ソラリスの時間 ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

昭和54年の「うわさのテレビ」には、懐かしい番組がいっぱいなのダ!!ヽ(≧∀≦)ノ 

数日前に、たびねすに新しい記事が掲載されました♪(告知遅いよw)
男性の願いも叶えます!伊勢志摩「横山石神神社」は真珠王も願いをかけた、もう一つの「石神さん」

またまた、穴場のパワスポのご案内です。こちらの神社は、私が伊勢志摩を初めて訪れた2009年以来のご縁ですが、その時のブログではご紹介しておりません。「相差の石神さん」はメディアでもかなり取り上げられ、有名になりましたが、こちらは地元で知られているわりにはまだそれほど・・・という感じなので、簡単にご紹介してみました。
みんなが「わっ」と群がっているものよりも、輪の中心から外れたところにあるものに惹かれるのが私の性分です(笑)

パワースポットのご案内はここでいったんお休みし、以降はしばらくまた「昭和レトロ」「珍スポ」系のガイド記事を寄稿して行く予定ですので、今後もお楽しみにしておいてくださいませ☆  




今日のタイトル、バカボン的な言い回しを使ってみました。
バカボンとは全然関係ない内容なんですが。 

987-125-0tうわさのテレビ1

↑先日、ブロ友になっていただいているスマイル札幌店 店主の嶋貫さん「ボクの育った昭和時代」というブログをされています!面白いのでおすすめ!)から、この雑誌を購入しました。

「うわさのテレビ」・・・見たことも聞いたこともない雑誌です。 
推測ですので確かではありませんが、STV(札幌テレビ放送)が昔、無料で配布していたPR誌ではないかと思います。表紙にSTVのロゴ、発行元が「日本テレビ放送網株式会社編成局PR部」と表記されていて、価格がどこにも書かれていないということで。

前々回のブログ「熱中時代刑事編」の主題歌を取り上げたばかりなので、この表紙には「お〜〜っ」と思いましたよ。

裏表紙は、

987-125-0tうわさのテレビ2

「太陽にほえろ!」。

987-125-0tうわさのテレビ2-1裏表紙

この時点で、すでに殉職されている面々もお顔が載っています。
この雑誌、ブログタイトルにもあるように、1979(昭和54)年刊行のものなのですが、この年の4月の番組改編で始まる日テレ系の新番組と既存の人気番組がPRされておりました。


987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧

このページだけで、ごはん軽く3杯は行ける(笑)
この中で「見てなかった」のは、「大都会」と「スターアクション」「細腕一代記」だけ。「細腕一代記」も、2、3話なら見た事あるし。

日テレ系だけでこのラインナップで、しかもここに出ているほとんどの番組を毎週のように見ていた、、、ということは、他局を入れるとどんだけの番組を見てたんや〜! と改めて思わずにはいられません。
特に水曜日・・・宿題いつしてたんや〜〜?!(爆) ま、水曜ロードショーは見たい映画の時だけ見てたから・・・と苦しい言い訳をしておく

大好きなルパンは、「ルパン三世Ⅱ」の時代です


987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧ピンク

「ピンク百発百中!」に出ていた、この外人の女の子、懐かしいーーー 名前が思い出せないけど。

この番組は、ピンクレディーがメインで、番組テーマ曲もピンクレディーのそれまでのヒット曲名を歌詞に織り交ぜたものなんですよね。
♪ある時、墓場のモンスター、ある時ピンクのサウスポー、ある時 ナンチャラナンチャララ(←歌詞忘れた)、シンドバッドに変わります〜〜♬とかね(笑)


987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧7時半

この「7時半」並び、どうよ (笑)懐かしさ満点じゃないですか〜?(≧∀≦)

この中の「特ダネ登場」「ほんものは誰だ」に関しては、小学校の低学年時によく見ていたような記憶があったのですが、私が小学校の高学年になっても番組が放送されていたということを、この昭和54年のPR誌を見て知りました
特に「特ダネ登場」は4、5才の幼児の頃から見ていた記憶があるので、結構長く続いていた番組だったんだなあと!

「それは秘密です」の司会の桂小金治さんの「泣き」を覚えておられる方が多いと思うのですが、私的には、「特ダネ登場」の素人出演者の「黒いマント姿」と、「ほんものは誰だ」で、最後に正解がわかるシーンで、ほんもののご当人とニセモノを演じている人が、椅子を立ったり座ったりする「誰や、誰や?」みたいなシーンが印象に残っています(笑)

後ろのスタジオセットも、今見ると昭和臭ムンムンだし、懐かしいのなんの>

「特ダネ登場」で、司会の押阪忍さんの隣にいるゲスト、元巨人の金田さんと阪神のエースだった村山さんという取り合わせも意外性があるな〜〜! 
「それは秘密です」のアシスタントのお姉さんのスカートがここまで超ミニだったのも記憶になかったし・・・ああ、もう色々語っていたらこの7時半バラエティーだけで、この記事終わってしまいそうなので、もうこのへんにしときます(笑)


987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧紅白

紅白歌のベストテン」、右は堺正章、のはずなんですが、どう見てもマチャアキさんには見えない!!  徳光さんでもない? 井上順さん?代理司会か何かをやった時の写真かな?!
岡崎友紀さんが司会していたのも覚えています
岡崎友紀さんが紅組キャプテンで司会をしていたこの頃が、いちばんこの番組を見ていた時期だったかも知れないな〜。


987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧2

裏は、木〜日曜日のゴールデン&プライムタイムの番組表。
カックラキン、桃太郎侍、うわさのチャンネル、ウィークエンダー、たまに見ていた全日本プロレス(どちらかというとわが家は新日本プロレス見る事の方が多かったのですが)・・・ああ、番組名見るだけで、いい匂いがしてくるわ(笑)

そして、

987-125-0tうわさのテレビ3番組一覧2やすきよ

この番組も見ていました! 「歌まね振りまね 新・スターに挑戦」
詳しい事は覚えていないのですが、芸能人と素人とが歌マネ対決する番組で、審査員に堺すすむさんがいたことは覚えています。

やすきよはおふたりで司会される番組が多くて、「プロポーズ大作戦」「モーレツしごき教室」(モーレツの方は西日本ローカルかな? 学校から帰ってから見る、土曜の午後の定番コースは「モーレツ」からの「吉本新喜劇」(笑))、も毎週見ていました



987-125-0tうわさのテレビ4水ロー

水野晴郎さんが解説していた「水曜ロードショー」のPRページ。
がんばれ!ベアーズ」、何回も放送されていた記憶があります。私も見ました!
当時つけていた日記帳にも「感動した〜!」みたいなことを書いていた気がする。

主演の女の子、テータム・オニールはこの少し前に、「ペーパームーン」でも父親のライアン・オニールと一緒に子役(これまたほぼ主役)で出ていて、このお顔を今見ると、ロードショー番組が大好きで見ていた頃の自分のことも甦ってくる気がします。


987-125-0tうわさのテレビ4水ロー1

この放送予定作品がまた、懐かしくありません?! 「ベン・ハー」やブルース・リー作品は何度も放送されてましたよね!


987-125-0tうわさのテレビ6

987-125-0tうわさのテレビ7

「ルックルックこんにちは!」が始まったのって、この年だったんだ〜〜 

夏休みなどの長期休みになるたびに見ていた記憶がありますが、何と言っても、「ドキュメント・女ののど自慢」のコーナーが印象に残っています。
借金、夫の浮気、暴力、離婚、家族との生死別など、つらい過去や身の上を抱えながらも頑張っている素人の女性の方が出演するのど自慢コーナーで、歌の前に人生で起きたエピソードと近況がナレーションで紹介されます。 たまに、そういう過酷な苦労話がない、ハッピーな女性の方が出演されることもありましたが、子供なりに聞いていてちょっとホッとした気持ちになったりもしていましたっけ(笑)




それと、昭和54年当時の「ロンパールーム」
この頃は私はもうとっくにこの番組は卒業していたわけですが、「ニコちゃん」や「こまったちゃん」、この時代にもまだ残っていたんだな〜〜(懐)
番組はこの半年後の9月に終了してしまったらしいので、まさに70年代に輝いた幼児番組だったということですね。

ちなみに私が見ていた時の先生は、もちろん、うつみ宮土理さん。
「鏡よ、鏡、鏡さん・・・」のフレーズ、覚えています 牛乳そんなに好きじゃなかったくせに、この番組で子供達のコップに入っていた「ミルク」はやたら美味しそうに見えたっけ

ちなみに私は実際にあったという伝説の放送事故、「きれいなキ○タマ」事件の記憶はありません。あしからずww



ドラマのPRページも、私にはあまりに懐かしく・・・

987-125-0tうわさのテレビ5

「かたぐるま」


987-125-0tうわさのテレビ5-1

愛と死の絶唱」、見た記憶はありませんが、

987-125-0tうわさのテレビ5-1-1

私の頭の中には、この頃の田村正和さんのイメージがずっと残っています。故大原麗子さんに関しても。


987-125-0tうわさのテレビ5-2

竹下景子さん主演「そっとさよなら」
このページを見て思い出したんですが、かすかにこのドラマの主題歌を覚えているかも。
女の人が歌っていて(竹下さんご自身だったかどうかは不明)、「ナントカで、さ〜よなら〜〜♬」というラストのフレーズ。 ドラマ自体を見ていた記憶がないため、思い違いの可能性は大ですが、もし覚えておられる方がいたら教えてくださいませ!

竹下景子さんといえば「クイズダービー」ですが、ドラマにもかなり出ておられますよね。古谷一行さん主演の横溝正史シリーズⅡの「不死蝶」のヒロイン役もこの頃にされていたと思います。


987-125-0tうわさのテレビ5-4

このドラマ「風花のひと」も見た事はありませんが・・・タイトルは聞き覚えがある。三田佳子さん、お若い! 綺麗!!!
三田さんに関しては、田村正和さんたちと逆で、この頃のイメージは私はあまりないです。
こうやってみると、夏目雅子さんに少しだけ似ておられた気がします。三田さんの方がだいぶ年上ですが。

横に全身が写っているのは、共演していた近藤正臣さん!
近藤正臣さんに関しては、いまだにこの頃の「ザ・二枚目」のイメージあります。
なので今の近藤正臣さんは、全く別人のように映ります。年をとられたこともありますが、キャラが昔と全然違いますもん。 この髪型が懐かしいんだ。



987-125-0tうわさのテレビ5-5

前々回に、昔好きだった「刑事・サスペンス・アクションドラマ」の主題歌や挿入歌について書きましたが、「熱中時代・刑事編」、もうじき始まる期待の新番組として大々的に紹介されています!
前作の「熱中時代」(先生編)が大ヒットしたので、今度も・・・という局側の期待感が表れていますよね。表紙にもなっているぐらいなので。

水谷豊さんは今や大ベテラン俳優さんですが、この記事の中では、「水谷クン」(笑)
出演されている脇役の俳優さんがまた懐かしい!!
というか、このページを見て、そういえばこんな人達が出ていたな〜!と忘れていた共演者の方を何人か想い出しました

同じような話になってしまいますが、藤岡琢也さんにしても、宍戸錠さんにしても、谷隼人さんにしても、森本レオさんにしても・・・この頃のイメージ(外見)がいまだにずっと頭の中で再生されるんですよ。年をとられて外見が変わられてからでも、既に亡くなられていても。 

記憶が、この時代から上書きされていかないってどういうこと?! この時代で、私の頭、機能が停止しているのか?!(「いや、今頃気づく事でもないでしょ」←ブログ読者の心の声)


それはさておき、

987-125-0tうわさのテレビ5-5-1

水谷さんの相手役にオーディションで抜擢されたという、ミッキー・マッケンジーさんも、こんな風に新人女優として紹介されております。
前々回のブログにも書きましたが、おふたりはこの後で、役柄と同じように実生活でも結婚するんですよね〜。
わ〜、あのふたりホントに結婚するんだ!と、ときめいた記憶がある その後、離婚されましたが。


987-125-0tうわさのテレビ9

春からの鳴り物入りの新番組だけではなくて、午後に再放送が開始される番組についてもこんな風にPRが。
こうしてみると、昔って今よりも「オトナ」のドラマが多かったですね。
「さすらいの旅路なんて、このスチール写真見ただけで、昭和のメロドラマ感が出てるわ〜〜! 
世の奥様方はどんな気持ちで見ていたんだろうか(笑) 児玉清さんも小野寺昭さんもお若い。


987-125-0tうわさのテレビ10

「バイオニック・ジェミー」、夜に放送されていた番組が、夕方に再放送があったのか。
この当時、岡山でもこの時間帯に放送されてたかな?  夕方の再放送で見た記憶はないんですが、単に忘れているだけかも知れません。
再放送枠は、地方によって放送される番組が異なっていることが多いと思われるので、こういうのを比較してみても面白いかもですね。




      

昔、TV局がPR用に制作して配布していたと思われるこういった雑誌、札幌だけではなくて他の地方にもありそうですよね。
地方局が独自で作ったものではなくて、東京のキー局が一括して作り、地方によって放送番組が異なるところだけ差し替えていたものかも知れませんが、こういうのを見るとほんとに懐かしくて楽しいです♪
他局のものも、あれば見たいな〜! 

今回も、毎度の事ながら予定以上にボリュームが大きくなってしまい(実際はこれでもだいぶ削ってるんです汗)、読みづらかったかも知れませんが、おつきあいいただいてありがとうございます! それでは!!



(追記)
先日、野際陽子さんがお亡くなりになりました。
たまたま、来月、「キイハンター」のDVDを借りて観ようと思っていたところだったのに。 来月は「キイハンター」と出演されていた野際さんの魅力を懐古する記事を書こうと思います。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
スポンサーサイト
[ 2017/06/18 13:55 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(12)

「好き! すき!! 魔女先生」ノスタルジックで泣ける程甘美な昭和の香りに酔いしれる!(その2) 

1週間ほど前から、たびねすに私の記事が掲載されています(o‘∀‘o)*:◦♪

その名も「宝寺」!お金を呼ぶ京都・宝積寺の伝説の打出と小槌&福財布とは

私もこのお寺でご祈祷を受けております^^ 大山崎山荘や天王山ハイキングコースもあったりと、周辺環境もとてもいいところなんですよ。 ご興味ある方は、是非ごらんくださいマセ!!



      


では、今日は「好き! すき!! 魔女先生」の中で、私が特に記憶に残ったエピソードやシーンをご紹介しましょう!

まずは、前回も少しお話しした、在阪テレビ局が制作局だったがゆえの趣向と思われる、大阪ロケがメインの回、「神風道中東京ー大阪!!」より。 
ここでの見どころは、昭和40年代(1970年代前半)当時の大阪の街の風景が映し出されている>ことです♪

987-127-0aすきすき魔女先生49

ストーリーは、もうすぐ北海道の学校に転校する男の子が、自分の描いた絵を見せるために友人の結婚式への出席のために大阪に戻っていた旗野先生(森本レオさん)を追って大阪まで一人で行く、そしてそれをかぐや姫先生が魔法の力でこっそりとサポートするというもの。
当時の大阪の風景が随所に出て来て、今の大阪を知る人間からすると、その違いを見るのがとっても楽しかったです。 大阪駅前の歩道橋の上、当時もここで、こういった路上での商売みたいなことが行われていたんだなあ〜ということを知りました バックに映し出されている、阪急百貨店の雰囲気がまた懐かしいーーー!

987-127-0aすきすき魔女先生50 987-127-0aすきすき魔女先生51

このドラマの放送は昭和46〜47(1971-72)年。 大阪万博の1、2年後になるわけですが、まだ収録時には万博ゲートなどが残されたままだったんですね バルの後ろに映っている、万博のアミュースメントゾーンにあった観覧車、カラーリングがいかにも当時っぽいカラフルさで最高!! 

987-127-0aすきすき魔女先生52 987-127-0aすきすき魔女先生54

左、男の子がいるのは、北大阪急行線の「緑地公園」か「桃山台」の駅近くの歩道橋と思われます。 画面奥に見えるのが、大阪の一大団地ゾーン「千里ニュータウン」かと。 
右、月先生が、男の子を空腹から救うために「たこ焼き屋のオバちゃん」に扮しているという、レアなシーン(笑)

987-127-0aすきすき魔女先生55 987-127-0aすきすき魔女先生56

当時の八百屋さんや、先生達がプリントを刷るために使っていた、ガリ版印刷の道具も懐かしい!!

この他、今は無き大阪の「ホテルプラザ」の内外の映像などもあって、ホテルの昭和レトロな雰囲気にもまたそそられました 月先生が空から男の子を探すシーンでは、当時の大阪市内中心部のビル街の景観も映し出されています。



「僕の弟はロボットだ!」の回。

987-127-0aすきすき魔女先生58

何年か前に交通事故で弟を亡くした男の子が、この回の主人公。
自分で作ったロボットを弟のように可愛がり、学校にも連れて来ます。そんな姿をバカにされている様子を見て可哀想に思った月先生、ロボットに命を吹き込んだまでは良かったのですが、弟ロボットは大人も手に負えないほどのやんちゃぶりを発揮し、

987-127-0aすきすき魔女先生59 987-127-0aすきすき魔女先生61

ついには、迷惑を被った学校周辺の地域住民にまで、石を投げつけられるという事態に。男の子は、そんな中、必死で弟ロボットを守ろうとします。
ロボットに石を投げつけている大人達が、この左の画像のようなアングルから撮られていて、ややスローモーションの処理をされているんですが、集団心理の恐ろしさみたいなものが強調されているシーンでもあります。

987-127-0aすきすき魔女先生60 987-127-0aすきすき魔女先生63

やんちゃなロボットくんの目からこぼれ落ちる涙。
これはほんとに可哀想だった!! 月先生の魔法で空を飛び、大人達から逃げるふたり。

987-127-0aすきすき魔女先生62

逃げたまでは良かったのですが、食べ物を買うお金も持っておらず、どうしようかと困る男の子。 お金を稼ぐために、ロボットくんはたまたま通りがかったチンドン屋に飛び入りで入って働き、千円をお駄賃でもらいます。これでパンが買えると喜ぶ2人。

しかし、この後ーーーー というお話です。

ロボットが登場するということで、昭和の子供向け番組らしいシュール感満載の回ではありますが、示唆に富んだお話でした。バッドエンドのはずが、一転してハッピーエンドになるという、「さっきまであんなに泣いとったのに、あの悲しみは一体どこに行ったんや〜?!というツッコミを入れたくなる展開ではあるのですが(笑)弟を事故で亡くしたショックと悲しみをずっと引きずっていた男の子の心の成長を描いたストーリーとすれば、よくできたお話と思います。

このあたりのエピソードは、石ノ森先生の原作マンガをある程度取り入れていないのかな? それっぽい雰囲気はあるんですが、詳細は不明。



987-127-0aすきすき魔女先生64

「日輪仮面の謎!」

タイトルが一気に特撮色が強まっている気がしますが、さにあらず。「日輪仮面」は、前回でも触れたクラスのガキ大将、正夫が正義のヒーローになるためにお面やマントをつけて扮装した姿なのでした。

987-127-0aすきすき魔女先生66 987-127-0aすきすき魔女先生26

正夫くん(みんなに「タツノオトシゴ」と呼ばれている)は、ドラえもんでいうところのジャイアン的なキャラの少年なのですが、陰では日輪仮面として、弱い者いじめをする中学生に立ち向かったり、困った小学生を助けたりしていました。女の子からブランコを奪い取る中学生にも、日輪仮面として果敢に立ち向かって追い払ったり。

が、照れ屋な性格もあってそのことは誰にも言えず、また、かぐや姫先生の前でも逆に悪ぶってしまうという、根はとっても可愛い男の子なのです(笑)
(お祭りの縁日の風景も出て来るのですが、背景に見える「お面」の種類がまた昭和的でとても懐かしく、DVD一時停止したり巻き戻ししたりしながら何度も見ました(笑))

987-127-0aすきすき魔女先生67

そんな正夫くんの「正体」を知らない校長先生は、こんなセリフを、担任の月先生に言います。
「子供は果物と同じです。一人が腐れば、他の新鮮な部分まで駄目になります。・・・」

・・・んん?! どこかで似たセリフを聞いた事があるような。
金八先生第2シリーズの、あの有名な「腐ったミカン」のセリフに似ていませんか?!
あのセリフを金八先生の10年前にすでに先取りしていたとは、さすが「魔女先生」!?

校長先生のこのセリフが印象に残った回ではあるのですが、かぐや姫先生の活躍もあって、中学生に仕返しされたり、学校を退学させられそうになったりという正夫くんの窮地は救われ、ハッピーエンドで終わります。
空き地のような無目的な空間がなくなり、それと共に正夫くんやジャイアンのような憎みきれない昭和のガキ大将たちも絶滅してしまったのかな、とふと感じたりもしましたね。



最後に、「ゴキブリ父ちゃん!怪人レスラーもビックリ」の回より。

この話が放送された時にはドラマが後半にさしかかっていて、月先生が「アンドロ仮面」に変身して活躍をする設定にすでに切り替わっているのですが、この回に関しては、アンドロ仮面の出番無しで終わっています。(恐怖の怪人「クモンデス」もまだ登場していません。)

987-127-0aすきすき魔女先生68 987-127-0aすきすき魔女先生69

お休みの日に偶然、割烹着姿で炊事をしていたに出くわした月先生 当時はまだまだ「男子、厨房に入るべからず」の時代。さぞ、月先生もビックリしたことでしょう。

ところが、教頭先生、自分の子供の不注意に乗じてからんで来るタチの悪い男達に対しても怒ることなく、ただただ頭を下げて平謝り。挙げ句の果てには、バケツの生ゴミを頭から浴びせられる始末。
それを見ていた教頭先生の子供達は失望し、「ゴキブリ」呼ばわりされる父親に強くなってもらおうと色々と考えますが、どれも実を結ぶ事はなく、ますます父親の事が嫌いになります。

987-127-0aすきすき魔女先生70 987-127-0aすきすき魔女先生71

そんなある日のこと、町の人々に対して暴挙を働く覆面レスラー相手に、教頭先生は空手の技を繰り出して見事に撃退します。
実は教頭先生は空手の名人だったのですが、その技を暴力として使わないためにあえて人前で封印していたのです。 いつも校長先生のご機嫌取りばかりしているように見える、「小物」な教頭先生の真の姿に私もビックリ!(笑)

987-127-0aすきすき魔女先生72 987-127-0aすきすき魔女先生73

この後、教頭先生宅に招待されて手料理を振る舞われる、月先生と旗野先生。
子供達もお父さんが大好きになり、めでたしめでたし♪で終わるシーンです。

ちなみに、和服姿の女性は決しておばあちゃんではなく、教頭先生の奥様。そして、3人の子供達はみんな教頭先生の子供です。「サザエさん」のフネさんが、カツオやワカメ達のおばあちゃんに見えるのと同じような感じですよね(笑) 
私が小学生の時(昭和50年代)にはここまで老けて見えたお母さんはいなかった気がするのですが、そのわずか数年前には、まだこんな感じだったのかな〜!?

話が逸れてしまいましたが(笑)、これは「弟ロボット」の話に次いで印象に残っている、とても好きな内容のお話です。 一見いちばん弱虫に見える教頭先生が、本当はいちばん強い人だったと言うね。
今はその人の人となりや成果などが短絡的に判断されがちな時代で、そのためか中身はともかく、声の大きさみたいなものが求められる時代のように思えるのですが、大人(家庭、子供を守る立場にいる大人)の本当の強さみたいなものが描かれているところがいいなあ〜と思ったんです。

この回に限らずですが、ドラマの中に出て来る、子供達の「父ちゃん」「母ちゃん」という呼称がまた昭和っぽくていいんですよ〜 私達の世代では、パパママと呼んでいる子供はまずいなかったですからね、ノスタルジックな要素が、何気ないセリフひとつにも溢れているんです。



      


いかがでしたか

2回に渡って書いたにもかかわらず、45年ぶりに見た「好き! すき!! 魔女先生」の魅力をうまくお伝えしきれてない気がするのですが、私のような昭和好きの方(特に昭和40年代、1970年代が好きな方)にとっては、映し出されている風景や登場人物のファッション、発せられている言葉などを見聞きするだけでも相当楽しめるドラマだと思いマス
見ていると昭和ドラマらしく、「あれれ?」なツッコミどころもかなりたくさんあったりするのですが、そういうツッコミどころだけに頼らなくても楽しく見ることができたのが良かったです。

当時の子供、特に男の子には、月先生が「アンドロ仮面」に変身してクモンデスと闘うようになってからの方が好評だったようですが、前回にも書きましたように、ストーリーに関しては、そうなる前の「魔女っ子ドラマ」風の初期から中盤あたりの話の方が出来が良いと思いましたので、おすすめかも あ、でも特撮ファンの方にとっては、やはり「アンドロ仮面」の時期の方が面白いのかな?!やはり。



最終回、アンドロ仮面(かぐや姫先生)がクモンデスをアジトごと全滅させた後で、教室で開かれた「校長先生の誕生パーティ」。 
かぐや姫先生が離れを借りている竹取家のおじいさんとおばあさん、用務員さんまで教室に集まって、まるで番組の打ち上げ現場をそのままドラマのラストシーンとして収録しているかのような雰囲気♪(たぶんその通りだったんじゃないかと思います笑)

987-127-0aすきすき魔女先生74

ここで、かぐや姫先生が最後に使った魔法は、

987-127-0aすきすき魔女先生76

ケーキが特大サイズになり、そしてみんなの服装や教室の装飾もパーティ仕様に早変わり!

987-127-0aすきすき魔女先生77

かぐや姫先生を演じていた主演の菊容子さん、ウェディングドレス姿になっていて、明らかにメイクが劇中よりもナチュラルになっています この笑顔も演技ではなく、完全に素の表情っぽい。

同性の目から見ても可愛い女優さんだなあとこの最後のシーンを見て思ったのですが、この3、4年後に非業の死を遂げてしまわれることを知った上で見ると悲しい。
でも当時このドラマを見ていた子供達の中では、かぐや姫先生としてずっと生き続けておられるんですよね。私もそのひとりです。


・・・というわけで長くなってしまいましたが、機会がありましたら皆様もぜひ、昭和の香しい世界がいっぱいに詰まった「好き! すき!! 魔女先生」をごらんくださいね!
2回に渡っておつきあいいただきまして、ありがとうございます!!


 
 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
[ 2017/03/17 16:39 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(8)

「好き! すき!! 魔女先生」ノスタルジックで泣ける程甘美な昭和の香りに酔いしれる!(その1) 

本題の前に、以前もしかしたらブログに上げたことがあったかも知れないんですが、ツイッターとインスタにあげて思った以上に反響が大きかったので、こちらでも。

987-127-0aすきすき魔女先生0

何年か前にレトロ雑貨屋さんで買い物をした時に、買ったモノを入れていただいた袋! 懐かしいでしょ〜  小学校の近くにあった文房具屋さん兼ファンシーショップで買い物すると、この袋によく入れてもらってて。この柄のノートなども当時あったと思います^^



      




さてと本題。
いや、もう、何からどういう切り口で書こうかと正直迷ってました(笑) 書きたい事全部書いてたらめちゃめちゃ長くなりそうで(汗)
最近、「好き! すき!! 魔女先生」の全話をDVDで視聴したんですが、期待していた以上に甘美な「リアル昭和40年代(1970年代前半)」の香りに酔いまくってしまい、完全にノックアウトされてしまいました

「好き! すき!! 魔女先生」1971〜72年にかけて半年間放送された、いわゆる子供向けのドラマ(特撮ドラマ)。原作は石ノ森章太郎先生のマンガ作品『千の目先生』。 

この放送が始まった当時は私は3才でまだ物心もつかないような年齢でしたが、この番組を見ていた記憶は確かにありました。覚えていたのは、番組名、主人公の「かぐや姫先生」という呼称、かぐや姫先生がロングヘアだったこと、そのかぐや姫先生が月に向かって指輪をかざす場面、エンディング曲の「ムーンライトリング〜♪」というところの歌詞とメロディ、それぐらい。
リアルタイムで見た中では、多分、私のいちばん古い記憶に残るテレビ番組です。このドラマに影響を受けて、おもちゃの指輪をはめて、空にかざすような真似事をしていたのも覚えています。

とはいえ、かぐや姫先生以外の主要な登場人物なども全く覚えていなかったため、ほぼ初見と同じ感覚でDVDを見ましたので、その上での見どころと魅力を何とかお伝えできたらと思いマス♪
私の熱量にうんざりされるのではないかと、いささか不安ですが(笑)

(※東映さんに、転載許可をお願いしています)



1 オープニングとエンディングの映像だけで、心をつかまれる!!

987-127-0aすきすき魔女先生1 987-127-0aすきすき魔女先生4

987-127-0aすきすき魔女先生10 987-127-0aすきすき魔女先生11

987-127-0aすきすき魔女先生12

オープニングには、私の数少ない記憶のひとつ、指輪を月にかざす場面が出て来ますが、それ以上に魅惑的なのが小高い丘のようなところを駆け上がって来るかぐや姫先生と子供達の姿!
この草が生い茂った高台と、その後ろに映し出される風景が何とも言えません!!ヾ(≧∇≦*) 

当時は高度成長期であったわけですが、今ほど宅地開発は進んでおらず、東京や大阪と言った都市部にもまだまだこういう自然の残る未開発な場所が沢山残っていました。 
実はこの頃の町の風景に以前から異様に惹かれるんです(笑) ただ単に自然が豊かな方がいいというわけではなくて、バランスに惹かれているのかも知れません。開発されてる部分と手つかずの部分のバランスに。舗装されてない道路が残っていたり、空き地があったり、そういう景色が無条件に好きなんです。あと、鉄塔ね(笑)

登場人物がみんな笑顔で爽やかに駆けて来るところも、昭和の学園ドラマではお馴染みの演出ですが、「ああ〜、やっぱりええ時代や〜〜(泣)」と、ここでもまた胸キュン(笑)
最後の、月をバックにした影絵のような映像も、ファンタジックでとても素敵だと思いませんか? 


987-127-0aすきすき魔女先生6 987-127-0aすきすき魔女先生7

こちらはエンディングの映像。アニメーションにはなっておらず、静止画が順番に映し出される形式のものです。
「時間ですよ」などのドラマにもありますが、屋根の上に座るのは、昭和の平和な日常生活の象徴のようなシーン。私の大・大好物です
私が覚えていた「ムーンライトリング〜〜♪」の歌詞のバックに「朝日放送」の文字を発見 大阪の朝日放送(ABC)が制作局だったとは知らなんだ! そのせいもあってか、本編を見ていると大阪ロケのシーンも所々で出て来ます。(それについてはまた次回)


987-127-0aすきすき魔女先生8 987-127-0aすきすき魔女先生9

「好き! すき!! 魔女先生」は全26話ありますが、そのちょうど半分ぐらいのところから、かぐや姫先生が「アンドロ仮面」に変身して怪人と闘うという設定に変わります(髪型もショートのパーマヘアに変わる)。それもあって、オープニング映像の一部も「アンドロ仮面」仕様に変わっている部分がありました。 
私にはアンドロ仮面の記憶は全くなく、実際に今DVDを見ても前半の方が内容的によく出来ていて面白かったと思うのですが、このミステリアスな仮面の風貌には惹かれるのでちょっと切り取ってみました^^


2. 昭和ドラマで見覚えのあるキャスト あんな人、こんな人♪

昭和の作品で何度も見かけたことのある俳優さんたちが「魔女先生」にはたくさん出演されていらっしゃいます。お顔を拝見しただけで、昭和の香りがして懐かしいの!!(≧∇≦*) 

987-127-0aすきすき魔女先生14 987-127-0aすきすき魔女先生13

クラスのガキ大将かつ学園理事長の息子の正夫くん役を演じていたのが、藤江喜幸さん最初見た時に、宮脇康之さん(ケンちゃんシリーズのケンちゃん)かと思いました。 よく見ると全然違うとわかるけど、似てますよね、少しお顔が(笑)すぐには番組名が出て来ないですが、他のドラマでもお見かけした記憶があります。 
理事長であるお父さんの役をされているのが太宰久雄さん。この顔を見ればおわかりでしょう、「寅さん」のタコ社長役でおなじみですよネ。

白木みのるさんは、初回と、設定が変更になった後半の第1回目の話のみに、小学校の「元番長」という役で出演されています。


藤江喜幸さん以外にも、昭和の子供向けドラマでおなじみだった子役俳優さんが何人も出演されていて、例えば、途中からレギュラー出演されていたのが、「帰って来たウルトラマン」や「仮面ライダーV3」などに出演されていた川口英樹さん、また、後半のエピソードにはその回限定の主役として、後に「猿の軍団」でユリカちゃん役を演じる斉藤浩子さん「バロム1」やNHK少年ドラマシリーズ「なぞの転校生」に出ておられた高野浩幸さんらが出ておられます♪

このドラマは、当時のメジャーな(あるいはこれ以降メジャーになる)子役俳優がたくさん出ていた番組だったんですね。

987-127-0aすきすき魔女先生20 
 
月先生が離れを借りている、いわゆる下宿先の老夫婦(明石潮さん 岡村文子さん)がまたいい味を出されています。姓は「竹取」。 おじいさん役の明石潮さんの方は、昔ドラマの中で何度かお見かけした事のあるお顔だなあと思いながら、ずっと見ていました。
「秘密のままの方がいいことだってあるんだよ」というセリフ。 正体を知ってか知らずか、不思議な月先生を鷹揚に見守る明石さんの表情がいい感じなんですよね〜。

昔の子供向け番組は、こういった大ベテランの役者さんやタレントさんが起用されていることが、多いですよね


987-127-0aすきすき魔女先生23

(キャストとは関係ないのですが、月先生の住む離れの前にある竹やぶを見て、「・・・この景色、覚えてる〜!!!」   DVDを見て初めて思い出した、45年前のあまりに懐かし過ぎる記憶です


この他、レギュラーではありませんが、前半のある回で、入院しているお姉さん(月先生のクラスの女の子にハーモニカの楽しさを教える)として登場していたのが、林寛子さんでした。 この当時からアイドル時代の面影がしっかりとあって、すぐにわかりました^^ ささきいさおさんも、1度だけですが、タイムスリップして来た月ひかるのお兄さんという役どころで出演されているんですよ。

また、かぐや姫先生のお目付・フォロー役で一緒にアンドロメダ星からやってきた犬のような風貌の宇宙人「バル」の声を担当していたのが、ケンちゃんシリーズのお父さん役などでお馴染みの牟田悌三さん、劇中や次回予告のナレーションをやっていたのは、天地総子さんです。 どちらも懐かしいお名前で、番組のクレジットでお名前を見た時には「おお〜!!」と思いましたヨ

そして、誰よりも忘れてはならないのが、森本レオさん!!
年齢的に考えても、おそらく役者デビューされてからそんなに間がない頃の出演作品だと思うのですが、とにかくお若い!!( ただしお声は、この当時も今と全く同じお声(笑)) 
男らしさと正義感にこだわるくせに、ドジで頼りないという月先生の同僚の先生役をコミカルに演じておられるのですが、準主役と言ってもいいぐらいの素晴らしい存在感を発揮しておられます。森本レオさんの代表作と言ってもいいのでは?と思いましたよ。



3 今ではあり得ない!昭和ドラマならではの、あんなシーン、こんなシーン♪

まずは、月ひかる先生(かぐや姫先生)の初登場シーンより。

987-127-0aすきすき魔女先生24

停めてある車にペンキで落書きをして回る、悪ガキたち。そもそも、こういう子供のやりすぎなイタズラシーンも、最近のドラマでは見かけませんが、

987-127-0aすきすき魔女先生25

子供達の前に颯爽と登場した月ひかる先生、叱るどころか、「どうせやるんなら、もっと徹底的に!」と自らペンキを塗りまくる^^; この後、全部魔法で落書きを消してるので問題なしなのですが、今のドラマの描写では許されなさそうじゃありません 


987-127-0aすきすき魔女先生26

小学生の女の子から、ブランコを奪い取る中学生の不良グループ(笑)昔のアニメのシーンでもよくこういうシーンありますよね(笑)今から見ると、不良の内容が幼稚すぎて脱力してしまうというね

987-127-0aすきすき魔女先生27 987-127-0aすきすき魔女先生28

絵に描いたような、ザ・お正月な光景。 凧揚げ、女の子の晴れ着姿、羽根つきで落とした人には、バツで顔に墨を塗る(笑)

987-127-0aすきすき魔女先生29

おそらく撮影許可を取った上で、とは思うのですが、当時はこんなシーンも珍しくありませんでした。この後、鉄橋の上も歩いたりするんですが、今だと撮影であってもアウトかも。「スタンド・バイ・ミー」を思わせるシーン、日本ではもう再現不可能かもですね。


987-127-0aすきすき魔女先生34

「廊下に立っとれ〜!」の後の、こんな光景も今は昔。
森本レオさん扮する旗野先生のビンタ1発、その他モロモロ、現在では差別用語、放送禁止用語となっている言葉もドラマの中で当たり前に出て来ます。
是否はともかく、こういう事柄に対して無頓着だった、言い換えれば意識が低かったこの時代の方が、今のような偏狭な差別意識やヘイトが少なかったというのが面白いと思う。社会全体で自然に醸成された適当な「ヌケ感」みたいなものがあったのが良かったんだろうと、個人的には思ってますよ♪


987-127-0aすきすき魔女先生30 987-127-0aすきすき魔女先生31
 
道路脇にある白バイ隊員の人形。 これって撮影用に作ったものではなくて、たまたまここにあった人形を利用しているんだと思います。昔ってスピード違反などの取り締まりのために、こういう警官に似せた人形がよく置かれてましたから。 シュールで平和な、ええ味出してくれてます(笑)

987-127-0aすきすき魔女先生35

授業中に、妹のフランス人形の破れを直すお兄ちゃん。この光景自体も、今から見るとかなりシュールに見えますが、

987-127-0aすきすき魔女先生37 987-127-0aすきすき魔女先生38

クモンデスの手に渡ったフランス人形ちゃん。ううっ、しかもどアップで、なんてシュールなカメラワークしてるの!(笑)


987-127-0aすきすき魔女先生33

あまりにわかりやすい、教育ママの風貌(笑) スネ夫のお母さんとかもそうですが、かならずこういうメガネかけてるんですよね、教育ママゴンは。 そして息子も昭和の黒縁メガネ(笑)

このお母さんに限らず、子供達の親の風貌や服装には本当によく時代が出ていて、例えば、普段着が和装のお父さんやお母さんがまだまだいたり、学校に用事で行く時には一張羅っぽい着物やスーツを召してたりするんですよね。(このドラマよりは時代が数年ほど後ですが、自分の小学校の参観日の時も着物を着て来られるお母さんがとても多かったし、洋服でもコサージュやパールのネックレスをつけたりと、今から考えると盛装だったのを思い出します。)
これも、見ていてかなりの「萌え」ポイントのひとつでしたよ〜



4 懐かしの昭和インテリアの数々!

987-127-0aすきすき魔女先生39 987-127-0aすきすき魔女先生40
月先生のお部屋のインテリア

987-127-0aすきすき魔女先生41 987-127-0aすきすき魔女先生42
987-127-0aすきすき魔女先生43
子供達のいる部屋。


大人の集う応接間も。
987-127-0aすきすき魔女先生45 987-127-0aすきすき魔女先生46
987-127-0aすきすき魔女先生47

987-127-0aすきすき魔女先生48

昔の歯医者さんの診察室、診察台


言うまでもありませんが、出て来る室内シーンは、どれもこれも懐かしの昭和インテリアの宝庫です

各お部屋に置かれている雑貨などを見ていると、同じ柄のプラスチックの小物入れが何度も登場したりしていることもあったりするので、おそらく使い回しされているものも多かったのかも知れません。 ロマンチックなシェードの照明や、置かれているぬいぐるみやお人形、あと、ここでは画像はありませんが、月先生のパジャマや枕なども可愛いんですよ
こういう室内風景をチェックするだけでも、テンションが上がりまくりです(笑)

オープニングのところでも書きましたが、インテリア同様、屋外の景色がまた眼福です 団地、コンクリートの大型廃墟、舗装されてない道路、国鉄の旧型車両や当時の車の映像、まだあまり人工の手が入ってない河川敷の風景などなど。

私は東京周辺のことはわからないので、ロケ地は特定できなかったのですが、未開発で自然の残る場所が多い事から多摩地区あたりで撮影されている場面が多いのかな?と勝手に推測しました。 放送当時がちょうど多摩ニュータウンの入居が始まる時期だったみたいですし、団地の風景が多く出て来るところからももしかしたら?と^^ 自信はありませんが。






      

いかがでしたか 次回は、特に印象に残ったエピソードやシーンにフィーチャーしてご紹介できたらいいな〜と思っています 内容も思っていた以上に示唆や含蓄に富んでいて、小学生ぐらいの子供がいたら一緒に見てもいいかなあ〜という話がいくつもありましたよ。

ビジュアル、内容共に期待以上にノスタルジックでかぐわしいドラマ、むせ返るような昭和の香りを一緒に楽しんでいただけると嬉しい限りです




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
[ 2017/03/09 12:34 ] ●懐かしのTV番組・TVアニメ・CM | TB(0) | CM(16)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR