ソラリスの時間 ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録
FC2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

38年前の百恵さんの「蒼い時」、今になって初めて読みました 

大阪北部地震の頃から、本来好きであるはずの様々なことにもやる気が湧かなくなり、グレーな時間を過ごしておりました。

大阪では阪神大震災以来の大きな揺れ、本当に怖かったです。揺れてる時間は阪神の時よりも短かった気がしましたが、座りこんで「こわ~い😫!!!」と叫ぶことしかできなかった。
うちは幸いにも、タンスの上に置いているものや花瓶が倒れるぐらいで済みましたが、食器棚の中でグラス類が一部雪崩を起こしていて、戸を開けたらいくつかのグラスやコップが落ちて割れてしまいそうなので、いまだに開けられないでいます💦

訪問履歴やアクセス状況などを見ると、地震の後にご心配いただいた方がたくさんブログに様子を見に来てくださっていたようで、お気遣いに感謝します! ありがとうございます😂



20180628134306a80.jpg



嫌いではないはずのことにもやる気がまるで湧かなくなるというのは、地震のせいというよりも、私自身の小さな地殻変動なのではないかと思ったりします。
これまでも忙しさや様々な不調、気分的な要因でブログの更新が滞ることは度々あったけど、それらとはまた違う微妙な未体験の感覚。
白にも黒にも振り切れないモヤモヤとした時間の中、大型書店の文庫本フロアで偶々視界に入ってきたのが、山口百恵さんの著書「蒼い時」でした。

文庫本は1981年が初版ですが、ハードカバーの単行本は1980年に出版されました。
百恵さんの引退前ということもあり大ペストセラーにもなったので、当時の私もとても興味を持ちましたが、読まなくて正解でした。
小6~中1のガキにとっては、野次馬的な好奇心が満たされるだけで、この本の凄さは到底理解不可能だったと思うから。読めない漢字もあっただろうし(笑)



[「蒼い時」に見る、百恵ちゃんのココが凄いよ]

1・自分のその時々の、デリケートな感情の動きを克明に記憶している

若い頃は自分の感情に飲まれてしまって、冷静な分析や客観視なんてなかなかできないと思うのですが、百恵さんは自分の繊細な感情の動きを克明に覚えている、つまり冷静に自分の心を捉えることができていたということに驚きました。

嬉しいことがあったら喜んで終わり、悲しいことがあったら悲しんで終わりで過ぎる年齢のはずが、そこからさらに深く自分の感情と対峙し見据えていたんだと。そうでないとあそこまで詳細に記述できるほど、その時の仔細な状況や心の動きは覚えていられないはずだ、と思いました。


2・自分の気持ちに正直に誠実に書くことに徹底した姿勢

この本が出た時代は、乙女チックな少女マンガなどの影響を受けた女の子たちが、ポエムな文章を手紙や交換日記やらに綴って遊んでいた時代でもありました。(自分もまさにそうだった) ツッパリブームの始まった頃でもあり、乙女チックにまた時にはちょっとだけワルぶったりしながら、その時代の気分と表現を楽しんでいた時代とでも言ったらいいのか。

一方、百恵さんはというと、そんな若い女の子らしい飾りっ気とは無縁な質実剛健な文章を書いておられます。まあ、若いといっても20才前後にはなっておられたので、私たちのようなローティーンとは趣味嗜好もかなり異なってはいたのでしょうが。

読んでいてすぐにわかったのは、誇張も嘘もない、とにかく自分を偽らない正直な文章を記そうと努めておられること。

私なども自分の想いを伝えたいがゆえに、あるいは体裁を気にして、盛った表現や飾った表現をしてしまいがちになるのですが、そういうことはあえてすまいと努めておられるかのような強い意思が伝わってくる文章に感服しました。
誠実な方なのだと思います。



3・アイドルが自分で全て書いた文章にしては、相当なレベルの高さ


当時、アイドルの出すエッセイ本と言えば、ゴーストライターによって書かれたものであることは世間でも暗黙の了解、半ば常識でしたよね。
しかしこの本は、全て百恵さん本人の手によって著されています。それだけでも当時の常識を打ち破っていると言えるのですが、書かれている文章も上手いです。

プロの作家のような手だれ感や流麗さはないのですが、編集者の助言や直しが多少入っている可能性を考慮しても、そのかなり高い文章力に驚きました。いや、ボリュームも結構有るし、なかなかこのレベルの文章は書けるものではないですよ。風景・情景の描写もサラリと上手いし、構成力もしっかりしてるし。

落ち着いていて精神年齢が高いというだけでなく、こういった面でも頭の良い方だったんだ~と今更ながらよくわかりましたね。


4・ UFO? 不思議体験の記述も

夜中に自宅の2階で寝ていると、眩しい強い光が差し込んできて、マスコミだと思い怒って窓を開けて見ても誰もいない。それがその夜だけ何度も繰り返されたという話。
確かに照明や車のライトの反射だとすぐにそれだとわかるだろうし、2階なのだからベランダにでも侵入しない限り、そこまで眩し過ぎるというのもありえない。

百恵さんのような人が、こういうもしや⁉な不思議な体験があるとなぜかちょっと嬉しい(笑)
売名目的の嘘を言うはずのない人だからこそ、もし本当にそっち系だったとしたら、アブダクション(宇宙人に誘拐)されて無事戻ってきてから詳細を報告して欲しかった気もします(笑)



その当時の女の子らしからぬ質実剛健な文章を書いておられるという話をしましたが、お母さん宛ての手紙として記された文面を始め、書かれているエピソードには昭和の空気が漂っています。
昭和40年代前半~半ばには横須賀あたりもまだ未開発で田舎のエリアがかなりあったんだなあとか、新聞配達のエピソードとか。

そう考えてみると、その時代の女子らしからぬと最初に感じた百恵さんの文章も、余分な雑音がない分、その時代をかなりリアルに映した読み物にもなっているような。
今だからこそできる楽しみ方、読み解き方でもあります。



グレーゾーンに引きこもっていた間の数少ない、私の欲した娯楽が本を読むことと(と言ってもこの本だけだけど😅)、ライアン・ゴズリング様の出演作のDVDを見ることでした。
「ラ・ラ・ランド」も「きみに読む物語」も「ブルーバレンタイン」も見たよ~😍

こんなにハマった外国人俳優は初めてなので、どうぞ温かい目で見守ってやって下さい(笑)

(コメント欄、次回あたりからちょっとの間閉じるかも知れませんがごめんなさい🙏 )



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
スポンサーサイト
[ 2018/07/01 13:01 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(12)

谷ゆき子『バレエ星』の魅力&今年もありがとうございました!m(_ _)m 

この何年かずっと書いている気がしますが、今年はそんなここ数年にさらに輪をかけてクリスマス気分が全く感じられないクリスマスを過ごしました。 
ネット、SNSに上がっている昭和のクリスマスツリー(モールサンタがついてるやつとかね☆ うちにもあったな〜)や絵本の表紙画像などを見たぐらい。 

10年ほど前まではクリスマスシーズンになると、ワム!の「ラストクリスマス」やらマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」などが街を歩いていてもどこからか自然に聞こえてきていたけれど、いつのまにか街からクリスマスソングが消えてしまったように思いませんか?! 昨今の著作権問題との絡みもあるのかな? 

クリスマス前後のシーズンというのは昔から良い想い出が少なくて(苦笑)、街に流れるクリスマスソングを耳にするたびに淋しい気持ちになっていたことが多かったのですが、そんなクリスマス独特のムードというか情緒のようなものもだんだんと薄れつつあるのかなと思います。 
バブル崩壊後の90年代後半や00年代前半あたりですらも、クリスマスムードで街全体が華やぎ浮き足立っていた記憶がありありと残っているのですが。



11月に買った本。

987-124-4バレエ星1

『バレエ星』。 作:谷ゆき子
『小学1年生』1969年1月号ー『小学4年生』1971年12月号 に渡って連載されたバレエマンガが、復刻出版されたものです。

私はもうちょっと年齢が下なので、この作品は読んだことがなかったのですが、

987-124-4バレエ星2

↑谷ゆき子先生が当時描いた一連のバレエマンガシリーズの最終作、『アマリリスの星』を小学館の学年誌で読んだ記憶があります。 つまり、私の学年が谷ゆき子さんのバレエマンガをリアルタイムで読んだことのある最後の学年だったということ。
滑り込みセーフ! だったわけですね^^
一昨年、京都国際マンガミュージアムに「谷ゆき子展」を見に行った時の記事→ でも、少しその辺りのことは書いたかも。


バレエマンガというとややもすると浮世離れした夢物語の世界を描いているかのように思われがちですが、谷ゆき子さんの描かれたバレエマンガには、あの時代の匂いが如実に反映されています。


987-124-4バレエ星3

松葉杖をつきながら、グラグラと揺れる吊り橋を渡らんとする場面があったり

987-124-4バレエ星4

小さな幼児が、こんな崖っぷちで野犬の恐怖に怯えるシーンがあったり、

987-124-4バレエ星5

野犬と一緒に洞穴に閉じ込められたところに、ダイナマイトが仕掛けられたり。


優雅なバレエマンガにあるまじき怒濤の展開に、この時代を知らない人なら「なんでこうなるの?!」となるところですが(知ってる人間でも、今になって読み返すとかなりシュールで面白いけど)、このマンガが同時代に人気を博した「スポ根マンガ」の流れを汲んでいると理解すると、実はかなり合点がいくんですよ。

例えば、『巨人の星』にしても『アタックNo.1』にしても、今見ると違和感満点のシーンだらけだったりしますよね。 

『巨人の星』で言うと、花形満が中学生なのに外車を乗り回している場面とか、真っ暗闇の中でお鍋をみんなでつつくのですがその鍋の中に「靴」などの絶対食べられないものばかりがわんさか入っていたりとか(マンガの中では‘闇鍋’と称されていました)。
谷ゆき子さんの超展開なバレエマンガにも、そういった当時のスポ根マンガならではの濃密な世界が反映されていたのだと思います。
まあ違った意味で、‘浮世離れ’しているとも言えなくもないわけですが(笑)


987-124-4バレエ星6

ブルマーの体操服姿で牛乳配達をしているシーン、これひとつとってもなんと時代の匂いがよく出ていることか。 ここで私が思う「時代」というのは、昭和の中でも1960年代後半ー70年代半ばまでの時代。 

谷ゆき子さんの学年誌への連載はこの60年代後半ー70年代半ばに行われていたわけですが、70年代末になってくると貧しい環境に生まれ育った主人公が努力と忍耐で大成するという泥臭いスポ根マンガが段々と流行らなくなってしまい、同時に「三丁目の夕日」的な混沌とした昭和中期の世界が時代遅れのものになっていってしまうことを考えると、まさに谷ゆき子さんの一連のマンガは、この時代でないと生まれ得なかった独特の世界だったとも言えるわけです。 それはモチロン、あのような超展開も含めて。


しかしそうでありながら・・・


987-124-4バレエ星10


987-124-4バレエ星11


987-124-4バレエ星13


987-124-4バレエ星9

こと、登場人物のファッションに関してだけは、「三丁目の夕日」の世界ではもはやありません!
1970年前後の流行最先端の可愛いファッションに身を包んだ、主人公かすみちゃん以下の女の子達を見よ。

ちょっと待って、かすみちゃんの家庭は貧しいはずなのにどうしてこんなオシャレな服が買えるの〜?!という疑問は脇に置いといて、この点に関しては、リアルでもシュールでもなく当時の少女の憧れを描いているといったところでしょうか。

こういう絵を見ていると、谷ゆき子先生は基本、ファッション画を描くのが非常にお好きだったんだろうなあというのも伝わってきます。 ご自身もとてもオシャレな方だったようですので、こだわってお描きになっていたのでしょうね^^

こういったファッショナブルな描写とそれとイメージを全く異にする泥臭くてシュールなシーンとのギャップが、昭和フリークから見た楽しい見どころでもありますが、事実、あの頃はこういった前時代的なものと最先端とが入り混じった、カオスでカラフルな時代だった気もするのです。
こういった時代性もまた、作品の中に自然に反映されているのではないかな、と。


987-124-4バレエ星8

私がやたらとチラシの裏にバレリーナのお人形さんの絵を描いていたのは、谷ゆき子さんのマンガの影響だったと今確信しています。
谷さんの描かれるバレエ衣装やバレエシーンって、本当に可憐で可愛かったんですよ〜



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

もしも、今の若い人に、「昭和ってどんな時代だったんですか?」と訊かれたら、とりあえず当時の音楽や映画、ドラマ、そしてアニメやマンガにたくさん触れてみてくださいな、と言いたいところですが、昭和中期、特に昭和40年代限定ということでいくと、前述のような理由からこの谷ゆき子さんの作品を推してもいいような気がふとしております^^ 
この本一冊と、何か子供向けドラマのDVDを1本見繕って貸したら行けるかな(笑)

ブログを見てくださっている方には、私より数才年上の方も多いようですので、『バレエ星』を当時読んでいたという方もおられるかも知れませんね^^  
大型書店やアマゾンさんでは取り扱っておられますから、ご興味ある方はごらんになってみてくださいマセ^^☆

(中身の画像に関しましては、本の編集元である「図書の家」様に掲載許可をいただいております)


さて、今年も余す所、あと数日となってしまいました。

来年は、今とても気になっている書きたいテーマもありますし、三が日の間にロケットスタートいたしますよ〜! 
近いうちに昭和のTVから生まれた名曲選のベストもとりまとめて、発表もしないといけないですし〜♪

それでは、皆さん、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ〜!
今年もありがとうございました!




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  
[ 2017/12/26 16:40 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(8)

ン十年ぶりの感激の再会!! 万創のとびだす絵本「魔法使いサリー」 

最近では昭和レトロ愛好家も多くなり、大量のおもちゃや雑貨を集めておられるコレクターさんの投稿も目にします。いやはや、うらやましい限り!!

私の場合は、乏しい予算の関係上そこまでお金を費やせず、なおかつ昭和のコンテンツフリークでもあるので(モノよりもむしろこちらの方がメインなのかも)昔の作品のDVDを見たり関連本を読んだりといったことに時間も含め費やしてしまうため、なかなか思うようにコレクションが増えません

しかし、優先的にgetしたいと思うものは以前から変わらず決まっていて、それは自分が子供の頃に実際に持っていた品です。 

つい最近ゲットした、万創のとびだす絵本「魔法使いサリー」もまさにそれ。 
ヤフオクで2年ほど前から出品されていたのに買い手がつかず、値段が1万円ほどすることもあって私も入札をずっと見送っていましたが、出品者さんと交渉し半額近い値段で入手できましたヽ(≧∀≦)ノ

昭和47年4月発行第4版、ということは、自分の年齢を考えても実際に持っていた本ともしかすると版まで同じものかも知れない。 誰に買ってもらったという記憶がなくて、気づいた時にはすでに家にあったんですよね〜、この本!
当然ながら、とうの昔に絶版となっている本であります。


987-124-5サリー1


前回の『倉敷おもちゃ博物館』に東京タワーの絵が描かれたナイスな積木の箱がありましたが、完成した昭和30年代以降、昭和40年代になってからも東京タワーがブイブイ言わせていたことがこういう絵本の表紙からもよくわかる。

確かに小学生の頃、初めて東京に行った時もまず東京タワーに行ったもんな〜。 昭和40年代はおろか、50年代になっても東京と言えば東京タワー、という認識はずっと変わらなかったですよね。
蝋人形館、なんでつぶしちゃったの〜?! 



987-124-5サリー5


987-124-5サリー4


987-124-5サリー3

ページを開くごとに、見覚えのある懐かしい絵が次々に飛び出してきます (//∇//) 
こういうのって私だけかな? 飛び出して立体的になっている部分の平らな上面(ここでいうと、島の地面部分。テーブルの上など)を触るのが好きだったんですよ(笑)  触ることで飛び出し感を再確認して、ひとりで喜んでいたのかも。 これも一種のフェチ?!(笑)



987-124-5サリー4

この果物かごの画も、めちゃ懐かしい!!  
とびだす絵本に限らず他の絵本でもそうなんですが、食べ物が描かれた画は非常に鮮明に記憶に残っているんですよ。 やっぱり小さい頃から食い意地が張ってたんだな。それだけは今も変わらずw



987-124-5サリー2


987-124-5サリー6

これは最後のページ。
学校の先生のお見合いの様子が気になり、みんなを代表して偵察に来たサリーちゃん。
先生の前に現れたのは美人のお相手と思いきやサリーちゃんの変身だった、というオチです。

変身した綺麗なお姉さんの姿とサリーちゃんとは、手前に引っ張る部分があってそれを手前に引っ張るor元に戻す で切り替え可能。 こんな仕掛けがあったことはすっかり忘れていました。



987-124-5サリー7

ううっ、この先生のセリフ、ちびまるこの花輪くんみたい(笑) でも、幼い女子からすると胸キュンしてしまう言葉だったりするかもね(ただし、自分好みのイケメン教師に言われるに限る)。  
そしてこういうクサいセリフ回しにも、ほんわかピースフルな昭和感が出ているな〜、と感心するのは私だけでしょうか・・・。







とびだす絵本は、4才位からせいぜい小学1、2年生ぐらいまでの子供を対象にしているのだろうと思うのですが、思ったよりは文字が小さくてふりがなが振ってあるとはいえ漢字もところどころに使われていたりと、意外に年長児向けの仕様になっていたことに気づき、少し驚きました。

とはいえ、特に一貫した濃いストーリーがあるわけでもなく、そういったところは普通に幼児向けな感じではありますけどね。 絵は覚えていても、書かれている内容まではさすがに記憶していなかったので、「こんなのを読んでいたのか〜!」と^^

ところで、『魔法使いサリー』自体は、最近、レトロファンの間でもあまり注目されていない感があります。 
バブルの頃、『テレビ探偵団』という1950年代末〜70年代のテレビ番組を回顧する番組がありましたが(三宅裕司さん、泉麻人さん、山瀬まみちゃん司会。見ておられた方、結構いらっしゃるのでは?)その時代に懐かしい魔女っ子の代表格として一番に取り上げられていたのがサリーちゃんでした。
あれから25年余、魔女っ子キャラの中で最も古株のサリーちゃんは、もう回顧の対象にもならないぐらい古くなってしまったということなのか? それとも飽きられているだけなのか。

レトロ市場やフリークの間でも流行り廃りがあるようですが、世間的な流行り廃りに左右されることほどつまらないものはないヨ(*´Д`)=з 、というのが憚りながら根っからのレトロファンの想いであります。 

このとびだす絵本が家にあったおかげか、サリーちゃんは私にとって懐かしい永遠の魔女っ子となりました  コンパクトにやたら惹かれたアッコちゃんや、ファッショナブルだったメグちゃんなども捨て難いですが^^




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  字面
[ 2017/12/02 19:23 ] ●懐かしの本・雑誌・マンガ・付録 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR