ソラリスの時間

ソラリスの時間

昭和(1970-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!
☆ソラリスの時間、現在、巻き戻し中☆
大阪、今年の8月は、最高気温35℃以上の猛暑日が月間23日。9月半ばを過ぎても夜中のわが家の室内温度、30℃(汗)とはいえ、空気は確実に秋の気配を帯びてきていますよ。
過去記事を掘り起こすコーナー、今回は秋に投稿した記事をセレクトしました^^
◎アメリカ横断ウルトラクイズの秋です☆(2009年10月)
◎ついに満を持して最愛の「ルパン三世 カリオストロの城」、申し訳ない、語らせて下さい!(2010年10月)
◎小学校時代の交換ノート、懐かし恥ずかしの大公開♪(2010年10月)
◎ルパン三世は音楽も最愛♪マイベスト曲のご紹介その1(2010年11月)
◎最愛のルパン三世サウンドその2〜第一シリーズのマイベスト曲のご紹介(2010年12月)
◎出て来た〜!バレリーナ人形オルゴール、レトロマッチと幸福ゆきのキーホルダー〜わが家に現存ずる昭和の懐かしグッズその3(2011年9月)
◎金色の箱を覚えてますか?〜小学館オールカラー版世界の童話(2011年11月)

自分で言うのも何ですが、秋にはブログ内屈指の人気記事が続々生まれています(笑)自分自身が思い入れの強い記事も多い。ブログの秋、なんですね。この他にも、瀬戸内海周辺の旅記事、伊豆の秘宝館的施設を訪れた際の記事も秋に生まれた大人気記事です。左のカテゴリー欄からごらんください^^♪

ところで、最近「高校生クイズ」をテレビで見ましたが、なんと昔のアメリカ横断ウルトラクイズのようにアメリカに上陸していました(@@)! この流れで、本家の大人版のウルトラクイズもぜひ復活させてほしい!

レトロ雑貨を求め、久々に四天王寺の骨董市へ^^ 

987-127-5四天王寺1-1

3年ぶりに、大阪の四天王寺で開かれている骨董市に出かけて来ました。
四天王寺骨董市と、手作り市「ものびと。」で出会ったステキ・レトロ♪
(↑その時のブログ記事です^^)

四天王寺の古本市にはその間も行っていますが、骨董市は久々。
弘法大師の命日にあたる21日と聖徳太子の命日にあたる翌22日に2日連続で行われる定番の市なので行きやすいはずなのですが、毎月あるし、またいつでも行けるという気持ちから逆に遠ざかってしまいがちになるんです 


987-127-5四天王寺0

四天王寺の境内にある「飛び出し坊や」は、聖徳太子様ですよ(笑)


987-127-5四天王寺2

今回は、3年前にはなかった(見つけられなかっただけかな?)お店を発見
「小熊山雑貨店」さん。 
全国各地の骨董市で出店しておられるお店のようです。


987-127-5四天王寺こぐま5

京都の東寺の市といい、こういう骨董市に来るたびに感じるのは、商品の見せ方って大事だよなあ〜ということ。
昔の雑貨は今の商品にはない味がある魅力的なアイテムが多いのですが、いかにも二束三文的な状態でワサーッと置かれてるだけだと、汚らしい感じがしてしまってどうしても見る気が起きなかったりします
私のような、昭和レトロ好きの人間でさえ。

でも、ここのお店はその点ちょっと違うな と思ったら、やっぱり大当たりでした。


987-127-5四天王寺こぐま3


987-127-5四天王寺こぐま4

「明治牛乳」が製造され、私達の手に渡るまでの流れがイラストで描かれた下敷き風のアイテム♪
メーカーが制作し、牛乳販売店や商店がお客さん(の家にいる子供達)にサービスで差し上げるための販促品だったのではないかと推測するのですが、なんて、ほのぼのキュートな絵柄でしょう

薬屋さんでもらっていたピョンちゃんやサトちゃんのグッズ、金融機関が預金者に配っていたキャラクターの貯金箱など、昔は販促品がたくさんあってもらう機会も非常に多かったですが、そういった有名な販促グッズではないものでも可愛いものが普通に出回っていたのでしょうね
外国の幼児向けの絵本のような色彩センスも、なかなか素敵じゃないですか?


987-127-5四天王寺こぐま6



もちろん、小熊山雑貨店さん以外のお店も回りましたよ♪

987-127-5四天王寺6

骨董市に来るたびに自然に目が吸い寄せられてしまう、1960~70年代製のタンブラーなどのガラス器
非常にデザイン性が豊かでキュートな表情を持つ、当時のプロダクト。
やっぱり、大好き

ここ以外にも、美品でセレクトがいいお店があったのですが、私が撮影したり買ったりする前に他のお客様にまとめ買いされてしまい、素敵なデザインのタンブラーを手にする機会を逸してしまいました〜〜
ありそうでない感じのお花柄で、いい感じだったのにな〜〜


987-127-5四天王寺8

時々見かける絵柄だけど、嫌いじゃない。
うちはこじゃれた家庭ではないので、キャセロールなんて必要ないかもしれないけど(笑)、こうして見ると惹かれるんだなあ〜。



さて、今回はすべて、小熊山雑貨店さんにてレアな品々を買わせていただきました
もうちょっと「大物」も買いたかったんですが、お値段が思った以上に高くて。。。
でも私が買ったものは、いくらかおまけしてくださいましたよ♪


987-127-5四天王寺買った1

写真屋さんのDPEの袋。
袋に描かれたイラストから見て、1970年の大阪万博の年に製造、使用されたものと思われます

「オリエンタル写真」という名前が入っていたので調べたところ、「オリエンタル写真工業」(現「サイバーグラフィックス」)という会社が製作したもののよう。
「オリエンタル写真工業」はもともと、世界に誇る老舗の印画紙メーカーだったようで、昭和の頃から写真撮影がお好きだった方にはよく知られたメーカーなのかも知れません。
得意先である写真屋さんに配布していたものなのでしょうね。

まだデジタル化の兆しすらなかった時代の、忘れ形見のようなもの、かな。
そう思うとちょっとせつない気持ちにもなりますが、万博の盛り上がりが反映された、当時らしいタッチのイラストが気に入りました


987-127-5四天王寺買った2

これも、レア品。
1962年の「紅白歌合戦」の絵葉書です。

最初、スキャナーでこの画像をパソコンに取り込む時に拡大される画像を見て、誰が出ていた時のものなのかを確かめようとしたのですが、意外にわからなくて
真ん中あたりにいる背の低い女性の方が、おそらく故・森光子さんだと思ったので、それをヒントに森光子さんが司会をされていた年度からサーチしてみたところ、1962年の紅白と判明しました

森さんは1978年と1984年にも司会をされていたようなのですが、78年、84年というと、私もリアルタイムで見ていたし、知っているアイドルたちがわんさか出ていた時代ですからね。
いくら小さい写りでも、すぐに誰が出てる!とわかるはずなんです。

出場者のファッションや髪型は言うまでもないですが、NHKホールの舞台セットの、どこかレトロ・フューチャーな意匠も時代を感じさせますネ



987-127-5四天王寺買った2-1

NHKが局内にあるショップなどで、見学者向けに販売していたハガキ、かな? 
普通に市販はしてなさそうですよね。



987-127-5四天王寺買った3

早くも、世間ではお正月のおせちの予約が始まっているようですが、私もこの亜土ちゃんのイラスト入りのポチ袋で地味に今から備えます。
本当はこっちの方が、お年玉が欲しいぐらいなんですけど(苦笑)




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こういった市では、昭和レトロに限らず、色々なジャンルの古物が出品されているので、品揃えが自分の趣味や好みとは合わないお店の方がむしろ多いのですが、「小熊山雑貨店」さんのように自分の好みに合うセレクトやディスプレイをされているお店があったり、実用性の高い食器類等のテーブルウェア系の掘り出し物があったりと、やはり侮れない催しです。
3年前に行った時にお買い物したお店も探したんですが、出店されてなかったりして(たぶん)、大袈裟ですが、古物との出会いは一期一会だなあと再認識したりも。

これから秋になると天候も良いですし、皆さんもお近くで開催される骨董市に出かけてみられると楽しいと思いますよ〜〜
私は、お部屋に飾る用の安くて可愛い当時のお人形やマスコットを、次回は物色してみたいと思います



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  (←FC2のランキングにも初めて登録してみました^^)
 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/24 14:27 ] 昭和モノモノ・ワールド 玩具、おやつ、雑貨他 | TB(0) | CM(12)
カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マナサビイ

Author:マナサビイ
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真撮影、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(いわゆるムー的なトピック)などが好き。
ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが・・・女性です

画像と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR
アクセス