ソラリスの時間 ●懐かしの曲♪
FC2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

70-80年代のアーティスト別マイベスト5曲(3)~郷ひろみ 

しばらく前から月一ぐらいのペースで勝手にやっております「70-80年代のアーティスト別マイベスト5曲」、西城秀樹さん、野口五郎さんと続いたところで、やはりその次はこの方しかいないでしょう。
HIROMI GO✨✨郷ひろみさんです🎵


● お嫁サンバ (1981) 作詞 三浦徳子 作曲 小杉保夫

お嫁サンバは、私の思うところの、郷ひろみ史上最もノリの良い曲。
今回私は挙げていない「2億4千万の瞳」もノリはいいけど、キンキラきらびやか過ぎて、70年代からの郷さんの曲を知る身としてはなんか違うな~と。ゴージャスなのは郷さんのきっと本来的な持ち味ではあるんでしょうけどね。

郷さんの曲の中では、気づいたら頭の中でリフレインしている曲ナンバーワンです。
ちょうどお嫁サンバの頃に、郷さんが初めてカーリーヘアにしていたのも軽い驚きとともに印象に残っています。





● Howmanyいい顔 (1980) 作詞 阿木燿子 作曲 網倉一也 編曲 萩田光雄

お嫁サンバ等と比べると一般的には影が薄いけど、個人的には当時好きだった曲。
カネボウの化粧品のCM曲でもありました。

途中の、♪どうやら今ではうわてのうわて~ と転調するところが好き。





● よろしく哀愁 (1974) 作詞 安井かずみ 作曲 筒美京平

郷ひろみさんの初期の名曲といえば、これ以外に思い付かないというぐらいの名曲。

70年代後半からの郷さんの路線とはまるでイメージが異なる曲ですが、メロディラインが秀逸でこれはこれで意外にも似合っている気がします。
筒美京平さんの作品ということで、野口五郎さんの曲に通じるようなムードも多少ありながら、それでもやはり五郎さんとは明らかに異なる色がある。五郎さんの曲に比べ曲のテンポが速いのも、ひろみさん仕様なのかな。




● 哀愁のカサブランカ (1982) 作詞作曲 バーティ・ヒギンズ他 日本語詞 山川啓介 編曲 若草恵

秀樹さんも有名な「ヤングマン」を始め、途中からは他のアーティストの元歌をうまく自分のものにして歌っている事例が何度かありましたが、ひろみさんが歌って成功したリメイク曲といえばやはりこの曲。
元歌はバーティ・ヒギンズの「カサブランカ」
で、まあ元々の曲自体がとても良いので、売れて当然という見方もありますが、今聴くと日本語でつけられた歌詞も悪くない。というか、原曲の歌詞をそもそも私は知らないし(笑)

この曲辺りから、80~90年代の郷ひろみ氏のゴージャス&メロウ路線がボチボチ始まった気がします。





● 林檎殺人事件 (1978) 作詞 阿久悠 作曲 穂口雄右

今回、郷ひろみさんのマイベスト5曲を選ぶにあたってどうしてもはずせない、はずしたくないと真っ先に思った曲がこれ。厳密に言うと郷さんのソロ曲ではないので、やや変則的なチョイスではあるのですが、きっと皆さんも納得していただけるかと。

郷ひろみさんと樹木希林さんが出演していたドラマ「ムー一族」のコント的なシーンで歌われた曲で、樹木希林さんの訃報を受けてというのもありますが、今聴くと、この楽しさがセツナくもあります。
希林さんと郷さんとは、林檎殺人事件の前の1977年にもやはりドラマ「ムー」の中の曲として「お化けのロック」もリリースされているのですが、こちらの曲もよく覚えています。

お二人の取り合わせの妙というだけではなくて、曲もキャッチーで垢抜けたいい曲で、だからこそ私もいまだに鼻唄で愛唱している曲です。
ピンクレディーの曲のように、この曲も一時期、小学校の掃除の時間にふざけてみんなで踊って歌ってた記憶があるなあ。今となっては、宇宙に行くよりも遠い遠い日の思い出。
樹木希林さんに関しては、年末あたりに他の亡くなられた方ともども追悼する記事が書けたらと思っています。



次点
●未完成 ●セクシーユー ●マイレディー ●言えないよ

え~、どうして「言えないよ」がベスト5に入らないんだ~⁉ というお声もあるかも知れませんが、曲だけでいくと入れたいところなんですけどね~。
歌詞が今のひととしいった私の年齢からするとメロウ過ぎるんですわ(笑) 男性目線の曲なので余計に違和感を感じてしまって。ごめんなさい😅

・・というわけで、今回は新御三家の最後ということで郷ひろみさんのマイベストを挙げさせていただきました~(^^)

郷さんと言えば、西城秀樹さん、野口五郎さんを含めた新御三家の中では最も時代の流れに左右されず、長い期間に渡ってヒット曲を飛ばし続けたイメージがあります。
秀樹さんや五郎さんは、バブル期ぐらいからは目立ったヒット曲がなかったけれども、ひろみさんはバブル期以降も絶好調で、「言えないよ」や「逢いたくてしかたない」はそれぞれ94、95年の曲ですし、99年には「Gold finger99」を出されてますよね。
ただ、私としてはやはり70年代後半~80年代前半の郷さんがマイベストです😄✨

次回は、80年代のあの辺りの方のマイベストにしようかな~。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
スポンサーサイト
[ 2018/10/07 10:29 ] ●懐かしの曲♪ | TB(0) | CM(4)

マナサビイのカセットテープ夜話(1)~竹内まりやの80年代のアルバムから 

先日、あるサイトを見ていたらこんな記事が。

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2801.html?sp

これは、私が今年の1月にアップした記事
↓↓↓


そろそろこの外国人発のムーブメント、マスコミあたりでも取り上げられそうな気配があるのかなと。

上記サイトでは、竹内まりやさんの「プラスティック・ラブ」という曲が取り上げられていますが、この曲のみならず、知らぬ間に大人気に海外で大人気になっている曲がたくさんあります。

ネットで散見する日本人の優越性を誇張し過ぎた記事には違和感を感じることがありますが、これに関してはよくぞ取り上げてくれました!!と👏
こういう国境を越えたムーブメントは素直にうれしいし、この時代の曲を知らない日本の若い人にも聴いて欲しいな~😄 そして、私も、この時代の知られざる名曲をさらに発掘したいと益々思えるわけです。(最近は余裕がなくておざなりになってますが)


ずっと以前にも、家にまだ昔のカセットテープがたくさん残っていることを書きましたが、そろそろそのカセットテープたちをブログ上で順に棚卸しして行こうかと思います😄
いや、実はこの企画は1月に先程の記事をUPした頃から頭にあって、「マナサビイのカセットテープ夜話」というタイトルもその頃に思い付いたものなんですが、何となく先送りしておりました。


201808301351207d8.jpg

「プラスティック・ラブ」が話題になっているタイミングで、その竹内まりやさんの曲をダビングしたこの懐かしいテープから、カセットに収録した曲についての想い出をやアレコレを語る「カセットテープ夜話」を始めたいと思います🌃
(あ~、しかし、アーティスト別のマイベスト5曲の企画といい、すっかり懐メロブログになってしまいそうな勢いだわ(笑) )


20180830135120f5c.jpg

当時、好きなアーティストのアルバムを丸々ダビングすることももちろん多かったのですが、ひとつの、あるいは複数のアルバムから自分が気に入った曲だけをセレクトしてダビングするという作業も好きでやっていました。

このカセットは、まさにその後者の方法で編集したもので、A面の「もう一度」~「Broken Hearts」と、B面の「とどかぬ想い」以降は、1984年発売のアルバム「VARIETY」から録音したもので、残りの「little lullaby」と「Farewell Call」はどのアルバムからダビングしたものか今となっては不明。
多分、86年のアルバム 「RecollectionⅢ」から抜き出したものかなとも考えられますが、この2曲は80年発売のアルバムにも既に収録されていた古い曲でもあるので、もしかしたらそっちから持ってきたものかも知れません。

私はこの中で特に好きだったのが、1位「とどかぬ想い」、2位「プラスティック・ラブ」 でした。

ところで、カセットって時間が余ったら、A・B面の最後に好きな曲をもう一度隙間を埋めるようにダビングしたりしてませんでした?(笑) ラジカセでオートリバースで聴くことが多かったたから、空白の時間ができるのがイヤで入れ込んでいたんですよ😁
なので、このテープの一番最後にはこの中でも一番好きだった「とどかぬ想い」をもう一度重複して入れていたということなんです。

この企画ではyoutube動画を引っ張ってくるつもりはありませんので、曲をご存知ない場合は、どんな曲だったかはどこぞやで聴いていただくしかないのですが、どっちもいい曲ですよ🎵
プラスティック・ラブの方はハイセンスなオシャレポップ、とどかぬ~の方は、スローで歌詞・曲共にせつない雰囲気で日本人好みかなア。


201808301351205a3.jpg

テープ本体は、TDKのARシリーズ。
このテープ、持ってた方多いのでは?

竹内まりやさん、近々、久しぶりにコンサートを開かれるようですよネ。
今年の冬の浜田省吾さんみたいに、映画館でも過去のライブ映像を編集したフィルムが上映されるみたいなので、是非これには私以上にまりやファンだった友達を誘って行きたいなあと思います💗


今日は初回ということで深く掘り下げませんでしたが、次回以降はカセットに収録した各曲について、気まぐれに思い入れや想い出をなかばDJ気分で(笑)綴っていきたいと思いますので、よろしくです~✋



20180901120153b88.jpg

先日、さくらももこさんの突然の訃報がありました。
今年は、まさか?!という方の訃報が相次いでおり悲しい限りです。

上のさくらももこさんのエッセイ本は、20年以上前に買ったもの。今は2冊ともとうに文庫化されていると思いますが、さくらさんの子供時代の出来事、想い出を綴った本で、とっても面白いんです。
さくらももこさんは私よりもちょっとだけ年上ではあったのですが、いわゆる同世代ということもあって、書かれてある内容がまるこちゃんのお話以上に共感できる場面も多く、それプラス、さくらさんならではの笑えるオチがついたエピソードが詰まっています😂

さくらさんのエッセイでは出版当時ベストセラーになった「もものかんづめ」などが今品薄になっているようなのですが、このブログを見て下さってる昭和世代の方でしたら、是非上の2冊をおすすめしますよ。
入手できるようでしたら、読んでみてください!

昭和の子供時代の想い出を楽しい作品として世に送り出してくれた同世代のさくらさんに、感謝と哀悼を込めて・・・🔔



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
[ 2018/09/01 12:39 ] ●懐かしの曲♪ | TB(0) | CM(6)

70-80年代のアーティスト別マイベスト5曲(2)~野口五郎 

「70-80年代のアーティスト別マイベスト5曲」の二回目は、野口五郎さんでお送りしたいと思います☆

野口五郎さんは、西城秀樹さんの訃報が流れて以降、アイドル時代からのライバルであり無二の親友であったということで、様々な番組に出演されていましたよね。

五郎さんと言えば、郷ひろみさんを加えての新御三家の中では一番地味というイメージが昔からありますが、歌唱力が最もあり職人タイプのアーティストさんだったと思います。 世代的にいつもたのきんトリオで例えてしまい申し訳ありませんが(笑)、たのきんでいうと、ヨッチャンタイプ。野村義男さんもアイドル時代は3人の中で一番地味でしたが、最終的には一流ギタリストとしてその道を極められましたよね。

それに加えて五郎さんは、御三家の中でも一番器用だった印象があります。 コントのセンスもあって、ボケをかます時の「間」も絶妙だったりして。カックラキン大放送をご覧になっていた方ならわかって頂けるかと思います😄


●私鉄沿線 (1975)
作詞:山上路夫/作曲:佐藤寛/編曲:筒美京平

●19:00の街 (1983)作詞:伊藤薫/作曲:筒美京平/編曲:川村栄二

「19:00の街」は、五郎さんご自身が出演したMBS・TBS系テレビドラマ『誰かが私を愛してる』の主題歌。
この年の紅白は、「新御三家」が3人とも出場した最後の紅白となりました。

秀樹さんの曲に関してはベスト5曲の中で順位がつけられなかったのですが、五郎さんの曲に関しては順位が結構はっきりしています。
1位はベタですが、「私鉄沿線」、そして2位が「19:00の街」です。

「私鉄沿線」に関してはメロディの素晴らしさはもとより、今聴くと昭和の街の光景が自然に浮かぶ歌詞に心が動かされます。
「・・・僕の街でもう一度だけ熱いコーヒー飲みませんか あの店で訊かれました 君はどうしているのかと」
若者が出入りしていた喫茶店の常連客やマスター。歌詞には出て来ないけど、駅の伝言板や切符を切る駅員さんの姿、小さな書店やレコード屋まで背景となって立ち上がって来るような。

「19:00の街」は、実はもう長らく忘れていた曲だったのですが、今回youtubeで五郎さんの曲を聴いていた時に見つけて、感激しました。 そういえばこの曲、結構好きだったよ~‼と😂😂


●むさし野詩人(1977)
作詞:松本隆/作曲:佐藤寛/編曲:筒美京平

「むさし野詩人」も、「私鉄沿線」と同じく、今聴くと70年代の東京の街の光景が浮かび上がってくる曲。
こうしてみると、五郎さんの曲は叙情的な曲が多かったなあ。


●季節風 (1977)
作詞:有馬三恵子/作曲・編曲:筒美京平

野口五郎さんと大竹しのぶさんとが共演した映画『季節風』の主題歌。

●グッド・ラック (1978)
作詞:山川啓介/作曲:筒美京平


「グッドラック」「季節風」については、しばらくメロディを聴いても思い出せないぐらい、「19:00の街」以上に忘れてしまっていましたが、今回聴いて掘り出し物を見つけた気分になりました✨✨
歌詞、メロディライン共に、繊細で柔らかで優しくて哀しくてほんとにいい曲✨

「グッドラック」については、2005年に稲垣潤一さんがアルバムの中でカバーしておられるようですが、何となくそれも頷けるような曲です。





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


いかがでしたか? 野口五郎さんの曲といえば、私個人としては、私鉄沿線以外には、オレンジの雨、青いリンゴといった70年代前半の曲が思いつきがちだったのですが、聞き直してみると、思っていた以上に素晴らしい曲が多くて。もっと再評価されても良いのでは?と思いましたよ。野口五郎さんの実力から見ても。


それでは、また~✋✋✋



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
[ 2018/08/14 15:54 ] ●懐かしの曲♪ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR