ソラリスの時間 昭和読んだ読んだワールド 発見!爆笑or乙女で可愛い昭和(古)本!

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

爆笑!(≧∇≦*) 70年代のファンレター〜「花の三人娘・虹のトライアングル」より 


987-2匹のゾウ古本1


先日、中崎町の「2匹のゾウ」というお店で買った古本の中身を、今日は一部だけご紹介します。

この本は、70年代に「花の中3トリオ」(後に「花の高2トリオ」)と呼ばれて人気を博した、桜田淳子さん、森昌子さん、山口百恵さんの生い立ちや歌手デビューのいきさつ、魅力分析等々といったことが書かれた、いわゆる「タレント本」です。

昭和をプレイバックする番組では、たいてい桜田淳子さんというと「私の青い鳥」を歌っているショートカットの時の映像が流れることが多いですが、私が印象に残っているのは、この表紙のようなミディアムな長さの髪型になってからの時代。
百恵ちゃんは、大人びて大物の風格を漂わせる以前のまだ初々しかった時代ですね。「横須賀ストーリー」あたりから変わった気がします。
森昌子さんは・・・デビュー曲の「せんせい」以来のこの髪型、いつぐらいまで続くんでしたっけ?(笑)


奥付を見ると、この本の出版は昭和50年(1975年)となっています。
時期的に言うと、キャンディーズはすでにデビューしていましたが、この後に大ブレイクを果たすピンクレディーはまだデビューしていなかった頃。
つまりキャンディーズと花の高2トリオが、名実共に女性アイドルのトップに君臨していた時期だと言えるでしょう。

そんな国民的人気のトップアイドルに寄せられたファンレターとは・・・?


987-2匹のゾウ古本3987-2匹のゾウ古本2 

こんなふうに書けば、彼女たちも喜んで読んでくれるよ。」





987-2匹のゾウ古本5987-2匹のゾウ古本4

(ー_ー;) 


987-2匹のゾウ古本8b987-2匹のゾウ古本8a

「もののみごとにトンズラヨ。」「ナア、淳子、オレには、お前がオニアイヨ。」 寅さんか?(爆)
お前のガギがほしい・・・。(-.-;)

さすがに、上の2通とは毛色の違う手紙もありますよ。
育ちの良さって、文章にも自然に表れてしまうものですからね。


987-2匹のゾウ古本7b987-2匹のゾウ古本7a


・・・ (ー_ー;)



987-2匹のゾウ古本10aa

あ。この人の手紙は、今までのとくらべると、まだマトモそうだ。




987-2匹のゾウ古本10b

(◎_◎;) 



987-2匹のゾウ古本9   987-2匹のゾウ古本12


・・・ひ〜、コイツら一体、何者じゃい?!\(≧Д≦)/




           



このファンレターのページを最初に見た時、99.9%、ゴースト・ライターが書いたものだと思いました。

最後の左側のファンレターなんて(右もか)まるで、新人アイドルを口説いてる昭和のプロデューサー (笑)
その他のやつもごらんの通りの有り様で、ここまでハチャメチャなファンレターってあるのかな?と率直に疑問を感じたわけです (^_^;)  
それに、例のエセ寅さん風の手紙以外も、どれにも独特の語り調子みたいなものがあるので、本物ではなくてライター氏の手によるものではないかと。



ただ、中には、

987-2匹のゾウ古本11

このような、使われている言葉遣いや文面からして、本物の可能性を否定出来ないものがいくつかあるのと、あと、自分が小中学生の頃に書いた日記や交換ノートを見返してもわかるんですが、昔って現在では赤面してしまうようなイタ〜いことをフツーに書いていた傾向があるんですよ。
私だけじゃなくて、友達の書いている文章も似たり寄ったり。
(もしこの日記や交換ノートを今の子供達に見せたら、同じ子供という立場であっても確実に引くと思います(^_^;))

ですので、そういう時代考証的な見地からも合わせて考えてみた時に、「ここに掲載されているほとんどが本物のファンレターという可能性もアリかも?!(@ @)」 と途中から思えて来たのです。

皆様はどう思われるでしょうか?(笑)



<参考資料>


https://youtu.be/BoUfINTklrs

↑過去にもブログでご紹介したことがありましたが、1980年、当時の大人気アイドル・たのきんトリオによる、ファンに向けたボイスレター的な趣向の1曲(トシちゃんの「哀愁でいと」のB面に入っていた)。
曲といっても、BGM以外は、3人の語りかけだけで構成されています。

上の本が出された時期から数年後のものですが、これを聴くと、当時の(今ではあり得ない)こっぱずかしいテンションのようなものがよくわかると思います。
特に、約2分後から始まるマッチの語りは必聴です。 
私、ファンでしたけど、今聴くと・・・

こういうのを知ってるから、「ここにあるファンレターも、あながちニセモノではないのでは?」と思えてしまうんですよねェ・・・(^_^;) 


それにしても、この70年代の初期から中期、つまり昭和40年代後半頃に出ている本や雑誌って、今までの私の経験上からもパンチの効いた内容や記事が埋もれている事が多いんですよ。
これを機に、数年前の古本探しのマイブーム、復活の気配濃厚です(笑)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

スポンサーサイト
[ 2015/04/24 23:19 ] 昭和読んだ読んだワールド 発見!爆笑or乙女で可愛い昭和(古)本! | TB(0) | CM(6)

昭和38年の「週刊女性」&当ブログのアクセス解析、一部初公開(*^.^*)  

今日は久しぶりの古本ネタです。

東京・日暮里の「夕焼けだんだん」の近くにあった古本屋さんで、先日ご紹介した写真ポストカード以外に買ったものがありました。 それが、昭和38年当時の「週刊女性」
東京五輪を翌年に控え、高度経済成長も真っただ中。まさにイケイケの時代の女性週刊誌とは。



987週刊女性1

今と違ってかなり文字数の少ないシンプルな表紙、書かれている見出しがまた何というか^^;(笑)


987週刊女性ファッション1 987週刊女性ファッション2

昭和40年代ぐらいまでのこの時代の雑誌は、いつものことながら、ツッコミどころ満載です。
ペアルックに、学生帽?!(爆)



987週刊女性ファッション3 987週刊女性ファッション4

987週刊女性じゅう1 987週刊女性じゅう2

いくら今よりもユルかった時代とはいえ、銃規制は当然ありました。
狩猟・スポーツ目的のみの許可、しかも免許取得による認可制というところは今と変わっていませんが、こうやって女性誌で「狩猟を楽しみましょ〜」なんて、今ではありえない(^_^;)
以前にもご紹介したことありましたが、昭和40年代〜50年代前半には、少年マンガ誌にモデルガンの通販広告が堂々と載っていたりもしましたからね



987週刊女性牛乳1 987週刊女性牛乳2

「牛乳は噛んで飲みましょう」
って、昔言われてましたよねえ〜(笑)
小学校2年生の時の担任の先生が給食の時間に言っていたのを、おぼろげながら記憶しています。

もしかするとその元ネタになったのが、この記事だったという可能性もアリ
もしそうだとしたら、私、世紀の大発見じゃないですか〜〜!!(笑)



987週刊女性ホームバー1

現在でも、ホームバーがある家なんてセレブ宅に限られていますよね。
さて、この誌面の真ん中あたりにある、たくさん穴の空いたハンガーボードですが、


987週刊女性ボード1

そう、昭和の頃、キッチンなどの壁によく取り付けられていたものです
うちにはありませんでしたが、友達の家のキッチンにもありましたし、これ、結構見かけましたよね〜
三井物産が取り扱っていたのですね。


実は、私、何ヶ月か前に、レトロショップの「ミズイロ商店」さんでハンガーボードを購入しました♪

987週刊女性ボード2

何ヶ月かかけてちょっとずつ部屋のディスプレイなどを変更しているところ
まだ活用していませんが、どう使おうかとイロイロと考え中です



まだ「OL」という呼称がなくて、「BG」(ビジネス・ガール)、ハリウッド女優は「聖林女優」(ハリウッド= Holly Wood で、「聖林」か〜〜 )。
スキャンダル記事がまだ量的に少なく、一部上場企業の社内報を紹介しているページもあったりして、昭和40、50年代の女性週刊誌に比べても、まだまだプリミティブな素朴さがありましたね〜。
重役令嬢(一般人)の挙式前後の表情を追っていたり、ファッションページの作りからも(あのペアルックの特集もそう)、主婦層と同じぐらいの比重で、独身のBGをターゲットにしている様子。
女性週刊誌にも清楚な清潔感が漂っていた時代があったようですネ、奥様(笑)




☆ ☆ 今日のあとがき ★ ☆


月間PV何十万などというカリスマぶりをいまだ発揮する気配すらなく(笑)、しかしごく一部の方には深くご愛顧いただきながらの、8年余のブログライフ。

アクセス解析の検索キーワード欄を見ると、グーグルやヤフーなどから、どんなワードで検索してブログに辿り着いてくださっているかがわかります。


昨年11月下旬の検索ワード。↓

987アクセスワード3


昨年12月の検索ワード。↓

987アクセスワード4


今年1月の検索ワード。↓

987アクセスワード2


・・・そうです。 このブログ、「秘宝館」で検索されている率が異常に高いんです(爆)
どれも1ページ目の画像ですが、2ページ目以降も、秘宝館関連のワードが圧倒的多数・・・。

みなさんっ!(ドン!)
私は確かに昭和の遺産とも言える秘宝館が好きですけど、それだけじゃないんですよっ。
(でも、なぜかちょっと嬉しかったりもする



こちらは、世界の地域別のアクセス数。 気になったのは数ではなくて、

987アクセス地域1

ツバルは、海面の上昇で近い将来に沈んでしまうかも知れないと言われている、あの南太平洋の島国。
実は昨年のいつだったかに見た時も、ツバルからのアクセスがあったんです。その時もビックリしました。
あんな遠くの小さな島国にこのブログを見てくださっている方がいるなんて。。。


987アクセス地域2

987アクセス地域3

「ココス?!(あのファミレスのココス、じゃないよな??)
モントセラト島?! それ、いったいどこ?!」

聞いた事もない地名、調べましたよ。場所から何から。

こんなところからも、ブログを覗いてくださっている方がいる。ツバルもそうですが、素直に感動しました。
おそらくお仕事でこういった地域に赴任しておられる日本人の方が見てくださっているんだろうなと思っていますが、最初日本でこのブログのことを知ってくださって、赴任先でも引き続き見てくださっているのかな?などと、自分勝手にあれこれ想像を巡らすのもまた楽し
(いや、まさか、現地の人ではないでしょう? 日本人の間ですらそんなに一般受けするブログじゃないのに(笑))

かつてインターネットが普及し始めた頃、HPを作りさえすれば「世界中の人が自分のHPを見てくれるのかも〜」などという壮大な勘違いをしていた時期もありましたが、一周回った今では、細々とながらも世界とのつながりを実感する日々です。(なんてね)

秘宝館ワード他で検索して見に来てくださっている皆様も(笑)、海外から見てくださっている皆様も、本当にありがとうございます! 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   

[ 2015/04/06 09:08 ] 昭和読んだ読んだワールド 発見!爆笑or乙女で可愛い昭和(古)本! | TB(0) | CM(14)

『昭和ちびっこ怪奇画報』と私のトラウマ・マンガ 



以前、『昭和ちびっこ未来画報』という面白い本をご紹介したことがありましたが、同じ青幻舎さんよりこの本が出版されているのを見つけ、即買いしました。

987昭和ちびっこ怪奇画報4-1

987昭和ちびっこ怪奇画報4

↑昭和の頃、子供やティーン向けにこの手の本がたくさん出版されているのを覚えておられる方は多いと思いますが、これらの本から抜粋したページを紹介しているのが今回の
『昭和ちびっこ怪奇画報』
そして今回も、あの時代ならではの奇抜な内容とビジュアルにノックアウトされてしまいました
(※『昭和ちびっこ怪奇画報』の転載につきましては、以前と同様、出版社様に許可をいただいております♪)



987昭和ちびっこ怪奇画報6

表紙にも採用されている、このページ。
怖くも何ともないマジックの種明かしをしているだけのページなのに、必要以上に奇怪なビジュアルになるのがこの手の本のお約束(笑) 劇画調のタッチがまた妙にシリアスさを誘うんですよねえ。



987昭和ちびっこ怪奇画報5

昔、木スペ(木曜スペシャル)で、UFOや宇宙人と同じぐらいよく取り上げられていたのが、雪男やネッシーといったUMA(未確認生物)の類。
面白いのが、これに関して寄せられている子供のコメント。果たして本当にインタビューしたものなのだろうか?(^_^;)

987昭和ちびっこ怪奇画報5-1



987昭和ちびっこ怪奇画報2

グロ系の中ではこれでも比較的ソフトな方で、もっと残忍で野蛮なものもこの本では紹介されていますよ



さて、私がこの本の中で最も異次元を感じたのが・・・

987昭和ちびっこ怪奇画報bokasi2

987昭和ちびっこ怪奇画報bokasi

1970年代の少年マガジンの巻頭企画で掲載されていたというこのページ。
これ、わかりますか
安全にサイクリングを行うための必要な装備や服装、マナーなどを解説している、至って健全・爽やかな特集内容なのですが、実はその傍らになぜか即身仏(ミイラ)の写真が掲載されているのです
サイクリングの目的地が即身仏の場所になっているというだけならまだしも、このキワドいページレイアウトのセンス、もとい、ハイブリッド感覚がスゴ過ぎる!!(笑)

当時、マガジンでこれを目にした子供達のインパクト、想像して余りあります。
私も安全性に配慮して(?!)、ボカシをかけてしまいました。
なので、ご興味ある方は、どうぞ実際のご本をお手に取ってごらんください。

そもそも、子供がこんなにカンタンに見られる場所にミイラが安置されていたこと自体が衝撃ですが(笑)



987昭和ちびっこ怪奇画報1

こういう絵って怖かったですよね〜



↑さて、これと同じような類の画を、かなり幼い頃に私は少女マンガ誌で見たことがあります。
天然痘という病におかされた人が、最期はベッドの上で顔面がだんだんと・・・という画です。
比較的小さなカットで一コマ、二コマ程度のものだったと思うのですが、いまだにそのおぞましさが忘れられません(-.-;)
怪奇系の少女マンガを多く描かれていたわたなべまさこさんの作品の中だったように、おぼろげながら記憶していたのですが、そのタイトル名が永らく思い出せずに悶々としていました。

 987昭和ちびっこ怪奇画報わたなべまさこ
↑わたなべまさこさんは、こんなマンガを描いておられた方。私の記憶にあるのは、特に右のような絵のイメージ。


ところが、いろいろと調べていくうちに、わたなべまさこさんのマンガではなくて、もしかしたらあの「ベルサイユのばら」の中のワンシーンだったのではないかという可能性も出て来ました。
ベルばらの中に、ルイ15世が天然痘で亡くなる場面があり、その凄まじい場面が軽いトラウマとなっている昭和女子がどうやらチラホラとおられるようなのです。
思い返してみても、アニメ版の方ではこんな恐ろしい場面はなかった気がします。
これは、図書館ででも借りて実際の絵を確認してみる必要がありますね。


私が当時、そのグロさに思わず鳥肌が立ってしまったマンガをついでに2、3挙げてみます。
ほとんどが歯医者さんの待合室で読んだマンガばかりという(笑)



○「ダメおやじ」



ホラーでも何でもない、一見すると普通のギャグマンガにもかかわらず、ダメおやじが恐妻や子供たちにいじめられる場面の描写が時折悲惨で ダメおやじの顔面が鼻血タラタラ、コブとアザだらけで人相が変わるという、スプラッタ寸前の様相を呈することも。

しかし私が読んだのはどうやら連載初期のものだったらしく、途中から内容や設定が変更されていたということを今になって初めて知りました。(「連載が始まって10年ほど経った時、妻から『まだ、(ダメおやじを)描いてたの?』と言われ、10年間全く変わらなかったダメおやじ一家の設定を変えてみようと思った」と発言している。Wikipediaより)



○「まことちゃん」



残酷というより、とにかく「汚い・気持ち悪い」のオンパレード^^; まことちゃん以外の登場人物すらもうマトモに思い出せないが、鼻水をまき散らかしているシーンやトグロを巻いた○○○、それにたかるハエなどがやたらと出て来たことだけは鮮明に記憶している。
まことちゃん自身のビジュアル(特に目の見開き方)自体も、当時は異様でコワかったです



○ 「がきデカ」



エログロ・ナンセンス炸裂^^;
個性的な登場人物が何人かいた気もするが、いまだに憶えているのはお下劣の権化である主人公の「こまわり君」だけ^^; 「死刑!」と言ってこのポーズをするの、流行りましたよね。 とにかくこまわり君絡みの下ネタは、小学生女子にはキモチ悪い以外の何物でもありませんでした



○「タイガーマスク」



マンガではなくてアニメの再放送で見たが、無理矢理にマスクを剥ぎ取られようとしている場面をはじめ、スプラッタなシーンが非常に多かった。
マスクを被っているという時点ですでに半人半獣的なグロさがある上に、ですからね^^; 
特にタイガー以外の異色のマスクマン (-.-;)  今その画像を見てもバケモノにしか見えず、コワいです



さて、それで思い出しましたが、前回の昭和トラウマ集の昔のテレビ番組のところで、プロレス番組を挙げるのを忘れていました
猪木さんや馬場さんが出ていたようなある意味、マトモな試合のことではなくて(悪役レスラーに攻撃された時に流血することはありましたが)、いわゆる「金網デスマッチ」のこと
金網デスマッチを見たのは多分1度ぐらいしかなかったと思いますが、子供の目から見ると本気でやり合っているようにしか見えず、ショッキングでした


『昭和ちびっこ怪奇画報』の中で、著者の方も書かれていましたが、この手の子供向けの本が人気を博した背景には、バブルの頃まで色濃く残っていた「見世物」あるいは「見世物的な仕掛け」を面白がる庶民文化の土壌があったと思います。
グロ満載のマンガ、プロレス、秘宝館、デパートで開催されていたは虫類展、前回の記事のTVジョッキー「奇人変人コーナー」、動物パニック映画の流行などもすべてそうですよね。
カックラキンで話題になった「クシャおじさん」などもこの類。

水清ければ魚住まずーーー。
滋味豊かでディープな子供時代を過ごせた事に、あらためて感謝です。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
[ 2015/01/24 10:08 ] 昭和読んだ読んだワールド 発見!爆笑or乙女で可愛い昭和(古)本! | TB(0) | CM(14)
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス