新しい流れが始まってゆく予感を感じた、この日はとてもインスピレーショナルで感動的な1日でした

こんな時節にありながら、何かものすごく明るいモノに触れたというか・・・明るい兆しやインスピレーション、パワーを得た気がなぜかしたんですよ! 

一個人の思い込みに過ぎないと言われてしまえば・・・まあ、その通りなんですけどネ~





「・・・あの、センセイ
「何ですか? マナサビイさん」

「こんなに長々と語ってしまった後で今さらなんですが、「昭和40年男」という雑誌を立ち読みにとどまらず買ってしまった一番の理由は。。。」







_046-2010昭和40年男ルパン







何や~、今日のブログ、めずらしくちょっと語っちゃってるやん♪と思ったら、やっぱりそこかよ~



実はこのルパン特集の中で、アニメ化40周年を記念しての「ルパン三世展」が京都伊勢丹で現在行われているとの情報を見つけまして、大ファンのワタクシ、たまらず行ってまいりました。(開催は今月29日まで)

その感想はまた数日中に~~~(^-^)/♪  良かったですよ~ なかなか    
次回乞うご期待☆






(※ 記事の引用・転載にあたっては、出版社様の許可を得ています



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ

[ 2011/05/23 04:08 ] 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆  | TB(0) | CM(18)

マナサビちゃん、昭和30年代の東京で職探しをする、の巻♪ 

こんにちは。 この間とある場所からの帰り道に、「あぁ~、ここから駅までワープできたらええのにな~ 」となにげにつぶやいたら、「ワープって  ・・・マナサビイさん、歳がバレますよ」と苦笑まじりに言われてしまったマナサビイです

「ワープ」は「宇宙戦艦ヤマト」の中でしか出て来ないコトバだから、ヤマトを子供の頃に見てた世代ということがバレバレですよ、という意味のことを言われてしまったんですが。。。そ、そんなことないよね~

「タイムワープ」っていう言葉だってあるんやからな~!!!(←急に強気)
おい、もちっと勉強し直さんと、そんなんやったら、ワタシみたいにタイムトラベルなんかできへんゾ~! ボケぇっ!!!



・・・へっ マナサビイさんて、タイムトラベルができるんですか


ハイ、できますとも。 そして行ってまいりましたとも、今回はいつも話題にしてる昭和40~50年代よりも昔の、昭和20年代後半~30年代の東京へ

まだまだワタクシなんぞ影もカタチもなかった時代ですが、何てったってあの映画「ALWAYS~三丁目の夕日」の時代、日本の景気は戦後のさらなる復興と神がかり的な高度経済成長突入目前でアゲアゲだった時代ですよ。
ワタクシなんぞ引く手あまたに違いないっ!

モダンな昭和美女として、一から人生をやり直すのじゃ~っ





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





_0407求人欄1951


昭和20年代半ばの東京に無事到着、っと。
まずは、何と言っても職探しからやね。
本格的に戦後の復興が始まったばかりの頃、まだまだ求人の数は多くないけど、水商売を中心に意外に女性の求人もある。


しかし、「求女性」「女性求む」という控えめな求人コピーも、昭和30年代に入ると経済の復興に伴うようにして、徐々にハードル高めの条件が付け加えられていきます。。。↓↓↓


_0407求人欄近代女性   _0407求人欄社交女性

_0407求人欄高級婦人社員   _0407求人欄お嬢さん   _0407求人欄令嬢



「近代女性」とか「高級婦人社員」というコトバに時代を感じますネ~^^
そして、ホンマモンの銀座令嬢は、こんな求人には応募せんやろな~、というのもありますけどネ。

しかし、まあこのあたりまでは良かったんですよ、ワタシでもダメモトでちょっと応募してみようかなぁと思えるような。




が。。。


_0407求人欄美女店員   _0407求人欄美しい方

_0407求人欄美しいお嬢さん   _0407求人欄若い女性


・・・ (-_-;)



_0407求人欄お若いです


・・・ (-_-;)



ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっと!!! 
やたら、「若い」「美しい」という条件が増えて来てない

右の求人広告の店名は、男性客のことを言ってる表現かも知れないけど、特に「若い」というコトバには過剰な反応を示させていただきますわよ~!!!

平成の時代に連れて行って、一人残らずセクハラで訴えるぞ~~!!!






・・・さ、気を取り直して、他の求人を探そうっと


_0407求人欄パリ

「パリのセンス 京風のムード」。。。なんか想像しただけで店内、スゴそう(苦笑)


_0407求人欄姉妹

姉と妹、アナタの好みはどっち 的な。
ワタシは姉タイプ、清純型の乙女、かなぁ~(きゃははっ ヾ(≧∇≦*) 照 )


_0407求人欄ダリヤ

「お客様の接待はホステスが受持ちます。貴女は只、ダイアナのフラワーとしてお勤めして戴くのです」

・・・という楽チンそうな壁の花的な仕事にしては、高給をうたい文句にしてるし、実際に給料良すぎないですか 
たぶんこの頃って大卒の初任給でもこのぐらいだったのでは??

う~ん、どこか怪しいゾ、ダイアナのフラワー



_0407求人欄クリスマス

「虫がもう、クリスマスよと告げています」(五七五
ちなみにコレ、10月3日の求人広告ナリ~






ああ~、もうせっかくタイムトラベルして昭和30年代の世の中までやって来たのにぃ~

なかなか、コレ っていう美味しそうな仕事ってないもんやなあ。。。


_0407求人欄おばさん1



・・・ん





_0407求人欄おばさん4



おばさん、年45歳迄


ああ、ああ、そうですとも!
確かにワタクシは45歳までのおばさんですとも!
この条件にうってつけの年齢ですとも!

この求人に応募すりゃええんでしょうが~~~~!!!




_0111年賀9

ウガ~ッ








もういい、マナサビちゃん、平成に帰るっ。。。!





☆☆☆☆☆☆☆ 



先ほどは、乙女なワタクシらしからぬ取り乱し方をしてしまいましたが 、タイムトラベルしてきた昭和の世界で、ついでにもうひとつこんな求人まで見つけてしまいました。

_0407求人欄老


老女中、50以下 って (-_-;)  50以上というならまだしも。。。
いや、今の世の中だったら50以上で「老」女中っていうのも、なんかビミョーな気がする。
でも、これは「おばさん」広告よりもさらにずっと昔の昭和16年の求人広告なんですけどネ。




実は、今日ご紹介したこれらの求人広告はすべて、

_0407求人欄表紙

ザ・求人欄


という本から抜粋させていただきました


昭和初期から昭和30年代末までの、読売新聞、報知新聞(求人内容的にはスポーツ紙系?スポーツ報知?)の求人欄をいくつかピックアップして掲載している本で、他にも、


_0407求人欄その他1


このようにヤクルトは元々は男性が配達していた事がわかる広告があったり、自分はこんなことが出来ますので雇ってくださいという、なんと個人の逆アピール広告が存在したり。。。
などなど、現在では考えられないような求人広告が満載


ポーラ化粧品が元々は訪問販売から始まったとか、ボディビルが昭和30年の時点ですでに日本にあった(ワタシはてっきり、森永のエンゼル体操の‘ムキムキマン’の頃が日本では最初だと思ってた。だってこのCMで生まれて初めてあんなムキムキの筋肉を見たから(笑))とか、
そういう事実が、wikiとか企業のHPなどではなしに、新聞の求人欄を見ることでわかるというのがオモシロイのです♪


さらには、この本の最終部分である昭和35年ともなると、東京オリンピックを控え、高度経済成長がいよいよ本格化していることもあって求人の数自体が数年前までと比べても急増していることがわかるし、車社会の到来により、やたらトラックやダンプ、タクシーの運転手の求人が多かったりする!

やはり求人欄って、時代を映す鏡とも言えますよネ~




それにしても、かえすがえすでキョウシュクですが、おばさん、年45歳迄って・・・  (しかも、迄、ですよ、まで!(苦笑))


このブログでも何度も書いてるように、確かに昔って今よりもみんな信じられないぐらい老けてたので(例:あの風貌で波平54歳、フネ48歳)、40代前半で完全に初老扱いというのもありえる話ではあるんですが。(考えてみたら、うちの亡き祖母も写真見たら40代ですでにかっぽう着着てたしな~)
この書き方だと、当時はヘタしたら30代前半でもおばさん扱いされてた可能性もあるかも


しかし「おばさん」というような神経を逆撫でするような表記は。。。現在では、まあまずありえませんわネ~



_0407求人欄ばあ


ダメ押し的な、昭和9年の広告。 ばあや50歳前後・・・

あと数年もすれば、ワタクシ、ばあやに応募可能ですけど、それが何か~










出版社「TOブックス」HP ←本の内容の詳細はコチラを♪


( 昭和40~50年代の求人広告も見てみたい気がするなぁ~♪
違った意味で、怪しげな広告が多い気がするんですけど。。。
当時の怪しい通販の広告みたいにネ(笑))







にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ    人気ブログランキングへ


(先ほど、また東北で大きい余震があったみたいですね。。。 すでに寝ていた方も大勢おられたんじゃないでしょうか 
みなさん、おケガなしにご無事でありますように。。。!)


[ 2011/04/07 23:31 ] 昭和読んだ読んだワールド その他昭和フィーチャー、関連本☆  | TB(0) | CM(12)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス