FC2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

久しぶりに、昭和40~50年代の小学校の懐かし教科書⭐

先月初め頃、以前にも行ったことのある京都の図書館へ、昔の教科書を探しに行ってきました。
もう一度、自分が実際に使っていた当時の教科書がないか念入りに調べてみようかと。

結論を先に言いますと、やはり該当するものは見つからなかったわけですが、私にとっては意外な掘り出し物が。


20181215143446003.jpg

今回は、初めて社会科の教科書もチェックしました。

これは1977(昭和52)年の、4年生の教科書
自分の学年と合致する年度のものを探して行くわけですが、この教科書も自分が使った教科書ではなさそうだと、表紙を見た瞬間に何となくわかりました。

が、しかし・・・


201812151458440aa.jpg

日本全国に流通していると思われる教科書に、なんと私の生まれ故郷にあたる地域がサンプルとして大きく取り上げられている❗(°Д°)

何年生の頃かは忘れたけど、社会の授業の中で自分たちの住む岡山県の地図を見ながら地勢を学ぶ、というものがあったと思う。
でも、私が使っていた教科書ではこんな風に大々的に載ってはいなかった。


20181215143423a7d.jpg


20181215143438f1a.jpg


201812151434557d5.jpg

岡山県北部の都市である津山市を中心にして、その周辺にある町村との関わりが色々なデータで示されています。
今ではここに出ている多くの町村が津山市と合併してしまったけれど。

当時の駅前の様子も、とても懐かしい。
朝の通勤時間帯の駅前の写真、おそらく今と比べて駅で乗降する人の数も格段に多そう。

ブレザーの制服姿の女子高生が歩いているバスロータリーも今では様変わりしています。


20181215161640cfb.jpg

津山市の「あるデパート」に働きに来ている人が周辺のどの町村から来ているかを表した図があります。

「あるデパート」というのは、今は無き大手町デパートのことだというのがすぐわかる。
70年代、子供の頃のお出掛けにこのデパートは外せなかったという、今思えば市のシンボル的な存在でした。
他の町村の住民にとっても。


こんなに何ページにも渡って、小さな一地方都市とその周りの地域のことが取り上げられているなんて、もしかして西日本エリア限定の教科書?と最初は思いました。

しかし、見ていくと、東北の宮城県などの産業や暮らしの様子なども載っていて、ああやっぱり全国で出回っていた教科書なのだと。

既に当時過疎化の問題が持ち上がっていた山間の小さな地方都市とその周辺部が、どうして教科書のサンプルとして選ばれたのかはわかりませんが、私にとっては思いもよらないシチュエーションでの懐かしい過去との対面となりました。
意味ある偶然と言うやつなんだろうか?



201812151436272da.jpg

こちらは1968(昭和43)年、5年生の社会科の教科書。

自分一人でノスタルジーに浸っているのもあれなんで(笑)、教科書に掲載されていたレトロな写真を抜粋。

201812151435025b1.jpg


20181215143508021.jpg


201812151435166a4.jpg


上の3枚の写真は、1960年代後半の東京の写真ということになりますね。
一番上の写真は、まさに「あしたのジョー」「巨人の星」「タイガーマスク」あたりで描かれていた下町の町並みを彷彿とさせます。
コープも当初はこんな建物だったりしたんだなあ。

一番下は、中央区のデパートとありますが、日本橋の三越、かな? 東京のことはよく知らないので断定できませんが。

この頃はまだ教科書の写真も、当然のようにモノクロだったんですね。


20181215143520652.jpg

ここは大阪の本町(船場)~心斎橋あたりの問屋街?

2018121514351967a.jpg

静岡。
モノクロなのでもうひとつハッキリしないけれど、真ん中に数本あるのは、アーケードの屋根から吊り下げられた垂幕かな?
当時の繁華街のエネルギー、活気は伝わってきますね。



2018121514351968f.jpg

北九州。
橋の周囲にある家並がかなり低いですね、やはりこの頃はまだ。
北九州といえば、八幡製鉄所が必須のように教科書に出ていた記憶があります。



そして、何と言っても国語の教科書は相変わらずチェックせずには終われない。

20181215144512ed0.jpg


201812151445126eb.jpg

1974(昭和49)年、1年生の国語の教科書。

以前にも他年度のものをご紹介したことのある、学校図書刊行の「あたらしいこくご」。
60年代後半~70年代途中ぐらいまでは、おそらくこうやって新入生が高台から町を見下ろすという構図の挿絵が、この会社の教科書では定番だったのね。

「うしが、います。」
文字通り、なんて牧歌的な風景だろう!
逆にこの構図の挿絵が消える時期がいつ頃なのかが気になるところではありますね。


20181215144425377.jpg


20181215144425695.jpg

七夕祭りの挿絵、庭ぼうきで落ち葉を掃くお手伝いの挿絵もいいネ♥
うちにもこんな庭ぼうき、あったもん。


201812151444254b6.jpg


201812151440109be.jpg

上と同年の教科書。こちらは下巻。

2018121514401018e.jpg


2018121514401058c.jpg

表紙もそうなのですが、この時代の教科書は本当にビジュアルの質が高いと思います。
以前にも書きましたが、そうそうたる方々がこういった教科書やら、子供向け絵本やらの挿絵を描かれているんですよね~、この頃は。

実は、私が今回、久々に昔の教科書を探してみたいという熱が再燃したのにはきっかけがありまして、それは、過去の私の教科書関連記事をご覧下さったHさんとおっしゃる方が、ご自身が小学一年生の時に実際に使っておられた教科書を熱心に探しておられるのを知ったからなのです。情熱が少々感染したといいますか😄✨

で、Hさんはついにその念願の教科書をある場所で見つけられたわけなのですが、なんとその教科書には、あのサントリーのトリスウィスキーの広告で有名な柳原良平さんや、いわさきちひろさんの手による挿絵も描かれていました😲✨
1970(昭和45)年前後の、国語の教科書です。

ここでは、Hさんから送っていただいたその画像を掲載することは控えさせていただきますが凄いな~‼と思いましたよ。
昔の教科書というのは、探すたびに何がしかの意外な発見があるので、侮れません。


追記: つい最近、ネットオークションで、

20181215211925475.jpg

自分が5年生当時使っていた図工の教科書を見つけ、入手しました~(^-^)
この教科書の横長の形と表紙の絵を見てすぐに、見覚えあると思いました。

中のページにも見覚えのあるページがいくつかありましたよ。 とうに忘れている教科書の中身なのに、現物を見れば思い出すものですネ👍



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

MANASAVVY(マナサビイ)

Author:MANASAVVY(マナサビイ)
昭和40年代、岡山県生まれ。大阪在住。
昭和カルチャー以外にも、旅、写真、グルメ、 読書、映画、TV、野球観戦、超科学や超古代文明(ムー的なトピック)が好き。 ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
「佳後 マリ子」の名で、レトロ旅ライターとして取材・執筆活動を行っています。

写真と記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事オール一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
お友達ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR