ソラリスの時間 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

無限の孤独と哀しみと・・・私が大好きだった、昭和の時代劇ドラマの主題歌・挿入歌集!! 

さあ、今回は、昭和の番組を彩ったマイ名曲選の第4弾として、「私が大好きだった、昭和の時代劇ドラマの主題歌・挿入歌集!」をお届けいたします☆

時代劇というと、私が子供や学生の頃だった70、80年代においても、「お年寄り(中高年)が見るもの」という認識がありました。 わが家でも、自分が見たいから見ていたというよりも、自然にテレビがついていて、その流れで何となく家族と一緒に見ていたという方が多かった気がします。

しかし、使用されている楽曲に素晴らしいものが多いということは、子供ながらに感じていました。
カッコ良さもありつつ、人生の孤独と哀しみがそこはかとなく漂う、大人心をくすぐる名曲選、です。



● 大江戸捜査網(1970〜1984)オープニングテーマ曲



「大江戸捜査網」自体は、キャストが変わりながら1970年から84年まで続いたドラマだったのですが、私が見ていたのは、第二期と第三期の序盤、つまり杉良太郎さんが「十文字小弥太」役で主演されていた時期のものです。(その後、里見浩太郎さんや松方弘樹さんが主役を務めておられますが、その時期のものは全く見ていません)
このドラマは、私が住んでいた地域では午後3時〜4時台に再放送されることが多く(特に日曜日が多かった記憶が)、私はその再放送を子供の頃に見ていたクチなのですが、私がたまたま見ていた時期に再放送されていたのが杉良さんのバージョンばかりだったのです。
有名な、「・・・尚 死して屍拾う者無し 死して屍拾う者無し」というナレーション(これがまたしびれるんだ〜!(≧∀≦))が入っているバージョンのOPもあるはずですが、これは違いますね。

杉良太郎さんが主演されている中に、梶芽衣子さんがお出になっているものもあるんですが、その梶芽衣子さんがまたカッコいいんです!!
数年前には梶芽衣子さんが出られているOPバージョンの動画もyoutubeにあって、その殺陣をされているお姿がとっても美しくてカッコ良くてここにも貼りたいと思っていたんですけど、今は見当たらない。。。惜しいなあ

でも、このOPの映像も鮮明に記憶に残っていて、古城都さん江崎英子さんもなかなかいいですよね 瑳川哲朗さんは、言わずもがなですが。
(余談ですが、江崎英子さんは、昭和のB級映画「ルパン三世念力珍作戦」の中では、峰不二子役を演じておられます笑)

肝心のこのOP曲に関しても、申し上げるまでもなく、カッコいい!! のひとことに尽きます   キレキレの殺陣の映像と相俟って、時代劇史上に残る屈指のオープニングではないでしょうか。
ノリノリで、自分まで隠密同心の一員の気分になってきます!(笑)



● 暗闇仕留人(1974)主題歌(エンディング曲)「旅愁」 歌:西崎みどり



「仕事人」が始まる数年前の必殺シリーズ作品「 暗闇仕留人」
当時、このドラマを見ていた記憶は皆無ですが、この西崎みどりさんが歌われていた主題歌「旅愁」は大好きでずっと覚えています。 おそらく、西崎さんがこの曲のヒットによって歌番組などに出演されていた時に聴いて、好きになった可能性があるのかなと。

♪あなたを探してここまで来たの〜 恋しいあなた、あなた〜 今何処に〜♬ この歌を子供の頃からさりげなく愛唱していた私って(笑)

「大江戸捜査網」のオープニングテーマが時代劇史上指折りの名曲と言いましたが、歌詞付きの曲としては、この曲、時代劇の中ではナンバーワン と私自身は思っています。 あくまでも知っている曲の範囲で、ということですが。
この哀愁がたまりません。サビの部分がまたいいんですよね〜〜



● 必殺仕事人Ⅳ(1983〜1984) 主題歌(エンディング曲)「花の涙」 歌:鮎川いずみ



ここからしばらく、「必殺仕事人」絡みの曲が続きます(笑) だって、いい曲が多いんですもん!!
私が思う、仕事人の主題歌(エンディング曲)の中でのベスト3の曲を、こんな機会ですからご紹介しますね^^

まずは、Ⅳの主題歌のこの曲。 今ちょうど、関西のローカル局で夜に「仕事人Ⅳ」の再放送をやっていて、先日も見たのですが・・・やっぱりいい!!
「必殺仕事人」の中では、私は「必殺仕事人Ⅲ」「新必殺仕事人」「必殺仕事人Ⅳ」が好きなのですが(キャストが良かったと思うので。三田村邦彦さん、中条きよしさん、そして山田五十鈴さんがお出になっているものです、どれも)、キャストだけではなくて曲に関しても、この頃の曲が好きなものが多いんです。

この曲に関しては、サビよりも出だしの部分が好きです〜



● 必殺仕事人V・激闘編 (1985〜1986) 主題歌(エンディング曲) 「女は海」 歌:鮎川いずみ



この「Ⅴ激闘編」に関しては、再放送で何度か見ました。
若手仕事人キャストが、村上弘明さん、京本政樹さんの時で、ドラマのムードとしては、やはり80年代前半の「必殺仕事人Ⅲ」「新必殺仕事人」「必殺仕事人Ⅳ」の頃の方が好きですが、この曲、鮎川いずみさんが歌われている数々の仕事人主題歌の中でいちばん好きな曲かも知れません♪

これ、作詞作曲とも、京本さんなんですよね〜 ビックリ! 再放送で見ていた時はなぜか全然気にもとめなかったのですが。 



● 新・必殺仕事人(1981〜1982) 主題歌(エンディング曲)「想い出の糸車」 歌:三田村邦彦



このドラマで一躍人気となった飾り職人の「秀」役を演じていた、三田村邦彦さんが歌った主題歌。

♬想い出の糸車 からからからから回り〜♪
哀愁たっぷりで、この歌も好きです〜〜! 
というわけで、私が選ぶ、仕事人主題歌ベスト3は、「花の涙」「女は海」「想い出の糸車」の3曲です。

数年前、藤田まことさんが亡くなられた時のブログにも書いた気がしますが、この時の三田村さんはほんとにカッコ良かったです! 



必殺仕事人 テーマ曲(挿入曲)「恨み晴らして候〜殺しのテーマ」



必殺は、主題歌だけではなくて、様々な場面でBGM的に流れる曲もいい曲が多かったですよね〜! むしろ、主題歌よりも劇中の曲の方が印象に残っているという方も多いのでは

数ある劇中のテーマ曲の中で、私がまず挙げたいのがこの曲☆
仕事人たちが「仕事」を行うシーンはもちろん、その前の、依頼人やその関係者が悪者に殺られてしまう可哀想なシーンで流れるケースも多々あったように思います。
しかし、なんて美しくて哀しいメロディーなんでしょう これぞこのドラマのコンセプトやイメージとピッタリの「仕事人の曲!」という感じがします。 



● 必殺仕事人 テーマ曲(挿入曲)「中村主水のテーマ」 



「恨み晴らして候〜殺しのテーマ」とも少し曲調が似ている気がしますが、「中村主水のテーマ」もまた美しく哀しい、そして素晴らしい劇中曲です。

主水が最後に悪人(悪事の黒幕。たいていが役付きの身分の高い侍)を殺る時のBGMで、私はこの曲の途中からのピアノパートが好きです なんだかこのピアノの音色が、悪人に無惨に殺された人達や仕事人たちが心の中で流す涙の音のようで、とてもせつなくなります。

仕事人では、この他にも、仕事人達がいざ出陣して、加代がエサをまき、秀や勇次たちが殺しを行う時のこの曲も好きです
↓↓↓
「夜霧を裂いて」




● 御宿かわせみ(1980〜81、1982〜83)主題歌 「祭りばやしが終わるまで」 歌:高橋真梨子



NHKで放送されていたこのドラマ、おそらくご存知ない方の方が多いのではないかと思います。
うちでは祖母が見ていましたが、私は本気で見た事がなかったので、内容はよくわかりません。平岩弓枝さん原作で、旅籠「かわせみ」を舞台にした人情捕物帖だったらしいのですが。ああ、もっとちゃんと見とけば良かったな

しかし、興味をかきたてられなかったこの時代劇ドラマの中で、唯一ひっかかっていたのが、この高橋真梨子さんが歌っていた主題歌でした。
♪目を閉じて私に触れて 祭りばやしが終わるまでーーー
女性らしい哀しみやせつなさが漂ういい曲だなあと子供心にも思い、このオープニングの歌だけは聴いていました。

高橋真梨子さんの曲の中では一般的にあまり知られていないと思いますが、私は自分が知っている真梨子さんの曲の中ではマイベスト、ペドロ&カプリシャス時代の「五番街のマリーへ」「ジョニーへの伝言」「別れの朝」あたりよりも好きな曲です

つい最近まで、吉永小百合さんが主役を演じておられたように勘違いしていたのですが、真野響子さんだったようで。このへんのドラマ、一度NHKで再放送してくれないかな〜と思います、次に挙げるドラマ共々。



● 鳴門秘帖(1977〜 78) オープニングテーマ曲



このドラマも知らない方、きっと多いですよね。でも、私にとってはとても印象に残っている時代劇ドラマと曲なので、ぜひ挙げさせてください♪

前の「御宿かわせみ」同様、祖母が好きで見ていたドラマですが、こちらは一緒になって熱心に見ておりました 吉川英治さん原作の同名小説をドラマ化したもので、ロケではなく、全てがNHKのスタジオ内で撮影されていたドラマ。 少年ドラマシリーズや教育テレビの番組を収録しているスタジオ、あんな感じの狭〜いスタジオの中で収録されていたドラマでした^^

主演は田村正和さんで、敵役に江原真二郎さん、田村正和さん演じる虚無僧姿の「隠密」、法月弦之丞(のりづきげんのじょう)を恋い慕うスリの女役で三林京子さんが出演されていました。
ハマって見ていたわりに詳しいストーリーを覚えていないのですが、江原真二郎さんが実は隠れキリシタンで、三林京子さん演じる「見返りお綱」のことが好きになって・・・という、いわゆる三角関係だったことは覚えている(笑)
田村正和さんが虚無僧姿に扮した隠密役ということで、尺八を吹かれているシーンがたびたび登場していたのも覚えています。

このオープニングにもあるように、落語家の古今亭志ん朝さんが劇中でも語りを務められていて、その軽妙な語り口もとても印象に残っています。語りが入るシーンが多かったんですよ。

オープニングの三味線の激しいリズムが、途中からゆるやかなメロディーに転調し、そこから阿波踊り風の音とリズムになり、最後にはまた激しいリズムになる、という、1曲の中でコロコロと曲調が変わって行くアレンジがめちゃめちゃカッコいい〜〜 と思っていました。

「音」に関して知識のない素人の私でも斬新で素晴らしいと思えるぐらいなので、いわゆる「和」の音が好きな方、和に限らず音楽がお好きな方は、こんなドラマのオープニング曲があったんだ〜!と感嘆されるのではないかと思います。

「御宿かわせみ」の高橋真梨子さんの曲同様、NHKの時代劇史の中に埋もれている「名曲」だと思っています〜




● 鬼平犯科帳(1989〜)エンディングテーマ曲 「インスピレイション」 演奏:ジプシーキングス



中村吉右衛門さんが鬼平を演じられる前の、80年代前半の萬屋錦之介さんバージョンなどもありましたが、私が見たことのある鬼平は中村吉右衛門さんバージョンオンリーということで、1989〜という表記にしております。

なおかつ、89年というと平成が始まった年で、このブログのタイトルの「昭和」の時代劇にはあてはまらないのですが・・・鬼平だけ特別に昭和の時代劇のくくりに入れさせてください 出演しているキャストも、そしてこのジプシーキングスさんが演奏するエンディングテーマ曲のムードも、完全に「昭和仕様」ということで(笑)

それにしても、「インスピレイション」、大好きな曲です!
以前、「刑事・サスペンス・アクションドラマ」の回の次点に、「京都殺人案内」で流れるクロード・チアリさんのギター曲を挙げましたが、これもギター曲です。
ギターの奏でる音色って、どこかオシャレで粋でありながらも物哀しさを感じませんか? ピアノの音色とはまた違った大人の哀感に満ちている気がするんです。 哀しいけど、どこかにまた温かみも感じるこの音色、メロディーが鬼平のドラマの世界観に合っているような気がします

ずっと以前にブログで書きましたが、鬼平は、私の理想の上司像です(笑)こんな懐の深い、器の大きい政治家やトップがいてくれたらとも思います。 やっぱり苦労して、人の心の機微や下々の人間の気持ちがよくわかる人がいい、自分を守ろうとしないところも男らしい、と再放送を見る度に惚れ直します
ま、理想の男性像でもありますけどね
鬼平が、「犯さず、殺さず、貧しき者からは盗らず」の掟をかたくなに守る、年老いた盗賊を見逃してやるシーンが大好きです。

このドラマは、脇役の俳優さんが皆、演技が上手い方ばかりで、それぞれの持ち味が出ていて素晴らしいなあといつも思います。
トレンディードラマの陰に隠れてはいますが、これこそ、バブル期が生んだ最高のドラマ遺産では?!




(次点)

● 遠山の金さん(1970〜1998、2007)主題歌(エンディング曲)「すきま風」 歌:杉良太郎

「金さん」は、様々な方が主役を演じながら長きに渡って続いたドラマですが、私が金さんシリーズの中でいちばん好きだったのがこの曲であり、また杉良太郎さんが金四郎役で主演されていた時です。

お気づきかとは思いますが、私、時代劇に関してはかなり「杉さん推し」です(笑)
杉さんは「大江戸捜査網」もそうなんですが、普段は遊び人風の町人だが、その実・・・という役をやらせたらこの方の右に出る俳優さんはいなかったと思っています。 
里見浩太朗さんはお侍役はもちろん似合いますが、「やんちゃ」な雰囲気がないので、町人や遊び人役の場面は杉さんほどはハマらない。
一方松方さんは、やんちゃくれな役はとてもお似合いですが、「色気」と「陰」においては杉さんに劣る・・・。(そういえば、松方弘樹さんも最近お亡くなりになりましたよね(淋))松方さんの派手で豪快な殺陣は大好きでしたが。

「すきま風」は、カラオケで歌っています この曲、結構ヒットしましたよね。
昭和の時代には、「おばさまのアイドル」と呼ばれていた杉良太郎さんでしたが、私もあの方の魅力がわかる歳になったんだなあとしみじみ感じております(笑)


● 江戸を斬る(1973〜1994)主題歌「ねがい」 歌:西郷輝彦

奇しくも次点の2曲はどちらも「遠山金四郎」絡み(笑)
「江戸を斬る」も様々な方が主役を演じられたようですが、私が見ていたのは、75年から81年の西郷輝彦さんが主演されていた時期で、この主題歌もとてもよく覚えています
これまた、いい歌だなあと思いながら子供の頃に聴いておりました。
♪たとえ今日の夢が壊れ去っても、望み明日につなげ 人は生きるものなのか〜♬ 
あぁ、沁みるねえ。。。(←「演歌の花道」風(笑))

この時代は、「水戸黄門」「大岡越前」と、この「江戸を斬る」とが、TBS系の月曜夜8時枠でローテーションで放送されていましたよね。 鼠小僧次郎吉役の松山英太郎さん、そして紫頭巾役の松坂慶子さんの働きがカッコ良くて、印象に残っています〜!

「水戸黄門」と「大岡越前」は近年、関西ローカル(地上波)で再放送がよくされているんですけど、「江戸を斬る」はしてない気がする。なんでだろう??




      


こうしてみると時代劇には、歌詞の入らない演奏曲が多く採用されていて、それがまた素晴らしい曲が多いですよね!
そして歌詞の有無に関わらず、クオリティーが高い名曲揃いであることにあらためて気づかされました
番組のジャンルを超えて選ぶ総合ベストテン(あるいはベスト20・・・多過ぎる?!)にも、この中から間違いなく複数曲がランクインしそうな予感♪

あと、このジャンルは祖母と一緒に見ていたドラマが多かったので、放送があった年代を確認しつつ、「ああ、私が中学○年生の時に祖母と見ていたんだなあ〜」などと、テレビの前に座っていた自分と祖母との姿、その時期の家の様子などを時折思い起こしながらセレクトしておりました。
曲に関して、たぶん私ほどの興味はなかったと思われる祖母ですが、このセレクション、納得してくれてるかな? とふと思ったりもしております




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
スポンサーサイト
[ 2017/06/22 14:23 ] 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪ | TB(0) | CM(9)

大人の哀感がたまらない!! 私が大好きだった、昭和の刑事・アクション・サスペンス(ミステリー)ドラマの主題歌・挿入歌集! 

今日は、前回に続いて私が大好きだった昭和のTVソングの第三弾、「刑事・アクション・サスペンスドラマ」の主題歌や挿入歌のマイベストを挙げていってみようと思います!
当初は「時代劇」の曲も一緒に挙げるつもりでしたが、チョイスした曲数があまりにも数が多くなってしまったので分けることにしました。

では、早速参りましょ〜〜 
今回は学園ドラマに比べると、一般的には懐古される機会が少ない、ややマイナーな曲も混じっています。 このジャンルは本当に名曲揃いなんですよっ

(注:好きだったドラマという基準ではなく、あくまでも「好きだった曲」という基準で選んでいます)



      


私が大好きだった、昭和の刑事・アクション・サスペンス(ミステリー)ドラマの主題歌・挿入歌集!


● 夜明けの刑事(1974-1977)オープニングテーマ曲



このドラマを見ておられた方、覚えておられる方いらっしゃいますか? 
私は小学生の頃に家族と見ていて、詳しい内容は記憶にないのですが、坂上二郎さんをはじめとした刑事が泥臭く事件を捜査していた「ムード」みたいなものは覚えています。カッコいいアクションなどはなくて、みんな背広姿で汗を拭き拭き、聞き込みで街を歩き回っている、そんなイメージ。
二郎さんと並んで、鈴木ヒロミツさんのイメージが漠然とあります。具体的にどんなキャラの刑事を演じられていたかは覚えていないんですけどね。

でも、「曲」は覚えていて、しかも印象に残っているんです。 このオープニング曲も好きでした!

同じ「夜明けの刑事」のドラマのエンディング曲↓↓↓も好きで、



刑事役の石橋正次さんが歌っていた「夜明けの街」同じく鈴木ヒロミツさんが歌っていた「でも、何かが違う。」
今聴くと超渋い!!  石橋正次さんの歌の方はどことなく演歌っぽささえ感じられますが、どちらの曲も印象に残っている曲です。(石橋正次さんが歌ったら演歌っぽくなるのかな?「飛び出せ!青春」の「夜明けの停車場」のごとく(笑))

鈴木ヒロミツさんは、この後にも2、3曲エンディング曲を歌っておられたみたいなんですが、そちらの曲の方はなぜかあまり覚えておらず。。。しかし、ドラマの曲としてはどれもいい曲ばかりです!

もうひとつ覚えているのが、聞き込み捜査シーン等でBGM的に流れていた挿入歌「Yoakeno keiji」。
「ヨアケノケイジ〜♪ケイジ〜♪」という部分の歌詞とメロディーだけを断片的に覚えていました☆
これ以降に挙げるドラマもそうなんですが、昭和の特に刑事・アクションドラマって、一作品の中で曲がいっぱい作られているんですよね〜!



● Gメン'75 (1975-1982)オープニング曲「Gメン'75のテーマ」



このジャンルにおいて、Gメンの曲は外せないでしょ〜!
どうしても「Gメン歩き」の映像の方が注目されがちですが(そして、この滑走路を横一列で歩く様子がまた理屈抜きでカッコ良くもあるのですが♪)、私は曲も大好きでした!

途中から転調するところ、女性の歌声が入って来る部分がとても好き ハードボイルドの哀愁が曲からも漂っていてカッコいい〜〜
特に印象に残るキャストは、丹波さん以外では、やはり夏木陽介さん、倉田保昭さんあたりかな〜!あと、若林豪さん。女性の藤田美保子さん、森マリアさんもカッコいいなあ〜!!と思って見てました。



● Gメン'75 (1975-1982)エンディング曲 「追想」 歌:しまざき由理



Gメンに関しては、特別にOPとED、別個に項目を立てさせていただきました(笑)
Gメンのエンディングでは、同じしまざき由理さんの「面影」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、私はこの「追想」という曲の方が当時は印象に残りました。 
ただ、youtubeで聴き込むうちに、今では「面影」の方が好きになっていたりして(笑) でも、「当時は」という基準をここでは優先させていただきます^^

小学生のくせに、こんな曲からすでに哀愁を感じ取っていた私 
歴代エンディング曲「面影」「追想」「レクイエム」「遥かなる旅路」など、タイトルからしてすでに哀愁満載。 カラオケでチャレンジしたこともあるのですが、思いのほか難しくて。。。聴く方に徹しています(苦笑)



● キイハンター(1968-1973) オープニング&エンディングテーマ曲「非情のライセンス」  歌(エンディングのみ):野際陽子



Gメンより前の時期、同じTBS系土曜日の午後9時枠で放送されていた「キイハンター」。
同年齢ぐらいの方とお話ししても、Gメンはよく覚えているけどキイハンターは覚えてないという方が多いのですが(小学校にまだ上がってない頃ですから、それが当たり前か)、私はOPとEDで流れていた、この「非情のライセンス」を鮮明に記憶しています。
小学生になってから、再放送でも少しだけ見た記憶があるような。

「夜明けの刑事」と同じで、ドラマの詳細な内容はほとんど記憶にないのですが、おそらくこの曲が子供ながらに「カッコいい!!」と感じたからだと思います。 今聴いても、めっちゃクールでカッコ良くないですか
野際さんの歌が入っている方ももちろん良いのですが、私は歌詞無しのOPの方がより好み。 でもアクションシーンはカッコ良かったです! Gメンもですが、女性陣がカッコいい作品はいいですね。

OPの映像も大好き!! パネルみたいに文字やキャストの顔が開いて行くところやアクションシーンの映像が、60年代後半〜70年代前半当時のクール&スタイリッシュなセンスが全開で、今見てもワクワクときめきます 




● 熱中時代・刑事編(1979)主題歌「カリフォルニア・コネクション」  歌:水谷豊



「熱中時代」の先生編の方も毎週見ていましたが、これも毎週楽しみに見ていました♪ 
その割には今となっては事件の内容などは全然覚えてなくて、水谷豊さんミッキー・マッケンジーさんの絡みのシーンばかりが記憶に残っています(笑) 
ドラマの中でふたりは結婚しますが、この後、おふたりは実生活でも結婚しましたよね(その後、離婚)。 ミッキー・マッケンジーさんはいまだにとても印象に残っています。女性から見ても健気で可愛らしい役柄だったな〜と

「カリフォルニア・コネクション」はベストテンにもランクインしていて、大ヒットしましたよね! 
毎度の事で恐縮ですが、 ♪いつかは2人で行きたいのさ〜〜♬  途中から転調する部分が大好きでした!  
オープニングの、この電話ボックスが出て来る映像もよ〜く覚えています☆ この映像見るだけでも癒される気がします。



● 東京メグレ警視シリーズ (1978)オープニングテーマ曲



愛川欽也さんが主役のメグレ(目暮)警視役を演じておられたこのドラマ、覚えておられる方いらっしゃいますか?
私は最近までこんなドラマがあったこと自体を忘れていましたが、ある本を見て思い出し、さらにその後youtubeでこのOPのテーマ曲を見つけました。

細かい内容は全く思い出せませんが、曲だけは微かに覚えていました 刑事ドラマらしからぬノーブルさを感じる曲なんですよね〜 

ジョルジュ・シムノン原作の推理小説を原作にしているということで、このドラマも推理小説的な要素が強かったようなのですが、それもあって音楽が少し異質なのかも知れませんね。 それにしても、センスの良さと哀愁が感じられるいい曲です  

DVD化はされていないと思いますが、もう一度見てみたい気がします〜! wikiを見ると、キャストもかなり個性派揃い(名高達郎、花木京、市原悦子、常田富士夫、金子信雄、中村敦夫・・・)なので! 
愛川さんの名探偵ばりの「帽子とコート姿」が脳裏に甦って来ます 



● 横溝正史シリーズⅡ(1978)  主題歌(エンディング曲)「あざみの如く棘あれば」 歌:茶木みやこ



古谷一行さんが金田一役を演じていた、ドラマ版の「横溝正史シリーズ」。
ⅠとⅡがあって、私が子供の頃に見ていたのは、どうやらⅡの方だった模様。Ⅱでは、「八つ墓村」「真珠郎」「女王蜂」「不死蝶」などが放送されていました。

私、古谷一行さんが演じるこのドラマの(ボサボサ頭の)金田一が、映画を含めた中でもいちばん好きなんですよ このドラマシリーズは好きであったと同時に、演出などに関してはいちばん怖く感じた記憶があります。

このエンディングテーマ、ずっとさりげなくいいなあ〜と思っていて、40年近くの間、時折頭に甦っていた曲なんです 曲の最後の歌詞が終わってからの演奏部分がまた好きで。 ソウルな感じもありますよね。 
今あらためて聴いてもやはり良い曲 クールな曲だなあと思います!
このエンディングの映像も覚えています。



● ザ・ハングマン (1980-1981) 主題歌(エンディング曲)「あ・れ・か・ら」 歌:ヒロスケ



「ハングマン」シリーズ全体では1980年から87年まで放送されました。
「ハングマンⅤ」の ♬悪い奴ほど よく眠る〜♪や(調べたら、「零心会のズンドコ節」という曲名でした笑)、「ハングマンⅣ」の♪あ〜りがたや、ありがたや♬の「ありがたや節」も独特でかなり印象に残っていますが、自分が最も好きな曲、シリーズ随一の名曲だと思うのはやはりこれ!! シリーズ第一作のエンディング曲「あ・れ・か・ら」です。

ハングマン、特にこのシリーズ第一作に関してはたまにしか見ていなかった気がするんですが、ご多分にもれず、この曲だけは心に残っていました。 自分でもいつも呆れるんですが、曲に関する記憶が突出しているんですよね(苦笑)
今聴いても、やっぱりいい曲
気だるさとやるせない哀愁があって。聴き惚れてしまいます

オープニングの森山周一郎さんのナレーションも良かったですよね! 存在を消されたまるでスパイのような立場のハングマン達、コミカルなやりとりの裏にも孤独感や哀感が漂っていた気がします。



● 火曜サスペンス劇場(1981~2005) 1981-83主題歌(エンディンテーマ曲)「聖母たちのララバイ」 歌:岩崎宏美



火サスが始まっていちばん最初のエンディング曲が「聖母たちのララバイ」だったわけですが、当初はサスペンスを見ておらず、歌番組で知った方が先だったと思います。
この曲は懐メロとして懐古される機会がとても多いので非常にベタではありますが、良い曲であることには変わりありません
思えば、2時間サスペンスのエンディングでお決まりのように流れて来るテーマ曲の、これが元祖だったわけですよね。

火サスに関しては、杉山清貴さんの「風のLONELY WAY」や、平成初期の、竹内まりやさんの「シングル・アゲイン」、真璃子さんの「あなたの海になりたい」も当時から耳に残る好きなエンディング曲でした。懐かしいなあ〜〜!




<次点>
・「京都殺人案内」(1979-2010)テーマ曲「夜霧のシルエット」 演奏:クロード・チアリ
・「華麗なる刑事」(1977)エンディング曲「センチメンタル・シティー」 歌:草刈正雄


藤田まことさんが主演していた「京都殺人案内」のドラマの中でたびたびBGM的に流れる、クロード・チアリさんのこのギター曲は大好きで、次点扱いにするのは惜しいのですが、実は私、このドラマが昭和から放送されていた事を全く知らなかったんですよ!!   平成の初めぐらいから始まったドラマとばかり思っていて、昭和の時代には全く見ていなかったので、あえて外しました。
そういえば、クロード・チアリさんて、昭和の頃はよくテレビに出演されてましたよね。バラエティーなどにも!

そして「華麗なる刑事」・・・これ、見ていたか見ていなかったか微妙なんですよ! 草刈正雄さんが刑事役をやっていた記憶が全くないんですが、田中邦衛さんが「どぶろく刑事」というあだ名だったことはなぜかうっすらと覚えてて・・・。
DVDがもしあれば、見てみたいです。思い出せる気がします

「センチメンタル・シティー」の歌の記憶はないのですが、youtubeでこの曲を聴いたところ、「めっちゃ、いい曲〜!!」
ただし、これも昭和に聴いた記憶が全くなかったので、次点にしました。



「特捜最前線」「太陽にほえろ!」の曲、入ってなくてすみません(笑)
「特捜最前線」、一度も見た記憶がないんですよ!
あくまでも自分が見たことがあるものだけを選んでおりますので、ご理解ください。DVDで見たいです! 

あと、最初の(注)でも書きましたように、このセレクトに関しては、ドラマの内容ではなく、あくまでも「曲本位」で選んでいますので、「トミーとマツ」あたりも入っていないんです〜〜。 ドラマ自体は、「トミマツ」、大好きで毎週見ていたんですけどね〜! 松崎しげるさんが歌っていた「ワンダフル・モーメント」もあったんですけどね〜。


やっぱりこのジャンルは、こうやって挙げてみても、クールでカッコイイ曲、大人の哀感や孤独感が漂う曲が多いですよね〜 
今や主題歌やテーマ曲は必須の存在ではなくなり、もしあっても、大人の哀愁を帯びた名曲はほとんどないというのが現状。 昭和のテレビっ子としては本当に淋しい時代になってしまったな〜と、こういうところでもふと思うわけでございます




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 

[ 2017/06/03 12:39 ] 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪ | TB(0) | CM(12)

70〜80s最高!! :+.(・∀・).+:。 私が大好きだった、昭和の青春学園ドラマの主題歌・挿入歌集! 

たびねすに新しい記事を掲載していただきました☆
伝説の龍の神社が中庭に!鳥羽「マリテーム海幸園は有名人も訪れる最強パワスポホテル!

マスコミでもあまり取り上げられていない、超おすすめの穴場パワースポットなのですが、「たびねす」での公開後の閲覧数が思ったより伸びておらず、ガッカリしております(苦笑) なので、是非是非、お時間がある時に見ていただけると嬉しいです!!

私の記事って、多分このブログと一緒で、一部の方には熱烈に支持していただけたり喜んでいただけたりするんですけど、マニア性が強すぎるのか、一般的な感覚とは隔たりがあるようなんですよね(苦笑)
・・・などとウダウダぼやきつつも、ゴーイングマイウェイに自分の思い入れのあるジャンルをきわめていくしかないと思っておりまする



      


さて、今日は以前お届けした、「とにかくカッコ良かった!!:+.(・∀・).+:。 私が大好きだった、昭和のテレビ番組のテーマ曲集!」 に続く、第二弾☆
昭和の学園ドラマ&子供向けドラマに採用されたオープニングやエンディング曲、挿入歌の中で、私が当時大好きだった曲を挙げていってみようと思いマス

前にも書きましたが、「ドラマ」だけのくくりでは好きだった曲の数が多くなり過ぎてしまうので分割作戦にいたしました^^ 曲ごとに、その曲に対する想いや思い出みたいなものにも触れながら。 では行ってみましょうか〜



私が大好きだった、昭和の青春学園ドラマの主題歌・挿入歌集!



●「あさひが丘の大統領」(1979-1980)主題歌「新しい空」 歌:小出正則



宮内淳さん扮する教師「ハンソク」と生徒たちが織りなす、青春学園ドラマだった「あさひが丘の大統領」。 中村雅俊さん主演の「ゆうひが丘の総理大臣」の後続のドラマでした。
ドラマとしては「ゆうひが丘〜」の方が記憶に残っていますが、曲に関しては、ずっとこの曲のメロディーが頭に残っていて、数年前にyoutubeで見つけた時には感動しました 

作曲は吉田拓郎さん。そんなに派手な曲ではないんですが、聴いていると、懐かしい昭和の青春の香りが漂って来る良曲です。
歌詞も好き。「地図にない道を走って行くんだ 心のすり傷は承知の上だよ」 曲とも合ってるし〜〜
「ゆうひが丘〜」に引き続いて、藤谷美和子さん、井上純一さんが生徒の中の主役クラスで出演していました♪



●「ナッキーはつむじ風」(1978-1980)主題歌「あなたと夢とポップ・ロック」 歌:榊原郁恵



榊原郁恵さん主演の学園ドラマ「ナッキーはつむじ風」 結構長くやってたドラマだから、視聴率も良かったはずなのに、懐かしい学園ドラマの話になった時にほとんどこのドラマの名前が挙がって来ないのが不思議です。私ももちろん見てました

♪大好きなのは、あなたと夢とポップロック 諦めなんてワタシの辞書にない・・・♬ 40年近く、この歌詞もメロディーもず〜っと頭の中にありますよ(笑) 明るくてキャッチーなメロディーがなにげに当時から好きだったんです

♬憧れのアナタに見つめられて〜♪ という部分から曲が転調してそこもまた好きだったのですが、この「憧れのアナタ」を演じていたのが、川崎麻世さん。(「レッツゴーヤング」で「暗くなるまで待って」などを歌っていた頃の麻世さんが懐かしい!!(笑))

宮脇康之さんがナッキーの相方的な男の子役で準主役として目立っていましたが、親友役を演じていたメガネ&ツインテールの野見山夏子さんもとても印象に残っています。 メガネ&ツインテールなんて60〜70年代ならではでしょ(笑) 
穂積隆信さんも校長か教頭役でたぶん出演されていたと思います。学園ドラマの校長or教頭(間抜けな悪役の(笑))=穂積隆信さん、というイメージがものすごくありました。「積木くずし」までは。



●「3年B組金八先生」第1シリーズ(1979−1980)主題歌「贈る言葉」 歌:海援隊



言わずと知れた金八先生の第1シリーズ、そして「贈る言葉」。
このドラマの卒業式の頃、ちょうど私も小学校を卒業する頃でした。田舎の公立小だからみ〜んな近所の同じ中学に進むくせに、わけもなくセンチメンタルになって、女子は大号泣! 「なぜ?!」と思いますが、当時は本気でせつない気持ちになりました。

そういう時期に重なったこともあって、「贈る言葉」は子供なりにではありますが心に沁みました。この小学校の時だったか、その後の中学の時だったか忘れましたが、みんなで卒業式に「贈る言葉」を歌いたい!という話が出たものの、結局許可してもらえずボツになった記憶があります。

ドラマの最終回でも、一緒に「贈る言葉」を歌いながら涙しました〜
2番の「これから始まる暮らしの中で、誰かがあなたを愛するでしょう  だけど私ほどあなたのことを深く愛した奴はいない」の部分、今聴いても胸がしめつけられます。せつないーーー!

たのきんトリオ、杉田かおるさん、鶴見辰吾さん、つちやかおりさんなど様々な方が出ておられましたが、しかし、あの一番手のつけられない不良だった麗子が何十年後かに政治家先生になろうとは、誰が想像出来たでしょうか?(笑)



●「3年B組金八先生」第2シリーズ(1980−1981) 挿入歌「世情」 歌:中島みゆき



第1シリーズの「贈る言葉」を挙げた流れで、これも外せない! 伝説の金八先生第2シリーズ、加藤優や松浦悟らが警察に連行されていく場面で流れる「世情」
この場面を思い返しただけで、涙が出て来ます。 世の中の不条理と、それに対する無力さ。それでも傷つきながらも抗おうとする彼らの心の叫び。

「世情」は、それ以前に発売されていた中島みゆきさんのアルバム「愛していると云ってくれ」に収録されていた曲で、このアルバムも、友達に借りて(確かカセットだった気がする)聴いていた記憶があります。
中島みゆきさんの曲の中で、マイベストを選ぶと、1位/夜曲 2位/わかれうた 3位/あした そして4位がこの「世情」です。5位は「時代」「悪女」「雪」・・・う〜ん、選べない(笑)

川上麻衣子さんがマドンナ的な存在の八重子役で、ひかる一平さんも個性的な役どころで出ていたりしましたが、後に沖田浩之さんが自殺したのは衝撃的でした。90年代でしたよね。もうあれから20年ぐらいたつのかな?
ファンではなかったですが、当時はワルな生徒が人気があった時代で、このドラマの登場人物の中で、私がいちばんカッコいいなと思って見ていたのはヒロ君でしたから。
色々な意味で、せつない後味が心に残っているドラマです。



● 「ただいま放課後」第1シリーズ(1980-1981)主題歌「ありがとう」 歌:石坂智子



「金八先生」でデビューし、人気を博したたのきんトリオが主演した青春ドラマ「ただいま放課後」
当時はマッチファンだった私ですが、なぜかこのドラマの中ではトシちゃんの役柄に惹かれてしまったという(笑) 乙女心はフクザツでした(苦笑)

ベテラン演技派俳優として名を馳せている本田博太郎さん寺泉憲(当時、寺泉哲章)さんが、悪ガキたちを温かく見守るちょい破天荒な陸上部の顧問教師役で出演されていました。 いまだに本田博太郎さんの顔を見ると「あ、ドンガメだ!」と心の中で思ってしまいます

主題歌「ありがとう」は、当時から大好きな曲で、なんでこの曲がもっと大ヒットしないんだろう!?と思っていました。90年代になってから、この曲のレコードをある方が見つけて買って来てくださって、いまだに持っていますよ。
この曲も、卒業ソングにピッタリの名曲だと思っています☆

「・・・さよならだけは云わないけど ひとつだけ伝えたい  かけがえないあなただから、今ひとことありがとう
喜びの日も悲しい日も共に夢を追いかけた 見えなくなる後ろ姿 この時代にありがとう!」




● 「セーラー服通り」(1986)主題歌「My Revolution」 歌:渡辺美里



今回挙げている中で、唯一、ドラマを全く見ていないのがこれ。この歌を聞きたくてOP部分だけを見た事はありますが。なので、ドラマの思い出については語れないのですが、やはり「My Revolution」は名曲だと思います!

このドラマが放送され、曲がヒットした86年1〜3月は高3で、祖母の死や自身の受験、といろいろと大変な時期でした。生まれ故郷を離れて、大阪に出て来たのもこの時期。
まさに個人的に「My Revolution」な時期で。。。 この曲を聴くと、あの時の早春の凛とした冷たい空気を思い出します。

バブルが始まる80年代後半という時代の空気を帯びた曲という気もします。ずっと前ですが、作曲が小室哲哉さんと知って、なるほど〜(納得)と思いました。それまでの学園ドラマの主題歌とは全然違った雰囲気だったので。 透明感を感じる曲でもありますよね!



● 「スクール・ウォーズ」(1984)主題歌「ヒーロー」 歌:麻倉未稀



80年代の一連の大映ドラマの一部も、青春ドラマ、学園ドラマの範疇に入りますよね?!

大映ドラマらしく、今から見ると大袈裟過ぎる演技、演出のオンパレード(笑)突っ込みどころも満載だったりしますが、ストーリー自体は実話を元にしているだけに、感動的でもありました。
私はこのドラマは、本放送よりもむしろ深夜の再放送で見ました。86ー87年頃に再放送されていた記憶があります。そう言えば、数年〜10年ぐらい前にも深夜にやってなかったかな?関西では。

「ヒーロー」は聴くだけで心が熱くなってくる曲、気持ちが鼓舞される曲でもあります。そういう意味では、このドラマの主題歌にピッタリだったかもですね。
私は、80年代に日本でもヒットした映画「フットルース」のサントラをカセットにダビングして持っていましたが(今でも持ってます^^)、この曲はその中の「Holding out for a hero」を麻倉未稀さんが日本語カバーした曲です。

大映ドラマは、こうした洋楽のカバー曲が主題歌になっているものがかなり多かったですよね。 
「ヤヌスの鏡」の「今夜はANGEL」(椎名恵)も、映画「ストリート・オブ・ファイヤー」の中の曲をカバーした曲(そしてこれも、サントラをカセットにダビングして持ってます、今でも)。
大映系「学園ドラマ」の主題歌としてはこのあたりが良かったかと^^



●「飛び出せ!青春」(1972ー1973)主題歌「太陽がくれた季節」 歌:青い三角定規



このドラマに関しては、私は夕方の再放送で何度も見た世代です。
中村雅俊さん主演の「われら青春!」と、この村野武範さん主演の「飛び出せ!青春」は小中学生の頃、ヘビロテで再放送されていました。午後4時台が多かったかな。
なので、自然に見る機会も多く、主題歌もドラマも好きになりました

♬逃げて行く白い鳩 それとも愛〜♪の部分のメロディーが好き。

あ、確かこのドラマでも穂積隆信さんが教頭役をやってたような(笑)校長先生は逆にとても理解のあるいい先生でした(今調べたら、有島武郎さんでした!そうだわ!! 懐かしい!!)生徒役の中では、剛たつひとさん保積ぺぺさんの印象が強く残っています。あと、忘れてはいけない石橋正次さん

↓↓↓挿入歌だった、石橋正次さんの「夜明けの停車場」も好きでした! 
私、この曲の記憶はずっとあったんですが、「飛び出せ!青春」の挿入歌だったことは覚えていませんでした。今回、この記事を書くにあたってyoutubeを見ていた時に出て来て、そうだったのか〜 と。
しかし、仮にも「高校生」役だった石橋正次さんが歌っていたことを考えると、あまりに渋すぎる曲だわ〜(笑)






いかがでしたか 次点としては、「われら青春!」の挿入歌だった「ふれあい」(中村雅俊)や、同じく中村雅俊さんが出ておられた「俺たちの旅」の主題歌などを挙げておきたいと思います。
もっとマニアックな曲が思い浮かんでしまうかなあと思っていましたが、思ったより誰もが知る名曲でまとまったような。

70ー80年代の青春学園ドラマの曲は、聴いているだけで本当に青春の匂いがしてきそうなところがいいんです。いい感じの青臭さがあるんですよね。青臭さや儚いきらめきみたいなものをうまく表現できていると言った方が正しいかな。

なので自分でも、曲をセレクトしている時は本当に楽しくて!!ヾ(≧∇≦*)
曲を聴いているだけでかなり気持ちも上がってきましたよ〜〜 これはなかなかいい精神安定剤になるかも!(笑) 


今後、「刑事・アクションドラマ&時代劇」「恋愛&ホームドラマ」「特撮などの子供向けドラマ」「アニメ」「CMソング」のそれぞれのカテゴリーで自分が好きだった曲を随時ピックアップしていき、以前挙げ番組テーマ曲も含めた、「昭和のテレビソングの総合ベストテン」を最終的には選出してみたいと思いマス!!
お楽しみにしておいてください〜〜




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 
[ 2017/05/28 14:49 ] 昭和聴いた聴いたワールド 懐かしい曲♪ | TB(0) | CM(12)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR